面接で「長所」を聞かれたら?好印象を得る回答のポイントを紹介します

面接で「長所」を聞かれたら?好印象を得る回答のポイントを紹介します

長所や強みは面接で大いにアピールしたいところ。
しかし、答え方次第では印象が台無しになってしまう事もあります。
好印象につながる回答のポイントをおさえ、一歩リードするためのコツを紹介します。

面接で「長所」はなぜ聞かれる?面接官の意図とは

そもそも、面接で「長所」が問われるのはなぜなのでしょうか。
より効果的なアピールができるよう、まずは面接官の意図から探っていきましょう。

自己分析ができているかどうかを知るため

面接官が長所を尋ねるのは、「自己分析ができているかどうか知りたい」というのが一つ目の目的です。

自己分析とは、自分を客観的に見ること。
自分を客観視できる人は、「何をすればよいのか」「どう動けばプラスに働くのか」の判断ができるので、長所・短所いずれも仕事に活かすことができるのです。
こうした仕事への対応力・応募者のパフォーマンスを知るひとつの手がかりとして「長所」に関する質問が行われています。

応募先企業に合う人材かどうかを見極めるため

長所が問われるもう一つの理由が、自社に合う人材かどうかを見極めることです。

企業としては、それぞれの社員が会社の利益に貢献してくれるかどうかも大切ですが、今いるスタッフや会社そのものに馴染み、継続して働いてくれるかも重要なこと。
たとえば、「協調性が高くチームプレイが得意」という長所が悪いわけではありませんが、「個人プレイで実力主義」の会社ではどうしても霞んでしまいますし、会社とのミスマッチを理由に退職されてしまう懸念もあります。
こうした企業との相性をはかるためにも、長所は重宝されているのです。

面接での長所、どれを話す?選び方のポイント

人の長所はひとつとは限りません。
性格、行動など様々な分野で得意なことがあるという方がいて当然のこと。
では、面接での回答を用意する際にはどういった点に配慮が必要なのでしょうか。

好きなこと、得意なことを選べばいいというわけではない

面接で長所を回答する場合は、ただ単に自分の得意なことを選べばよいというわけではありません。
極端な例ですが、面接で「私は料理が得意です」などといった的外れな回答をする人はいませんよね。
面接というあくまでも公式な場で述べる「長所」ですので、場に適した長所を選ぶというのが大前提です。

その上で、面接では企業担当者が求めていることに対して、的確に回答するのが大きなポイントに。
求人票を見ただけでも、求める人材や会社の雰囲気などをうかがい知ることができますので、企業研究をしっかりしておくと効果的なアピールに役立てられますよ。

アピールしたいことは1つに絞ること

「長所」というと、あれもこれも詰め込みたい気持ちになりますが、盛り込み過ぎては結局内容が伝わりにくいものになってしまいます。
「コミュニケーションとリーダーシップと積極性と…」といくつも並べては何が言いたいのか分かりませんよね。

面接官への印象を強く残すためにも、長所は1つに絞るのがおすすめです。
厳選した長所をしっかりとアピールできるようにしておくのが、より効果的です。

応募先企業や職種に関連づけやすいものを選ぶこと

長所をアピールする際は企業にあったアピールが必要だということは先述しましたね。
あわせて、職種や仕事内容を意識しながら文章を構成するのがおすすめです。

たとえば「個人」の技能を重視する技術系の職種に対し、「チームワーク」に関する長所を出しても印象が弱くなりがちです。
また、「リーダーシップ」を要するプロジェクトリーダーが欲しい企業にとっては、「協調性」という長所よりも「積極性」の方が、求める人材としてより魅力を感じることも。
そのため「協調性」をアピールしても、企業の求める人材とは少しずれてしまう懸念があります。

このように、「長所」としては的外れではない場合でも、企業や職種に関連付けやすいものを選ぶと、自ずと面接官の目に留まりやすくなります。

面接ではどう伝える?長所の話し方・伝え方のポイント

アピールしたい長所が決まったら、次は話し方・伝え方です。
面接で効果的に伝えるためには、文章の構成など話し方や伝え方にも配慮しておくのがおすすめ。
具体的なポイントを紹介します。

周囲の評価などエピソードを交えて話す

長所はどうしても主観的な内容になりやすいため、「私の長所はリーダーシップです」と言うだけでは何がどう優れているのか実感が湧きません。

そこで、話の内容に客観性を持たせるためにも、前職でのエピソードを交えて話すのがポイントです。
面接官が応募者のパフォーマンスをイメージしやすくなることで、印象にも残りやすく、より具体的なアピールにつながります。

なお、「転職」ということを考慮すると、エピソードは前職における内容にするのがベター。
新卒採用のように、学生時代やアルバイトでの経験では、「長所」としては物足りない印象を与えてしまいます。
どういった働き方をする人物なのか、実際に働くイメージにつながるよう、前職でのエピソードを交えるようにしましょう。

長所を活かして挙げた成果を話す

エピソードを添える際には、できれば「成果」を伴うものを選びましょう。
長所を活かして行動したことによって、どんな効果・結果を生むことができたのかは非常に重要です。
その際、たとえば「売上10%アップにつながった」「先月よりも残業時間をカットでき、チームの効率がよくなった」というような数字や具体的な評価を交えるとより一層、伝わりやすいですね。

企業側に「同じような成果をうちでも残してほしい!」と思わせると、採用にぐっと近づくことができますよ。

結論から伝える

長所を述べる際は、具体的なエピソードを盛り込むことが大切ですが、話し方としては結論から伝えるようにしましょう。
前職での経験や実績を先に話始めてしまうと、何が言いたいのか結論が見えずに頭に入ってきません。

長所を述べる際は、はじめに「私の長所は○○です」「○○という点が私の強みです」という風に言い切ります。
その上で、「前職では……」というように具体的なエピソードを述べる構成の方が、聞いている方に分かりやすくなります。

簡潔にまとめる

長所の回答では具体性も大切ですが、ダラダラ話すのはNG。
内容が伝わらないだけでなく、印象も決して良いものではありません。

これは長所に限ったことではありませんが、面接での回答は、長くても3分以内で簡潔にまとめるのがポイントです。
これは、面接官が負担を感じずに話が聞ける目安とされている時間・文字数です。
3分で話せるのは、文字にしておよそ600~700字程度ですので、あらかじめ600字程度で文章を考えておくといいですね。

面接での回答は長ければOK!というものではありません。
できるだけ分かりやすく要点をまとめて回答するようにしましょう。

具体性を持たせるのがポイント

長所は面接官に自分を売り込む絶好のチャンスですが、どうしても主観的な内容になりがちですので、面接官にいかに信用してもらうかも大きなポイントです。
前職での経験や成果を話題に出し、はじめて聞く方でも内容がつかみやすいように考えておくといいですよ。
せっかくの長所ですので、しっかりアピールできるように準備しておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています