アパレル販売員への転職のポイントを徹底解説

アパレル販売員への転職のポイントを徹底解説

百貨店やファッションモールなどで笑顔で接客するアパレル販売員。
ファッションアイテムに囲まれ、楽しそうでやってみたいと考える方も多い人気の仕事です。
未経験からの転職組も多く、転職のチャンスは比較的高い職種と言えるでしょう。
転職前の準備をしっかりおこない、適切なアピールをおこなえば転職可能性が広がりますよ。
ここでは、アパレル販売員に転職するための準備や未経験転職の秘訣、面接時のアピールポイントを解説します。

アパレル販売員に転職するための下準備

アパレル販売員に転職するには下準備が重要です。
応募に踏み切る前に、転職活動をよりスムーズにおこなうための準備をしておきましょう。
ここでは、アパレル販売員に転職するために準備すべき点を解説します。

なぜアパレル販売員になりたいのか理由を明確に

アパレル販売員の転職面接では、アパレル業界に入りたい理由、アパレル販売員になりたい理由を必ず聞かれます。
ファッションが好きというのも理由の1つでしょうが、アパレル販売員の仕事は想像以上に激務なので、なりたいという明確な理由がなければ続けられません。
他業界に比べても、業界や職種への情熱を重要視される傾向にあるため、面接官を納得させるだけの理由を考えておきましょう。

販売員のその後は?キャリアの方向性を決める

アパレル販売員への転職は、その後のキャリアをどう方向づけておくかも大切です。
販売員の仕事は体力的な負担が大きく、年齢とともに続けるのが難しくなる仕事。
定年まで販売員でやっていくのは相当大変なので、どこかでキャリアチェンジしていく必要もでてきます。
いずれは店長やマネージャーになり管理側にまわるのか、バイヤーやプレスなどにステップアップしていきたいのか、長い目で見たキャリアを考えておきましょう。

応募ブランドの魅力や商品特性を調べておく

アパレル販売員は自社商品の魅力を消費者に伝えて売上につなげる仕事なので、自社商品に詳しく、魅力をよく理解している人が向いています。
アパレル販売員の転職面接でも、応募ブランドの商品特性について聞かれるのは定番。
他社ブランドの商品との違いも含めて徹底的に研究しておくと、応募先への熱意が高いと思われるでしょう。

実店舗を訪問して雰囲気をチェックする

アパレル販売員を希望するなら、実店舗の訪問は必須。
実際に商品を手に取り、接客を受けてみましょう。
ブランドごとに接客スタイルも大きく異なるため、自身の特性と合っているか確認してみてください。
たとえば、1人1人に丁寧に寄り添う接客スタイルをモットーとするブランドと、距離感を保った接客スタイルのブランドとがあります。
個人差があるとはいえ、販売員は勤務先のブランドの接客スタイルを叩きこまれるのが基本なので、実際に自分がお店に立ったときをイメージしておきましょう。

未経験からアパレル販売に転職する秘訣とは

アパレル業界や販売員経験がない方にとっては、アパレル販売員に未経験から転職することは可能なのかが気になりますよね。
未経験の場合は、経験者以上に注意すべきポイントがありますよ。
ここでは、未経験からアパレル販売員に転職する秘訣を紹介します。

アパレル販売は未経験からの転職者が多い

未経験の場合、本当に転職できるのか不安も大きいでしょうが、アパレル販売員は未経験からの転職者が多数います。
転職チャンスには比較的恵まれているため、自信を持って活動しましょう。
ただし、年齢によっては全くの未経験だと難しくなりますので、早めの転職を心がけましょう。
具体的には、完全未経験の場合は20代までが1つの目安となります。

年齢層に合ったブランドを選ぶ

アパレル販売員は、自身の年齢層に合ったブランドを選ぶのがポイント。
30代で10代向けのブランドを選んでも、ブランドイメージと合わないため内定が遠のきます。
顧客層を調べておき、販売員としての自分が店舗内で浮かないかどうかを考えておきましょう。
今より少しだけ上の世代をターゲットとしたブランドを選び、長く働けるようにするのもおすすめです。

販売職のメリット、デメリットを整理しておこう

アパレル販売職は、好きなファッションに囲まれ、人の笑顔が見える素敵な仕事。
綺麗な服を着て百貨店やショッピングモールで働くため、アパレル販売員未経験の方からは、華やかな職業だとも思われがちです。
実際には、在庫整理や大量の衣類を運ぶなどの地味な重労働もありますし、ブランドによってはヒール靴着用が必須で足はマメだらけ。
勤務形態も不規則で決して楽な仕事ではありませんよ。
アパレル販売職のメリットだけでなく、デメリットもしっかり整理しておき、「それでもアパレル販売員になりたいか。」を自分自身に問いかけてみましょう。

接客や営業など類似業務の経験を探す

アパレル業界での販売員経験がない場合でも、過去に類似業務の経験があれば十分アピールできます。
特に接客販売業、営業といった接遇スキルが求められる職種経験があると有利。
職種経験がない場合でも、業務の中で人と接する機会が多かった経験、人とのコミュニケーションで工夫していた点など、経験の中からアピールポイントを探し出すようにしましょう。

アパレルに強い転職支援サービスを頼る

未経験の場合は、アパレル販売員経験者に劣る点が多いため、プロのサポートを受けるのがおすすめ。
アパレルに強い転職支援サービスなら、アパレル業界に精通したコンサルタントの徹底サポートが受けられます。
店舗見学に同行してくれる、アパレル業界事情を教えてくれるといったメリットが大きいため、上手に利用しましょう。

転職面接での服装やアピールポイントは?

転職面接当日の服装やアピール方法はどうすればいいのか気になりますよね。
転職までの下準備をしっかりおこなったら、面接当日も徹底的に対策しておきましょう。
ここでは、転職面接時の服装とアピールポイントを紹介します。

販売員の服装はブランドイメージを大切に

販売員にとって、転職面接当日の服装は重要なアピールポイント。
どのブランドやどのアイテムをチョイスするかより、全体的なブランドイメージに合っていることが大切です。
必ずしも応募ブランドのアイテムでなくてもいいので、ブランドのコンセプトに合ったテイストでまとめるようにしましょう。

コーディネートはテーマを決めておくのがおすすめ

面接日当日のコーディネートを考えるときは、その日のテーマを決めておくといいでしょう。
面接でも「今日の服装テーマは何ですか?」という質問はよくあります。
ブランドの顧客層にあった人物像を設定し、その人物にコーディネートを提案するつもりで決めるのもいいですね。

笑顔で感じのいい対応は絶対に重要!

アパレル販売員は、消費者と直接接する最前線の職種。
接客レベルによって購入決定を左右することが多いため、笑顔で感じのいい対応は絶対に重要です。
もちろん、ブランドによって「明るく元気よく」「落ち着いた品のいい対応」など雰囲気を合わせることも大切。
面接官は必ず「この応募者が店頭に立ったときにどうなるか。」をイメージしています。
「我が社のブランドには合わない」と判断されないように気をつけましょう。

過去の実績は数字を交えて具体的にアピール

アパレル販売員は単なるレジ係ではなく、商品を売るのが仕事です。
転職面接でも、しっかりと売上につなげるスキルがあることをアピールすべき。
ポイントは、数字やエピソードを交えて具体性を持たせることです。
「前職では接客を頑張ってきました。」ではなく、「月〇件の売り上げがあり、全社員の中で〇位でした。」など、客観的に見てと分かりやすいかを見極めましょう。

「逆質問タイム」は積極的に

転職面接では、面接の終盤で「何か質問はありますか?」と聞かれることがほとんど。ここは意欲をアピールできる場面ですから、積極的に逆質問しましょう。
逆質問タイムのポイントは、企業HP等で調べればわかることではなく、自分なりの企業研究をしたうえで気になった点を聞くようにしましょう。

アパレル販売員への転職で「好き」を仕事にしよう!

アパレル販売員はハードワークで不規則ですし、決して大きく稼げる仕事ではありません。
しかし、ファッションが好き、お客様と接する仕事が好きという方にとっては最高の仕事。
好きなことを仕事にできるチャンスはなかなかないため、アパレル販売員への転職を真剣に考えるならぜひ挑戦すべきと言えます。
アパレル販売員への転職ポイントを押さえ、成功を引き寄せましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

土木業界に転職したい第二新卒が知っておくべきポイントまとめ

  第二新卒で土木への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動機の例文までを紹 […]

続きを読む

資格の有無の差は大きい!介護の仕事に役立つ資格情報

介護の仕事に携わる人材のニーズが高まっています。 介護サービスは、医療的なものから日常的な生活のお世話まで仕事 […]

続きを読む

アパレル業界に転職したい第二新卒が知っておくべきポイントまとめ

第二新卒でアパレル業界への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動機の例文までを紹介しま […]

続きを読む

介護の職種の代表!国家資格である介護福祉士の仕事が知りたい

介護の仕事は資格がなくても働くことはできますが、国家資格である介護福祉士の資格があると、収入や待遇面で断然有利 […]

続きを読む

以外と知らない労働基準法の基本

あなたは労働基準法をどのくらい知っていますか? 就業規則や会社の慣習は良く知っているが、労働基準法は名前だけ知 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト