アパレル業界の面接対策を徹底指南!転職を成功させるポイントは?

アパレル業界の面接対策を徹底指南!転職を成功させるポイントは?

アパレル業界への転職を希望される方は、面接日当日の対策をどうすればいいのか不安に感じていることでしょう。
アパレル業界の転職面接では、アパレルならではの質問や服装のポイントがありますよ。
ここでは、アパレル業界の転職面接対策として、面接日の服装、よくされる質問、転職面接通過のポイントを紹介します。

アパレルの転職面接で気になる服装のコツ

アパレル業界の転職面接当日には、服装をどうすればいいのかが気になりますよね。
他業界の転職面接とは異なる点も多いため、アパレル業界に特化した対策を考えておきましょう。
ここでは、アパレル業界での転職面接における服装のコツと注意点を紹介します。

職種に応じた服装を

アパレル業界の転職面接では、先方の指示に従い私服かスーツを着用します。
販売員やデザイナーは私服、営業などはスーツを指示されることが多いようですが、企業によって異なります。
いずれにしても、応募職種ごとに全体的な雰囲気を変える必要があります。
たとえば同じ私服でも、営業マンと販売員では、求める人材像は異なりますよね。
営業マンの面接ではよりオフィシャルに、販売員の面接では適度に流行を取り入れることも大切でしょう。
応募職種に応じて「自分は何を求められているのか。」を意識してみてください。

無難なリクルートスーツはNG

スーツ着用の転職面接の場合、アパレル業界でリクルートスーツは避けましょう。
アパレルではどの職種であっても、流行への感度やファッション意欲がある人材が好まれます。
無難にまとめても「つまらない」と思われてしまうのは、他業界とな異なる点。
スーツの色やシルエットにこだわり、靴や鞄までトータルでのコーディネートを考えてみましょう。

面接を意識した「オフィシャル感」を大切に

私服指示の場合でも面接は面接。
その場に適した服装としてオフィシャルな雰囲気を出すことは重要です。
私服だと、スーツのようにオフィシャル感を出すのが難しいですよね。
私服出勤可能な企業の「オフィスカジュアル」をイメージすると分かりやすいでしょう。
ジャケットやシャツなど襟つきのトップスを着るときちんとした印象になるため、オフィスカジュアルが苦手な方は上手く取り入れてみてください。

応募先のブランドで固めるより全体のイメージが重要

アパレルの転職面接でよく聞かれる悩みとしては「応募先ブランドのアイテムでまとめないといけないのか。」という点。
すでに持っているなら着用するのはもちろんいいですが、無理に買う必要もありません。
それよりも、コーディネートの全体的なイメージが応募先ブランドにフィットしているかを見られます。
ブランドイメージは、ブランドの公式サイトや店舗の雰囲気からも判断することができるため、ブランドコンセプトは何かを意識して面接日の服装を考えてみましょう。

髪型やネイル、足元など細部まで気を使うこと

アパレル業界では、ファッションへの興味や探求心があることが求められますので、転職面接でも服装以外の細かい点までチェックされています。
髪型やネイルにメイク、足元まで気を使いましょう。
ファッション性を意識するのはもちろん、お手入れ状態も重要。
シワや汚れがないかは「細かいところに意識がいく人材か」の判断材料となりますので要注意です。

アパレルの転職面接でよくされる質問と注意点

転職面接では「よくされる質問」が定番であります。
アパレル業界では、一般的に聞かれる質問に加え、アパレルならではの質問もありますので押さえておきましょう。
ここでは、アパレルの転職面接でよくされる質問と、答え方の注意点を紹介します。

なぜアパレル業界を選んだのか

アパレル業界は景気や消費者の動向に左右されやすく、常に変化が起きる業界です。
決して安定的な業界と言えないうえに今のアパレル業界は過渡期。
高級志向の大手百貨店でもファストファッションブランドを扱うなど、これまでにない動きも見られています。
この中で、なぜ今アパレル業界を選んだのかはよく聞かれる質問。
今の業界事情や将来性を自分なりに分析し、アパレル業界で働きたい理由を述べられるようにしておきましょう。

前職を辞めた理由

転職組が必ず聞かれると言っていい質問は退職理由。
前向きで説得力のある理由を用意しておかないと、マイナスなイメージを与えかねない難しい質問です。
前職への不満をつらつらと述べるのではなく、「キャリアアップのため」「転職してやりたいことがあった」等ポジティブな言い方に変えてみましょう。
無理にポジティブ変換するというより、自分がなぜ退職する決心をしたのかを突き詰めて考えてみることが重要。
上司と合わない、やりたい仕事ができないといった不満があったのなら、その先には「こんな働き方がしたい。」「こんな仕事をやってみたい。」という自身の希望があるはずです。

取り扱いブランドや商品について

応募先の取り扱いブランドや商品についてもよく聞かれます。
「当社の商品を使ったことがありますか?」「〇〇ブランドをどのようにイメージしていますか?」など。
企業やブランドの研究をしっかりしておき、自分の言葉で伝えられるようにしましょう。
実店舗を訪問して商品を手にとったり、接客を受けてみたりしておくことも大切ですよ。

他社の応募、選考状況

他社にも応募しているのか、選考状況はどうなっているのかも、転職面接終盤で聞かれることがあります。
転職では複数の企業を同時応募するのが基本なので、他社を受けていることはある程度正直に伝えても大丈夫です。
ただし、アパレルの場合は応募ブランドのテイストがあまりに異なっていると、志望動機に一貫性がないと思われる可能性があります。
具体的な社名を言わなくてもいいので「他にもキャリア向けアパレルブランドを複数受けています。」など、ブランドのテイストにこだわっていることが分かるような伝え方をしましょう。

アパレルの転職面接を通過するためのポイント

アパレルの転職面接ではどんな点に気をつければ成功に近づくのでしょうか。
ここでは、アパレル転職で内定を引き寄せるためのポイントを紹介します。

ブランドイメージに合った雰囲気を意識

面接官は応募者が醸し出す雰囲気がブランドイメージに合っているかを見ています。
たとえば、キャリアOLの顧客が多いブランドなら落ち着きや品があること、若者向けブランドなら明るくて気さくな雰囲気が求められるかもしれません。
服装だけでなく、声のトーンや受け答えのテンポなどを意識し、ブランドの世界観にマッチするようにしましょう。

背筋を伸ばして快活に見せる

どのブランドや職種に応募するにしても、背筋をしっかり伸ばして快活に見せることは重要です。
背筋を伸ばすことで若々しく服も素敵に見えますし、発声しやすい、緊張感を感じにくいといったメリットもあります。
おへその辺りに力を入れて背筋を伸ばすように意識してみると、肩に力が入らず背筋と首がしっかり伸びるため美しく見えますよ。

言葉遣いと話の聞き方に注意

アパレル業界は、すべての職種においてコミュニケーションスキルが重要視されます。
販売員や営業職はもちろん、デザイナーやパタンナー、バイヤーやプレスといった職種でも、取引先や他職種とのやり取りが頻繁に発生する業界。
連携なくしてはやっていけない業界なので、言葉遣いや話の聞き方がなっていないと転職後に馴染めない可能性があります。
転職面接では特に気をつけるようにし、面接官の話に適度な相槌を打ちながら熱心に聞く姿勢を意識しましょう。

自己紹介や志望動機はブランドに合ったものを用意

自己紹介や志望動機は面接で必ず聞かれますが、ブランドに合ったものをしっかり用意しておくべき。
よくあるのが、どのブランドにも通用しそうな一般的な自己紹介や志望動機を1つ持っておき、それを流用するパターンです。
それだと「なぜ応募ブランドに入りたいのか」が明確ではなく熱意が伝わりにくいというもの。
ブランドごとにしっかり考え直し、「だから御社に転職したい!」と言えるようにしましょう。

仕事「以外」も充実させて会話の引き出しを増やす

アパレル業界では常にアンテナを張り、いろいろな分野に興味関心がある好奇心旺盛な人が好まれます。
たとえばアパレル販売員は、仕事「以外」に何をやっているのかが会話の引き出しとなり、ファンがついて商品購入につながることが多々あります。
「その商品を買いたいから買う。」だけでなく、「その人から買いたい。」と思うことは顧客心理としてあるため非常に大切。
転職面接でも雑談が振られることがありますが、会話力や引き出しの多さをしっかりチェックされていますよ。

アパレルの転職面接は事前対策をしっかりと

アパレル業界の転職面接は、業界自体が自由度が高いイメージからか、あまり対策をしてこない人も見られます。
しかし、転職面接における準備の重要性は他業界と何ら変わりません。
アパレル業界ならではの質問や服装マナーなどがありますので、しっかり押さえておくようにしましょう。
事前対策をおこなってこそ、希望の企業への転職が叶うことでしょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

入社後の試用期間とは何か

求人を見ていると、よく目にする言葉に「試用期間」というものがあります。 この試用期間という制度、なんとなく知っ […]

続きを読む

求人情報に年間休日が記載されていない理由とは

前職が休みが少なくて体が持たなくて辞めてしまった! 次はもう少し、休暇のしっかりしたところへ転職したい! そん […]

続きを読む

退職後の住民税の支払い方法について

サラリーマン時代は、住民税を含む税金の支払は、会社が全て手続きを行ってくれていましたが、退職後はそうはいきませ […]

続きを読む

履歴書や職務経歴書のサイズに決まりはあるのか

初めての転職活動をすることになった場合、応募書類には履歴書と職務経歴書がありますが、それぞれの用紙のサイズなど […]

続きを読む

20代はおすすめの転職サイトを使い倒して転職成功を手に入れよう!

20代の人の中には転職が初めてという人もたくさんいると思います。社会人としてまだ経験の浅い20代の人も転職サイ […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む