初めて転職に不安な人は、転職サイトとエージェントを活用して悩みを解消!

初めて転職に不安な人は、転職サイトとエージェントを活用して悩みを解消!

転職は気になるけど、周りの人の反応や上手くいかなかったときのことを考えると不安になりますよね。
現在転職活動中の人や、転職するのを迷っているという人のために、転職のメリット、デメリットとおすすめの転職サイトと転職エージェントをまとめています。
転職について悩んでいる人は、参考にしてくださいね。

目次

転職への不安や悩みはこんなものがある

今の仕事にやりがいが感じられない、今でも残業が多くて休みがないのに、転職をしても同じ状況は嫌だなと、転職に対する悩みや不安は結構ありますよね。
まずは、転職をしたいけど、なかなか踏み出せない理由について挙げていきますね。

待遇や環境についての不安

転職でまず心配になるのが、待遇や環境ではないでしょうか。
特に転職先の会社の雰囲気に馴染めるのかというのは不安かもしれませんね。
働きやすさや福利厚生という点から、待遇面についても、今よりも悪くなるのは困るという人もいますよね。

年収は上がるのか

待遇面で気になるのが、年収が上がることでしょう。
収入がこれまでより低くなるのは嫌と思う人は結構いるはずです。
年収は、自身の市場価値がわかる機会になります。
転職サイトのコンテンツには、年収査定ツールが用意されている場合があります。
転職前に年収査定ツールでチェックしておくと、転職で年収が上がるかわかるかもしれませんよ。

残業は減るのだろうか

残業がない環境で仕事がしたいと思っている人も多いはずです。
会社によっては、残業をしても残業代が全く支払われない場合もありますよね。
残業に関しては、職種や業種でも大分違います。
定時で帰りたいのか、それとも残業しても良いのか、残業時間を基準に会社選びをしても良いでしょう。

新しい職場での人間関係

新しい環境では、周りの人と上手くやっていけるのか不安になりますよね
職場の人間関係が転職理由になる場合もあるのです。
働くなら、できるだけ人間関係のよい職場で働きたいでしょう。
転職は、今と違う環境で働くことから、人間関係も良い方に変えることができるのです。

転職へのネガティブなイメージからくる不安

転職というのはネガティブなイメージがついて回ることがあります。
いままでお世話になった会社を辞めるのは、裏切り行為なのではないか、転職先はあるのだろうかと、ついネガティブに考えてしまうのです。
転職はネガティブになりすぎると上手くいきません。
新しい環境で働くことをポジティブに捉えることも大切でしょう。

転職するタイミングがわからない

一般的に求人が増えるのは、春と秋、特に3月は、新年度に向けて辞令が出ることから、転職がしやすい時期といわれています。
在職中だと、誰もがこの時期に転職ができるわけではありません。
繁忙期といわれる時期は避けて転職活動を行ったほうがよいでしょう。

自分に合った転職先があるのか

転職活動をはじめても、自分を採用してくれる企業はあるのか、転職先の企業が本当に合うのか不安はつきません。
実際に採用されて、働くまでは、自分に合う会社なのかはわからないので不安だと思います。
ただ、不安だから転職活動をしないというのでは、いつまで経っても自分に合った職場は見つかりません。
気になる企業があったら、応募するところからはじめてみましょう。

上司にバレてしまうのではないか

勤務先の会社では、退職の意思を伝えるまでは、転職のことを話さないようにしましょう。
上司に知られてしまったことで、退職を阻止されたり、仕事の引継ぎが上手くいかず、転職を失敗するケースもあるからです。
転職について相談する相手は、仕事とは関係のない友人や家族にするというように、限られた人にだけにしましょうね。

実際、企業側は転職をどう思ってるの?

多くの企業は転職希望者を歓迎しています。
なぜなら、新しい人材が加わることで、会社の雰囲気も変わりますし、従業員のモチベーションも上がるという効果もあります。
企業からすると、中途採用者が会社に貢献して、業績が上がるならありがたいというのが本音でしょう。

多くの企業が転職求人を出している

転職サイトを見ると、たくさんの求人を目にすると思います。
企業が中途採用の募集を出すのは、異動や退職で抜けた人員を補充するためというのもありますが、最近は人手不足ということもあり、経験者や優秀な人材を採用したいという企業の思惑もあるでしょう。
転職サイトの求人をチェックすることで、どの業界のどんな職種が、募集が多いのかわかるかもしれませんよ。

即戦力を得られる

企業が、中途採用で求めているのが即戦力で活躍する人材です。
企業からすると、経験者を採用することは、仕事を教えるのに時間をかけずに済むので、コストの削減にもなります。
企業の即戦力になるためには、これまでの経験を活かすことが前提になりますが、環境の変化にも対応できる柔軟さも必要でしょう。

転職をよく思っていない企業もある

もちろん転職をよく思わない企業もあるでしょう。
日本の企業は終身雇用制度を取っているので、定年まで働き続けるというのが良いという雰囲気が残っている企業が今もあるのです。
仕事を続けるのが当たり前、長く働き続けたほうがよいという環境だと、転職希望者は受け入れにくいかもしれませんね。

不安だけどやりたい!転職することのメリット

環境が変わることで、仕事に対するモチベーションが上がり、やる気が出る場合もあります。
また、年収アップや適職に出会える可能性もあり、キャリアアップを目指す環境で働くことができるでしょう。
今までの仕事が忙しい人なら、転職をすることで仕事とプライベートの両立がしやすくなるかもしれませんよ。

待遇面の向上

転職のメリットのひとつが、給与や労働条件といった待遇面の向上ではないでしょうか。
転職で給与アップや、今までより残業時間を少なくしたり、自宅の近くで仕事をすることやIターンやUターンで働くという希望が叶うこともあるのです。
待遇面で今よりも良い条件で働きたいと思ったら、転職を考えても良いかもしれませんね。

自分に合った業界や職種を見つけられる

自分に合った業界や職種が見つけられるのも転職のメリットですよね。
他の仕事に挑戦したくても、今働いている会社では、難しいこともあります。
そのような場合、転職をすれば「やりたい仕事」にチャレンジできるかもしれないのです。
自分で何をやりたいかわからない場合でも、転職活動をすることで、自分に合った仕事が見つけられる可能性もありますよ。

キャリアアップにつながる

仕事のパフォーマンスやモチベーションを上げるためにも、キャリアアップは必要です。
スキルの向上や仕事に必要な資格を取得することで、高い能力を身に付けることができます。
企業によっては、キャリアアップを目指す社員のために、資格取得支援や研修カリキュラムを用意している所もあります。
このような企業に転職をすれば、キャリアアップをするチャンスもあるでしょう。

ワークライフバランスの向上

残業が多くてプライベートの時間が取れない、仕事と家庭の両立と、働く人の多くが悩みを抱えています。
例えば、女性の場合、結婚後も仕事を続けたいと考えるなら、産休や育休、子育て支援がある会社を選んだ方が働きやすいですよね。
自身のライフスタイルに合わせた働き方を選んだ方が、仕事に対するモチベーションやパフォーマンスも上がるでしょう。
ライフワークを向上させたい場合にも、転職は効果的だったりします。

やっぱりつきもの。転職のデメリット

転職に対してはネガティブなイメージを持っている人も多いと思います。
あまり転職回数が多いと社会的信用度も下がりますし、会社での待遇が悪くなる場合もあるのです。
会社の規模や仕事内容によっては、転職前と状況が変わらないということもありますよ。

長続きしないとの悪い印象

転職のデメリットのひとつが、仕事が長続きしないイメージでしょう。
確かに転職回数が多いと、転職理由がどうであれ、仕事が嫌になったら簡単に辞めてしまうと思われてしまうかもしれないですね。
第二新卒の転職も、就職してから短期間での転職になるので、同様のイメージを持つ人もいるでしょう。

給料が下がる可能性も

転職をしたら年収アップするはずが、給料そのものが下がる場合もあるのです。
転職時期によってはボーナスがもらえない場合もありますし、雇用形態によってはボーナスの支給がない場合もあるでしょう。
また、勤務年数によっては退職金が少なかったり、もらえないということもあります。
転職で給料を含む、待遇が悪くなるということもあると知っておきましょう。

仕事が合わないことも

自分合う仕事を見つけたつもりでも、実は仕事が合わなかったということもあるでしょう。
転職をするときに、前の会社が嫌、人間関係が嫌というように、ネガティブな理由で転職をすると、同じようなことがあるかもしれないのです。
自分に合う仕事を見つけたくて転職をする場合は、今の会社と同じようなことがないとは限りません。
転職前に仕事が合わないと感じたときの対処方法も考えておくことが必要です。

なぜ転職で失敗してしまうのか?

内定をもらった企業で働きはじめたら、思っていたのと違うということは良くあります。
内定をもらっても、長続きしないのであれば、転職は失敗ということになるでしょう。
転職先が決まらないのも辛いですが、転職が実現しても上手くマッチングしなければ意味がありませんよ。

転職活動に十分な時間を充てれない

転職活動が上手くいかない理由のひとつが、在職中で転職活動の時間が取れないということです。
仕事が忙しいと、条件に合った企業の求人を見つけても面接日程の調整ができないかもといった理由で、応募するのをあきらめてしまう場合もあります。
仕事は、繁忙期とそうではない時期があるので、在職中の人は転職活動しやすい時期を見つけるということも必要かもしれませんね。

業種、職種を絞らずに応募する

求人を見たらなんでもいいから応募するパターンだと、転職は上手くいきません。
自分がどんな業界で仕事をしたいのか、どの職種が良いのか決め手から応募しないと、書類選考すら通過しないでしょう。
転職をすると決めたら、自分が就きたい職種について考えてください。
転職でキャリアチェンジを目指す場合には、自分がやりたい仕事がわからないと転職は実現しませんよ。

自己分析や企業研究を十分にしない

求人に応募さえすれば大丈夫と思っていると転職は失敗します。
面接では、志望動機だけでなく、自分の長所や短所、色々と聞かれるので、自己分析が必要です。
求人に応募するということは、企業研究をしないと履歴書や職務経歴書も書けませんよね。
転職というと面接への不安や内定がもらえるのかという不安のほうが強くなりがちですが、求人への応募の前に、しっかり準備をすることが大切でしょう。

不安な人はまずは転職サイトや転職エージェントに登録だけでも!

転職に迷っている人や転職に不安がある人は、転職サイトや転職エージェントに登録するだけでも良いでしょう。
転職サイトでは、コンテンツのなかに「転職ノウハウ」や「転職に役立つコラム」が掲載されているので、情報収集がしやすく、マイペースに転職活動が行えます。

転職エージェントの場合は、登録時に面談があるので、転職への不安や迷いについてアドバイザーに相談することもできますよ。
転職エージェントでは、イベント形式で登録会や転職相談会を開催しているところもあります。
いますぐ転職は考えていないけど、いずれ転職したいときには、転職エージェント主催のイベントを利用するのもよいかもしれませんよ。

転職サイトや転職エージェントを使うメリット

転職の目的は自分に合った企業を見つけることですが、転職先を見つけるお手伝いをするのが転職サイトや転職エージェントの仕事になります。
転職サイトでは、条件に合わせて求人を検索するだけでなく、職務経歴を登録することで企業からの面接オファーやスカウトが受けられる場合があります。

転職エージェントは、サイトに掲載している求人の他に、エージェント独自の非公開求人を用意しており、希望や資質に合わせて企業を紹介してもらえます。
転職希望者のなかには、知人から紹介をしてもらったり、企業のホームページから求人に応募しようと考えている人もいるかもしれませんが、転職サイトや転職エージェントに登録をしたほうが、効率的に応募企業を探すことができるでしょう。

転職サイトや転職エージェントの違い

転職エージェントは求人の紹介の他に、応募書類の添削や面接指導といったアドバイザーによる転職サポートが受けられますが、転職サイトは求人への応募や面接日程の調整、条件交渉を全て自分で行います。
転職エージェントは、転職に必要なサポートを全て受けられるので、1人よりも効率的に転職活動が行えます。
転職サイトは、条件や経験に関係なく求人に応募ができ、アドバイザーがいない分、マイペースに転職活動を行うことができます。

初めての転職には転職エージェントがおすすめ!

不安を抱えたまま1人で転職活動を行うよりは、アドバイザーによる転職サポートが受けられる転職エージェントに登録するほうが安心して転職活動が行えます。
初めての転職の場合、転職活動に関してわからないことだらけなので、求人への応募や面接の日程調整、入社までのサポートを全て行ってくれる転職エージェントは心強い味方です。
また、仕事をしながら転職活動をしている人は、スケジュール管理も大変ですが、転職エージェントなら、アドバイザーによるスケジュール調整だけではなく、進捗状況を確認できるツールが利用できることもあるので、仕事の状況に合わせて転職活動することができますよ。

おすすめの転職サイトと転職エージェント

「リクルートエージェント」「DODA」「転職は@type」「リクナビNEXT」は、はじめての転職なら必ず登録をしてほしい転職サイトと転職エージェントです。
ここで紹介する転職サイトと転職エージェントは、知名度抜群、求人数も多いので、比較的利用がしやすいといえますよ。

リクルートエージェント

・創業以来、41万名以上の採用実績がある
・第二新卒から管理職クラスまで、条件に合わせて転職をサポート
・面接力向上セミナーは、参加者の99%が満足

転職を考えるなら登録してほしい転職エージェントがリクルートエージェントです。

1977年創業の転職エージェントで、東京本社のほかに、札幌、仙台、宇都宮、さいたま、千葉、立川、横浜、長野、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡の全部で17ヶ所を拠点にしているので、首都圏以外の地域に住んでいてもサポートが受けやすく、IターンやUターン転職にも対応します。
求人数は業界トップクラスで、有名企業や中小企業、地域密着型の企業と、様々な業界、職種を用意しています。

転職支援サービス申し込み者は、経験豊富な転職アドバイザーによる転職サポートの他に、企業情報を提供する「AGENT Report」と進捗状況が確認できる「Personal Desktop」といった独自のサービスが受けらるので、ぜひ登録してみましょう。

リクルートエージェントに登録する

DODA

・会員登録者数約339万人、年間18,000人の転職サポートする転職エージェント
・キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当、2人のプロによる転職サポート
・分野別コンサルタントによる転職サポートも受けられる

DODAは、キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当による転職サポートが高い評価を受けている転職エージェントです。
求人の紹介や応募以外に、キャリアプランの提案や応募書類の添削、面接対策と丁寧な転職サポートが受けられます。
この他にも、分野別に特化したコンサルタントから求人が届くサービスやDODAのサイトを利用して求人へ応募することも可能です。
転職フェアや合同企業面接会も開催し、自分にあった求人を見つける機会が多いのもDODAの特徴といえますね。

DODAに登録する

転職は@type

@type転職エージェント

・登録者の中心は20代後半~30代前半のビジネスパーソン
・エンジニアと営業の求人を中心に幅広い職種の求人を掲載
・これまでの会員登録者数は2,432,000人、月間閲覧者数は100万人以上

転職は@typeは、首都圏を中心に求人を掲載している転職サイトで、職種や勤務地以外に、こだわり条件や業種、経験・スキル、企業名、年収からも求人検索ができます。
「転職力診断テスト」や「市場価値診断テスト」「必殺!鬼の面接力診断」とサイトコンテンツが充実しており、「スキルマッチング」「希望条件マッチング」「パーソナリティマッチング」「足あとマッチング」という4つのマッチングサービスで求人をお知らせします。

レジュメを登録すると、企業からのスカウトメールやオファーDMが届くサービスも行っています。
エンジニア向けに転職フェアを開催するだけでなく、会社説明会やセミナーを開催している企業をサイトに掲載しているので、実際に企業の担当者に話を聞く機会もありますよ。

転職は@typeに登録する

リクナビNEXT

リクナビNEXT

・会員数670万人日本最大級の転職サイトで、転職者の8割が利用
・掲載求人数は6,000件以上で、毎週水曜日と金曜日に更新
・レジュメを登録すると企業や転職エージェントからスカウトメールが届くサービスがある

リクルートキャリアが運営する転職サイトで、会員数、求人数は日本最大級です。
職種、勤務地、キーワードで求人検索ができるだけでなく、求人特集からも掲載求人をチェックすることができます。
転職における疑問に答える「転職ノウハウ」やプロたちの仕事に対するこだわりを聞く「プロ論」と、転職に役立つコンテンツを掲載しています。
会員登録をすると、自身の強みを見つける「グッドポイント診断」も利用ができます。

リクナビNEXTに登録する

転職を成功させるため大事なこと

きっかけは、会社への不満だったとしても、転職をネガティブなものにはしないようにしましょう。
採用する企業からすると、勤務先の愚痴や悪口しか言わない人は、一緒に働きたくないですよね。
自分自身と転職先がプラスになるようにすることが、転職を成功させるためには大切です。

複数の転職サイト、エージェントを利用する

転職の際に、転職サイトに登録をするのは一般的ですが、求人やサービスを比べるためにも2社以上のサイトを利用してください。
転職エージェントには、サイトで掲載されない非公開求人も保有されているので、求人紹介という意味でも必ず登録をしましょう。
転職エージェントは幅広い業界、職種に対応する総合型と職種、業界に特化した特化型と2つのタイプのエージェントがあります。
転職エージェントも転職理由や条件に合わせて、2社以上の登録をしましょうね。

転職エージェントを複数使いこなして転職を成功させる方法まとめ には総合型、特化型のエージェントの掛け合わせと活用方法を紹介しているので、迷っている人は参考にしてください。

転職の条件、目的を明確に

転職準備期間中にキャリアの棚卸や自己分析をするのは、転職の条件や目的を明確にするためです。
転職条件とは、給与や勤務地、雇用形態といった、働くのに必要な条件のことをいいます。
準備の段階で、どんな条件なら働けるのか考えておくことは必要でしょう。
転職の目的は、転職先でやりたいことや実現したいことをいいます。
転職後のビジョンを見据えて、応募企業を決めることが、転職では大切になりますよ。

周りの転職経験者に聞いてみる

転職活動をはじめる前に、周りの転職経験者に転職体験談を聞きましょう。
転職に対する心構えや転職に必要な情報を教えてもらうだけでも、転職に対する不安は少なくなるのではないでしょうか。
どこを利用したらよいのか悩む「転職サイト」や「転職エージェント」も、友人や知人が勧めてくれたところなら安心して使えますよね。
転職でわからないことがあったら経験者に聞く、これが転職実現のための早道です。

慌てずに、慎重に準備する

転職サイトや転職エージェントには、活動を始めてから入社が決まった期間が書かれていますが、3ヶ月や6ヶ月という数字はあくまでも目安であって、数字に惑わされてはいけません。
転職の準備期間は、応募企業選定だけでなく、いつ頃なら転職をしても良いか考える大事な期間です。
在職中の人なら、後任者への仕事の引継ぎにかかる時間も含めて、転職準備をすることが必要でしょう。

準備期間を大切にして自分に合う会社を見つけよう!

転職は準備が大切なのですが、自分1人だとなかなか難しいかもしれません。
わからないことや不安を抱えながら転職活動をするよりは、転職をサポートしてくれる転職エージェントを利用したほうが、準備もしやすいですよね。
仕事に対する向き、不向きも、自分ではわからない場合が多いので、自分で調べるだけでなく、エージェントのアドバイザーや周囲の人に相談して選んだほうが、自分に合う会社は見つけやすいかもしれませんよ。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

会社を辞めるべきサインはこれ!自分と周囲の状況を冷静に見つめよう

会社を辞めたいと思っても、具体的にいつ辞めるのかがわからず、ズルズルと居続けてしまうことがありますよね。 しか […]

続きを読む

看護師におすすめの転職エージェント。希望の転職を叶える方法

看護師の転職活動でよく使われているのが転職エージェント。 看護師として転職したい人は、「聞いたことはあるけど具 […]

続きを読む

転職活動は在籍中と退職後どちらを選択すべき?利点とリスクを整理して解説!

今の仕事を辞めて転職したいと心に決めたとき、悩むのが転職活動の開始時期です。 在籍中から始めるのが絶対にいいと […]

続きを読む

意外と見られているかも!?転職活動はバッグを意識しよう

転職活動をはじめるなかで、さまざまな物を準備することになると思います。 面接のための履歴書や職務経歴書などの必 […]

続きを読む

金融業界おすすめの転職エージェント6選!金融業界での転職を成功させるエージェントの選び方

金融業界はキャリアアップを図るために、転職を考えている人が多い業界です。 上手くいけば大幅な年収アップも見込め […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

続きを読む

9

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

9

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む

ピックアップ特集