転職活動期間が長いと不利に!効率よく転職活動を進めるポイントを徹底解説

転職活動期間が長いと不利に!効率よく転職活動を進めるポイントを徹底解説

不採用が続くなど、転職活動期間が長くなってくると採用で不利になると言われることがあります。
転職活動期間はどういった場合に、なぜ不利にはたらくのでしょうか。
そうならないためのポイントもあわせて解説します。

「転職活動が長い」と言われるのはいつから?転職活動期間の目安とは

転職活動が長引いてくると、焦りも出てくるもの。
転職活動をはじめてから内定がもらえるまでには個人差がありますが、転職活動が長いと言われる場合の目安はどこにあるのでしょうか。

転職活動期間の平均は3~6ヶ月

転職活動期間には個人差がありますが、応募から内定までは、平均3~6ヶ月程度と言われています。
3ヶ月ほどで次の転職先が見つかったという方もいれば、1年近くじっくりと時間をかけて転職活動をしたという方も。
「内定がもらえなかった」というだけでなく、「妥協せずにじっくりと選びたかった」という理由で転職期間が長くなったという方もいるようです。

ポイントは在職中か退職後か

転職活動期間が長い場合に不利にはたらくかどうかを左右するのは、現在の就業状況です。
在職のまま転職活動をする場合は、職務経歴上のブランクはありません。
一方で、退職後に転職活動をしているという場合は、既に無職ということになりますよね。
そのため「時間はたっぷりあるだろうに、何しているの?」「やる気はあるの?」というように、人事側の不信感につながってしまうことがあるのです。

無職期間が半年以上になると風当たりはますます厳しく

転職市場においては、一般に、無職期間が半年以上になると人事側の目が厳しくなると言われています。
半年以内であれば様々な言い訳が通用しますが、半年以上となるとなかなかそうもいきません。
「半年も何していたの?」とブランクについて問だたされることもしばしば。
そのため、退職後に転職活動をはじめたという場合は、できるだけ早く転職活動に決着をつける必要があります。

転職活動期間を長引かせないためには?効率よく進めるポイント

転職活動を効率よく進めるためには、ポイントをしっかりとおさえて行動する必要があります。
既にいくつかの企業に応募しているという方でも、もう一度振り返ってみてくださいね。

自己分析をしっかり行う

転職活動スタート!と、職種と給与条件のみを見て、片っ端から応募する方もいますが、それはNG。
「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」という言葉もありますが、転職活動には当てはまりません。
まずは、自己分析をしっかりと行うことが大切です。
どんな企業ではたらきたいのか、どんなことがやりたいのかについて、まずはしっかりと分析しましょう。
自己分析は、企業選びはもちろん、志望動機や自己PRの内容にもつながります。
選考突破のカギとなることもありますので、時間を割いてでもやるのが賢明です。

応募書類は企業ごとに必ず書き直す

履歴書や職務経歴書を使い回すのもNGです。
企業が違えばもちろん、志望動機も変わりますよね。
また、長所や自分の持つスキルなどといった自己PRも、企業の欲しい人材にあわせて見せ方を変えるのが、上手なアピールのポイントです。
採用担当者に「一緒に働きたい!」と思ってもらえるように、工夫することが内定への近道なのです。

積極的に応募を

中途採用は欠員補充としての募集も多いため、いい人がいればそこで採用終了という企業も多く見受けられます。
当初の予定よりも早く、採用活動を切り上げるということも少なくはありません。
そのため、チャンスを逃さないよう、自分の希望する企業・職種に合う求人情報には、積極的に応募しましょう。
複数の企業の選考に並行して参加するのが、転職活動の基本です。

転職エージェントの利用も視野に入れて

「既に転職活動をはじめていて、なかなかうまくいかない」という方は、転職エージェントの利用もおすすめです。
転職エージェントとは、転職希望者に対してカウンセリング・企業選び・応募・面接の調整・条件交渉など、内定までのあらゆるプロセスをサポートしてくれるサービスで、無料で利用することができます。
転職エージェントと一口に言っても多種多様です。
「利用しているけどイマイチ……」という方は、エージェントを変えてみるのもいいかもしれませんね。

転職活動期間がすでに長い場合は?面接での受け答えテクニック

転職活動をはじめてすでに半年以上、というように前職を辞めてからのブランクがある場合は、面接で突っ込んだ質問をされやすいもの。
「なかなかうまくいかず……」というように言葉を濁してしまうと、印象もあんまりいいものではありませんよね。
そこで、効果的な受け答えテクニックをいくつか紹介します。

「リフレッシュタイム」では不十分

退職後、一定期間はリフレッシュとして旅行や趣味を楽しむのも悪いことではありません。
ただし、半年以上のブランクに対して「リフレッシュ」を理由にするのは考え物。
「気分転換」には少々期間が長すぎます。
旅行や趣味を話題に挙げるのであれば、志望動機や将来の方向性に関連する理由でない限り、避けた方がよいでしょう。

前向きに取り組んだことをアピール

前職を退職してからこれまでのブランク期間について問われたら、何か前向きに取り組んだことをアピールしましょう。
業務に関する資格取得やOAスキルの習得など、なんでもOK。
企業側に、空白期間でも仕事に対する意欲を確かに持っていたことが伝わればいいのです。
未経験の業界にチャレンジしたいという方は、新しい業界・業種に関して勉強したことがあれば、アピールポイントとして大いに利用できます。

転職活動に苦戦していた場合はどう答える?

転職活動が報われなかった、苦戦していたという場合は、正直に話しましょう。
ただし「なかなかいい企業がなく」といように、他力本願な言い方はNG。
たとえば、「在職中は多忙だったので、退職し、自分のキャリアやこれからの方向性について考えるところから、転職活動をスタートしました。いろいろと情報収集をするうちに御社の求人情報を目にし、ぜひ御社で○○と言うスキルを活かしながら働きたいと思っています。」というように、キャリアについて考えたという言い方をするのもひとつの方法です。
先述したように、業界や業種について勉強したことを話題に出すのもよいでしょう。

何もない場合は、本を読もう!

「気づいたら退職してから半年たっていた」というように、何もアピールすることがないという場合は、早急にアピールポイントを作りましょう。
もっとも簡単なのが読書。
営業職志望であれば、営業ノウハウに関する本でもいいですし、業務効率化に関する本、有名な経営者の本など、何か仕事に関係する本がいいですね。
冊数の問題ではありませんが、できれば3冊程度は読みたいところ。
印象に残った箇所を話題に出し、これからの働き方に活かせるポイントを紹介できると、ブランク期間の成果として面接でも話せます。

効率的に進めるには、最初が肝心!

転職活動をテンポよく進めるには、最初の自己分析が大切です。
応募の前にどういった企業で、どう働いていきたいのか明確にしておくと、転職期間が長引いてもブレずにすみます。
また、転職期間が延びてきたら、一度自己分析をやり直すのもひとつの方法です。
自分にあう企業はきっと見つかります。
自分と向き合いながら、転職活動を乗り切ってくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています