50代からの転職は、転職サイトを利用して実現しよう!

50代からの転職は、転職サイトを利用して実現しよう!

定年後の人生について考え始めるようになる50代。
最近では、定年まで勤めるのではなく、様々な事情から転職活動をはじめる人もいます。
50代からの転職活動は、不安や迷いもあるでしょう。
今回は、50代の転職に必要なノウハウについて伝授します。
50代で転職を考えている方は参考にしてくださいね。

自分に合った転職サイトを見つけるのが難しいという人は「条件別に紹介するおすすめの転職サイト」を参考に転職サイト選びをすることをおすすめします。
転職サイトの活用法や転職の進め方も紹介していますのでまずは一度読んでみるといいでしょう。

決して甘くない50代の転職

50代の転職で気になるのは年齢と収入です。
年齢制限が書かれていない求人もありますが、長い社会人経験やキャリアがあっても書類選考すら通過しないということが多く、転職活動が長引くことも覚悟しておいた方がよいでしょう。

年齢が上がるにつれて正社員の求人が見つけにくくなるので、希望のポジションで働くことが難しい場合もあります。
転職の目的に収入アップがありますが、転職で年収が上がったとしても、50代の場合、定年まであまり年数がないので、勤務年数によっては退職金が支給されない可能性もあると頭にいれておいてください。

転職活動をする際に会社を退職してからと考えている人もいるかもしれませんが、退職後の転職は収入面を考えるとリスクが大きいので、できれば在職しながら転職活動を行うことをおすすめします。

50代の転職成功者と失敗者の違い?

50代の転職が難しい背景には、自身のキャリアを過剰評価している場合があります。
新しい環境で働くのには、キャリアや経験を活かすことも大切ですが、色々なことを受け入れる柔軟性も必要です。
転職理由によっては、急ぎで転職先を決めなければならない場合もありますが、焦りすぎても転職は成功しません。
転職を実現するためには、しっかり自己分析を行い、自分の資質を知ることが必要でしょう。

転職理由が分かれ目?

50代の転職理由で多いのが、リストラや早期退職といった会社都合です。
会社の将来に不安を感じて、転職を考える人も多くいます。
だからといって、経営陣に対する不満や会社への悪口ばかり言っているのは敬遠されます。

企業が50代の転職希望者に求めているのは、専門知識やスキルです。
リストラや会社への不信感が転職理由だったとしても、自身の経験やキャリアが転職先で役に立つことをアピールした方が転職は成功しやすいでしょう。

有資格者は転職可能性大!!

転職で大事なのは、自分をアピールすることですよね。
50代というと社会人として経験も積んでいるので、キャリアや実績は十分にありますが、それでももう一押ししたいときに資格があるとアピールしやすいでしょう。
特に、エンジニアのような専門的なスキルが問われる仕事では、資格を取得していれば、その分転職が有利になる可能性があります。

50代での転職例を徹底解説!

50代の転職になると未経験での転職は難しいというのが現状です。
業種、職種によっては未経験でも採用してもらえる仕事もありますが、収入や待遇でリスクがあるかもしれません。
その点、同じ業界や職種ならキャリアや実績を評価される可能性があるので、異業種よりは転職がしやすいといえます。
国家資格や仕事に関係する資格を持っていれば、さらに転職は有利になるでしょう。

スキルや経験があるなら管理職

50代の転職では、実績が重視されます。
最近は、管理職として使える人材を求めている企業も多いので、専門的スキルや経験を活かして管理職や役職部門へのキャリアアップを目指すことも可能です。
今までの実務経験を活かしたい、収入アップも目指したいというのであれば、経営の中枢を狙える管理職クラスの転職に挑戦するというのもアリかもしれませんね。

国家資格が必要な職種

国家資格が必要な職種というと医師や弁護士を思い浮かべる人も多いと思います。
これから医師になるのは難しいかもしれませんが、医療関係でも看護師や薬剤師といった資格を持っていると、実務経験を活かした転職が可能です。
弁護士や公認会計士、税理士の資格がある人は、企業の管理部門に転職をする際に優遇される可能性があります。
キャリアアップを目指すのであれば、保育士や介護福祉士といった国家資格を持っていると有利かもしれませんね。

事務職は年齢問わずできる

事務職というと20代を中心とした若年層が有利な印象がありますが、未経験者よりも経験者を優遇する企業も多く、長年仕事をしていた経験が活かせる仕事のひとつです。
最近はPCスキルが重視されるので、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)のような資格を持っていると、評価が上がる可能性もあります。
宅建や簿記の他に、法律関係や経理に関する資格を取得していると、事務職の転職に活かせるでしょう。

資格があるなら保育士も視野に

子育てや介護で現場を離れていても再就職しやすいのが保育士の仕事です。
待機児童対策から新設の保育園が増えているのと、比較的経験者を優遇してくれる職場が多いのも保育士の特徴でしょう。
長く働き続けてきた人なら、園長や主任保育士として働けるチャンスもあります。
保育園以外にも、学童保育の学童指導員や保育園や子供園を運営する企業で保育士の経験や資格を活かして働くことも可能ですよ。

50代で介護師に転職する人も増えている

高齢化社会ということで需要があるのが介護の仕事です。
老人ホームや訪問介護、グループホームと働く場所も多く、資格がなくても働くことができます。
働きながら資格取得を目指すことも可能で、介護福祉士の資格を取得してキャリアアップが目指せるだけでなく、ケアマネージャーや介護に関連する資格も目指せます。
介護の現場は50代でも比較的転職がしやすいでしょう。

50代の転職なら転職サイトやエージェントは必須

転職を実現するなら転職サイトや転職エージェントの利用は必須です。
転職サイトでは、求人の情報だけでなくサイトコンテンツから転職に必要な情報を収集することができます。
転職エージェントは、アドバイザーを介しての転職活動になるので、応募書類の添削、面接指導、面接日程の調整や条件交渉とサポートしてもらえるので、在職中で活動時間が取りにくいという人にもおすすめです。

スカウトやヘッドハンティングサービスを利用する

50代の場合、年齢制限もあり、本当に自分を必要としてくれる企業があるのか気になりますよね。
転職サイトや転職エージェントを利用すると、企業の担当者からのスカウトやヘッドハンティングが受けられる可能性があります。
スカウトやヘッドハンティングは、自身の市場価値を知るだけでなく、検索以外でも求人を知ることができます。
自分の希望に近い求人が見つけられる点からも、スカウトやヘッドハンティングサービスは利用したほうがよいでしょう。

転職したい業種職種特化したサイトを利用する

看護師や薬剤師といった医療関係や保育、介護、エンジニアといった仕事で転職を希望する場合には、各職種に特化した転職サイトを利用することをおすすめします。
これらの職種特化型サイトは、業種、職種に合わせた求人を紹介するだけでなく、業界経験があるアドバイザーによる転職サポートが受けられます。
転職を実現させるためには、情報収集も大切です。
特化型のサイトは、業界の動向や企業情報を知るためにも、登録をしてくださいね。

50代におすすめの転職サイト

50代の転職におすすめの転職サイトとエージェントとして、MS-Japan、doda、Bizreach、リクナビNEXTを紹介します。
50代の転職は、転職サイトやエージェントを利用した方が、条件に合った求人が見つけやすく、転職活動を有利にすすめることができます。
ここで紹介する4つの転職サイトとエージェントは、転職サポートの他に、非公開求人の紹介やスカウトサービスも充実しており、転職が実現しやすいと評価されています。

MSーJapan

MS-Japan

経理や人事、法務といった企業の管理部門に特化した転職エージェントで、弁護士、公認会計士、税理士、社会保険労務士といった資格取得者の転職にもおすすめです。
MS-Japanでは、50代以上を対象にした転職サイト「エキスパートシニア」を運営しており、ハイクラスの人材の転職をサポート、これまでのキャリアを活かした転職を実現します。
管理部門やスペシャリストで転職を考えているなら、MS-Japanが主催する職種別セミナーや個別相談会を利用してもよいでしょう。

MS-Japanに登録する

doda

dodaは転職サイトからの求人への応募の他に、エージェントからの非公開求人の紹介や企業の採用担当者からスカウトが受けられるサービスを提供しています。

サイトコンテンツには、適正年収を算出する「年収査定」や120の設問から分析をする「キャリアタイプ診断」、転職人気企業ランキング上位300社から今のキャリアで合格できる企業をしんだんする「合格診断」といったツールがあるので、自身の市場価値をチェックすることもできます。

職種や業界別に専門サイトも用意しているので、自分の希望に合った求人が見つけやすいといえるでしょう。

dodaに登録する

Bizreach(ビズリーチ)

転職活動状況で、無料と有料2つのプランが選べる会員制転職サービスです。
年収1,000万円以上などのハイクラスを対象にしており、国内外で6,700社以上の企業や1,700名以上のヘッドハンターからスカウトメールが届きます。
ヘッドハンターが保有する求人には、サイトには公開されない非公開のものも多いので、たくさんの求人から自分に合うものを見つけたいという人には最適でしょう。
スカウト以外にも、サイト内で公募、特集中の求人にも応募できるので、まずは無料会員に登録するのがおすすめです。

BIZREACH(ビズリーチ)に登録する

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、幅広い業界や職種の求人の検索ができるのが特徴ですが、20,000社以上の企業や400社以上の転職エージェントから「プライベートオファー」「興味通知オファー」「オープンオファー」の3つのオファーが届くサービスを提供しています。
プライベートオファーは、企業や転職エージェントからの面接、面談の申し込みになるので、企業から届いた場合には書類選考なしで面接を受けることが可能です。
スカウトは、自分で検索するだけでは見つからない求人を知るメリットがあるので、50代の転職では活用してほしいサービスです。

リクナビNEXTに登録する

50代からの転職活動は、転職サイトやサービスを活用しよう!

転職に迷っている人は、転職サイトやエージェントに登録をすることからはじめましょう。
転職サイトやエージェントのサービスを活用することで、書類の通過率も上がり、採用される可能性も高くなるはずです。
転職に不安な人は、50代の転職成功例が紹介されているサイトを見て、情報収集してもよいでしょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

派遣社員が給料アップを目指す方法。派遣社員の給料事情を徹底解説

「派遣でもたくさん稼ぎたい。」「派遣は給料を上げるのは難しいの?」そんな風に思っている方も多いはず。 派遣社員 […]

続きを読む

転職エージェントとは?転職エージェントの意味と失敗しない選び方

転職エージェントとは?転職をサポートしてくれるって、どのようにサポートしてくれるの? この記事では、以下の方を […]

続きを読む

群馬転職が叶う転職エージェント5選!群馬で仕事と私生活の充実を手に入れよう

伊香保温泉・草津温泉など全国的に有名な温泉を持つ群馬県は、歴代総理大臣を輩出していることでも有名です。 群馬は […]

続きを読む

第二新卒女性の転職活動のポイントまとめ

新卒と社会人の中間といわれている「第二新卒」。 はっきりとした条件のもとに区別されているわけではありませんが、 […]

続きを読む

登録だけではもったいない!派遣のメリットを知って働いてみよう

派遣で働いている人は沢山いますが、登録だけして仕事をしていない人も多くいます。 登録だけして働いてない理由は人 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト