キャリアアップ?待遇改善?転職の目的で違う注意点

キャリアアップ?待遇改善?転職の目的で違う注意点

転職活動をしている目的は、人それぞれ違います。
そこで、転職の目的をキャリアアップとしている人ともっと待遇を良くしたい人別に注意点を紹介します。
自分がどのタイプにあてはまるか見極めて、参考にしてください。

キャリアアップと待遇改善、転職活動のポイント

キャリアアップを目指す人と待遇改善を目指す人の転職活動は、企業に対するアピール方法や履歴書の書き方が違います。
キャリアアップ派は、希望する企業で自分がどの様なポジションやプロジェクトができるか企業に伝えなければなりません。
待遇改善派は、自分がどの様な仕事ができて、それに見合った待遇を企業に求めていく必要があります。

キャリアアップを目指す人は、目的を明確に

キャリアアップを目指す人は、なぜその企業に入るのか目的をはっきりさせましょう。
そこで重要なのが、企業選びです。例えば、営業職についている人がもっと規模の大きな金額の取引をしたいと思い転職を考えていたとすると、企業選びの段階で全国規模で展開しているところでなければ、自分が思い描くキャリアアップは難しいでしょう。
今勤めている企業と同じか小さい取引額しか扱っていない企業は避ける必要があります。
また、転職先で5年後10年後にどの様なポジションに就いているのかキャリアプランが明確ではなくてなりせん。
そのためには、希望する企業で経験年数によって就ける平均的な役職のデータがあれば、確認しておきましょう。

待遇改善を目指す人は、こだわりすぎない

転職によって待遇改善を目指す人が陥りやすい失敗は、条件をこだわりすぎて結局希望する企業が見つからなかったというものです。
誰でも良い条件のところで働きたいと思うものですが、好待遇のところは当然人気があります。
大切なのは、企業の待遇面を調べるより自分のスキルや能力がどの程度か把握することです。
そのうえで、企業選びを始めましょう。客観的に見て自分の能力が、待遇改善を求める企業に通用するか見極めるのが大切です。

転職する目的に合わせて、自己分析を行う

キャリアプランを目指す人も待遇改善を求める人も転職で成功するために共通することは、自己分析です。
キャリアアップ派は、自分のキャリアプランをしっかり定めた上で何ができるか、どんな性格か、希望の企業にとってどんなメリットがあるか、エントリーシートを出す前に把握しましょう。
待遇改善をしたい人は、キャリアアップの自己分析の他に自分の生活状況を把握しましょう。
最低いくらの給料をもらえば納得できるのか、現在の仕事で一番何が不満なのか理解して企業選びすることが大切です。

目的別のアピール方法

エントリーシートを出す前の自己分析が済んだら、次はそのことを希望する企業に伝えなければなりません。
キャリアアップ派のアピールポイントは、スキルや能力を伝えること。
待遇改善派は、こだわりすぎないのが大切です。

キャリアアップを目指す人は、何が出来るか明確に

キャリアアップを目指す人のアピールのポイントは、いかに自分がこれまで取得した能力やスキルを希望する企業に伝えることです。
そこで大切なことは、アピールする内容に具体性を持たせること。
例えば、営業目標120パーセントや新規開拓件数○件など数字を入れて企業にあなたがどの様に活躍できるかイメージを持たせるようになりましょう。

待遇改善を目指す人は、自分の価値を知る

転職によって待遇を改善したい人が面接やエントリーシートでアピールするときに大切なことは、自分を客観的に見てどの様に評価されるか知ることです。
自分が持っているスキルや能力又は経験が転職する上でどの位の価値があるかを見極めてそれに見合う待遇を求めましょう。
企業にとっての価値と自分の価値がかけ離れているとミスマッチを引き起こす原因となってしまいます。

転職は準備段階で決まる

転職を成功させるか失敗するかは準備段階で決まります。
自分は転職によってスキルアップを目指すのか待遇改善を目指すのかによって、エントリーシートの書き方や面接のアピールの仕方、自己分析をどの様に活かすのか違うのでしっかりと転職する目的を見極めましょう。

それぞれ目的に合った転職活動しよう

転職をする目的をスキルアップ派と待遇改善派別に紹介しました。
転職で失敗してしまう原因の一つに目的が曖昧で条件だけで企業選びをしてしまうというものが挙げられます。
給料や福利厚生だけ見て転職活動するのはとても危険です。
もちろんそれらのことは大切ですが、入った企業であなたが活躍できなければまた不満が出てくるかもしれません。転職先であなたがどうしたいのか、スキルや能力をいかに活かせるのか、しっかり自己分析をして準備することが大切です。
目的をはっきりさせて転職活動に取り組みましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています