20代の転職エージェント利用を徹底解説。おすすめポイントと厳選エージェントとは?

20代の転職エージェント利用を徹底解説。おすすめポイントと厳選エージェントとは?

新卒の3年以内離職率の高さが問題になっているものの、若さがあり、やり直しがきく20代は、「まだまだ大丈夫。」と安心しがち。
ただし、この時期をどう過ごすかで30代、40代のキャリアが大きく変わってくるとご存じですか?
動きやすい20代だからこそ、転職エージェントを利用して、今後のキャリアの基礎固めをしましょう。ここでは、20代が転職エージェントを利用すべき理由と利用時のポイントを解説します。
20代のタイプ別におすすめのエージェントも紹介しますので、エージェント利用時にお役立てください。

目次

20代が転職エージェントを利用すべき理由

20代の転職にはエージェント利用が必須と言われますが、20代が転職エージェントを利用するとどんなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、20代が転職エージェントを利用すべき理由を紹介します。

転職活動が初めてで失敗しやすい

20代は転職活動自体が初めてという人が多く、よく調べもせずに応募してしまいがち。
まだ若く内定確率は比較的高いものの、転職してから「こんなはずではなかった。」と後悔する人が多い世代です。
転職支援のプロの力を借りることで、自身の考えが整理され、具体的な方向性が見えてきます。
募集要項からは読み取れない企業内情も事前にわかるため、転職後のギャップを感じにくくなるでしょう。

希望や状況に応じたキャリアアドバイスがもらえる

20代でも、すでにバリバリ働いているタイプと、就職年齢が高かったタイプ、フリーター経験しかない人など、さまざまなタイプにわかれます。
同じ「20代」とくくられてしまいますが、希望や状況は大きく異なるため、それぞれに合ったプランを練ることが必要ですよね。
転職エージェントには経験豊富なコンサルタントが在籍しているため、求職者の希望や強みを分析し、それに沿ったアドバイスをしてくれます。
単なる一般論ではなく、より実践的なアドバイスがもらえるのは大きなメリットでしょう。

書類添削や面接対策で内定確率アップ

転職エージェントのサービスとして、応募書類の添削や面接対策があります。
書類はただ書けばいいというものではなく、人事担当者に「会ってみたい。」と思ってもらうためのコツがあります。
プロの視点からしっかりチェックしてもらえるため、平凡な書類から魅力的なものの生まれ変わるでしょう。
緊張の面接は、思っていることを上手にアピールできず撃沈する人も多いもの。
エージェントの面接対策を利用すれば、自信をもって臨めるようになります。

面倒なスケジュール管理を代わりにおこなってくれる

転職活動では、複数の企業に応募していくことが基本ですから、スケジュール管理が難しくなります。
管理に失敗すると、最悪の場合ダブルブッキングなどで企業に迷惑をかけることもありますよ。
転職エージェントを利用すれば、面接の日程調整などを代わりにおこなってくれるためスムーズ。
自分は企業研究や面接対策に専念できるため、本来の力を発揮しやすくなります。

アピール不足を補ってくれる

自分がまだ何者かもわからない20代だからこそ、面接でのアピール不足が起きやすくなります。
転職エージェントを利用すると、担当のコンサルタントが企業にプッシュしてくれるのもメリット。
アピール不足を補ってくれ、それが決め手となって採用を決めた人事担当者もいるのですよ。
背中を後押ししてくれる心強い存在だと言えます。

20代が転職エージェントを選ぶときのポイント

活性化する転職市場では、エージェントが乱立傾向にあり、どのエージェントにするか迷ってしまいますよね。
ポイントをしっかり押さえて選ぶことが必要ですよ。
ここでは、20代が転職エージェントを選ぶときに意識したい点を解説します。

複数登録で選択肢を広げよう

まずは、1社に絞らないことが大切です。
可能性が広い若い世代だからこそ、選択の幅は広げておきましょう。
転職エージェントの登録は無料。
複数のエージェントに登録し、自分にあったエージェントを探していくつもりで選びましょう。

大手総合型は必ず選ぶべき

複数登録する場合、大手の総合型エージェントは必ず1社は選ぶべき。
求人件数が多く、さまざまな職種があるため、思いもかけない求人に出会えるチャンスがあります。
自分では知らなかった魅力的な企業を紹介してもらえるのも、大手総合型だからこそ。
転職の可能性が広がりやすくなります。

業界や職種にこだわるなら特化型も選ぶ

同業界でのキャリアアップを目指す、希望の職種にこだわりがあるといった場合、特化型のエージェントも選ぶべきです。
特化型とは、その業界、職種のみを扱っている専門性の高いタイプのこと。
すでに転職の方向性が固まっている人におすすめです。

右も左もわからないなら研修が充実しているタイプを

「正社員経験がないからビジネスマナーすらよくわからない。」といった方は、研修充実タイプを選びましょう。
スキルや経験を活かして転職するというより、育てながら転職支援をおこなってくれるエージェントです。
こうした研修充実タイプのエージェントが扱うのは、ポテンシャル採用をおこなう、若手育成への理解がある企業がほとんど。
転職した後の成長に期待してくれるため、意欲があれば成功しやすいでしょう。

20代転職に強みをもっている転職エージェント

ここからは、20代の転職希望者におすすめの転職エージェントを紹介します。
まずは、20代転職に強いと評判の2社から。
若手の悩みを理解してくれるコンサルタントがいるため、転職活動の悩みや不安を相談することができます。

アイデムスマートエージェント

求人数

1677件

非公開求人数

非公開

面談対応地域

東京、大阪、名古屋

特徴

20代、第二新卒、フリーター向け案件に力を入れており、専任アドバイザーが在籍。

アイデムは、求人サイトや求人フリーペーパーなど求人媒体を発行し続けて40年という老舗企業。
求人業界の中で培ってきたネットワークを活かし、豊富な種類の求人を扱っています。
転職エージェントしてはまだ新しいサービスのため求人件数は多くありませんが、親身なサポートが評判。
新卒向けの就職支援やサイト運営もおこなっているため、特に、20代、第二新卒といった若手層からの評価が高くなっています。
若手層専任のアドバイザーがおり、基本的な転職活動方法から丁寧に教えてくれるため、20代におすすめです。

アイデムスマートエージェントに登録する

マイナビエージェント

求人数

5794

非公開求人数

23082

面談対応地域

東京、大阪、名古屋、福岡

特徴

20代、第二新卒の求人に強み

マイナビエージェントは総合型の転職エージェントですが、特に20代、30代の若手転職に強いと評判です。
新卒の就職支援においてNo.1の実績があり、若手人材向けのノウハウがあるため、20代におすすめのエージェントだと言えるでしょう。
第二新卒の求人には圧倒的な強みがあり、マイナビエージェントにしか第二新卒をださない大手企業も存在しています。
20代の場合は、具体的な方向性が決まっておらず、転職活動も何から始めればいいのかわからないという人も多いもの。
若手に強いエージェントならではの視点でアドバイスをくれるため、転職に不安が大きい人にも向いています。

マイナビエージェントに登録する

業界や職種を絞っている20代におすすめのエージェント

業界や職種をすでに絞っているなら、特化型のエージェントも選ぶべき。
専門性が高く、希望の求人が見つかりやすいという、特化型ならではの強みがあります。

IT系企業なら「レバテックキャリア」

レバテックキャリア

求人数

1316

非公開求人数

非公開

面談対応地域

東京、大阪

特徴

IT、Web業界特化型

IT、Web業界に特化したレバテックキャリアの強みは、コンサルタントの専門性が高いこと。
知識が豊富で専門用語も通じ、具体的な仕事内容に及ぶ話もスムーズです。
開発現場におけるタイムリーな情報収集を大切にしているため、今の自分に適した求人を紹介してくれます。
IT、Web特化型としては業界トップクラスのため、レバテックキャリアにしかない独占案件も豊富。
成長著しい優良ベンチャーも多く、自分では知らなかった魅力的な企業と出会えるチャンスが広がります。

レバテックキャリアに登録する

アパレル業界への転職なら「クリーデンス」

求人数

524

非公開求人数

1840

面談対応地域

東京、大阪、名古屋

特徴

アパレル、ファッション業界特化型

クリーデンスは、アパレル、ファッション業界の転職に特化したサービスです。
大手アパレルからセレクトショップ、ラグジュアリーブランドまで、さまざまなタイプの求人を扱っています。
在籍しているアドバイザーは業界に精通しているプロ集団。
アパレル、ファッション業界出身や人材業界出身者が集まるため、業界事情やキャリアアップの方法など役に立つアドバイスがもらえます。
一般的な面接ノウハウを学べる「面接対策セミナー」、応募する企業ごとにおこなう「個別面接対策」があるため、面接に不安がある方は申し込みましょう。

クリーデンスに登録する

1社は必ず選びたい!おすすめの大手総合型エージェント

続いては、1社は選ぶべき大手総合型エージェントです。
求人件数と職種の豊富さで圧倒的な強みをもっている2社なので、求人数の底上げをはかることができます。

リクルートエージェント

求人数

31375

非公開求人数

154767

面談対応地域

全国(東京、大阪、札幌、仙台、福岡など)

特徴

求人件数、職種ともに豊富。年収アップ率、転職決定率ともに業界をけん引。

求人件数、とり扱い職種の多さで業界トップクラスなのがリクルートエージェント。
ただ数が多いだけでなく、コンサルタントの質も高いため、年収アップ率や転職決定率における実績もあります。
どこに登録すべきか迷ったら、リクルートエージェントを選べば間違いないと言えるでしょう。
求人のポジションや年収幅も広いため、どのタイプの20代にもフィットしやすいのが魅力。
リクルートグループがもつ企業とのパイプを活かし、大手~中堅の中でも知名度が高い企業も多く集まります。
20代ならまだ大企業への転職チャンスもありますから、チャレンジしたい人にもおすすめです。

リクルートエージェントに登録する

DODA

求人数

38685

非公開求人数

80000件以上

面談対応地域

全国(東京、大阪、札幌、仙台、福岡など)

特徴

求人数が多いほか、転職イベントや活動をサポートするツールが多数ある。

DODAは、求人件数、職種の多さでリクルートエージェントと競い合っている大手総合型エージェント。
特徴は、転職フェア、合同説明会などの転職イベントに力を入れている点です。
20代の場合は、具体的に何の仕事をしたいのか決めかねている人も多いため、こうしたイベントは積極的に参加すべき。
企業の人事担当者の生の声が聞け、転職へのイメージがわきやすくなります。
便利ツールが豊富なのも魅力。
時間がかかって立ち止まりやすい職務経歴書の作成をサポートするツールなどによって、転職活動を効率よくおこなうことができます。

DODAに登録する

第二新卒、フリーターなど正社員経験が少ない20代向け

新卒で就職できなかった、就職したけどすぐに辞めてしまったなど、正社員経験が少ない20代も多くいますよね。
20代はまだまだやり直しがききますから、転職エージェント利用で軌道修正しましょう。
第二新卒やフリーターなど正社員経験が少ない人は下記のエージェントがおすすめです。

JAIC

JAIC(ジェイック)

求人数

非公開

非公開求人数

非公開

面談対応地域

東京、神奈川、千葉、埼玉

特徴

若年層向け就職支援に強み

JAICは、他の転職エージェントとは異なる魅力がある、若年層向けの就職支援をおこなっています。
既卒や第二新卒など、正社員経験がない20代限定の「営業カレッジ」「JAIC女子カレッジ」などのほか、転職が2回目以降で社会人経験者向けの「FFCareer」も展開。
自身の状況によって適したコースを選びましょう。
「営業カレッジ」など20代限定支援の特徴は、社会人としての基礎が身につく就職講座と、書類選考なしでおこなわれる優良企業と面接会。
正社員としての経験がなくビジネスマナーに不安があるという方が選んでいます。
「FFCareer」の場合も、まずはキャリア相談からという姿勢のため、無理な紹介はおこなわれません。
転職を希望する人には求人紹介が実施されますが、「とりあえず話だけ聞いてみたい。」という方でも安心して利用することができます。

JAICに登録する

ハタラクティブ

求人数

非公開

非公開求人数

非公開

面談対応地域

東京、神奈川、千葉、埼玉

特徴

20代向け転職支援サービス

ハタラクティブは、フリーター、既卒、第二新卒など20代を対象とした転職支援サービス。
若年層を専門としたアドバイザーが在籍しているため、20代ならではの漠然とした不安や悩みに寄り添ってくれます。
綿密なヒアリングを通じてキャリアの方向性を一緒に考えてくれ、「今はまだやりたいことがよくわからない。」という20代でもOK。
性格や好みを把握して、あいそうな仕事をピックアップして紹介してくれます。
ハタラクティブの利用者は3人に2人が正社員未経験者ですが、その内定率は80%以上の高水準。
丁寧な面接対策をおこなうため、内定獲得につながりやすいのです。

ハタラクティブに登録する

20代女性におすすめの転職エージェント

女性は20代から30代にかけて、結婚や出産といったライフイベントを経験します。
それにともないキャリアも大きく変動するため、女性ならではのキャリアに特化したエージェントが適しています。
女性に特化した転職エージェントは下記の2社がおすすめ。

リブズキャリア

リブズキャリア

求人数

2309件

非公開求人数

非公開

面談対応地域

東京

特徴

キャリア女性向けの会員制転職サービス。高年収かつ独占案件豊富。

リブズキャリアはキャリア女性向けの転職サービスです。
大手から中堅中小を中心とした優良企業が豊富で、年収も400万円以上の好条件案件がメインになります。
ワークライフバランスを保ちつつ責任ある仕事がしたいという方にぴったりです。
「保育園のお迎えがあるから〇時までに帰りたい。」といった希望から探す「帰れる検索」など、こだわりの条件で求人を探すことができます。
大きな特徴は、「キャリアパートナー」と呼ばれる外部コンサルタントが相談に乗ってくれること。
女性のキャリアに特化して経験を積んできたコンサルタントは、質が高いと評判です。
内部コンサルタントの場合、経験が少ない担当にあたってしまう確率がありますが、リブズキャリアならその心配がありません。

リブズキャリアに登録する

パソナキャリア

求人数

16524件

非公開求人数

27240件

面談対応地域

東京、大阪、名古屋

特徴

女性向けの「ウーマンキャリア」を展開。コンサルタントが親身に相談に乗ってくれる。

総合人材サービス企業の先駆け的な存在なのがパソナキャリア。
女性の転職支援に特化した「ウーマンキャリア」を展開しているため、20代女性におすすめのエージェントです。
結婚や出産、家族の事情などによってキャリアに変化が起きやすい女性は、女性の希望を理解してくれるエージェントが必要。
パソナキャリアには、ハイキャリアから第二新卒、理系女子まで、さまざまなタイプの女性に特化した女性アドバイザーが在籍しています。
総合人材サービスとして築きあげた企業とのコネクションがあるため、独自求人が豊富なのも魅力です。

パソナキャリアに登録する

20代後半におすすめの転職エージェント

20代後半になると、リーダーとしての役割を担う人も増えてきます。
転職をきっかけに、自身のスキルを高く評価してくれる企業での活躍を目指しましょう。
20代後半、キャリアに自信がある人向けのエージェント2社です。

ビズリーチ

求人数

33473件

非公開求人数

非公開

面談対応地域

全国(企業やヘッドハンターと直接やり取りをおこなうためコンサルタントとの面談はない)

特徴

会員制転職サービス。エグゼクティブ向けで年収1000万円以上の求人が多い。

ビズリーチは、ヘッドハンティング型の転職サービスで、主に1000万円以上のエグゼクティブ求人に特化しています。
20代の中でしっかりキャリアを積み上げ、実績に自信がでてくる20代後半であれば利用価値が高いです。
職務経歴書を登録しておくと、興味をもった企業やヘッドハンターからのスカウトを受け取ることができるというサービス。
ヘッドハンティング型の場合、スカウトがどの程度くるかによって自身の市場価値を判断する材料にもできます。
まずは無料のスタンダードプランに登録し、市場価値を見極めるのも手。

ビズリーチに登録する

JACリクルートメント

求人数

6466件

非公開求人数

非公開

面談対応地域

全国(東京、名古屋、大阪、広島など)

特徴

外資系、海外進出企業などグローバル転職に強み。

JACリクルートメントは、全国と海外に拠点をもつグローバル転職に強い転職エージェント。
外資系や、国内大手、海外事業を展開する企業などを豊富に扱っているため、語学力を活かしたい、グローバルに活躍したいという20代におすすめ。
英文レジメのアドバイスなど、外資系ならではの対策もおこなってくれます。
業界や職種ごとに専任のコンサルタントがいるため、より深い相談ができるのも魅力。
コンサルタントは企業に直接訪問して話を聞いており、社風や事業戦略など、一般公開されていない情報にアクセスできるという強みもあります。

JACリクルートメントに登録する

20代が転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントの利用には、注意すべきポイントもあります。
自分に合いそうなエージェントを選んだら、利用の際には下記の点に気をつけるようにしましょう。

面談では転職への意欲をしっかりアピール

エージェントとの面談は、企業の採用面接ではありませんが、しっかりと転職への意欲をアピールしましょう。
なぜなら、エージェントは企業からの掲載料と成約料で成り立っているため、転職意欲が高く、転職につながりやすい人を優先的に紹介していくからです。
面談で「この求職者はさほど転職に意欲がない。」と判断されると、積極的な紹介が受けられなくなってしまうことも。
意欲が高い求職者に対しては、エージェントも「なんとか転職させてあげたい。」と必死に求人を探してくれます。

自己分析を怠らないこと

転職エージェントは転職支援のプロですが、あくまでも最終決定をするのは求職者自身です。
エージェントから紹介されるがまま、言われるがままに転職活動をおこなっても、結局は自分の希望とはあっていないといった理由で転職を失敗することもあります。
エージェントのアドバイスを聞き、それをもとにきちんと自己分析をしましょう。
自分の意志がないところには、転職成功はないのです。

エージェントのアドバイスに耳を傾けること

反対に、エージェントのアドバイスを無視するのもNGです。
自分の考えが絶対に正しいと思い込んでいたり、頑ななこだわりを持つことで、せっかくの可能性が潰れてしまうこともあります。
エージェントは、転職市場と向き合っているプロですから、アドバイスにはきちんと根拠があるのですよ。
エージェントのアドバイスにはしっかり耳を傾けること。
そのうえで、自分の希望と照らし合わせて判断するようにしましょう。

相性が悪いならエージェントや担当を変えることも必要

エージェントによっては相性が合わず、希望がうまく伝わらない、自身が決めた方向性とは異なる求人を紹介されて困る、といったことが起こります。
そのときは、遠慮せず担当を変えましょう。
担当変更を受け付けているエージェントも多くありますよ。
エージェントごとに扱う求人が異なるため、エージェントそのものを思い切って変えてみることも大切です。

大手にこだわり過ぎず視野を広くもつこと

新卒の就職活動に見られるように、若い世代は大手信仰が顕著です。
経験が少ないからこそ「やっぱり大手がいい!」と思い込んでしまうことも。
大手は条件面では有利ですが、自分のやりたい仕事でなければやはり辞めることになるでしょう。大手にこだわり過ぎず、視野を広くもってみると、とても魅力的な中小企業やベンチャーもたくさんあります。
多様化が進んだ時代だからこそ、柔軟性が必要ではないでしょうか。

20代は転職エージェント利用でステップアップしよう!

20代の転職は若さゆえの失敗が多かったり、今後のキャリアの方向性に迷いやすい世代でもあります。
やみくもに転職活動するより、一緒に併走してくれる味方が必要。
プロであるエージェントの力を借り、後悔しない転職を目指しましょう。
実践的なアドバイスや応募対策をもとに自身のキャリアを真剣に考えることが、転職成功の秘訣です。
希望通りの未来をぜひつかみ取ってください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています