外資系事務職への転職!成功の秘訣と必須対策

外資系事務職への転職!成功の秘訣と必須対策

外資系の事務職に転職を考えている人のための成功の秘訣と内定を得るための対策を紹介します。

時代の流れもあり人気度の高い事務職とはいえ、転職するときには事務職としての将来性も一定の覚悟が必要です。
外資系は特にIT技術の導入にも積極的なところが多いですし、人員体制の切り替えスピードも早いことを頭に入れて転職活動を進めましょう。
外資系の転職では日系の企業とは異なる視点も必要になるので、転職活動の前にチェックしてみてください。

外資系事務職への転職で明確にすること

外資系企業の事務職で充実感を得ながら、外資系企業になくてはならない存在として貢献していくことは可能です。
自分のキャリアのプラスになるかどうか、タイミングなども加味した検討も忘れずに行っていきましょう。
外資系の事務職への転職に何を求めているのかを明確にしておくことを強くおすすめします。

企業を変える=転職の目的は何?

転職活動に入る前に、なぜ転職しようとしているのか、今が適したときなのか、なぜ外資系を希望するのかという点も自問してクリアにしておきましょう。
外資系の事務職に転職をしようとする人の中には、現職が外資系の人と日系企業の人がいると思います。
どちらにしても、その転職で外資系での事務職を目指す目的を明確にしておくことが大切。
目的というのは、ひとりひとり異なっている部分であり、自分にしかわかりません。
転職活動では、その目的が叶う転職先を選択することが転職を成功させる秘訣になるのです。

日系ではなく外資系なのはなぜ?

事務職の転職を目指すとき、その転職の目的によって、外資系のみ、日系のみ、外資系でも日系でも可能ということが考えられますよね。
事務職の転職の場合、外資系と日系の両方で探せるならヒットする案件は確実に増えるのは明らかなこと。
それでも外資系への転職を望むなら、現職が外資系の人は、転職先となる企業と、そこで働く自分に何が必要なのかを考えましょう。
現職が日系の人の場合、外資系になると様々な面で働く環境が大きく変化することもあり得ます。
外資系の事務職という点が譲れないなら、それはなぜ?という点を考えてみましょう。
この点を明確にしておくと、転職活動や応募での志望動機などの質にもきっと好影響を与えるはずです。

貢献力と将来に活かせるキャリアになるか

外資系といっても、企業によって社風はかなり異なります。
ただ一般的に、日系の企業に比べると実力や実績が重視されます。
事務系の職種でも言わなければ伝わらない、聞かなければ知れないという点を顕著に実感するかもしれません。
主体的、能動的に動く習慣のない人にとっては難しく感じる部分が多くなるでしょう。
外資系には、伝えて、聞いて、動いて実績を残すことが「普通」と捉える企業が多いです。
事務職には裏方的な仕事も多いですが、関連する人たちにより上質の貢献を提供していきます。
転職の際には、日々の仕事を詳しく把握し、自分に必要な経験かどうかを検討することが大切です。

外資系事務職への転職者に求められるもの

外資系企業の事務職として転職者に求められるものはどんなものでしょうか。
外資系企業の社風、組織体制、事業スタイルによって異なってきますが基本的なことは共通しているようです。
外資系の事務職への転職を成功させるために、自分の今までの経験との摺りあわせをしっかり行いましょう。

最低限の英会話力と確かな読み書き力

外資系の事務職に転職する場合、どの企業も必要とするのは、最低限の英会話力と確かな読み書き力です。
外資系での事務職経験は優位になりますし、英語力は貪欲に磨き続けていく姿勢が大切です。
やり取りされる文書や資料、メールの読み書きは、事務職に任される仕事に必須の力と言えます。
事務職の英語レベルは、与えられる仕事のレベルや、仕事上で関わる上司、同僚、パートナー企業やお客様が外国の方か日本人かによっても異なります。
本社やグローバル拠点とのやり取りが頻繁な事務職なら、かなり高度な力が求められるでしょう。
外資系の事務職の採用試験では、問題や翻訳などの筆記テストが行われることも多くなります。

日系と異なる業務の進め方への適応力

日本の企業では、事務系の仕事でも役割分担してチームで行っていくスタイルが多くみられます。
形としてのチームがなかったとしても、協力したり、手を貸してもらったりは当たり前の文化。
一方で、外資系の企業は、事務系でも、かなり進め方が違うと感じるかもしれません。
もちろん分からないことを聞けば教えてもらえますし、手が足りないときにはサポートもあります。
しかし、社員に任される仕事も、あくまで個人の仕事です。
営業や上司や、ほかの部署との関わりの多くなる事務職も例外ではありません。
進捗は完全に自己管理に委ねられることが多く、自分の仕事以外に振り回されることは少ないです。
事務職の場合でも、実績につなげた時間管理の工夫や主体的に動いて達成したことをアピールすると効果的かもしれません。
個性によって、外資系的な進行をプラスと取るか、マイナスと取るかは捉え方が異なるでしょう。
外資系という名前ではなく、転職活動では企業ごとの事務職の進め方の特徴を確認する必要があるでしょう。

異文化理解と交流力

外資系企業では、上司、先輩、同僚、後輩、パートやアルバイトが様々な国籍ということもあります。
企業規模によって日本人と外国人の割合は異なってきますが、それぞれの人たちと一緒に仕事を進めていく必要がありますよね。
外資系企業でも日本の拠点の事務職の場合は、比較的日本に興味があり、日本人に対する理解度の高い外国からの社員も多いかもしれません。
外資系の事務職の転職でも、海外拠点に配置された場合、世界はがらりと変わります。
自分からコミュニケーションを取り、まずはその国、そして一緒に働いている人たちを「日本的でない」グローバルな視点で理解することが必要です。
外資系企業が転職者にこの点を求めるのは、事務系に限ったことではなく、仕事をスムーズに進めるためでもありますが、個人がストレスなく働くための大切な要素だからです。
外資系企業の事務職選考の面接でも、仕事やプライベートでの外国の方々との接点をアピールするといいでしょう。

外資系事務職は転職エージェントで転職対策

外資系の事務職に転職したいと思っている人は、転職エージェントの活用をおすすめします。
外資系企業への転職では、日系企業よりも、色々な面で情報不足になりがちだからです。
自分だけで把握できない点が、転職時の重要事項であることも多いです。
応募する企業のことをよく知っているキャリアアドバイザーに相談しながら安心の活動をしていきましょう。

外資系の企業特有の契約規則へのサポート

外資系の企業では、基本的な契約内容が本社ルールに則っている場合もあります。
もちろん、日本に拠点を置いていれば、法律的には日本に従ったものとなりますが、拠点が海外に移るとその国での就業規則となることも考えられます。
外資系への転職においては、そういった点を転職先に入社する前に細かく確認しておくことが大切です。
そうしないと、誤解があったり、実は不本意な条件だったりと入社してから何かと不都合が生じます。
最悪の場合、せっかく内定を得た外資系企業への転職が失敗に終わる可能性も高まります。
転職エージェントは、規則面、契約面についても仲介として確認してくれますので、安心です。

業界と外資系企業の動向と将来性をチェック

冒頭でもお伝えしたように、企業によって事務職の業務は専門職であっても縮小されるケースが見られるようになっています。
アウトソーシングは外資系でも盛んになっていますし、先進技術の導入は日系企業よりも積極的でしょう。
その企業の内部状況や人事配置についての方針、将来性なども転職エージェントのキャリアアドバイザーの見解を聞いておくことをおすすめします。
外資系企業は事務職においても将来に幅広く役立つ能力やスキルを身に付けられますが、その一方で、企業の戦略によってズバッと人員削減が行われることも多いことを知っておきましょう。

英語での職務経歴書や面接でのアピール対策

外資系の事務職への転職では、英語での職務経歴書(レジュメやCV)の提出が求められることが多くなります。
書類選考を通過した後の、面接が英語で行われることも少なくありません。
事務系の場合は、すべてがその限りではないようですが、準備は必須となります。
その際の効果的なアピールのしどころや表現の方法をアドバイスしてくれるのも転職エージェントのキャリアアドバイザーです。

外資系事務職への転職はエージェント活用で成功ゲット

AI技術がよく話題になっていますが、革新の時代の流れで、事務系の仕事も変化が見られるようになっています。
外資系の場合は、グローバルに展開されているので日系企業よりもさらにその傾向が顕著な傾向にあります。
外資系企業の転職ではその企業はもとより、その企業の中での事務系職種の将来性も考慮しておくべき点です。
企業や業界の動向をより知っているキャリアアドバイザーの意見もぜひ、参考にしてみましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

介護のパート、志望動機の書き方!採用されやすいポイントを解説します

パート応募の際、履歴書に必ず書くのが「志望動機」ですよね。 志望動機は採用の合否を左右する大切な項目のひとつで […]

続きを読む

日本初のアウトソーシング型福利厚生サービス「福利厚生倶楽部」とは?

企業の社会保険料の増加に従い、企業で独自の福利厚生を運営するというよりは、外部に委託するアウトソーシング型が増 […]

続きを読む

弁護士とは?弁護士になる方法など弁護士の疑問徹底解説します!

弁護士は、「頭が良さそう」「理路整然としてかたいイメージ」など、漠然なイメージはあるものの「じゃあ弁護士ってど […]

続きを読む

人材紹介会社とは??人材紹介会社についての疑問を解説します!

人材派遣会社という言葉を聞いたことがありますか?? 人材紹介会社は、英語で、employment agency […]

続きを読む

【例文あり】美容業界へ転職!志望動機と知っておきたいポイントまとめ

人間の美容に対する追及はとどまることを知らないといっても過言ではないでしょう。 美容に対する人々の欲求に答える […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト