女性が転職を成功させるために大切なポイントとおすすめのエージェント・サイトまとめ

女性が転職を成功させるために大切なポイントとおすすめのエージェント・サイトまとめ

転職して活躍したい、家庭やプライベートとの両立ができる職場で働きたいなど、女性の転職希望者が増えています。
ただし、男性と比べてキャリアが変動しがちな女性だからこそ、選択を迫られる機会があり転職に悩みはつきもの。
多くの情報をもとに自身に適した働き方を見極める必要があると言えます。
ここでは、転職を考える女性に役立つ考え方や転職ノウハウ、女性におすすめの転職サイトなどを徹底解説します。

目次

女性の転職が増えてきた理由

近年の転職市場は活性化していますが、中でも女性の転職希望者の増加は目を見張るものがあります。
企業側からも女性の転職者を歓迎したいという声が聞こえてきており、女性の転職成功率も高まっているのが実情。

では、女性の転職はなぜ増えているのでしょうか。
ここでは、女性の転職が増えてきた理由を解説します。

女性が活躍できる社会になってきた

まずは女性が活躍できる環境ができたこと。
以前は「役職=男性」が当たり前でしたが、今は女性の役職登用が積極的に行われるようになり、優秀な女性が出世できる道が整いつつあります。
男女間で実質的な評価や仕事内容に差をつけることを大々的に行うことはご法度とされるようになり、女性が性別を気にせずバリバリ働くことが普通にできる社会になりましたね。
これによって女性たちも自分がやりたい仕事、働きたい場所を選びたいという気持ちが高まり、転職に積極的になってきたのです。

結婚・出産後の再就職の増加

結婚や出産を機に一旦家庭に入るものの、家事や子育てがひと段落したら早めに仕事復帰したいと考える女性が増えています。
「女性は家庭に入って家事や育児を中心にする」という価値観はもはや崩壊し、「いつ仕事復帰するの?」という会話が当たり前に。
夫である男性側も妻が仕事復帰することを応援するようになり、再就職市場も活性化しています。

また、現在の女性活躍社会では、家庭に入って社会から遮断されることに不安感を覚える女性も多いもの。
社会とつながっていたいという気持ちが強く、再就職を目指す女性たちが増えてきているのでしょう。

ワークライフバランスの整っている企業が増えた

「女性だって仕事を頑張りたい」と思っても、これまでネックになっていたのは家事や育児とのバランスが取れないこと。
家事や育児のサポートに熱心な「イクメン」夫が増えたとはいえ、まだまだ負担は圧倒的に女性の方が多いです。

そこで近年働き方を考えるうえで外せないのが「ワークライフバランス」。
仕事と家庭の両立には夫の手助けだけでは足りないと、企業側が働きやすい環境を整える必要性が高まっています。
従来からある育児短時間制度だけでなく、企業独自の短時間制度や休日制度、在宅ワークなどを導入し、仕事で成果を出しながらも家庭の時間を保てる工夫が各企業で行われています。
ワークライフバランス推進企業が増えたことも、女性の転職を後押しする理由の一つでしょう。

世帯収入の減少もひとつの理由に

女性の転職が増えた理由には「そうせざるを得ない」という一面も。
旦那の収入に期待できず、妻も稼ぐしかないという家庭は多いのです。

今や大企業ですら倒産リスクがある時代、倒産や整理解雇などで、ある日突然旦那の収入が途絶えることもあります。
無収入とまではいかなくても、勤務先でボーナスがカットされる、ストレスでメンタル不調に陥り休職を選択するなどして、旦那の収入が大幅にダウンすることはあるでしょう。
大卒就職率は高い水準ですが、数年以内で離職して非正規雇用やフリーターになる人もいまだに多い状況です。

そんな中、妻が転職して年収を上げることで、世帯収入の底上げを目指すというわけですね。

女性が転職する時に気になること

女性が転職を考えるうえで気になることはどんなことでしょうか。
ここでは、女性が転職先を見極めるうえで事前に確認しておきたい点を解説します。

給料はどれぐらいもらえるの?男性社員との差

もっとも気になるという人も多い給与ですが、男性社員との差はどの程度あるのでしょうか。
国税庁が発表した「平成27年分民間給与実態統計調査結果」によると、「1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与」は下記の結果となりました。

男性正規雇用 532万
女性正規雇用 359万
男性非正規雇用 225万
女性非正規雇用 147万

参照元:国税庁「平成27年分民間給与実態統計調査結果」
http://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2016/minkan/

正規雇用の平均給与で比べると、男性532万円に対して女性は359万円とおよそ67%の平均。
女性は男性の7割にも満たないことがわかります。
しかし、労働基準法第4条では、「使用者は、労働者が女性であることを理由として、賃金について、男性と差別的取扱いをしてはならない」として、男女同一賃金原則を定めています。
にもかかわらず男女間でのこれほどの賃金格差が発生している原因は何なのでしょうか。
これには以下のような理由が考えられます。

  • 高収入になりやすい役職者の割合が男性の方が圧倒的に多いこと
  • 女性は出産や育児により一旦キャリアがストップすること
  • 女性のキャリアがストップする可能性を踏まえ、男女間で仕事内容に差をつけていること
  • フルタイムだが家庭があり残業できない女性が多いこと
  • 正規雇用であっても短時間勤務を選択する女性が一定数いること

非正規雇用の男女間格差については、夫の扶養に入りながらパートとして働く女性も多いため、非正規雇用でもフルタイムで働ける男性と、労働時間自体に圧倒的な差があることが一つ。
他には、高収入を得られやすい肉体労働や危険な仕事に女性がつきにくいことなど、男女間で選択できる職種に違いがあることなども考えられます。

まだまだ男女間で不平等な取り扱いがされている一方で、女性側も役職登用を望まない人が多い、家庭を優先させたい思いが強いなど、双方の要因において男女間の賃金に差が生まれているようです。
転職して男性並みの年収を得るには、男女間の評価や仕事に差をつけない企業を選ぶことと、女性自身も積極的に仕事に取り組むことが必須と言えるのではないでしょうか。

残業はある?休日はいつ?

仕事とプライベートを両立させたい女性にとって、残業の有無や休日がいつなのかは重要ですよね。
残業が多いと平日の家事・育児に支障をきたすことになりますし、夫や子供たちと休日が違っていれば家族との時間を過ごせなくなってしまいます。
そのため女性の転職希望者に人気が集中しやすいのは残業が比較的少ない傾向にあるオフィスワークや、土日休みを基本とした一般企業。
給与相場も低く時間が不規則になりやすい宿泊業やサービス業は、家庭がある女性にとっては選びにくい職種の一つです。

休日がいつかは募集要項で確認することができますが、問題は残業の有無。
面接で質問すると、企業側から嫌がられるということもあるでしょう。
しかし、残業時間の確認をしなかったために後悔する例もありますから確認は必須。
直接的な聞き方をするのではなく、勤務スケジュール例を確認するなどして遠まわしに聞く工夫が必要です。

産休や育休の制度は整ってる?

今後出産を考える女性にとって産休・育休制度の存在は外せない点。
法律上の制度のため条件を満たせば請求可能ですが、実際に利用しやすいかどうかは別問題ですよね。
制度自体はあっても請求せずに退職を選ぶのが当たり前の雰囲気になっていたり、上司の理解がなく制度利用をよく言われないとなどの、古い体質の企業もいまだに存在しています。
転職先を見極めるうえでは、制度の有無だけでなく、実際に利用した人がいて職場の理解も得られる環境かどうかは確認することが大切です。

ただし、制度の利用を前提として転職したいという女性に対して企業の目は厳しいもの。
企業が何より求めているのは貢献してくれる人なのです。
まずは自分が企業に対して、どんな働きができるのかを最優先にアピールしましょう。
その後にどんな働き方をしている女性がいるかなど、モデルケースを確認することで、産休・育休制度の実行性があるかどうかを見極めるといいでしょう。

出世の見込みは?女性の管理職はいるの?

キャリアアップを目指す女性にとって、出世の見込みがあるのかは重要な問題です。
日本における管理職の女性が占める割合は、平成27年で12.5%。
女性の役職登用が行われるようになったとはいえ、国際的に見ると日本の女性管理職割合はかなり低いと言えるでしょう。
各国の女性管理職割合は、アメリカが43.6%、イギリス35.4%、ドイツ29.3%と、先進諸国では30~40程度の水準。
フィリピンでは46.6%にものぼっています。

日本では全体の1割程度しか女性管理職がいない実情を考えると、女性管理職登用に対して企業がどの程度積極性を持っているのかは転職前に見極めるべき。
口では「女性の役職登用を行う」と言っても、実際問題としては手をつけていない企業も多いのです。
女性管理職のモデルケースの存在は必ず行うようにしましょう。

参照元:独立行政法人 労働政策研究・研修機構 「データブック国際労働比較2017」
http://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/databook/2017/index.html

女性に優しい転職サイトはこれ!

残業や育児制度の有無、出世ができるのかなど、女性は男性と比べて確認したい点が多いですよね。
すべてを自分で調べる、面接で聞くのは難しいですから、転職サイトや転職エージェントを利用して効率よく転職活動を行いましょう。
ここでは、女性の転職支援に積極的な、女性に優しい転職サイト・エージェントを紹介します。

情報量が多く選択肢が広い「DODA」

求人数

34102件

非公開求人数

134,015件

年収範囲

300万円~700万円以上

女性向けの特徴

未経験から管理職まで幅広い女性向け案件を扱っている

圧倒的な求人件数と、多種多様な案件を扱っている総合型エージェントであるDODA。
求人だけでなく各種コンテンツも充実しており、情報量が多いのが特徴です。
自分では思ってもみなかったような案件を紹介してもらえることもあり、選択肢が広がるでしょう。

Woman Careerという女性専用ページをもっており、女性のキャリアについてかなり力を入れています。
女性向け転職フェアやイベントなども定期的に開催されていますので、タイミングがあえばぜひ参加したいですね。

もともとDODAは20代や30代の若手にも強いため、若い女性のキャリアアップに対して適切なアドバイスをくれるでしょう。
DODAのキャリアコンサルタントは親身になってくれると評判で、女性が転職活動をするときにまずは登録を検討したいエージェントです。

DODAに登録する

ひとりひとりに寄り添う提案をしてくれる「パソナキャリア」

求人数

1000件

非公開求人数

30,266件

年収範囲

200万円~1,000万円以上

女性向けの特徴

女性に人気のオフィスワーク求人が豊富

人材紹介、派遣業で有名なパソナグループが運営する転職エージェント。
「Woman CAREER」という女性に特化した支援サービスも行っています。
もともと人材派遣は女性向け案件が多いため、人材紹介・派遣で築いた全国の企業とのパイプを活かし、女性向けの正社員案件を多数紹介してくれます。
特にオフィスワークや営業など、女性が就きやすい職種が豊富。

また、パソナキャリアのコンサルタントは、丁寧な対応と親身に相談に乗ってくれる人が多いと評判で、他社で断られてもパソナでは紹介してくれたという声も聞かれます。
応募者にあった案件を探し出して提案してくれると提案力も高評価ですよ。
女性の場合は転職に不安を感じやすい方も多いので、ビジネスライクな対応より、じっくり相談に乗ってもらいたい方におすすめです。

パソナキャリアに登録する

キャリアアップを目指すなら「リブズキャリア」

リブズキャリア

求人数

2482件

非公開求人数

非公開

年収範囲

400万円~1,000万円以上

女性向けの特徴

女性転職に特化しており、女性管理職求人が豊富

株式会社リブが運営する、女性に特化した転職エージェント「リブズキャリア」。
会社自体が2014年に設立されただけあって知名度こそ大手には劣りますが、近年急速に評判を上げてきている勢いのあるエージェントです。

女性の働きやすい環境作りを支援したいというこだわりが強い、まさに女性の味方と言えるでしょう。
その思いはキャリアコンサルタントの高い質だけでなく、取り扱い求人からも見てとることができます。

高収入かつワークライフバランスが叶う女性向け求人が多数あり、多くの一流企業も掲載されていますよ。
特に管理職案件が豊富なので、キャリアアップを目指してバリバリ働きたい女性にはおすすめです。

初めての正社員を目指すなら「JAIC 女子カレッジ」

JAIC女子カレッジ

求人数

非公開(契約企業50,000社超)

非公開求人数

非公開

年収範囲

非公開

女性向けの特徴

20代女性に特化した正社員への就職支援

通常転職エージェントは、転職希望者がもともと持つ経歴やスキルをもとに、それに適した企業を紹介してくれるのが一般的。
しかし、そもそもまだ若くて特段の経験もスキルもないという方にとっては、紹介してもらえる案件が少ないなどのデメリットもあります。

JAIC 女子カレッジは、第二新卒、フリーター、大学中退、未経験者など、経歴やスキルを武器にできない若い女性たちに対して、就職・転職支援を行っています。
応募書類の作成方法や面接対策だけでなく、ビジネスマナーの基礎なども丁寧に教えてくれる、まさに20代女性の正社員就職のための学校。
就職成功率も80.3%と、高い数字を誇っています。

特徴の一つが、JAIC女子カレッジと提携している企業のうち厳選15~20社に対して、書類選考なしで面接を紹介できるという点。
未経験であっても一から育ててくれる企業を厳選し、JAIC女子カレッジならではのパイプを活かしたサービスです。
一般的な転職エージェントとは一線を画した支援を行っていますが、サービスを無料でできる点は同じです。
20代の女性が初めて正社員を目指すならぜひ利用を検討したいですね。

リクナビネクスト

リクナビNEXT

求人数

7017件

非公開求人数

年収範囲

300~1000万円

女性向けの特徴

女性向け案件が豊富

転職エージェントと異なり、キャリアコンサルタントの直接的なサポートを受けられないものの、自分のペースで転職活動ができ、情報量の底上げに一役買ってくれるのが転職サイト。
大手リクルートが運営するリクナビネクストは、転職サイト単体で求人件数が7000超と豊富です。

女性向け案件が多いのも特徴。
4000件近くが女性歓迎求人のため、いつかは転職をと考えている女性はぜひ利用したいですね。
転職エージェントと併用することで、エージェントにはない求人に出会える可能性も。
転職エージェントの求人と見比べてみるなどして、より自分にあった求人を探していきましょう。
転職をなんとなく考えている人だけでなく、本格的な転職活動中の女性も登録しておくといいですね。

女性に人気の職種まとめ!候補が決まっていないなら必見

転職は考えているけど具体的な職種までは決めかねている、そんな方は女性に人気の職種を検討してみるのも一つです。
現代の女性にはどんな職種が人気なのでしょうか。
ここでは、女性に人気の職種を紹介します。

残業少なめで大人気「事務」

いまや女性に圧倒的な人気を誇る職種になったのが事務職。
残業が少なめで休みの計画も立てやすいとあって、ワークライフバランスが取りやすい職種の筆頭です。
パソコンスキルは必須ですが、20代女性であれば、一から育ててくれる企業もあり、未経験でも取り組みやすいのも特徴。

ただし、大人気職種ゆえに倍率は高めですから、転職エージェントの力を借りる、ビジネススキルの底上げをしてから応募するなどしましょう。
無防備で臨んでも内定を勝ち取るのは難しいと言えます。

おしゃれの自由度が高い「アパレル」

流行に敏感でおしゃれに興味関心があるという方たちから人気を集めるのがアパレル。
自由な服装で仕事ができる、仕事内容もファッションに関われるとあって、おしゃれ好きには天職になり得る職種でしょう。

特に販売員はアパレルの中でもっとも求人数が多く、経験を積んで店長やバイヤーなどにステップアップする道も開けます。
女性が多い職場なので人間関係が独特になりやすい反面、管理職も女性が圧倒的に多いため、キャリアアップを目指すことも十分可能です。

資格があるなら売り手市場の「保育士」

社会的な問題となっている待機児童の解消のため、保育士の確保はどの自治体、園でも最重要課題。
資格を活かせば就職先には困らないと言えるぐらい、売り手市場なのが保育士です。

保育士の転職でネックになるのは給与や待遇の悪さ。
子どもを育てる親たちからの厳しい当たりを受けるのも保育士の辛さではあります。

しかし、近年は保育士の待遇改善が叫ばれ、親たちも子供を預けられる保育園に好意的な意見をもつようになってきています。
社会の流れは今後も保育士の待遇改善に傾き続けるとみられていますから、今は転職の絶好の機会といえるかもしれません。
保育士の資格があるけど使っていないという方はぜひ検討しましょう。

ネイルやまつエクが趣味の延長に!「美容系」

ネイルやメイクなどの美容に興味をもつ女性は多いですよね。
ご自身でネイルやまつエクをする、化粧品にこだわるなど美容が大好きという方もいるでしょう。
そんな方から人気が高いのは、ネイリスト、アイティスト(まつ毛エクステの施術者)、美容部員などの美容系職種。
これまで趣味でやってきたことが仕事になる、まさに「好きを仕事にする」職種と言えるでしょう。

ネイリストやアイティストを目指す場合、サロン選びが重要。
低賃金で休憩も取れないといった労働条件下で働かされるケースも続出していますから、下調べは慎重に行いましょう。
経営者の経営方針や顧客への考え方などをしっかり見極め、納得したうえで転職先を決めることが大切です。

美容部員は大手の化粧品メーカーも多いため、給与自体は悪過ぎることはありません。
研修も比較的きっちりと行われるため、やる気があれば未経験からでも挑戦できるでしょう。
ただ、職場である百貨店の経営はどこも不安定で転勤の可能性はある程度許容すべき。
外資系の化粧品メーカーの場合は日本市場撤退もあり得ますので、好きなブランドというだけでなく業績や見通しも確認する必要があるでしょう。

経験者は正社員登用も!「コールセンター」

電話応対能力が高く、感じのいい対応ができるのは女性の強み。
コールセンターは圧倒的に女性が多い職場です。
どの職種にも流用できる、ビジネススキルの基本が徹底的に身につくのも魅力の一つ。
派遣や契約社員のイメージが強いコールセンターですが、正社員で働く女性も多いですよ。
特に経験があれば正社員登用のチャンスも十分あり、昇給やボーナスを得ることもできるでしょう。

顧客との電話のやり取りの中にはクレーム対処もあるためそれなりにストレスは溜まりますが、基本的に電話対応がメインのため職場の人間関係からは離れられるというメリットも。
電話対応時間がきっちりきまっており、残業なく帰れることが多いのも女性人気の理由です。
事務職同様にワークライフバランスが取りやすい職種と言えるでしょう。

女性の転職のぎもんを徹底解決!女性ならではの転職事情

女性の転職には男性とは異なる疑問や悩みが生じがちです。
女性が転職活動で疑問に感じやすいのはどんなことでしょうか。
ここでは、女性の転職の疑問について解説します。

面接時の服装や髪、おしゃれの限度は?

どんなときでもおしゃれに気を使いたいのが女性というものですが、転職面接では服装や髪形など身だしなみには多くの注意点があります。

一般企業ではスーツが基本ですが、転職の場合はリクルートスーツっぽさ全開はNG。
スーツの色やデザイン、インナーなどで変化を加えましょう。
スカートかパンツかは自由ですが、一般的にはスカートが好まれやすいと言われます。
営業職など活発さをアピールしたい職種ではパンツスーツもいいでしょう。

髪型は清潔感重視。
眉毛や耳はできるだけ見えるようにし、清潔感と明るさを強調しましょう。
男性に比べると茶髪の許容範囲が広いのが女性の髪色ですが、明る過ぎる髪色はいけません。染めるとしてもダークブラウンが許容範囲と言えます。

アパレルや美容系の場合は自由な私服で面接が行われることもあるでしょう。
その場合はブランドイメージにあった服装や髪形を心がけるようにしながら、あくまでも面接であるということは忘れずに。
私服であっても多少のオフィシャルさを残すよう意識しましょう。

どの業界も香水は、面接におけるおしゃれの限界値を超えています。
閉め切った室内で面接することが多いため、少しの香水でもすぐにばれてしまうでしょう。
中には香水を許容してくれることがありますが、香水は問答無用でアウトとする面接官もいます。
人によって感じ方が異なる以上、香水はつけないようにするべきです。

福利厚生や給料は聞いてもいい?

福利厚生や給与は誰にとっても気になるポイントですから、面接で確認するのは一つです。
福利厚生や給与は会社を辞めたい理由の上位に挙がる重要要素。
入社してからギャップを感じて辞めてしまうより、事前にしっかり確認しておいた方が応募者・企業側双方にとって有意義だと言えるでしょう。
ただし、聞き方によっては面接官に不快感を与えることがあるので、工夫が必要な質問内容ではあります。
直接的に聞かない、転職エージェントに聞いてもらうなどして慎重さを心がけるべきです。

出産前の転職ってあり?

今の職場では産休・育休制度が取りにくいなどの理由で、出産前に転職を考えることもあるでしょう。
しかし、妊娠している状態での転職はかなり厳しいものがあります。
入社してすぐに出産で職場離脱する人を採用しても、企業側は人材配置の計画が立てられず困ってしまうでしょう。

また、産休に関しては妊娠していれば取得可能ですが、育休は取得条件が異なります。
例えば雇用された期間が1年未満の場合は、労使協定をもって取得対象から外すことも可能。
入社してすぐ育休を申請することができないことがあるのです。
出産後の体調や家庭の状況はご自身でも想像が難しいですから、しっかり働ける環境が整ってから転職する方が、応募者・企業側双方にとって良い選択だと言えるのではないでしょうか。

女性なら正社員転職じゃなくても働く手段はある!

お金を稼ぐのは何も正社員として働くことがすべてではありません。
多様な働き方の中からより適切な方法を選べる時代ですから、ご自身の環境や、どの程度の収入を目指すかによって選んでいきましょう。
ここでは、正社員以外の働く手段を紹介します。

派遣社員で働く

昇給やボーナスがないなど、正社員より恵まれていないと言われがちな派遣社員。
しかし、出産や結婚予定があるなど、キャリアの道すじが立てにくい女性にとっては見逃せない働き方です。
残業がなく期間も決まっているため、計画的に働くことができるのは大きなメリットでしょう。
優秀な女性たちもキャリアが定まらない時期はあえて派遣を選ぶなどして、効果的に利用していますよ。
いつか正社員として働きたいという場合も、派遣社員時代の経験は必ず活きてアピールすることができるでしょう。

アルバイトやパートで働く

夫の扶養範囲内で、アルバイト・パートとして働くのも一つ。
まったく仕事をしていない期間があるのと、身分に関係なく働いてきたのとでは、今後のキャリアに大きな違いがあるのです。
最近は、アルバイト・パートながら正社員以上の活躍をする人も増えてきていますね。
正社員のような待遇を得ることはできませんが、融通がきいて生活スタイルにあった働き方ができるのが最大のメリットです。

在宅ワークで働く

自分の時間をもっと自由に、効率的に使いたいなら、在宅ワークという方法もあります。
在宅ワークを許可する企業も増えてきていますし、クラウドソーシングなどに登録して仕事を受注することもできます。
育児や家事の合間に、家族がまだ寝ている早朝や夜の空いた時間になど、やりたいことを優先させて自分のペースで仕事ができるのが魅力。
通勤時間もカットでき、シフト申請などの手間もないため、限られた時間を有意義に使うことが可能です。
フレキシブルな働き方が叶うという点で、今後ますます注目度が高まる働き方ではないでしょうか。

女性の転職が当たり前の時代に!

今は女性の転職が当たり前になった時代。
協調性があり能力も高い女性社員の活躍を、企業側も求めています。
女性のキャリアは選択の幅が広く難しい面がある一方で、自分らしい働き方を選べるというメリットがありますよね。
転職サイトや転職エージェントを活用することで希望の転職も叶いやすくなりますよ。
便利なツールは積極的に利用して、ご自身の能力を活かした適切な働き方を見つけていきましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

未経験におすすめの転職サイトと活用方法まとめ

未経験の職種に転職することはリスクもあり二の足を踏んでしまいがちですが、多くの企業では人材不足を嘆いており、チ […]

続きを読む

20代の男性が転職を考えたら知っておきたいことまとめ

年功序列・終身雇用が崩れ、生涯1社というのが非常識にすらなりつつある昨今、20代の男性にとって、転職は考える必 […]

続きを読む

第二新卒向けのおすすめ転職エージェント5選と活用ポイントとまとめ

入社3年未満で退職してしまう人は3割いるといわれています。 新卒で就職したものの、自分が考えていた職場ではなか […]

続きを読む

転職活動に疲れたら?おすすめの対処法と転職サービスの上手な活用方法

不採用が続いたり、忙しい中で時間を作るのが大変だったりすると、転職活動に疲れを感じることも出てくるかもしれませ […]

続きを読む

大事な人に転職を反対されたらどうすべき?相手別対策法と考えるべきこと

転職は人生の中で大きな決断の一つ。 それを家族や恋人、友人など、自分にとって大事な人に反対されたら辛いですよね […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

続きを読む

9

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

9

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む

ピックアップ特集