20代の転職で年収アップは可能?年収アップ転職の注意点と成功のコツを紹介

20代の転職で年収アップは可能?年収アップ転職の注意点と成功のコツを紹介

20代は他世代に比べて給与水準が低く、働いても生活が苦しい、一人暮らしできないといった方もいます。
若くて働く意欲もある20代だからこそ、転職して年収アップにつなげたいと考えることでしょう。
しかし、20代の転職で年収アップすることはそう簡単ではありません。
一体なぜなのか、年収アップする方法はないのかが気になりますよね。
ここでは、20代の転職で年収アップが難しい理由と、年収アップ転職を目指すときの注意点、成功のコツを紹介します。

20代は転職で年収アップが難しい理由

20代の転職で年収アップに期待する人は多いですが、結論から言えば20代での年収アップには難しいです。
なぜ20代で年収アップが難しいのか、その理由を知っておくことで、年収アップには何が必要なのかが見えてきますよ。
ここでは、20代の転職で年収アップが難しい理由を紹介します。

経験がないため新卒と同水準を提示されるから

20代での転職の場合、実績や経験をアピールできる人は限られるでしょう。
特に20代前半の転職となれば、第二新卒扱いになり、給与水準は新卒と同程度というケースも少なくありません。
長い目でみれば昇給や昇進によって年収アップが見込める20代ですが、現時点で大きな期待はしない方がいいでしょう。

転職理由に軸がないから

20代の転職では、転職理由を気にされるケースが多くなります。
主には、20代ですでに2回以上の転職回数を重ねている場合には、転職理由に軸がないと思われます。
こうなると、年収アップどころか内定獲得すら難しくなり、年収ダウンで妥協せざるを得なくなるでしょう。

早期離職により忍耐力とスキル不足を懸念されるから

20代が新卒で入社した会社を3年以内で辞めてしまった場合、なぜ早期離職したのかが企業にとっての懸念事項になります。
新卒3年以内の離職率は依然として高く、若手人材の転職が珍しくないとはいえ、忍耐力がなかったのではと思うことはやはりあります。
また、そもそも3年という短い年数では身につくスキルが限られます。
忍耐力やスキル不足が感じられる人材に対して、企業が果たして高い年収を提示するかを考えてみると、20代での転職で年収アップが難しいことも納得できるのではないでしょうか。

20代が年収アップ転職を目指すときの注意点

20代での年収アップが難しいとは分かっていても、どうしても年収にこだわりがある人も多いでしょう。
お金は生活の基盤となる大切なものですし、モチベーションにもつながりますから、こだわり自体は悪いことではありません。
ただし、こだわり過ぎると後悔するケースもあるため、注意も必要ですよ。
ここでは、20代が年収アップ転職を目指すときの注意点を解説します。

求められるハードルが上がる

年収が上がるということは、それに見合った貢献をしなくてはならないということ。
上司や先輩、同僚たちからは大きな成果を求められます。
20代で年収のいい職場に転職した結果、求められるスキルが高くてプレッシャーに押しつぶされる、職場内のスピードが速すぎてついていけないといった失敗はよくあります。
そこで踏ん張れればいいのですが、実際問題としては再転職してしまう人も少なくありません。

労働時間が増える可能性

年収が上がるといっても、労働時間が増えてしまえば、時給換算で見ると下がっている場合があります。
残業が恒常的にある職場だと、固定残業代込みで計算され、残業ありきの年収だというケースも。
年収だけでなく、労働時間や仕事量とのバランスが適正かどうかも確かめなければなりません。

転職回数が多い20代は転職自体が難しい

20代の今、すでに転職回数が多い方は、年収アップどころか転職が厳しくなります。
年収アップにこだわるのではなく、仕事内容や職場環境など、年収以外の点で満足できる職場を探し、まずは1つの職場で長く続けることを目指しましょう。
なぜこれまで転職を繰り返すことになったのかを突き詰めて考えてみると、自分が仕事に対して何を一番求めているのかが見えてきます。

ブランク期間を作ると年収ダウンにつながる

20代で年収アップにつなげたいからと、一旦仕事を辞めて、じっくり転職活動をしたい人もいるでしょう。
しかし、20代は他世代に比べてもバリバリ働くべき年齢。
50代、60代のように「今まで頑張ったから少し休みたい。」という理由は通じませんので、ブランク期間は作らないのが鉄則です。
下手にブランク期間を作ると「その若さで仕事をしない期間があるなんて、何か問題でもあったのでは?」と思われる可能性があります。
在籍しながらの転職活動をおこないましょう。

20代が転職して年収アップを成功させるには?

気をつけなければ年収ダウンにつながる20代の転職ですが、年収アップを成功させる方法もあります。
ここでは、20代の年収アップ転職のコツを紹介します。

長期的に見た年収アップを目指す

20代の場合はこれからの職業人生が長いため、長期的な視点が重要です。
一時的に年収が下がったとしても、業界の業績がよくて2年目以降のボーナスに期待できる、定期昇給がおこなわれるなど、数年で年収アップにつながることはあります。

成果主義の職種や外資系を狙う

20代で大幅に年収アップできるパターンとして、年功序列型企業から成果報酬型企業への転職があります。
結果を残すことが大前提になりますが、実力がある方なら大幅アップが期待できるでしょう。
日系企業よりも外資系の方が成果主義的考え方が強いため、語学力があるなら外資系も1つ。
固定給職種から歩合制の営業、販売職などへの職種変更もチャンスがあります。

勢いのあるベンチャー企業への転職

年収アップをするには、給与や福利厚生に恵まれている企業に転職するのが王道パターン。
給与水準が高いのはやはり大手ですが、新卒一括採用を基本としており、転職の枠が少ないのがネックです。
この場合、勢いのあるベンチャー企業を狙うのは1つの方法。
ある程度規模が大きくなってきたベンチャー企業であれば経営状態が安定していますし、中途採用も積極的におこなっています。
大手に比べて基本給は低いことが多いですが、珍しい休暇制度があったり、社内イベントで賞金がもらえたりと、アイデア満載の福利厚生があることも。
休暇や給与以外の収入が増え、精神的な満足度も高い企業であれば、年収アップに匹敵する価値があるのではないでしょうか。

異業界同職種で転職する

同じ会社で3年以上の勤続年数がある20代は、同じ職種のまま、異なる業界に転職するのが効果的。
職種経験を活かして転職しやすいうえ、業界によって給与水準が異なるため、業界選びを間違えなければ年収アップがあっさり叶うことがあります。
今の職種の年収相場を調べるときは、業界を横断的に比較していくことがおすすめですよ。

企業からの評価が高い資格を取得してから転職

20代は気力体力が十分で記憶力も高いため、何かを勉強するならチャンスの時期。
経験値が少ない分、スキルの証明になる資格があれば、今より高い年収を得ることは可能です。
気をつけたいのは、企業からきちんと評価される資格を取得すること。
仕事に活かせることはもちろん、向上心を評価してくれそうな企業を探すことです。
具体的には、資格取得支援制度や社員向けセミナーがあるような企業だと、社員のスキルアップに積極的で資格が評価されやすくなります。

転職エージェントを徹底活用する

20代は効果的な転職活動方法や、年収アップにつながりやすい業界や職種がよく分からない人も多いでしょう。
漠然と年収アップを目指すのではなく、根拠がある対策をするには、プロのアドバイスを受けるのが一番です。
転職エージェントを使えばキャリアコンサルタントが在籍しており、年収アップにつながる活動ノウハウを教えてくれたり、条件のいい求人を探してくれます。
20代の年収アップ転職には必須でしょう。

20代が転職して年収アップするには工夫が必要

20代の転職で年収アップするのは決して簡単ではありませんが、ポイントを押さえて転職活動すれば十分に可能です。
年収以外の点にもよく注意を払い、トータルで満足度が高い転職を目指しましょう。
長く働くことができて結果的に年収アップにつながりますよ。
20代の年収アップ転職をぜひ成功させてください。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

企業法務とは?企業法務の意味と働き方を解説

企業法務とはよく聞く言葉ですが、具体的に何をする仕事なのでしょうか? 今回はそんな企業法務にフォーカスをあてて […]

続きを読む

派遣の仕事とは?派遣の仕事に関する疑問を徹底解説!!

目次1 派遣の仕事とは?2 派遣の仕事内容とは?3 派遣で働くメリット・デメリットとは?4 派遣で働くメリット […]

続きを読む

おすすめの転職サイトを条件別に紹介!絶対に転職を成功させるためのまとめ

転職を考えるときには、まず思いつくのが転職サイトの活用ではないでしょうか。 しかし、現在では、たくさんの転職サ […]

続きを読む

転職エージェント一覧。22社を目的別にエージェントを選ぼう

  転職エージェントは目的別に選ぶのがよいとはわかっているのですが、たくさんあるエージェントのなかか […]

続きを読む

第二新卒の転職でも志望動機を魅力的にするポイント

目次1 第二新卒の転職!志望動機の基礎知識2 第二新卒の転職で説得力のある志望動機の作成ステップ3 第二新卒転 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト