アパレル業界への転職を成功させるためのコツ。基礎固めと自分らしさが鍵!

アパレル業界への転職を成功させるためのコツ。基礎固めと自分らしさが鍵!

華やかで楽しそうと憧れる人も多いアパレル業界。
転職組も多いため、経験がなくても十分に転職できるチャンスがある業界です。
しかし、転職に必要な基本を備えたうえで自分らしさを表現する必要があり、転職成功にはコツも必要。
ここでは、アパレル業界への転職成功のために知っておきたい基本と、応募時のコツを紹介します。

アパレル転職成功のために知っておきたい基本

アパレル業界に転職を成功させるために、まずは基本として覚えておきたいことがあります。
ここでは、業界の特性や応募時の前提要素などをお伝えします。

アパレル業界と転職組は相性抜群

新卒で入社して継続的に働き続けている人と転職組の比率は、各業界によって異なります。
アパレル業界は転職組やアルバイトからの採用組も多く、採用に至るケースはさまざま。
理由としては大きくわけて二つ考えられます。

一つは仕事がハードで離職率も高めのアパレルでは間口を広げざるを得ないという点。
二つ目は、実力主義で学歴などにとらわれず評価されやすいため、誰にでもチャンスがある業界であるという点です。

アパレル業界には多くの転職組がいますから、参考にすべきモデルケースも存在しますし、転職組ならではの悩みを共有できるのも利点です。
アパレル業界と転職組は相性がいいのですね。

店舗訪問は企業研究の基本

企業研究の基本として企業訪問がありますが、一般企業ではなかなか簡単にはいきません。
ただアパレルのような、店舗がある企業であれば訪問は十分に可能ですよね。

アパレル業界に転職したいと思ったら実店舗に訪問してみるのが大原則です。
なぜなら企業の考え方や方向性は実店舗にこそ集約されているから。
商品だけでなく販売員の接客スタイルなども、企業理念にもとづいた教育がされているはずです。
立地によって客層が異なるため、提供している商品やコーディネートが各店舗で違ってはいますが、根底にある考え方は共通しています。
可能であれば複数の店舗を訪問し、商品の魅力以外にも販売員がどんな接客をしているのかをしっかりと研究しましょう。

接客経験や売上実績が最大の武器

アパレル業界でもっとも多い募集職種が店舗での販売員ですが、誰にでもできる仕事だと思っていませんか?
もちろん、立っているだけであれば健康なら可能ですが、「売れる販売員」になるのは簡単ではありません。
特に昨今のアパレル業界は、一昔前には大人気だったブランドすら倒産するような厳しい時代。
海外からのファストファッションブランドが業界を席巻するなど、業界全体として変化が激しくなっています。

商品価値や価格を下げずに勝負するにはやはり接客スキルが大切。
どの店舗でも「売れる販売員」が欲しいため、アパレル業界でこそ即戦力が求められています。
サービス業での接客経験があれば有利ですが、ない場合でも営業職などで契約件数の実績があると強み。
お客さまの心をいかにつかみ、最適な商品を提案できるスキルがあるのかが勝負というわけです。

アパレルだってビジネスマナーは必須

ファッションに携わるという点で自由度が高く、一般企業で働くよりも緩いイメージを持たれる方も多いかもしれません。
しかし、仕事ですからビジネスマナーは必須。
ブランドによってお客さまの年齢層や職業も実にさまざまですから、高いビジネスマナーが必要だと言っても過言ではありません。
経営者や役職につかれている方も多くいますし、反対に流行に敏感な若い方も来られますから、かしこまった感じになりすぎることなく柔軟に対応しなくてはなりません。
面接でも当然ビジネスマナーは見られていますから、簡単なアルバイトの延長だと思っていると痛い目に合うかもしれませんよ。

応募時の身だしなみは一工夫するのがコツ

どの業界でも応募時の身だしなみに気をつけることが必要ですが、アパレルの場合は特に細かい点まで見られています。
さらに、通常の転職活動と違い、身だしなみにも一工夫必要なのがアパレル転職の特徴。
ここでは、応募時の身だしなみについて解説します。

服装やメイクはブランド世界観にあわせること

一般的には履歴書の証明写真や面接時の服装はスーツが基本ですよね。
ただし、アパレルの場合は私服指定も多いので、募集要項をしっかり確認しましょう。
何も指示がなければスーツが原則ですが、その場合でもリクルートスーツではなく、色や形にこだわりがあるファッション性があるタイプを選ぶべき。

私服の場合は、応募企業で扱うブランドの服を着る必要はありませんが、ブランドの世界観にあった雰囲気にもっていくようにしましょう。
メイクも同じで、ブランドイメージに沿った仕上がりを心がけるべき。
何が正解ということはありませんが、ブランドイメージとかけ離れた服装やメイクだと、応募企業への興味が薄く入社後にギャップを感じやすいと思われます。

自分なりのテーマをもっておくといい

応募時の私服は悩むところですが、自分なりのテーマを設定してコーディネートを考えるのがおすすめです。
例えばOLさん向けのブランドでも、カジュアルな服装が自分らしいと思ったら「OLさんの休日」をイメージして組み合わせてみる。
面接日に雨が降っていたら、「雨の日でも楽しめるファッション」を想定して考えるのもいいでしょう。
必ずではありませんが、アパレル面接では「今日のコーディネートのポイントは何ですか?」という質問を受けることもよくあります。
もともと考えられてコーディネートされたものなら、すぐに答えられますよね。

気にすべきは面接官の好みではなく客層

応募時の身だしなみで重要なのは、「どんな服が面接官に好まれるか。」ではありません。もっとも重要なのはブランドの客層。
アパレルではどの職種であっても、視点は常に「お客さまがどう感じるか。」に向いているからです。
面接官も応募者を判断する際に「自社の顧客から見てどう映るか?」を考えます。

客層を知るためには企業研究が必要なのはいうまでもありません。
ブランドHPを見る、店舗訪問を行う、どんなファッション雑誌で取り上げられているか調べるのも一つです。
客層を知ったうえで身だしなみを整えられる人は、入社した後もお客さま目線で仕事ができると思われるのです。

アパレル業界での面接対応のコツ

業界ごとに面接で聞かれやすい質問や、面接の雰囲気にも個性があります。
アパレル業界の面接は、柔軟な発想力が求められることもあって、一風変わったものも多いですよ。
ここでは、アパレル業界での面接対応のコツを解説します。

教科書的な受け答えは「つまらない」と一蹴される

面接対策として、面接対策本を読んだり転職サイトで研究したりと、一般的な対策をされる人も多いでしょう。
もちろん、教本や転職サイトにはためになる基本情報も多いので上手に使うべきですが、丸暗記は厳禁。
特にアパレルではあまりに教科書的な受け答えをすると、柔軟な発想ができないつまらない人間だと言われてしまうこともあります。
保守的な業界では通る回答も、アパレルでは通らないこともあると覚えておきましょう。

あわせるのではなく自分らしさを表現しよう

アパレルでは「こういうタイプが好まれる」というのはあまりありません。
もちろん、接客業であれば人当たりがいい、ブランドの雰囲気と合っているなど大前提となる要素はあります。
ただ、「明るくてフレッシュなタイプ」「落ち着いてしっかりしているタイプ」どちらがいてもいいのです。
相手にあわせようと思っても応募者の魅力を発揮することはできず、逆効果になってしまいます。
大事なのは自分らしさを表現できるかという点。
自己分析で自分らしさを掘り下げて考えていき、どんな接客ができるのかを考えておきましょう。

面接では何を聞かれる?

アパレルの面接では、志望動機や退職理由など一般的によく聞かれる質問のほか、商品の魅力や特徴を聞かれることも多くあります。
素材や形などブランドごとにこだわっている点がありますので、よく研究しておきましょう。

また、その場で考えて答えるしかない変化球型の質問も。
「お客さまからのこんなクレームにどう対処しますか?」など対応力を問われる質問や「自分を調味料に例えると?」など、柔軟な発想が求められる質問もあります。

コツを理解してアパレル業界の転職を成功させよう

アパレル業界の転職では一般企業への転職に必要な基礎に加えて、アパレル独自で求められる点もあります。
その意味では準備すべきことも多く、決して転職は簡単ではありません。
しかし、自分らしさと意欲があれば学歴や経験問わず評価されやすいという側面も。
仕事はハードですがやりがいを感じやすく天職だと思える人もいます。
アパレル業界転職ならではのコツをぜひ理解し、転職を成功させましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています