未経験業種への転職で年齢は気になる?転職のベストタイミングとは

未経験業種への転職で年齢は気になる?転職のベストタイミングとは

企業は未経験転職者の年齢をどう見るのか?克服できるのでしょうか?
未経験の職種への転職を決めたとき、年齢のことも気になりますか?
少し気になる年齢に差し掛かってきたとき、どのように克服していけばよいかを考えてみたいと思います。

未経験職種への転職!年齢限界が囁かれる理由

未経験職種への転職は、やはり早ければ早いほうが良いようです。
転職後はチャレンジしなければならないことがたくさん出てきます。
ですから、企業側も若くて伸びしろがある人材を好みます。
企業が人材に期待しているのははこれからの伸びなのです。
若い人のほうが仕事の吸収も早く、成長も早いというのが一般的な考え方のようですね。

年齢が上がると…

転職時の年齢が上がるにつれて上司よりも年上になってしまったり、同期との年齢差が開いてしまったり、場合によっては昇進スピードにも差が出てきてしまいます。
企業側としては、万が一採用後にものにならなかった場合想定して、若いうちのほうがリスクは最小限に抑えられると考えようです。

年収が上がる傾向

日本型雇用の中核に位置付けられている「年功賃金制度」をご存知でしょうか?
この年功賃金制度を採用している企業の場合、勤続給のほかに年齢給も加味して賃金が決まってしまいます。
年功賃金制度は社員が安心して働くための有効な方策ではありますが、知識や経験がない中途入社の社員に対してもに、年齢相応の賃金を支払わなければなりません。
採用する年齢が高ければ賃金もその分上がるというわけです。

企業にとって扱いにくい人材という傾向

若い人は比較的自分の企業カラーに染めやすいために、扱いやすいと思われがちです。
教える側もキャリアを積んだベテランに教えるよりも、若い人に仕事を教えるほうが気を遣わずに教えることができます。
他にも、キャリアや経験が長ければその分自分の仕事に対するプライドが高いと考えられ、他人の意見が耳に入らなくなっているのではないかと懸念されてしまいます。
このように、人間関係を構築するのも若い人材のほうがたやすいというわけです。

企業の費用対効果!将来の貢献時間が短い

企業側としては採用活動には必ず費用が発生します。
その採用に見合う採用活動ができなければ、費用対効果が低いと判断されます。
転職時の年齢が高いと勤続年数も短くなるために、貢献時間も短くなってしまうのでは?と考えられることが多いようです。

年齢が低いと…

では、若ければよいのでしょうか?
年齢が若ければその分考えられるデメリットも当然あります。
職種や業種によっては、必ずしも若い人材を求めているとは限りませんので、一概に若いから良いとは言い切れないようです。

すぐに辞めてしまう可能性

退職理由は人間関係、給与、業務時間、人事など、いろいろな理由がありますが、転職者の場合、根本に考えられるのは理想と現実のギャップです。
思い描いていた理想と現実にギャップがある場合でも続けられるかどうかが問題です。
年齢が若ければ、他の企業でも採用してもらえる可能性が高いので、すぐに辞めてしまう可能性も自ずと高くなります。

経験や能力が不足している

未経験職種の場合は、経験や能力が不足しているのが大前提となってきますが、年齢が若い場合は圧倒的に、社会人としての経験や能力が不足していると考えられます。
ですから、経験や能力を求めている企業にはニーズが低いと言えるでしょう。

未経験が気にする年齢!転職のベストタイミングとは

初めの会社には最低3年は勤めるべきだとか、35歳を過ぎると転職しにくいなどと一般的には言われているようですが、実際のところはどうなのでしょうか?
どうやら転職の目的や、経験、キャリアなどによってベストな転職時期は異なってくるよううです。

年齢評価は一般論!良くも悪くも千差万別

実際の転職の年齢のボーダーラインは、職種や業種によっても多少違ってくることもあるようです。
企業によっては異業種でも、マネジメント能力の高いキャリアを積んだ人材や、多角的に物事を見ることができる人材を求めていいる場合もあります。
一般的な年齢のボーダーラインに惑わされることなく、企業に求められていることがわかれば、率先してアピールしていきましょう。

マイナス要素を払拭する自信と根拠を培う

年齢がうえだと頑固で融通が利かず、新しいことを吸収するには困難を極めそうだ。
というマイナスイメージが企業側にあることは否めません。
しかし、そのマイナスイメージは必ずしも自分に当てはまるでしょうか?
自分が年齢関係なく、新しい知識に貪欲であること、柔軟な考えも持ち合わせていること、そして、今までのキャリアを活かして多角的に物事を見る能力を兼ね備えている、マネジメントもできる、など、キャリアを積んできたからこそできる仕事を提示してみましょう。
若い人と同じようにできないからと言ってひるむ必要はないのです。

転職のベストタイミングっていつ?

社会人経験があり、実績があり、それでいてまだ若く将来性があるということを考えると、ベストタイミングは25歳から30歳くらいといわれています。
逆に、それより若いと早すぎると判断される場合もあるということです。
前職で3年ほど働いて、実績を作ってから次の職種への転職という流れが理想ですが、肝心なのは年数や年齢などの数字ではなく、実績です。
同等のレベルに達していれば、厳密に数字にとらわれる必要はないとは思いますが、前職での実績が何もないままでの転職はイメージがよくないようです。

事務職の未経験転職可能な年齢

事務職は企業規模や間接部門の社員数によって大きく異なります。大企業であれば仕事が分散しており、その分専門性を求められることが多いでしょう。
反対に小規模な会社の場合は幅広い仕事をまんべんなくこなす必要がありますので、多岐にわたる業務をこなせる人材が求められます。
いずれにしても、覚えることが多い職種です。
20代後半から30代前半はスキルが身についていて、なおかつ、物覚えが早いという意見が多いようです。
ただ、事務職に関しては特に適齢を考えていない企業も多いようです。

アパレルの未経験転職可能な年齢

アパレルというと、若い人が働いているイメージが強いので、年齢が高くなるにつれて難しくなっていくイメージが強いように思えます。
アパレルブランドは10代後半から20代後半をターゲットにしているブランドが多いのでショップ店員となればそれに合わせた年齢層を採用するケースが多いようです。
ですが、30代以降をターゲットとしたブランドであれば、相応の年齢の人を採用するケースもあります。
また、ラグジュアリーブランドなど、セレブ層を相手とするブランドでは、若さよりも一般常識とマナーを身に着けた人が求められるでしょう。
アパレル業界への転職を考えている場合は、自分の年齢やスキルが、そのブランドと一致するかを見てみましょう。
そのポイントをうまく採用担当者にアピールできるとよいですね。

税理士の未経験転職可能な年齢

税理士への転職は20代から30代のキャリアアップのための転職や他業種からの転職が一般的です。
40代以降ではキャリアアップのための転職がメインとなり、異業種からの転職は少ないようです。
前職の経験をどのように活かすことができるのかを明確にしておく必要があるでしょう。

MRの未経験転職可能な年齢

MRになるためには公益社団体法人MR認定センターが制定するMR認定資格制度による業者認定の資格が必要です。
現在未経験のMRが採用されるのは非常に厳しい状態ですが、どうしてもMRとして働きたい場合は、CSO(Contract Sales Organization)という、MRを製薬会社に派遣する企業へ所属しコンタラクトMRとして働くのが現実的のようです。
CSOは未経験者を中心に採用しているところもあるので、そういうところを中心に探せば、よい職場が見つかるかもしれません。
ただし、製薬会社がCSOからMRを派遣するのは、MR育成にかかる多大なコストと時間を削減したいという理由のほかに、若くて元気な人材が欲しいというのが本音のようです。
年齢的には30代前半が限界と考えたほうがよさそうです。

未経験でも年齢が気になっても転職チャンスを広げるには

年齢が高くなるほど、未経験職種への転職は難しいと考えている人は多いでしょう。
しかし、違う業種を経験してきたことを強みにして、転職チャンスを広げることは可能です。
年齢が高いから無理という固定概念にとらわれず、若い世代にはない職務能力や実績を具体的にアピールしてみましょう。
企業が求める人物像にも着目し、マネジメント能力などが求めらている場合は、役職経験の有無にかかわらず、リーダシップや後輩指導力を具体的にアピールするとよいでしょう。

希望職種に強い転職エージェントを活用する

転職エージェントはその規模や実績だけで決めてしまわないことがじゅようです。
転職エージェントには、他と差別化を図るためにそれぞれ得意分野があり、「○○の業界に詳しい」など、業種以外にも、「○歳代の求人に強い」などの転職者のプロフィールによっても分類されています。
自分がどのような状態で、どのような職種に就きたいかで、活用するエージェントを選択しましょう。

未経験や年齢制限があっても可能性の高い求人案件が知れる

未経験職種に挑戦したいけれど、年齢制限が気になってためらっている場合でも、転職エージェントを活用することで、専任の担当者がサポートしてくれます。
転職のプロが客観的に見て、可能性の高い求人案件を教えてくれます。
それだけではなく、アプローチの仕方などもアドバイスしてくれますので、不安要素を払拭して転職活動に臨むことができるでしょう。

どんな年齢でも未経験職種への転職を成功させることができる

特に未経験職種への転職の際に壁となる年齢ですが、年齢を気にしすぎていては何にもなりません。
その職種や業種が未経験というだけで、社会人としてのスキルや経験は積んでいるのです。
社会人としてのビジネスマナーやルールを知っているということは、強みです。
その強みは企業側にも伝わると思いますので、しっかりとアピールしましょう。

そして、キャリアがあっても実務経験がない場合の転職はいかに戦略的に行うかが成功のカギです。
転職エージェントをかしこく活用して、有利な情報をたくさん入手しましょう。
さらにプロの目線で客観的なアドバイスをもらい、俯瞰してみることで、効率的な転職活動ができることでしょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

起業したい看護師必見!訪問看護で起業するポイントとは?

看護師になったものの、仕事をしていると患者を優先したいと思いながらも、次々としなければならない業務に追われてし […]

続きを読む

何故今派遣薬剤師の求人が増えているのか?

高齢化社会が進み、医療の需要の増加と共にに薬剤師の需要も増えてきました。 さらに、薬学大学の教育課程が4年制か […]

続きを読む

未経験可の場合、社会人経験は問われるのか

目次1 未経験可の場合、社会人経験は問われるのか2 「未経験可」と募集する意味とは?3 「社会人経験を有するこ […]

続きを読む

東京都町田市でオススメの派遣登録会社とは?

今回は、東京都町田市でオススメの派遣登録会社について紹介します。 働くなら、愛着のある街がいいですよね。 そん […]

続きを読む

転職エージェントの面談の服装について徹底解説!!

転職エージェントを利用する上で誰もが気になるのが面談時の服装。 転職エージェントとの面談の服装はどんなものがい […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト