第二新卒におすすめな転職サイトと転職成功のポイントまとめ

第二新卒におすすめな転職サイトと転職成功のポイントまとめ

第二新卒というと、仕事への不安や迷いから、会社を退職してしまったり、転職を考えるようになりますが、いざ転職活動を始めようとすると、仕事における自信のなさから、本当に転職は実現できるのかと心配してしまいます。
転職市場において、第二新卒は他の年代よりも有利なことも多く、転職が成功しやすい年代です。
若手を採用したいと考える企業を中心に需要があるので、実は売り手市場ということを知っておくと、転職しやすくなりますよ。

ここでは第二新卒におすすめの転職サイトを紹介しますが、希望条件や業種で転職サイトを探したい場合は「転職サイトを条件別に紹介」を参考にしてください。

第二新卒とは?

学校を卒業後3年以内に退職をした人のことをいい、就職もしくは社会人として働いた経験がある人です。
卒業後、就職をしていない人や社会人経験のない人は既卒といいます。

第二新卒の転職は難しい?

第二新卒での転職が難しいというのは「石の上にも3年」という諺や、3年間は修行期間という世間的なイメージがあるからかもしれませんね。
実は、第二新卒で転職は自分自身が思っているほど難しくなく、若手を育成したい企業であれば、社会人の経験があることから歓迎モードだったりします。

ポテンシャル重視で見てもらえるのも第二新卒の転職の特徴で、学生時代に採用試験に落ちた企業に再チャレンジしやすいのも、就職から3年以内の第二新卒時期ならではでしょう。
チャレンジ精神を好意的に受け取ってもらえるという点からも、仕事に慣れてからの転職より、第二新卒という若いうちのほうが有利といえますよ。

長続きしないというイメージを持たれる

第二新卒のデメリットが、就職してから3年未満という決して長くない期間のなかで会社を辞めていることです。
企業が長続きがしないと思っているのと同様に、第二新卒者もまた短期間で退職をしてしまったらどうしようと思っています。

第二新卒で転職をする人は、同じ失敗を繰り返さないためにも、退職理由を明確にすることと、将来の方向性を決めるためにもキャリアプランニングをしっかり立てましょう。
転職後の目的が明確であれば、企業でも短期間で退職はしないと思うでしょうし、長く働き続けてくれると思ってもらえるはずです。

第二新卒での転職に不安を抱いてしまう

第二新卒での転職での不安は、スキルがないことと待遇が悪くなるということではないでしょうか。
スキルに関しては、仕事を覚えずに辞めてしまったという後ろめたさもありますよね。
スキルがないことで企業からの評価が低くて、転職が上手くいかないのではと思うかもしれませんが、企業も第二新卒に対して特別なスキルは求めていませんので、仕事に対するやる気をアピールすることを心がけましょう。

もうひとつの不安である待遇に関しては、今よりも条件が良いところで働きたいと思うなら、待遇も含めて企業研究をしっかりすることが大切です。
会社の待遇については、良いところだけでなく、悪い部分も見た上で、仕事を選ぶことが大事といえるでしょう。

企業も積極採用中!第二新卒で転職するメリットは?

第二新卒で転職するメリットは、キャリアチェンジが必要な転職がしやすいということではありませんか。
20代後半や30歳以上で社会人として経験を積むと、キャリアチェンジによる転職は難しいというのが現状です。
第二新卒は、社会人としてのキャリアが短いので、実績ではなく可能性が重視されます。
そのため、未経験職種でも転職がしやすいのです。

企業が第二新卒の採用に積極的なのは、優秀な人材がほしいからというのもありますが、若手を育てて、即戦力として活躍できる人材を確保したいという思いもあるでしょう。
第二新卒が転職市場で求められる理由には、若手社員がほしいという企業のニーズと新しいことに挑戦したいという第二新卒者の希望がマッチするからです。

すでに社会人としての経験あり!

第二新卒のメリットが社会人として働いた経験があることでしょう。
社会人経験があるということは、挨拶や言葉遣いといった礼儀作法から、名刺交換や電話応対、コミュニケーションスキルといったビジネスマナーまで、社会人として必要なことはわかっていると認識されます。

新卒だと、仕事を教えるだけでなくビジネスマナーや社会人としての礼儀作法を教えなければならないので、時間やコストがその分かかりますが、第二新卒の場合は仕事を教えるだけで済むので時間やコストがあまりかからないという企業側のメリットもあります。

若いので柔軟性があり期待値が高い

第二新卒がもつ若さと可能性は、仕事を覚えるだけでなく、失敗を恐れずに新しいことにチャレンジするという勇気も兼ね備えています。
企業からすると若いということは、会社にも馴染みやすく、環境の変化にも対応しやすいと思われています。
経験が少ない分、物事を素直に受け止めることができ、仕事にも真剣に取り組む点からも第二新卒の採用を希望する企業は、多いのです。

仕事での責任が少ないので転職しやすい

第二新卒が転職しやすい理由として、仕事に対する責任があまりないということが挙げられます。
30代以上だと、マネージャーや管理職に昇進するという人も増えてきて、仕事に対する責任が重くなるので転職自体が難しくなります。
企業にしても、管理職クラスの人材を求めているのなら別ですが、同じスキルであれば、仕事を教える、育てるという観点からも、若い第二新卒の方を優先的に採用するでしょう。

転職はしたいと思ったときがチャンスともいいます。
就職して3年以内の第二新卒の時期のほうが、30歳を過ぎてからの転職よりも好条件で転職ができるかもしれませんよ。

第二新卒の転職の流れ

一般的には、就職活動と同様に自己分析を行い、自分自身の強みや弱点、得意なことについて見つけることから始めます。
自己分析をしたら、今度は業界研究および企業研究をして、業界や職種についても理解を深めましょう。

ここまでは、就職活動のときとほとんど変わりませんが、決定的に違うのが職務経歴書を作成することです。
就職活動までは履歴書のみ作成すればよかったのですが、第二新卒は職務経験があるとみなされるので、求人への応募の際に職務経歴書の添付が必要になります。

履歴書の志望動機は企業にあわせて書くことで採用担当者の目に留まりやすくなるでしょう。
履歴書と職務経歴書を応募して、書類選考に通過したら、面接、そして採用が決まれば内定となりますが、在職中の場合は退職の手続きをしなければなりません。
企業との条件交渉や入社日も決めるということも、転職のためには必要ですよ。

第二新卒者に求められるものを知る

第二新卒者に求められるもので大切なのが、仕事へのやる気です。
どんなにキャリアや素晴らしい実績があっても、やる気がない人材はいらないというのが企業側の本音でしょう。
仕事に対するモチベーションが低いと、周囲もやる気がなくなりますし、仕事の効率性も下がります。
企業からするとやる気がある若手を採用して、会社の雰囲気を変えたいという思惑もありますよ。

また第二新卒は即戦力としても期待されています。
企業研究にしっかり取り組み、その企業で即戦力となるように準備を事前にすることで、入社後スムーズに仕事に取り組むことができるでしょう。

転職の理由、目的を明確にする

なぜ転職をしたいのか、今の会社ではダメな理由を明確にしましょう。
転職を実現したら何がやりたいのか、3年後、5年後、10年後を見据えてキャリアプランを立てるように心がけてください。
転職実現することも大切ですが、転職先でのミスマッチをなくすためにも、転職後のことも考えておかないと上手くいきませんよ。

このように転職の理由、目的を明確にすることで、面接でしっかりとアピールでき企業側にも好印象を与えることができるでしょう。

希望に沿った企業を探すなら転職サイト、転職エージェント

第二新卒の転職の場合、求人情報をはじめ転職の情報収集をするためにも、転職サイトと転職エージェントへの登録をおすすめします。
転職サイトは求人検索のほかに、サイト内に職業診断や転職に必要なことが書かれたコラムもあり無料で利用ができるコンテンツが充実しています。
希望すればスカウトメールや企業とのマッチングもしてくれるので、条件にあった企業が見つけやすいのが特徴です。

転職エージェントは、アドバイザーによるキャリアカウンセリングの他に、求人の紹介も行っています。
多くの企業が、転職エージェント独自の非公開求人を保有しているので、転職サイトでは見ることができない求人を紹介してもらえる可能性もあります。

転職をサポート!おすすめの転職サイトと転職エージェント

ここでは、第二新卒者におすすめの転職サイトと転職エージェントを紹介します。
転職サイトと転職エージェントを選ぶときは、求人数を重視すると選びやすいでしょう。
また、企業説明会や転職フェアを開催している転職サイトや転職エージェントなら、企業の採用担当者と話してから求人への応募ができるので、安心感もありますよね。
また、転職をサポートするサービスやツールを活用すると、自分自身に向いている仕事も見つかりやすくなり、転職も実現しやすくなるでしょう。
これから紹介する転職サイトと転職エージェントは、不安も多い第二新卒の転職をしっかりサポートしてくれますよ。

DODA

求人数

約36,000件

非公開求人数

約130,000件

サービス・ツール

年収査定・キャリアタイプ診断・合格診断

イベント・セミナー

DODA転職フェア・合同転職面談会・個別相談会・各種セミナー

DODAは、転職サイトとして利用するだけでなく、エージェントサービスやスカウトサービスも同時に利用ができます。
エージェントサービスは、キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2人の転職担当者による転職サポートが受けられます。
エージェントサービスの利用者は、非公開求人を含む求人の紹介の他に、応募書類へのアドバイスや面接対策がしてもらえます。
面接後にはフィードバックも行うので、企業からの評価がわかるだけでなく、二次面接や他社の面接に向けて準備することもできますね。
スカウトサービスでは、登録内容を見た企業から直接スカウトしてもらえます。
大手企業や優良企業からのスカウトや、書類選考なしで面接に進める「面接確約オファー」が届くこともあるので、転職における市場価値を知りたいという人はぜひ登録してくださいね。

DODAに登録する

リクルートエージェント

求人数

約26,500件

非公開求人数

約143,500件

サービス・ツール

進捗管理ツールPersonal Desktop・企業情報を独自に収集したAGENT Report

イベント・セミナー

面接力向上セミナー・就職Shop登録面談会・企業セミナー

転職エージェントとしては業界最大級の登録者数と求人数があるリクルートエージェントは、第二新卒だけでも年間で1万人近くのサポートをしています。

40年近い転職支援サービスによる経験と、これまでで37万人の転職を手がけてきた実績から第二新卒者にも転職ノウハウを提供し、転職実現に導きます。
登録時の面談では、転職活動の進め方に対するアドバイスだけでなく、仕事への不安や転職への迷いに関しても相談に乗ってもらえるので、今後のキャリアについても考えることができるでしょう。

求人の関しては、キャリアの可能性が上がる求人を中心に紹介してもらえるので、なかには自分が考えていなかった方向性のものもあります。
リクルートエージェント主催の企業セミナーにも案内も行い、転職経験者や企業で働く人から直接話を聞くこともできます。

JAIC

JAIC(ジェイック)

求人数

非公表

非公開求人数

非公表

サービス・ツール

就職後のサポートをする専門の部署がある

イベント・セミナー

無料説明会・無料就職講座・集団面接会

JAICは既卒、第二新卒、中退、フリーターと20代の転職希望者向けに転職サポートをしています。
未経験から正社員で活躍する「営業カレッジ」と女性を対象にした「女子カレッジ」があり、これまでの支援実績は14,882名、就職成功率は80.3%です。

JAICでは、キャリアカウンセリングや転職に関するアドバイスを行うキャリアアドバイザーと就職、転職講座を行う専任講師、企業担当の専任担当者が転職をサポートします。

営業カレッジでは10日間、女子カレッジでは6日間の研修を行い、ビジネスマナーや言葉遣い、コミュニケーションスキルを身につけます。
研修終了後には優良企業を紹介する面接会に招待してもらえるので、書類選考なしで面接に進めます。

JAICに契約している企業は約50,000社で、どの企業も未経験者を正社員で雇用して育てたいと考えています。
面接の前に企業担当者から企業情報が聞けるので、面接直前まで情報収集ができるのも安心感がありますね。

転職は@type

@type転職エージェント

求人数

約2,000件

非公開求人数

約80件

サービス・ツール

マッチングサービス・転職力診断テスト・市場価値診断テスト

イベント・セミナー

転職フェア・@type転職ノウハウセミナー

転職は@typeは、月間のユニークユーザー数だけでも100万人を超す大型転職サイトで、エンジニアや営業経験者を中心に幅広い職種の人が登録をしています。
サイトの大きな特徴が「スキル」「希望条件」「パーソナリティ」「足あと」の4つのマッチングと、職種や勤務地の「ベーシック検索軸」とこだわり条件検索や希望条件検索の「@typeならではの検索軸」があります。

レジュメを登録すると、企業の人事担当者からのスカウトメールや希望条件に合わせたオファーDMが届くサービスも提供しています。

企業によるセミナーやキャリアアドバイザーによる転職ノウハウセミナーと一緒に、企業の担当者から直接話が聞ける転職フェアを随時開催中です。
企業の採用担当者と会うことで、応募企業を絞りやすくする効果もありますよ。

女の転職@typeという女性専用の転職サイトもあり、若い女性に人気のアパレル・コスメ業界の求人など非常に情報が豊富です。

転職を成功させるポイント

転職を成功させるためには、転職スケジュールを立てることが大切です。
転職で実現したいことや新しい会社への入社希望時期、ゴールを明確にすることで、自己分析や業界研究といった転職準備も効率的に進めることができます。
現在在職中の人は、仕事と転職活動を両立させるためにも、転職スケジュールは必ず立ててくださいね。

複数の転職サイト、エージェントに登録を

転職活動をする人は、転職サイトや転職エージェントに登録する人が多いと思います。
転職を実現するには、転職サイトと転職エージェントを組み合わせて利用するだけでなく、タイプの違う複数の転職サイトや転職エージェントの登録をしましょう。
転職サイトや転職エージェントは1社だけでは、求人の量やサポートの質がわかりませんが、2社以上に登録するとサービス内容を比較できるので、自分に合う転職サイトや転職エージェントが見つけやすくなります。

転職エージェントを複数使いこなして転職を成功させる方法まとめ では複数の転職エージェントの掛け合わせを紹介しているので、自分に合ったエージェントが必ず見つかりますよ。
参考にしてみましょう。

現在の自分の価値を客観的に判断する

第二新卒での転職の場合、就職したばかりなのに転職なんて「ダメな人」と思われないかなと不安になり、自分を否定してしまいがちですが、転職を前向きなものと捉え、自分価値を肯定することも必要です。
社会人経験が少ない分、スキルや実績に自信がないという人もいると思いますが、仕事に対するやる気ややりたい仕事を考えることも、転職を成功させるためには大切でしょう。
転職求人サイトの「リクナビNEXT」では、自己分析し強みを見つける「グッドポイント診断」というサービスもあります。
合わせて利用するというのはどうでしょうか。

志望動機を明確にして、しっかり自己アピールを

転職成功のポイントのひとつが志望動機です。
志望動機は、応募書類にも書かなければなりませんし、面接でも必ず聞かれます。
企業が志望動機でチェックするのは、在籍中の会社との違いです。
転職希望の会社でやりたいことが伝わらないと、転職は実現しません。
自己アピールをしっかりすることが、第二新卒の転職成功のカギになります。

第二新卒の転職は転職で実現したいことを明確にしよう!

転職で実現したいことは何ですかと聞かれて答えることはできますか。
第二新卒の転職では、まず転職後にやりたいことを考えましょう。
やりたいことから仕事を決めると、転職は実現しやすくなるはずです。
将来のキャリアを築く為にも、転職で実現したいことは明確にしてくださいね。

第二新卒には、第二新卒だからこその強みがたくさんあります。

・転職サイトや転職エージェントの利用
・自己分析
・転職の理由と目的を明確にする

転職を成功させるためにも以上のポイントを抑えて転職活動をすすめ進めていきましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

20代前半での転職を解説。20代前半で転職を成功させるには?

厚労省のデータによると、新卒の3年以内離職率が大卒で例年30%以上。 転職を踏みとどまった人も含めれば、少なく […]

続きを読む

初めて転職に不安な人は、転職サイトとエージェントを活用して悩みを解消!

転職は気になるけど、周りの人の反応や上手くいかなかったときのことを考えると不安になりますよね。 現在転職活動中 […]

続きを読む

在職中の転職活動、よくある疑問!転職活動で会社を休む理由はどう伝える?

中途採用では、在職中の応募者を考慮して、面接時間を夕方以降に組んでくれることもありますが、中には面接先企業の就 […]

続きを読む

8月開始する転職活動!秋入社を目指せる時期

転職市場の動向は時期によって大きく変わります。 求人数はもちろんですが、求人の特徴、必要な対策も時期に応じて考 […]

続きを読む

30代男性の転職事情と活動のポイント。30代男性が転職を成功させるには?

働き盛りの30代男性が一度は考える転職のこと。 このまま今の会社でやっていくのか、転職してキャリアアップを目指 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む