転職を成功に導く時間術。かける時間と削る時間の把握で効率重視の活動を

転職を成功に導く時間術。かける時間と削る時間の把握で効率重視の活動を

転職活動は書類作成から企業研究、面接対策と、やるべきことが山積みで時間との勝負です。
今の仕事と並行して行う場合にはなおさら時間が足りないと感じることでしょう。
そこで転職を成功に導くためには、時間をいかにコントロールするのかが大切。
ここでは、転職活動の時間効率をアップさせるための時間術を紹介します。

想定される時間と時間をかけるべきポイント

転職活動にかける時間効率を考えるなら、まずは全体的にかかる時間と、何にどれぐらい時間をかければいいのかを把握するところから始めましょう。
ここでは、転職活動で想定される時間を整理し、かけるべき時間、削るべき時間について解説します。

3ヶ月以内の短期勝負なら1日1~2時間が目安

転職活動にかかる時間は、どれぐらいの期間活動を行ったのか、その長さに比例します。
一般的に転職活動にかかる期間は、応募から内定までが短い人で1~2ヶ月、長い人で半年から1年程度かかることがあります。
短期で転職を決めたいと思った場合、3ヶ月以内を目安に考えてみるといいでしょう。

ここでは仕事をしながら転職活動をする方を想定しますが、転職活動にかける1日の時間は1~2時間ぐらいはかけるのが望ましいです。
1日1~2時間と聞くと大したことがないように思えるかもしれませんが、仕事から帰って食事や入浴などの時間を除くと、そう簡単に捻出できないこともあります。
特に慢性的に残業がある職場にいる方はなかなかハードなことも。
長期的に1日1~2時間を捻出するのは大変だからこそ、3ヶ月以内という短期間で決める必要があるのです。

自己分析とキャリアの棚卸には時間をかけるべき

短期間で転職を成功させようと思うと、いきなり求人探しから始める方が効率的だと感じるかもしれませんね。
しかし、自己分析やキャリアの棚卸を行わないまま求人探しを始めるのは、実は非効率。
その理由は、転職活動の方向性や志望動機が曖昧で、応募者と企業側双方にとって無駄な時間ができてしまうことにあります。

自己分析ができていなければ、志望動機にブレが生じますよね。
求人広告の内容だけで何となく選んだ企業では志望動機に説得力が生まれず、不採用になる可能性が高まるということ。
応募者自身も面接に行って「この会社は自分には合わないかも。」と思うこともあるでしょう。

キャリアの棚卸をしていなければ、自分の強みが分からず適切な応募先を見つけることができません。
応募先の企業にとっても強みが分かりにくい人を採用する価値を見いだせなくなります。

一見遠回りのようですが、自己分析とキャリアの棚卸は時間をしっかりかけてから求人探しを始めましょう。

削るべき時間はこれ!

書類作成も企業研究も、転職活動は大切な作業ばかりです。
削る時間などないと思うかもしれませんね。
しかしどんなことにも無駄な時間はあるというもの。
転職活動においては「探す時間」を削ることを意識してみましょう。

探す時間とは、求人や情報を探す時間、モノを探す時間のことです。
例えば、わざわざ平日の昼間にハローワークに行って求人検索をするのではなく、転職エージェントに登録するなどしてスカウトや紹介を利用するのが一つです。

また、応募先の選択肢を事前に絞り込むことによって、「あれもこれも気になる」状態をなくすことも大切。
ターゲットを明確にすることで求人探しの時間は大幅に短縮されるでしょう。

企業研究をする際の情報収集も、やみくもに得ようとするのではなく「どんな情報を知りたいのか。」をあらかじめ整理しておきます。
そのためには自分が転職に求めているものを知ることが重要になりますね。
さらに、集めた情報や資料など整理しておくことで、スムーズに研究を行うことができます。

転職活動を有利に進めるための時間術

ここからは、転職活動にかける全体的な効率アップを目指す方法をお伝えします。
時間の使い方を意識するだけで、同じ作業も短い時間で完結させることが可能になりますよ!

複数応募で効率重視の活動を

1社応募して選考結果を待ち、不採用になったら次を応募する、この流れでは短期間での転職成功を叶えることは難しくなります。
書類応募から数回の面接を経て内定をもらうまでには1ヶ月以上かかるのが一般的。
1人あたり10社以上は応募するのが基本だと考えると、1社ずつの応募では1年近くかかってしまう計算になります。
ちょっと大変そうだなと思っても、同時に複数の企業に応募するのが基本。時間を効率的に使うための前提となる方法だと思っておきましょう。

「考える」作業は脳がすっきりしているときに

転職活動で行う作業の中には、個人情報などの事実を書く、情報収集をするなどの「単純作業」と、自己分析やキャリアの棚卸などから自分の強みや転職の方向性を考える、全体の計画を立てるなどの「考える作業」に分けることができます。

単純作業は基本的にはいつでもできますが、「考える作業」は脳がすっきりしているときに行う方が効率的です。
例えば、仕事終わりで疲れている時間帯より、朝起きて思考がクリアになっている状態の方が向いている人もいるでしょう。
人によっては夜の静かなときがもっとも集中できるという方もいますので、自身の特徴に応じて使い分けてみるといいですね。

情報収集は通勤や待ち時間を利用すべし

通勤時間や病院での待ち時間など、何となくぼーっとしがちな時間はないでしょうか?
時間を効率よく使うためには、こうした細切れの時間もぜひ活用すべきです。
応募書類を外出先で書くのは難しいかもしれませんが、スマートフォンなどがあれば外出先でも情報収集を行うことは可能。
例え5分、10分であっても無駄にしないという意識を持つことが大切なのです。

楽しむ意識を持つと辛い活動もすぐ終わる

転職活動は多くの人にとって楽しいものではありません。
不採用で落ち込むこともあったりと、永遠にこの時間が続くのかと不安になる人もいるでしょう。
実質的な時間を減らす方法ではありませんが、心の持ち方を変えてみるだけで辛い転職活動もあっという間に感じます。
転職活動を楽しくさせるには、未来に視点を向けることが大切。
転職をして実現したい未来をイメージして活動を行いましょう。

仕事の効率アップが転職活動時間も捻出する

今の仕事と並行して転職活動を行う場合、仕事自体の効率を考えることで残業時間を減らすことになり、結果的に転職活動にかけられる時間を増やすことができます。
周囲を上手に頼って自分一人で仕事を抱え込まないようにする、時間内は集中力を高めて仕事に取り組むなどし、仕事を早く終わらせることも意識してみましょう。

そのお誘い本当に受けるべき?

転職活動中であっても、食事や飲み会のお誘いを受けることがあります。
転職活動に行き詰まっている場合には、たまの息抜きも必要かもしれませんね。

しかし、これまでと同じようにいつでもお誘いに応じていては時間がいくらあっても足りません。
内定をもらうまでのたった数か月ですから、プライベートのお誘いは基本的にはお断りし、どうしても行きたい場合は厳選することが必要です。

時間の使い方を工夫して転職を成功させよう

転職活動を3ヶ月以内の短期で成功させるには、時間の使い方を意識することが大切です。
活動全体の中で時間をかけるべきポイントを理解し、普段何気なく過ごしている時間すらも意識的に使っていきましょう。
転職活動は長期化すればするほど疲れが蓄積され、妥協したくもなってきます。
できるだけ早く内定をもらうための時間の使い方、ぜひ意識的に行ってみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています