転職に役立つ資格とは?転職に役立つ資格とその活用法を業種別に徹底解説!

転職に役立つ資格とは?転職に役立つ資格とその活用法を業種別に徹底解説!

転職を考えたことのある人は多いのではないでしょうか。
転職をするにあたり、アピール材料の一つとして活かせるツールの一つとして資格があります。
この記事では、転職に役立つ資格とその活用方法について、業種別に徹底解説します!
また、年代による違い、経験分野か未経験分野かなどのさまざまなパターンを想定して、資格を役立てる上での注意点も確認していきましょう!

目次

転職で資格を活用する目的とは?

転職で資格を活用する場合は、目的別にいくつかのパターンに分類されます。ここでは、そのパターンを確認しておきましょう。自分が転職に資格を活かすなら、どのように活かすかを考える際の参考にして下さい。

業務独占資格 その資格を持っていないと業務ができない資格で「手に職」を狙う

業務独占資格とは、その資格を有していないと行ってはいけない業務のある資格のことです。独占業務が必要とされた場合、資格取得者が必要とされるので、転職にも有利になります。

業界での入門資格、事実上必須の資格

業界によっては、その資格の取得が前提になる場合もあります。たとえばIT業界では、ITパスポートの資格取得は前提条件です。その資格を持っていなければ相手にされない場合もあります。転職先の業界で取得が前提となっている資格があれば、早めに取得しておきましょう。取得していないと、大きなハンデを負うことになります。

経験に加えて、体系だった知識やスキルをアピールするための資格

「資格を持っている」だけで転職に活かすのでなく、これまでの実務経験の中で培ってきた知識やスキルを確かなものとして権威づけるために資格を取得する、という場合です。

もしくは、自分の専門分野をさらに極め、これまでの経験をもとに、より高度なレベルの資格を取得し高い専門性をアピールするケース。この場合、専門分野ということもあり、前提知識も手伝って勉強もスムーズに進むでしょう。

やる気を見せるアピール材料としての資格

20代の転職時に特に有効なのがこのパターン。異業種などの未経験分野に転職するとき、まったくの知識ゼロでやる気だけはあるので採用してほしい、といってもアピール材料としては弱いでしょう。しかし、未経験分野についての資格を取得することで、「自分が未経験分野について知識やスキルを得て転職先に活かしたい」という姿勢をアピールすることができます。

経験が少ない分、ポテンシャルや将来性、やる気を評価される20代は、資格を使ってやる気をアピールする方法があるのです。

年代別!転職時の資格活用方法での注意点

年代により、転職を成功させるポイントも異なれば、当然取るべき資格やその活用方法も異なってきます。ここでは、年代別に転職に資格を活用する上での注意点を見ておきましょう。

20代の転職で資格を活用する上での注意点

20代の転職は、ポテンシャル採用がメインです。経験がなくても、やる気と将来性を見込んで採用されます。ですから資格を活用する上では、転職先で活躍したいから資格を取得したという「取得の動機」が高い評価につながります。

明確な目的意識を持って資格を取得できれば、採用担当者は、「目標を定めて努力できる人材」として前向きな評価をします。資格を持っていることでなく、資格を取得した動機や、その資格をどのように役立てたいか、転職先にどう貢献したいか、といった熱意ややる気が高く評価されるのです。

また、20代では異業種や異職種への転職も実現しやすいと言えます。未経験分野への転職を考えるなら、転職先の入門レベルの資格を取得しておくと良いでしょう。

20代の転職に役立つ資格やその活用方法もっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にして下さい。

『20代の転職に役立つ資格は何?資格ごとのメリットやポイントを徹底解説!』
https://careerjourney.jp/tensyoku-license-20s/

30代の転職で資格を活用する上での注意点

30代は、ある程度即戦力として活躍することが求められます。マネジメントができる管理職としては経験不足でも、スキルを活かしプレーヤーとして本格的に活躍することが求められます。

そのため、即戦力として活躍するためのスキルの証明として資格を活用することが求められます。自分の専門分野に関する上位の資格を取得しておくと、転職の際にスキルのアピール材料となり得るでしょう。

ただし、未経験分野への転職が資格により現実的になる可能性もまだ大いにありうる年代です。

30代の転職に役立つ資格を知りたければ、以下の記事も参考にしてください。

『30代の転職に役立つ資格とは?業界・職務別に資格の活用法を徹底解説!』
https://careerjourney.jp/changejobqualification30s/

40代の転職で資格を活用する上での注意点

40代以上なると、企業も中途採用の採用枠を減らし採用基準は上がります。そのため実務経験、高度なスキルなどの強いアピール材料が不可欠です。

スキルや専門知識のみならず、管理職としてのマネジメント能力を求められることも多く、一般的に資格の重要性は下がります。専門領域での資格を活用するなら、実務経験と合わせ高度なレベルの資格を武器にしたいところです。

異業種への転職はかなり限られますが、「業務独占資格」の活用により、資格取得者しか従事できない仕事を手がけることも道の1つです。

50代の転職で資格を活用する上での注意点

50代にもなってくると、転職先もかなり限られてくるでしょう。専門分野での高度なスキルや経験を活かしてハイクラス転職と言われる枠を利用できれば良いのですが、そうでないケースも存在します。

経験分野ならともかく、未経験分野となると、50代で転職先があるのか、と不安になってしまっても仕方がありません。しかし、道はあります。資格を活かして転職できる転職先も存在することも事実です。あきらめずに自分が働けそうな転職先を探しましょう。

50代の転職に有利、役立つ資格について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

『50代の転職で有利になる資格は?業界・職種別に役立つ資格とその活用を徹底解説!』
https://careerjourney.jp/changejobqualification50s/

法律関係の転職に有利な資格とその活用方法

ここでは、法律関係での転職に役立つ資格とその活用法を解説します。

行政書士

行政書士は、将来的には独立を見据えた資格と言えます。一般企業で役立てるものではなく、転職先としては行政書士事務所などがメインです。司法書士などの他の難関士業資格も取得している人も多く、独立して食べて行くには複数の分野にまたがって仕事の幅を持っておくことが望ましいとされます。

難関士業資格でも、持っていれば転職時に安泰でその後の収入を保証してくれるものではありません。その資格を活かして、実際にお客相手に商売をして、どのようにその資格を活用していくか考えていくことが求められているのです。行政書士にしても、法律の文書作成などの独占業務はあれど、自然とそれらの業務がまわってくるわけではありません。

ある行政書士の方は、50代からの転職や、今後のキャリアを考えるアドバイザー的な業務も行っています。官公庁への提出が必要な文書の作成は、業務の中のほんの一部でしかありません。そこにはビジネスモデルがあり、その資格をどのように活用するかが明確で、確実に「稼ぐ仕組み」を見据えて資格を役立てているのです。

業務をまわしてもらうためにも、裁判所への営業その他の準備が欠かせません。資格を持っていれば安泰であるという認識は捨てた方が賢明です。

司法書士

司法書士は、法律知識に従って検察庁や裁判所、法務局への提出書類を作成、提出するために必要な資格です。転職先としても、やはり司法書士事務所が多くなります。

東京オリンピックを見据え、不動産登記が可能な人材へのニーズが増しており、求人も増加傾向です。相続、遺言に関する案件も増加しています。

司法書士事務所はたくさんあるので、求人にあった人材となることができるよう、キャリプランを定めて転職を実現させたいところです。

不動産業界の転職に有利な資格とその活用方法

引き続き、不動産業界での転職に役立つ資格とその活用方法をチェックしておきましょう。

宅地建物取引士

不動産取引に関する法務のスペシャリストを証明する資格です。不動産の契約を締結する際に、必ず宅建取得者が重要事項を説明しなくてはならない、と法律で定められており、独占業務となっています。

宅建の資格は不動産業界でも重要な位置づけとなっており、入社後数年以内に取得するよう推奨している企業もあるようです。未経験から不動産業界に転職する上で、宅建資格を有していると有利になることが望めます。
30代以上でも、営業職で需要が高い資格のため、転職に有利になる場合があります。チャンスを広げてくれる資格と言って良いでしょう。

また、不動産関係の取引を行う事業所は、5人に1人以上は宅建取得者の設置が法的な義務となっています。このことから、人手不足の中小企業には資格取得者は重宝されるようです。

不動産鑑定士

不動産の経済価値について、高い専門性を持つことを証明する資格です。難関資格で、取得者は重宝されます。不動産の鑑定評価に関しては独占業務もある資格です。

不動産鑑定業務に関わるのが、直接的にスキルを活かせる仕事です。また、不動産価値を最大限にするためのコンサルティング業務に携わる人もいます。金融機関で資格を活かす道もあり、自分のキャリアアップを見据えて、最適な転職先と資格の活かし方を見つけたいものですね。

マンション管理士

マンションの管理会社への転職で有利になる資格。マンション管理に必要な知識の証明になります。資格自体の魅力は、次に出てくる管理業務主任者の方が上ですが、マンション管理会社への転職を多少でも有利にしたいなら、取得しておいて損はありません。

管理業務主任者や宅建と合わせて取得すると、さらなるアピール材料になります。

管理業務主任者

管理業務主任者は、管理受託契約を結ぶときに重要事項の説明を行ったり、マンション管理でのマネジメントを行うためのスキルを証明する資格です。

資格取得者の独占業務もあり、マンション管理会社では非常に重宝される資格のため、転職にも非常に有利となります。資格取得者の配置は法的に義務化されているため、その意味でも取得者は有利です。

経理、金融業界の転職に有利な資格とその活用方法

続いて、経理や金融業界への転職に役立つ資格とその活用方法を解説します!

簿記

簿記は、物やお金の出入りを記録するためのやり方です。一般的に簿記はどの企業でもプラス評価につながります。ただし、経理部門の場合、簿記3級や2級の取得が必須の場合も多いので、注意が必要です。

3級は初歩的な実務がある程度できる知識の証明に、2級は経営管理・財務担当者には欠かせないスキルを証明するレベルとされており、経営内容を捉えることが可能なレベルとされます。

20代ならともかく、年齢が上がるごとに、簿記をアピール材料として使うことは難しくなってきます。しかし、1級は格別のものとして評価を受けることが可能です。1級を取得すると、高度な企業会計についての法規を理解し、経営分析や経営管理ができることの証明として資格は大きな魅力を持ちます。

また1級の取得者もそれほど多くないことから、実務経験者よりも1級取得者の未経験者が転職市場では魅力的にうつる場合があります。

公認会計士

公認会計士とは、会計監査、コンサルティング、経理などを行うためのスキルを証明する資格です。なかでも、会計監査は業務独占資格となっています。公認会計士の転職市場での価値は低下傾向にあると言われ、資格だけでなく、自分の得意分野や英語力、税理士などの他の資格も取得しているなどの差別化が重要です。

公認会計士の資格を活かして転職を考えるなら、以下のサイトも参考にして下さい。
http://www.kaikeinet.com/tenshoku/kaikeishi/doukou.html

税理士

税務に関する専門知識を証明する税理士の資格は、さまざまな活用の仕方が想定されます。

税理士の資格を利用して転職をしたいなら、金融機関、コンサルティングファーム、会計事務所や一般事業会社への転職など選択肢は多様です。取得後も専門分野でのスキルアップが求められ活かし方もさまざまなので、どのように活用するかを定めて取得したいところですね。

税理士の資格を活用して転職を考えている方は、以下のサイトも参考にして下さい。
http://www.kaikeinet.com/tenshoku/zeirishi/doukou.html

フィナンシャルプランナー

フィナンシャルプランナーは、お金に関するさまざまな知識を証明する資格です。
金融業界では取得を推奨する企業が増えてきています。級は3~1級まで存在しますが、不動産業界や金融業界で活かす場合、2級まで取得が推奨されるようです。金融商品などのアドバザー業務に役立てる人も存在し、成功者になると高額な収入を得ているようです。お金に関する知識をどのように活用するか、キャリアプランをしっかり立てて取得したいところですね。

医療・介護系の転職に有利な資格とその活用方法

ここでは、医療や介護業界での転職に役立つ資格とその活用法を解説します!

医療事務

医療事務とは、医療機関での事務を行うために必要なスキルを証明する資格の総称を指します。「医療事務」という資格はありません。さまざまな医療事務資格があり、レベルも千差万別ですので、転職先で必要とされている医療事務資格を取得しましょう。

登録販売者

ドラッグストアなどへの転職に強い資格です。資格取得者は

ドラッグストアなどでのニーズが高い!登録販売者

登録販売者は、一般用医薬品の販売時に求められる資格です。薬剤師に比べ、扱える薬品の種類数は劣りますが、資格取得者のニーズは高く、ドラッグストアや薬品を扱うスーパーなどでは資格を武器に転職することが可能です。

介護主任者初心者講習

この資格があれば、たいていの介護施設での介護業務につくことが可能です。介護業界は肉体的にハードとも言われますが、上位資格の介護福祉士や、ケアマネージャーの取得によりキャリアアップを図ることも可能です。高齢化が進み、資格取得者のニーズも高まっているので、40代や50代の資格を有する転職希望者でも採用されやすいようです。

保育士

保育士となるには、養成機関を卒業するか国家試験に合格するかの2つの道があります。国家試験の場合、自分のペースで勉強できることから働きながらでも取得しやすいと言えます。子育て経験を活かしたい女性にもおすすめの資格となっています。

看護師

看護師になるには、専門学校への通学後、国家試験に合格する必要があります。学校には最低でも3年間通わなくてはなりませんが、看護師を目指して働きながら通学している人も一定数存在します。検討の価値はあるかもしれませんね。

IT業界の転職に有利な資格とその活用方法

IT業界は、転職時の評価材料としては資格よりもとりわけ実務重視と言われます。しかし、特にインフラ系の資格に関しては、「資格を持っていること」がスキルのアピールとして転職への強い武器となるようです。

IT業界にはたくさんの種類の資格があります。狙うなら、自分の専門分野の上位資格を積極的に活用していきたいところです。

すべての資格を紹介すると膨大なスペースを取るので、ここでは一部の資格と活用法のざっくり紹介します。

IT業界の転職に役立つ資格について詳しく知りたければ、以下の記事が参考になります。

『IT業界の転職に役立つ資格とは? 資格の活用法を徹底解説!』
https://careerjourney.jp/change-jobs-information-technology-qualification/

ITパスポート

IT業界での超入門資格。情報社会で活きていくための基本的なITスキルを証明する国家試験です。IT業界を目指す人にはアピール材料ではなく取得は前提条件とも言われています。

基本情報技術者

システムエンジニアの基本的なスキルの証明として活用する資格です。企業の中には、前述のITパスポートと基本情報技術者の取得を必須、もしくは強く推奨しているところもあります。技術者のスキルの目安として、ITパスポートと基本情報技術者の2つを取得していることが、エンジニアとしての最低限の基礎力を有していることの証明になります。

応用情報技術者

前述のITパスポートと基本情報技術者から一段階ハイレベルにある資格です。ITパスポートと基本情報技術者を足がかりに取得できる資格ではあるのですが、応用情報技術者の取得者の人数は前述の2つに比べ少ない状況にあります。取得人数が少なく、問われるレベルも一気に高度になることから、応用情報技術者を取得すれば他の人よりも抜きに出ることが可能でだとされます。転職での武器として活用するにはうってつけの資格と言えますね。

人事系の転職に有利な資格とその活用方法

ここでは、転職を有利にする人事系の資格とその活用法を解説します!

社会保険労務士

社会保険労務士とは、労働に関連する法律などの書類作成、社会保険についての相談や労務管理に必要なスキルがあることを証明する資格です。

企業の中では総務や人事としての役割も担います。独占業務により独立開業する道もありますが、労務管理、人事制度や社会保険手続きなどのプロとして活躍することができます。

資格をどのように活かすかが明確にすることが、転職を成功させるためには不可欠になってきます。

社会保険労務士の資格を活かして転職するなら、以下のサイトも参考にしてください。
http://www.sharoushi-m.com/post-1.html

中小企業診断士

中小企業診断士は、コンサルタントとしてのスキルの証明になる資格です。中小企業診断士の資格はコンサルティング業界全般で有効なものですが、資格を取得していれば大丈夫というわけではなく、コンサルタントとしての力量に加えて活用すべきもの、という位置づけとなります。

中小企業診断士の資格を活用したい人は、以下のサイトも参考にして下さい。
https://allabout.co.jp/gm/gc/295306/

建築・住宅関係の転職に有利な資格とその活用方法

ここでは、建築、住宅関係での転職に有利な資格とその活用法について解説します。

電気主任技術者

電気主任技術者は、電気工作物の維持、工事等に必要な専門知識の証明となります。発電所や変電所等の電気設備の保安監督に関わることも可能な資格となります。
保安の監督者として、資格取得者の設置は法律で義務化されており、「独占業務」を得ることが可能です。電気工事の需要は尽きることがなく、「手に職」的な要素のある資格となっています。

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士とは、電気工事の施工図、計画書を作成するのに必要なスキルを証明する資格です。作業現場での実務経験が受験資格としてあるため、実務経験を積まなくてはなりませんが、取得によりキャリアアップが可能です。

ビルクリーニング技能士

ビルクリーニング士は、ビル清掃に求められるスキルを証明する資格です。級は3~1級の3つあり、上位の級を取得するほど仕事の幅が広がり、キャリアアップにつながります。ビルの管理会社への転職に有利とされ、転職前に3級のみ取得しておくか、転職後取得によりキャリアアップを狙う道もあります。

電気通信主任技術者

電気通信ネットワークの運用、維持や工事の監督責任者になるために必要なスキルを証明する資格です。通信機器、システムの発展はすさまじく、資格取得者のニーズは高まっています。取得しておけば、通信会社などでの転職での強い武器となり得ます。

その他の転職に有利な資格とその活用方法

ここでは、上では扱い切れなかった転職に資格とその活用法を解説します!

TOEIC

グローバル化が進み、どの業界でも英語力を求められるようになってきました。どのレベルのスコアを求めるかは企業にもよりますが、ビジネスの中で使える英語力アピールするなら、800点以上の取得を目安にしたいところです。

英語での日常レベルの会話が可能なレベルが可能であるのが730点、ある程度複雑な状況でもコミュニケーションが可能でありビジネス英語での本格的なやりとりが可能なレベルがおおよそ800点以上である、とされているためです。

TOEICスコアの目安を知りたい方は、以下のサイトも参考にしてください。
http://toeic-me.com/level.html

マイクロオフィススペシャリスト

マイクロオフィス社が認定する資格です。ワード、エクセル、パワーポイントなど定番のオフィスソフトのスキルを証明する資格となります。資格自体は評判で信頼性もありますが、「パソコンは使えて当たり前」というご時世。

マイクロオフィススペシャリストの資格が転職での武器になることは少なめです。パソコンの基本的なスキルがあることの安心材料となります。

ですが、学習していくと意外と自分が知らない機能があったり、要領よく業務をこなすコツがつかめるなど、資格取得をきっかけに業務の効率が上がるケースも存在します。基本的なパソコンスキルを確固としたものするために、活用してみるのも良いかも知れませんね。

普通自動車免許

意外に転職に役立つことがあるのが、この普通自動車免許です。求人によっては必須となっている場合もあります。営業職などでは特に、社用車を運転することが求められてくることんど、日常業務の中で使用することが考えられることから、取得しておくに超したことはありません。

転職に資格を有効活用しよう!

転職に活用できる資格にも、さまざまなものが存在します。資格の重要度も、活用の仕方も十人十色。人によって異なってくるものです。自分のキャリアプランを見据え、最もベストな資格を効果的に活用して、転職を成功させたいですね!

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

転職に有利な時期はいつ?転職活動をはじめるベストなタイミングとは

今の仕事が合わないと感じたとき、キャリアップをしたいと感じたときなど、転職は自分のタイミングでいつでもできます […]

続きを読む

会社を辞めたいときの相談相手と相談しても変わらない場合にすべきこと

「会社を辞めたい。」 会社員経験がある人ならば一度は感じたことがある人も多いでしょう。 一時的な感情で乗り切る […]

続きを読む

大手企業を目指す第二新卒が知っておきたいポイントまとめ

目次1 20代の転職の基礎知識!自分は第二新卒?1.1 第二新卒の定義のいろいろ1.2 第二新卒転職者のニーズ […]

続きを読む

40代キャリア別おすすめエージェント6選!40代は転職エージェントが必須

有効求人倍率がバブル期の水準を超えるなど、なにかと明るい話題が多い雇用情勢。 転職希望者も今がチャンスと、中途 […]

続きを読む

転職エージェントとは?利用のメリットと賢く使うための注意点

転職活動をする際に、よく耳にする「転職エージェント」という言葉。 「転職エージェントは何をしてくれるの?」とい […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

続きを読む

9

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

9

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む

ピックアップ特集