第二新卒の転職で気にしておきたいベストな時期とは?

第二新卒の転職で気にしておきたいベストな時期とは?

転職が一般的になり、第二新卒で今までと違う会社に入社した人も増えています。
第二新卒とはそれぞれの企業でその定義が違いますが、一般的に入社して三年以内に辞めて転職をしようとしている者を指します。
新卒で入社した会社を三年以内に辞めてしまう人が三割いる中で、第二新卒という立場で新卒の応募枠に挑戦できることは、転職活動において有利に働くかもしれません。
第二新卒で転職を成功させるためには、転職活動をはじめる時期がとても大切です。
そこで、もっとも採用が決まりやすい時期とポイントを紹介します。
これから第二新卒で転職を始めようとする人は参考にしてください。

第二新卒の転職活動と時期の見極め

第二新卒で転職活動をする時期を見極めるためには、企業側が積極的に採用をする時に始めましょう。
また、こまめに情報を集めて、採用されるニーズが高まっている時期に合わせ、しっかりと第二新卒で転職する準備を行うことが大切です。
それぞれ解説します。

一般的に第二新卒の採用のニーズが高まる時期は?

第二新卒のニーズが一般的に高まる時期は、4月と10月です。
4月は、大学を卒業した人の採用が行われる時期であり、定年退職者の補充や年度の変わり目に伴う欠員の補充の為に人が動くタイミングです。
10月は、新卒で入社した人が辞めてしまうことによる補充や途採用者を募集する時期です。
この時期に合わせて第二新卒の転職活動を行えば、やみくもに活動するより、採用される可能性が高くなります。

応募したい業界や企業の採用動向を知る

4月と10月が第二新卒で採用されるチャンスですが、すべての企業に当てはまるわけではありません。
自分が希望する業界や企業がどの時期に積極的に採用しているか知っておきましょう。
また、希望する企業で第二新卒で入社した人がどのくらい活躍しているか把握しておくことも大切です。
転職活動を始める前の企業研究をしっかりおこなって、業界や企業のことを知ることは新卒の就職活動と変わりません。

こまめに情報をチェックする

第二新卒の転職活動において希望する業界や企業の情報をできるだけ細かく集めておきましょう。
書籍やネットの情報も大切ですが、転職サイトに登録しておくことをおすすめします。
第二新卒は新卒で応募できますが、中途採用者の枠でも応募できる企業もあるので、新卒向けの就活サイトと転職者向けの転職サイトのどちらも押さえておく必要があります。
それぞれのサイトで自分にあうものを見極めて、自分の希望する企業の動向を知ることは転職活動の成功を左右するでしょう。

逆算計画を忘れない

第二新卒の転職活動はいつから始めれば良いのでしょうか?
4月と10月に企業の採用ニーズが高まる時期なので、それぞれの時期の一ヶ月前または二ヶ月前に転職活動を始めた方が良いでしょう。
4月と10月以外でも採用している企業はありますが、働きながら転職活動をしている人であれば採用ニーズが高まっている時期に集中して活動すると効率的です。
これらの時期に合わせて転職活動をしましょう。

第二新卒の転職での入社時期の特徴

第二新卒の転職する時期で、入社後の特徴があります。
4月は入社時期が新卒と重なるため、手厚い教育体制が受けられる傾向があり、まだ働いたことがない人には向いています。
10月は中途採用者と入社が重なり、同じような条件の同期がいるのでなじみやすい傾向があります。
自分がどの時期に入社によって、入社後の心構えが変わってきます。
それぞれ解説します。

4月入社は教育体制が充実する傾向

4月に第二新卒で入社した人は、他の時期よりも手厚い教育を受けられるかもしれません。
第二新卒といえど新入社員と同じような研修カリキュラムが組まれることが多く、入社した会社の基礎的な部分はもちろん、電話の対応や顧客の接し方など社会人として身につけなければならないマナーを学ぶことができるでしょう。
まだ学校を卒業しただけで会社に入ったことがない人は、新入社員と同じスタートを切れる時期なので、4月に入社した方が働きやすいかもしれません。

10月入社は企業の体制移行時期で馴染みやすい傾向

10月で第二新卒で入社した後は企業の体制移行期の時期で他の企業で働いたことがある人は馴染みやすくなるかもしれません。
企業にとって10月とは来年度の計画や予算を組む時期となり、新しい部署やプロジェクトが動き始める場合が多く、新しい人材の需要が高まる時期です。
新しい発想や考え方を第二新卒の人に求められるでしょう。
また、10月とは中途採用者と入社が同じ時期になるので、同じような境遇の人と教育を受けることになります。
一度別の会社に入り、三年以内に辞めてしまったような第二新卒にとって、10月入社の時期は馴染みやすいでしょう。

第二新卒の転職活動で時期より大切なもの

第二新卒の人にとって入社する時期は、入社後の働き方が変わってくるのでとても大切ですが、入社する時期よりも重視しなければならないことがあります。
それは、明確な目的を持って第二新卒の転職活動を行うこと。
自分が転職によってどのような働き方をするのか、将来希望する企業で何をやりたいのか目的を持つことが大切です。
また、自分のアピールポイントを整理することも忘れてはいけません。
今までやってきた仕事を通じて学んだこと、取得した資格など、希望する会社や業界に合わせたアピールポイントを持っておきましょう。

三年以内に辞めてしまった第二新卒は辞めた理由を明確にしよう

自分のアピールポイントを整理しても、以前の会社を三年以内に辞めてしまった人は、なぜ辞めてしまったのか理由を明確にしておきましょう。
残業や給料が安いから、自分にあってなかったので辞めたなど後ろ向きの理由を面接で伝えるとマイナスイメージになってしまうかもしれません。
企業側にとってあなたがまたすぐに辞めてしまうのではないかと思われてしまうと、内定をもらうことは難しいでしょう。
もっと規模の大きい取引をしたい、新しい分野で自分を成長させたいなど、前向きな理由を考えて、やる気をみせましょう。

自分に合った転職サイトを活用しよう

転職が一般的になったことで、さまざまな転職サイトを使う人が増えています。
一言に転職サイトといっても、それぞれ特徴があります。
求人数が多く幅広い業種に対応しているもの、特定の職種に強いもの、女性の転職をサポートしてくれるものなど、自分が希望する転職に合わせた転職サイトを選びましょう。
また、就職したことがない第二新卒や転職経験がない人は、転職における注意点や成功するためのポイントを知ることができるので、転職サイトを上手に活用することが大切です。

相手より自分!意欲の上がっている時期を逃さない

いかかでしたか?第二新卒で転職する時期を紹介しましたが、大切なことは、転職するための準備をしっかり行った上で、企業側の採用意欲が上がっている時期を逃さないことです。
転職活動はある程長い期間を想定して行わないといけません。
やみくもに転職活動を行っていては、なかなかモチベーションを保つのは大変です。
4月や10月の採用意欲が上がっている時期に狙いを定めて集中して転職活動を行えば効率的です。
第二新卒のメリットを活かしつつ自分の納得いく転職を成功させてください。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

大阪転職に役立つ7つの転職エージェント比較。比較の見極めポイントとは?

地元の大阪で転職したい方、大阪への転職に興味がある方は、転職エージェントは使えるのかが気になることでしょう。 […]

続きを読む

派遣で単発の仕事をしたい!仕事の種類や注意点など「単発派遣」の基礎知識

1日~数日単位でサクッと働ける「単発派遣」。 自分の生活スタイルや希望にあわせて働けるため、時間を有効活用した […]

続きを読む

第二新卒の転職でも志望動機を魅力的にするポイント

目次1 第二新卒の転職!志望動機の基礎知識2 第二新卒の転職で説得力のある志望動機の作成ステップ3 第二新卒転 […]

続きを読む

金融業界おすすめの転職エージェント6選!金融業界での転職を成功させるエージェントの選び方

金融業界はキャリアアップを図るために、転職を考えている人が多い業界です。 上手くいけば大幅な年収アップも見込め […]

続きを読む

ボーナス後でもOK?転職時期を考えるときの注意点

転職を考える際に、誰もが見落としがちなのが転職時期の選び方です。 転職というと転職先選びばかりがクローズアップ […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト