40代女性はライフフィット転職でワークライフバランスを実現!

40代女性はライフフィット転職でワークライフバランスを実現!

40代女性の転職はライフスタイルにあわせて働き方を変えなければならないことがあります。
そうするとこれまでのキャリアアップを意識した転職は難しくなりますよね。
それでも働かなければならない、転職をしたいというのであれば、自分自身で働き方を提案するライフフィット転職という転職スタイルもあります。

ライフフィット転職であれば、子育てや介護をしながら働くという40代の女性が抱える問題も解決できるかもしれません。
ライフフィット転職は、仕事と生活の両方を大事にしたい40代の女性に向いている転職スタイルです。

40代女性の転職は厳しいの?

一般的に「35歳転職限界説」や女性だと「女性30歳転職限界説」もあり、さらに年齢が上がる40代だと転職は厳しいと思いがちです。
しかし、結婚や出産をしても働き続ける女性が増えているのと、40代の転職希望者も増えていることから、最近では40代でも転職しやすい雰囲気になっています。

ですがやはり転職をしやすいのはキャリアアップを目指すハイクラス組で、子育て中や介護をしながら仕事を探すとなると条件によっては厳しいのが現実ということも知っておいたほうがよいでしょう。

求人が少ない

実際求人の中には、30歳や35歳と年齢制限を設けているものもあり40歳以上の転職は厳しい印象があります。
特に女性は子育て中の場合もあるので、条件があう求人は見つかりにくいかもしれませんね。

求人が少ないといっても、最近は40代以上のミドル層で転職をする人も増えてきて、企業も経験がある人材を求めています。
未経験の職種では転職市場は厳しいかもしれませんが、経験を活かせる仕事なら40代女性の転職も実現する可能性があります。

仕事が決まるまで時間がかかるかもしれない

やはり転職が実現するまでに時間がかかるイメージはあるかもしれません。
子育てや介護でブランクがある場合には、即戦力を求めている企業に転職するのは難しいでしょう。
ただ、働きやすさや待遇を重視するなら急いで転職を決めるよりは、時間がかかっても納得いく職場を見つけたほうが良いといえます。
40代女性で長く働き続けたいなら、転職活動は短期戦よりは長期戦になることを覚悟しましょう。

実は20代、30代とは違う転職事情

今の40代の女性は、結婚や出産をしても働き続ける人もいれば、独身の人や子育て終了後に再就職を考える人もいて、ライフスタイルも多様化しています。
ずっと仕事を続けてきた人もこれから仕事を再開しようとしている人も目指しているのは、ライフスタイルにあわせた働き方です。
40代は様々な事情を抱えているからこそ、転職に関しても会社に縛られず無理をしない働き方ができる仕事を目指しています。

40代は、家族の介護や自身の健康問題での退職が増える年代

順調にキャリアを築いてきても、両親の介護や自身の健康問題で働き方を変えなければならないのが40代ではないしょうか。
介護に関しては、40代になると20代や30代よりも増えてきます。
介護離職は男女共にありますが、まだまだ女性の方が多く、一度離職するとなかなか仕事に復帰できないのが現状です。
またガンやうつ病、働き盛りを襲う病もあり、病気の治療で退職をしなければならないこともあります。
それに伴い環境の変化に対応した職場への転職も増えています。

子育てを終了して再就職を希望する人もいる

結婚や出産を機に退職をした人で再就職を希望するのが多いのも40代の特徴です。
ブランクがあると転職は難しいと思いがちですが、子育てを経験している人の場合、PTAや地域活動と社会と繋がっている人も多く、コミュニケーションを重視する企業なら主婦業や子育ての経験もプラスに働くこともあります。
ただ専業主婦が再就職をする場合、子育ては終了していても家事や家庭の事情が働き方に影響するかもしれません。
40代女性が転職や再就職を実現するには、仕事と家庭の両立がキーワードになるでしょう。

会社に縛られない働き方がしたい

やりたいことを仕事にする「キャリアチェンジ」は20代や30代だけではありません。
40代の女性にも増えています。
「キャリアチェンジ」をする人のなかには会社員として働き続ける人もいますが、趣味や経験をいかして起業をする人も40代女性のなかにはいるのです。
40代女性が「キャリアチェンジ」を考えるときには、ライフスタイルも影響しています。
もっと自分を大事にしたいという気持ちが、会社に縛られない働き方がしたいとなるのかもしれないですね。

ライフスタイルにあわせて働き方を選ぶライフフィット転職

出世よりもライフスタイルを大切にしながら働き続けたいという人も多いのが40代の女性。
ライフフィット転職はライフスタイルにあわせて働き方を選ぶことができるので、プライベートで様々な問題を抱えている人でも仕事がしやすくなります。

企業に働き方を提案する新しい転職スタイル

これまでの働き方は企業が決めた条件で仕事をしていましたが「ライフフィット転職」は、求職者自らが企業に働き方を提案して採用してもらう転職スタイルです。
転職の条件の多くは給与アップと待遇の改善だったりしますが、40代女性の転職希望者のなかには給与よりも働きやすさを重視したい人もいます。
「ライフフィット転職」はライフスタイルの多様化から増えてくる転職スタイルかもしれません。

介護やブランクがあっても仕事がみつけやすい

介護や育児、病気で退職をした場合、一度退職をするとなかなか次の仕事が見つからないのが現状ですが、企業に働き方を提案する「ライフフィット転職」であれば、介護や病気の治療をしながらでも無理をせずに仕事が続けられるかもしれません。
介護中や病気の治療中の場合、周囲の理解があるということが仕事を続ける前提にはなりますが、ライフフィット転職が実現すれば、いままでよりは働きやすい環境で仕事ができるでしょう。

仕事を続けたいと思っている40代女性に最適な転職方法

40代の女性のなかにはライフスタイルを見直した結果、仕事を続けるために転職を選ぶ人もいるのではないでしょうか。
転職理由によっては、これまでのキャリア重視型の転職では難しい場合もあります。
ただ、働き方を提案する「ライフフィット転職」なら、ワークライフバランスを実現したいという人も転職がしやすいはずです。

40代女性が転職でワークライフバランスを実現するには

働きやすい環境で仕事をするためにも譲れない条件を決めておきましょう。
条件が決まっていれば、求人も探しやすくなりますし、ワークライフバランスも実現しやすくなりますね。

条件つきの場合は転職エージェントの利用も検討して!

介護や健康問題、ブランクがあっての再就職と条件がある場合は、情報収集も兼ねて転職エージェントの利用を検討してみてください。
転職エージェントというと求人の紹介をイメージしますが、条件に合わせた働き方を提案してもらえる可能性もあります。
キャリアアップ重視ではなく、自身で働き方を提案するライフフィット転職を目指すのであれば転職エージェントの利用がおすすめです。

職場環境を重視する

転職をする上で考えて欲しいのが働きやすい環境です。
通勤がしやすい、残業が少ない、定時で帰宅ができる、ライフスタイルにあわせた働き方ができることを重視して職場を選んでください。
職場環境を重視することが、転職でワークライフバランスを実現する条件のひとつになります。

正社員にこだわり過ぎない

正社員の良いところは安定した雇用で、介護や病気で働き方を変えなければならない人ほど正社員で雇用してほしいと思います。
しかし、働く時間に制約がある場合やブランクがあって仕事復帰する場合にはパートやアルバイト、派遣の様に、曜日や時間を決めて仕事をしたほうが働きやすい場合もあります。
仕事を続けるためには無理をしないことも大事です。条件的に正社員だと厳しいなと思ったらパートや派遣で仕事を探すことも検討してみましょう。

ライフフィット転職で無理をしない働き方を選ぼう!

40代女性の転職のキーワードは「無理をしない働き方」ではないでしょうか。
ライフスタイルが多様化しているのだからこそ、個々にあった働き方を選ぶのが大切になります。
自身で働き方を提案するライフフィット転職なら、仕事と生活の調和を目指す「ワークライフバランス」も実現しやすいといえるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています