営業から事務職への転職!職種同士の共通項を探せば転職成功率アップ

営業から事務職への転職!職種同士の共通項を探せば転職成功率アップ

 

営業職から事務職への転職を目指す人のために転職活動のポイントを紹介します。
営業と事務は、異なる職種ですから、まずは違いをよく理解することが大切です。
営業職から事務職への転職の際に有効となるアピールポイントの考え方についても触れています。
参考にして、より自分にフィットする事務職への転職を成功させましょう。

営業から事務職への転職!知っておくべきこと

営業から事務職に転職する人は知っておきたい営業職と事務の違いがあります。
その違いがわかるとカバーすべき点も明確になり、どうやってカバーするかも考えられるようになります。
営業から事務職に転職するのはなぜ?ということも転職活動の前に自分の軸を作っておきましょう。

事務職がラクと勘違いしないこと

アクティブに動く営業職を経験してきた人の中には、ずっとオフィスにいられる事務職をラクで簡単なものと考えている人がいるかもしれません。
これは転職する人にとって、とても危険な解釈です。
どんな職種にも、メリットやデメリットがあります。
何がメリットでデメリットになるかは、人の価値観、個性、スキルによっても異なってきます。
天候に業務進行が左右されにくいというのは事務職のメリットかもしれませんが、意外な盲点がたくさん隠れているかもしれません。
事務職の友人や先輩にデメリットを聞いてみてください。
事務職からほかの職種に転職した人の理由を検索してみるのも一つの方法ですね。
営業から事務職に転職した自分が、その人たちから聞いた内容を許せるか、クリアするスキルがあるかなどの検討をしてみましょう。

足りないスキルをどうカバーする?

営業から事務職への転職は不可能ではありません。
ただ、営業がそうであるように、事務職の種類はとても多いです。
業界や企業、仕事のスタイル、活かせるスキル、働き方などの条件で絞り込むことになるでしょう。
その上で、希望する転職先が見つかったら、その事務職で求められるスキルのチェックをしましょう。
不足しているものをどうカバーしていくかを考え実践に移していくと逆にアピールとすることもできます。

そもそもなぜ営業から事務?が重要

上記の項目で、事務職がラクそうだからという理由は却下になりましたよね。
自分が事務職を希望している理由を明確にしておきましょう。
事務職に転職することで自分が得たいものは何なのかという部分をはっきりさせて転職活動を進めてください。
未経験の人は、事務職に転職すると「こんな仕事だったの?」にたくさん出会うでしょう。
もちろん、いいこともありますが、ネガティブな部分に出会ったときに、転職の目的が助けになってくれますよ。

営業から事務職への転職活動ステップ

営業職から事務職に転職する人のための転職活動のステップを紹介します。
効率的で効果的なステップを踏んで、営業から事務職の転職を理想的なキャリアにつなげていきましょう。

企業の事務職の業務範囲を詳しく知る

希望する転職先を見つけたら、必ず求人内容にある事務職としての業務範囲を確認しましょう。
できること、できないこと、わからないことを正確に把握することが大切です。
自分の経験やスキルがどのくらい求人内容をクリアしているかをチェックしましょう。
転職活動では、その企業の事務職の一日の流れを確認できるのがベストですね。

転職サイトの活用

営業職から事務職への転職先の検索は、転職サイトでの検索もおすすめです。
転職先を探す方法はほかにも色々ありますが、並行して効率的に検索できる転職サイトを活用しましょう。
2つか3つのサイトに登録しておくと、それぞれの転職サイトの独占案件が見れるので、目に留まる求人案件の数を増やすことができるでしょう。
営業職から事務職に転職するときの注意点やアピールのコツなどを説明したコンテンツも見つかると思います。

転職エージェントの活用

営業職から事務職への転職活動でも、転職エージェントを活用すると大きな助けになるはずです。
転職サイトでの検索で自分では探せない非公開求人を紹介してもらえることもあります。
せっかくの営業経験をしっかり活かせる事務職に出会える確率も高まると思いますよ。
求人内容について、文章だけではよく理解できない部分も相談すれば解決できるでしょう。
転職エージェントのキャリアコンサルタントは、応募する企業のことにも詳しいので、応募するかどうかを見極める情報をもらうこともできます。
応募するときになったら、提出書類や面接でどのような点をアピールすれば効果的かを客観的にアドバイスしてもらえるでしょう。

営業から事務職への転職!サポート力をアピール

事務職のサポートなしでは進まない仕事はたくさんあるのです。
ただ、今の時代は、どんな職種も多かれ少なかれ事務的な仕事を伴うもので、営業も例外ではありません。
営業から事務職に転職する際には、営業の経験と営業業務の中にあった事務力もアピールポイントになるはずです。

第一線から裏舞台の役割

営業が企業の第一線で業績を左右する仕事だとすれば、事務職はその仕事を裏舞台でサポートしていく仕事です。
営業をはじめ、第一線で活躍して企業の業績につなげていく人の仕事をよりスムーズにする役割があります。
営業から事務職に転職する際には、どんな職種の人達と関わるかという点もアピールするポイントを見つけ出す材料になるはずです。

営業事務での採用確率は高いかも!

営業経験がある人にとって、営業職に必要なこと、理想的な流れ、営業職での事務的業務はよく理解していることでしょう。
営業職で、事務職のサポートを受けていた人も多いかもしれません。
何が必要で、どういうペースが営業の進めやすさにつながるのかがわかるのではないでしょうか。
事務職で営業の流れを実際に経験している人のサポート力はきっと高いはずです。
その点をアピールできるなら、営業事務への転職もおすすめです。
営業事務になると、営業担当者に代わってお客様や取引先とやり取りすることも増えるでしょう。
営業経験が活きるシーンはさらに多くなるので、採用される確率は高いと思いますよ。

コミュニケーション能力を滲ませる

営業職で重要視されるコミュニケーション能力ですが、事務職も様々な人のサポートを行っていくためコミュニケーション能力は欠かせません。
上記で紹介した営業事務をはじめ、経理、貿易事務、医療事務などは、社外や他部署とのやり取りが増えるので必須のスキルとも言えます。
事務職というとパソコン操作や資料作成スキルなどに意識が活きがちですが、転職活動の提出書類や面接では、コミュニケーションスキルのアピールも忘れずに含めてくださいね!

営業から事務への転職!営業経験をしっかり活かそう!

営業から事務への転職では、転職先での仕事ががらりと変わるというイメージを持っている人は多いかもしれません。
しかし、営業職で必要だったスキルや能力は、事務職でも活かすことができるのです。
未経験の人でも、その点には自信を持って転職活動に取り組んでくださいね!

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

介護のパート、志望動機の書き方!採用されやすいポイントを解説します

パート応募の際、履歴書に必ず書くのが「志望動機」ですよね。 志望動機は採用の合否を左右する大切な項目のひとつで […]

続きを読む

転職面接終了後のメールに関するQ&A

転職活動を行っていく上で重要なのは面接です。 面接の出来の良し悪しで一喜一憂しがちですが、まだ出来る事がありま […]

続きを読む

未経験でもバーテンダーに転職は可能?業務内容や資格試験について詳しく解説します。

お酒とお話のプロ!夜のお仕事代表、バーテンダーの魅力を紹介します。 未経験者でもバーテンダーに転職することがで […]

続きを読む

薬剤師の仕事を派遣登録して始める!まずはバイトからスタート!

薬剤師の仕事は専門的な職業であり、資格を取得して始めてできる仕事なので、魅力がありますね。 しかし、実際に勤務 […]

続きを読む

未経験からスタートする介護派遣の仕事。派遣会社選びの3つの基準

人手不足が問題となっている介護現場では、未経験者でも新たな労働力として歓迎されています。 派遣という働き方を選 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト