外資系企業の転職面接のポイントや対策まとめ

外資系企業の転職面接のポイントや対策まとめ

外資系企業への転職では、面接が英語で行われることも多いです。
面接だけでも緊張するのに英語となるとハードルが上がりますよね。
ただ、外資系企業のすべてが転職者に対して同じ面接スタイルを行っているとは限りません。
外資系企業への転職の面接対策として必要な準備や面接時のアピールに役立つ心構えのポイントを紹介します。

外資系企業転職での英語面接の準備

外資系企業への転職のための面接には入念な準備が必要となりますが、その面接の準備に入る前に、転職者が認識しておきたいポイントを紹介します。
外資系転職で内定を獲得するために、適切なマインドセットを行いましょう。

必ず英語とは限らない!伝え方を使い分ける!

転職活動に入ったら、希望の転職先の求める人材に限りなく自分を合わせていくマインドが必要です。
外資系企業の転職者採用の面接は、英語ばかりとは限りません。
英語か日本語かによって、伝え方を変えるのが効果的になることも多いです。
英語で面接が行われる場合、人事の採用担当者が日本語不可の外国の方という理由や転職者の英語レベルをチェックするためということが考えられます。
外資系企業の転職での採用担当者が日本人の場合、日本語で行われる面接もあります。
配属予定の部署の上司が面接官となるケースもあるでしょう。
外資系企業への転職で確認しておきたいのは、本社国の影響の色が強く見える企業全体というよりも、自分が働く場所の組織風土や文化に合わせた回答をするのが理想的です。
日本拠点の場合は、日系企業寄りの文化を持っている外資系企業もたくさんあります。

英語面接では謙虚さは良い印象にならない

英語で面接を受ける際には、自信や確信を強めにアピールすることを掛けましょう。
英語を使う際には、英語のレベルを測る面接だったとしても、その外資系企業で働くために必要な英語文化、もしくはグローバルスタンダードに沿った英語の表現力、使い方の能力が問われるのです。
ここに日本文化を前面に出して謙虚に控えめに能力やスキルを伝えてしまうと、外資系企業での英語での仕事の遂行力は低いと取られることもあります。
日本だけの美徳であり、外資系で接する世界のステージでは通用しないからです。
捉えにくいかもしれませんが、外資系企業との面接で能力やスキルを盛って過剰に伝えるということではありません。
外資系企業との面接ではより、自分が培ってきた能力や実績を、具体的に能動的に言い切る表現を心掛けてみましょう。
面接での英語表現の英単語選びも、面接官への印象を大きく変えることになります。

面接の回答材料!外資系への転職するメリット

外資系企業への転職のための英語面接では、ビジネスに沿った形で自分の英語表現を駆使できることが理想です。
自分の英語表現を発揮するためにも、アピール材料を明確にしておかれることをおすすめします。

グローバルステージの経験

外資系企業に転職すると日系企業では得られない経験を積むことができます。
携わる仕事も一緒に働く人も、仕事上の取引の相手も一気に広がり多様性が増します。
グローバル化の進む世の中ですが、外資系と日系に優劣があるわけではなく、転職者としての興味の視点や向き不向きの問題です。
外資系に転職することが自分にメリットがあると思えるなら、外資系企業に転職するための面接では、その興味の源やそのステージでの適性をアピールしていく必要があります。
外資系企業に提供できるものが、求められるものと一致しているとき、その転職は成功につながっていくのです。
面接での経験やスキルについてのアピールは、ズバッと言い切りの提示で強調することが大切です。

英語の実務力のブラッシュアップで貢献

外資系に転職して、英語力を活かして活躍する人もいますが、英語力がさほどなくても活躍していける人がいます。
要は仕事の遂行力なので、そのための英語力を磨き、実務力をさらに上げていくことがアピールになります。
つまり、英語力をアピールするだけでは弱いですが、実務力を上げる英語を蓄積してきたこと、また磨き続けていることは有効なアピールになるでしょう。
「英語で何ができるか」を伝えることにもつながります。
転職先として目指す外資系企業が必要としているものは何かという点に合わせていくことがポイントになります。

未経験の外資系転職は特化型転職エージェントで面接対策

外資系の転職を目指すなら、英語の面接対策も必須になります。
外資系に特化した転職エージェントのキャリアアドバイザーにお願いして模擬面接をしておくこともおすすめです。

外資系も様々!企業の種類を知って面接対策

外資系企業への転職では、外資系に強い転職エージェントを活用して、転職先企業の社風や文化を掴むことがポイントです。
どんな表現や言い回しがその外資系企業に響き、良い印象となるのかを研究することができます。
外資系企業への転職のための面接は、単なる質疑応答ではなく、一言一言に熱意とアピールを吹き込みましょう。

英語面接で心掛けること

実際の外資系企業への転職のための英語面接で、応募者として心掛ける点を紹介します。
特に、日常的に英語を使い慣れていない人、ビジネスシーンで英語を使った経験のない人は、習慣になるくらいのっ練習を重ねておくようにしましょう。

フォーマルな英語を使う

外資系企業への転職のための英語面接では、ビジネスシーンに相応しいフォーマルな英語を使います。
プライベートな交流の中でカジュアルな日常会話に慣れている人も、フォーマルな表現を練習しておきましょう。
特に転職先となる外資系企業の仕事が外部の人と接することが多い場合には重視されます。

的を射た回答を返す

英語面接で、緊張することもあるかもしれませんが、面接官の質問とその意図をしっかり聞くようにします。
どんなに流暢な英語でも的から外れた回答では、英語力や仕事力は低いとみなされるでしょう。
外資系では様々な人と英語でのコミュニケーションをとっていきます。
もし、分からない、聞き取れないときは、聞き返すことも大切なコミュニケーション能力です。

簡潔明瞭な伝え方

日系企業の面接でも簡潔にわかりやすく伝えることは重要視されますが、外資系ではさらに注力します。
自分が伝えたいことをしっかり伝えるには、短く、シンプルに答えます。
面接では具体的な説明やアピールも必要になるので、短い英文をロジカルに組み立てて話すようにしましょう。
曖昧さをとことん省くことで、外資系企業の面接官に好印象で記憶にも残りやすい表現となります。
慣れていない人は、話の流れの型を覚えておくと組み立てやすくなるはずです。

適切なボディーランゲージ

仕事や企業に対しての熱意や意欲を感じてもらうためには、ボディーランゲージも大切です。
外資系の転職のための面接でもしっかり取り入れていくようにしましょう。
日本語で話すときのような控えめさは要らないので、少し大げさかも?と思えるくらいで丁度いいかもしれません。
手の動き、目の動きなど堂々と発信して、発する言葉をサポートして外資系企業の面接官に違和感なく、意思を受け止めてもらえるようにしましょう。

外資系企業への転職面接のQ&A

外資系への転職活動時の面接についてよくある疑問を集めてみました。
外資系への転職で面接を控えている人は参考にしてみてください。

外資系転職の面接の際の服装は?

外資系企業から特定の指示がない場合は、スーツで臨みましょう。
転職の場合は、社会人経験をきちんと感じてもらうために自分のサイズに合ったスーツを着用しましょう。
もちろん、清潔感を出すことは鉄則です。
外資系企業は日系企業ほど服装が一辺倒ではなく、通常の勤務では外勤の営業も内勤の事務職も上手に個々のセンスを出している人も多いです
しかし、転職面接は、主張のないシンプルな服装で出向いて、面接官に面接の中身に集中してもらいましょう。

外資系の転職面接ではどんな質問をされるの?

外資系の転職面接でよくある質問は、自己紹介、志望動機、経験については細かい質問が多くなります。
また、「このような場合あなたならどうしますか」という質問もよくあるようです。
英語力とともに、説明の組み立て方についてその外資系企業との相性や業務への適性を測るためです。
転職の理由についても聞かれることが多いので準備しておきましょう。

外資系の転職面接の回数はどれくらい?

外資系企業の転職面接の回数は、企業の採用方針によってまちまちです。
規模の大きい外資系企業は、1回で終わることは少なく、2、3回、異なる面接官で行われることが多いようです。
後半の面接では本社や海外とのWEB面接になることもあるようです。

外資系面接後のお礼メールは必要?

外資系への転職面接の後にお礼メールを送るかどうか迷われる方も多いでしょう。
送った、送らないが採用を決めるわけでもありません。
社会人として、感謝の気持ちを送るマナーとして捉えましょう。
自分のほかにも何人もの応募者に接している面接官に思い出してもらうという機会にもなります。

外資系面接後の結果はいつごろくるの?

外資系での仕事ではタイムマネジメント、スケジュール管理ができることが重要になります。
面接が終わったら、面接官に結果の出る予定日など、その後のスケジュールを聞いてマイナスになることはないでしょう。
転職者として計画やスケジュールがあることを尊重してもらえるはずです。

英語面接では外資系に合う回答で転職成功を手に入れる!

外資系企業に転職するための面接では、その外資系企業の特徴や文化をよく理解することが対策の第一歩です。
転職エージェントの担当者のアドバイスも情報源のひとつとして、自分らしい英語の伝え方を準備しましょう。
たどたどしさがあったとしても、何とかして伝えようとする姿勢も外資系企業の面接官に好印象を残すポイントです!

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

書類選考時の連絡について知っておきたいポイントは?

企業への応募者が最初に企業との接点を持つのが、応募書類の発送になります。 その後企業は書類選考を行い応募者への […]

続きを読む

派遣として働くなら意味を理解しよう。派遣の基礎知識を解説

派遣という働き方に興味を持つ人は多いですが、その意味や仕組み、種類などは曖昧でわからないというケースがよくあり […]

続きを読む

もしかして当てはまる?「現在の待遇に不満」の転職での注意ポイント

転職を考える理由は人によって異なるものですが、現職の給料や待遇に不満を感じている人はとても多いです。 もしかし […]

続きを読む

未経験職種への転職での志望動機の書き方&伝え方

未経験職種へ応募する場合、志望動機をどのように伝えれば好印象を与えることができるでしょうか? 未経験の職種への […]

続きを読む

転職面接で必ず聞かれる5つの質問と対策

転職面接ってどんなことを質問されるのか?新卒の時の面接とはどう違う?不安になることと思います。「面接で聞かれる […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む