正社員を目指す女性のための転職サイトの使い方

正社員を目指す女性のための転職サイトの使い方

女性向けの転職サイトは、女性が働きやすい企業を紹介している分、正社員の求人が多く掲載されています。
それは、多くの女性ができるだけ長く仕事を続けたいからではないでしょうか。

女性の場合、結婚や出産といったライフイベントをきっかけにキャリアを中断したり、アルバイトやパート、派遣社員で働いている人が多いのも現状です。

女性向けの転職サイトの活用は、多くの女性が正社員として長く働き続けるために必要だといえます。
そこで今回は、再就職や非正規から正社員を目指す女性のために「転職サイト」の活用方法を紹介します。

また、女性特化の転職サイトのまとめは「女性に評判のおすすめ転職サイトまとめ」で確認できますので、まずはこちらの記事をご一読ください。

女性が正社員のなるための転職サイトの選び方

正社員を目指す女性が転職サイトを使う目的は、アルバイトや派遣社員として働いた経験やキャリアを活かせる仕事を見つけることではないでしょうか。
そのためには女性が働きやすい企業情報を多く掲載していることが転職サイト選びのポイントになります。
女性が正社員への転職を実現するためにはどのような転職サイトを選べばよいのか、良い転職サイトを見つけるポイントを紹介します。

情報量が多いものを選ぶ

転職サイトを使う目的は、自分が働きたいと思う企業の求人を見つけることですよね。
求人掲載数が多いというのは、それだけ自分に合った企業が見つけやすいことになるでしょう。
転職サイトを選ぶポイントとしては、求人数が多いだけではいけません。
新着求人が必ず掲載されている、きちんと求人が更新されている、目的に合った求人特集があるというのも大事になります。
情報量が多いだけでなく、情報の更新も常にしているサイトを選ばないと自分に合った求人を見つけるのは難しいですよ。

ツールが充実している転職サイトを選ぶ

転職サイトのツールには、適職診断や年収査定、転職コラムがあります。
転職を実現するには、こうしたツールの活用が必要です。
転職コラムには、職務経歴書の書き方や志望動機や転職理由の書き方例や面接マニュアルといった転職に必要な情報の他に、経営者や各界で活躍するトップのインタビュー記事を掲載しているサイトもあるので、企業に求められる人物像を知ることもできます。
転職に必要な情報を収集するためにも、ツールが充実している転職サイトを選びましょう。

女性向け転職サイトには必ず登録する

転職サイトのなかには、女性のみをターゲットにした女性向けの転職サイトがあります。
女性向けの転職サイトは、女性が働きやすい職場の求人が多いだけでなく、女性の働き方に関する情報が多いのも特徴です。
職種によっては35歳以上の女性を対象にした求人も掲載されているので、子どもの入園や入学を機に再就職を考えている人も正社員の仕事が見つけやすいといえます。
女性転職サイトも、幅広い職種の求人が紹介されている総合タイプとIT中心や販売に特化したタイプと種類も様々です。
目的に合わせて利用することで、正社員としての転職がしやすくなるでしょう。

女性が転職サイトを活用して正社員転職するためには

転職サイトを活用するためには、会員登録を前にサイトのコンテンツを確認しましょう。
コンテンツには会員向けサービスの内容の他に、転職活動の流れやサイトに関するQ&Aが掲載されています。
この内容を確認して、自分の目的に合うようであれば会員登録をしましょう。
会員登録をしても、いきなり求人への応募はしてはいけませんよ。
求人への応募の前に自己分析やキャリアの棚卸といった転職準備をしっかりすることが転職サイトを活用するには必要になります。

まずはレジュメに職務経歴を記入

転職サイトには職務経歴を記入するレジュメがあります。
正社員を目指すためには、レジュメに職務経歴の作成をしなければ転職活動はスタートしません。
アルバイトや派遣社員、再就職を目指す人は、このレジュメの書き方に悩むかもしれませんが、これまでの仕事経験で身についたスキルや頑張ってきたこと、再就職の人はブランクがあった期間をどのように過ごしていたかということも含めて書くことで、レジュメも書きやすくなりますし、充実した内容になります。
レジュメは求人への応募だけでなく、企業や転職エージェントからのスカウトを受けるのにも必要です。
コンテンツにあるマニュアルやテンプレートを参考にして、レジュメを完成させてみましょう。

キャリアタイプ診断を行う

キャリアタイプ診断には、自己分析タイプとこれまでの経験から適職を見つけるタイプがあります。
キャリアタイプ診断は、転職を実現するという目的の他に、キャリアの方向性を考えたり、女性の場合は、結婚や出産後も働き続けるのか考えるきっかけになるでしょう。
正社員になりたいけど、自分が何をやりたいのかわからない人は、今後の方向性を考えるためにもキャリアタイプ診断をしてみましょう。

職種図鑑もチェックする

キャリアタイプ診断で適職がわかったら、転職サイトのコンテンツにある職種図鑑で適職と診断された職種をチェックしてみましょう。
職種図鑑は、職種だけでなく仕事内容についても詳しく紹介されているので、今やっている仕事と繋がりがあるか、自分がやりたいことができるかということがわかるでしょう。

年収査定も必ず行う

転職の目的のひとつが給与アップではないでしょうか。
アルバイトや派遣で働いている人も「正社員」として働いたらいくらぐらいもらえるのか気になりますよね。
年収や給与も仕事選びでは重要なポイント。
転職サイトのツールで年収査定をして、自分が正社員として働いたらいくら欲しいかというのもチェックしておきましょう。

スカウトやメルマガには必ず登録

求人情報や転職情報は、サイトを見ているだけでは収集することができません。
転職サイトの会員になるのなら、スカウトやメルマガにも必ず登録をしましょう。
スカウトは企業や転職エージェントのオファーも受けられますので、検索だけではわからない求人情報をチェックできます。
メルマガは、求人の更新や新着求人の紹介や転職イベントの情報が掲載されているので、登録することで、サイトを見るよりも早く情報をキャッチすることができるのです。

転職フェアやイベント情報もチェックする

転職サイトの多くは、運営会社が主催する合同企業説明会や転職フェアを開催しています。
女性向け転職サイトが主催する転職イベントは、女性が働きやすい会社と出会えるチャンスなので、サイトにイベント情報が掲載されていれば必ずチェックしておきましょう。
大手の転職サイトでも、女性向け転職イベントを開催する場合があるので、転職活動期間中はこちらのチェックも必要です。

女性の正社員希望の人が転職サイトで求人を選ぶ際のポイントは

女性の場合は、結婚や出産、子育て、介護といったライフイベントに合わせて自分にあった会社を選ぶことが大切です。
求人に書かれている仕事内容や応募条件だけでなく、実際に働いている人の口コミをチェックして働きやすさを確認しておくことも必要だといえます。
また、掲載期限だけでなく、求人票に書かれている採用スケジュールについても確認しておきましょう。

こだわり検索を活用して求人を絞りこむ

女性向け転職サイトの場合、「時短勤務」や「フレックス勤務」「○時退社」といったこだわり検索が一般的な転職サイトよりも多いので、働く条件や希望に合わせて求人を検索しやすくなっています。
ただ、転職サイトの検索機能って、どれを選んだらよいのかわからないという人もいるはずです。
そのような人は、今現在の転職理由に合う条件と転職後の希望を組み合わせて検索すると求人が絞りやすくなるでしょう。
キャリアタイプ診断や年収査定の内容を参考にして検索の条件にすることも、求人の絞り込みには大切ですよ。

雇用形態をチェックする

正社員を目指すなら、正社員登用制度ありと書かれている求人ではなく、正社員募集と書かれている求人を選んで応募しましょう。
非正規から正社員を目指す場合は、雇用形態は譲れない条件ではないでしょうか。
求人を見る時は、雇用形態のチェックは忘れずにしましょう。

勤務地や待遇、給与は必ずチェック

求人票を見る時は、勤務地や福利厚生、休日、給与は必ずチェックしてください。
最近は、退職金がない企業もあるので、財形貯蓄や企業年金といった積立制度や、給与も月給制なのか年俸制なのか確認しておくことが大切です。
給与や待遇を調べることは、年功序列制度の会社で定年まで働き続けたいのか、それとも成果主義の会社でバリバリ活躍したいのか、自分がどのような企業で働きたいのかを知るきっかけにもなるでしょう。

転職サイトを活用して正社員になろう!

女性が正社員になるには、転職サイトで求人を検索するだけでなく、企業や転職エージェントのスカウトも必要です。
特に女性専用転職サイトを使ってスカウトする企業や転職エージェントなら、応募や相談もしやすいといえます。
求人検索の他に、コンテンツも活用して正社員を目指してくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています