女性が外資系への転職を実現するために知っておきたいこと

女性が外資系への転職を実現するために知っておきたいこと

人気の外資系企業、転職を考えている女性のなかには、外資系で働いてみたいという人もいるでしょう。
女性が外資系企業に転職をする場合、日系企業との違いはあるのでしょうか。
今回は、女性が外資系への転職を実現するために知っておきたいことを解説していきます。

外資系とはどのような企業のことをいうの?

外資系とはひと口にいうと外国の企業が資本の会社のことをいいます。
外資系といっても様々な種類があり、100%資本出資をしている企業もあれば、企業合併により外資系になった企業もあります。
日本にも多くの外資系企業があり、AmazonやCMでお馴染みのアフラック、日本を代表する自動車メーカーの日産もフランスの自動車メーカー「ルノー」が筆頭株式会社になっています。

外資系のメリットとデメリット

外資系といえば、常に英語で話していてカッコイイイメージがありますが、女性が外資系に転職をするにあたってメリットとデメリットはあるのでしょうか。
ここでは、日系企業との違いと併せて外資系のメリットとデメリットを紹介します。

一般的に年収が高いといわれる

転職理由で多いのが年収アップではないでしょうか。
日系企業よりも年収が高いといわれる外資系は転職でも人気があります。
外資系企業は、日系企業とは違い年功序列ではなく成果主義、仕事で結果を出せば当然給与は高くなりますよね。
高収入なのは、実力を認められた人だけなので、日本のように実力は同じなのに男性の方が給与が高いということはなく、仕事ができれば男性女性関係なく高収入になれるのです。

残業が少ない

日系企業でも無駄な残業をなくしてワークライフバランスの実現をといわれていますが、外資系は時間内に仕事を終わらせるのが基本なので、ほとんど残業はありません。
また休日出勤もないので、終業後やお休みの日は自由なのでONとOFFの切り替えはしやすいといえます。
子育て中の女性で、できれば時短勤務もしくは定時で帰宅したいと考えている人には、外資系企業は転職しやすい職場といえるでしょう。

成果主義である

楽天など日系企業でも成果主義を取り入れる所が増えていますが、まだ外資系のように一般的ではありません。
成果主義とは、年齢やキャリア、学歴、性別に関係なく仕事における実力で評価をすることです。
外資系では、実力があると評価されれば年齢や性別に関係なく出世しますし、報酬も上がります。
その代わり、評価されなければリストラされることもあるのです。
外資系は、仕事にやりがいを求める女性や頑張った成果を認められたいという人には最高の職場かもしれませんが、一つの会社で定年まで仕事を続けたいと考えて転職を希望する人には向いていないかもしれませんね。

福利厚生が良くない

日系企業と外資系の大きな違いといえば福利厚生でしょう。
日系企業は、有給休暇や社会保険だけでなく、退職金や住宅手当、たくさんの福利厚生があり、労働者はもちろん、家族の生活も守られます。
外資系では日本型の福利厚生の概念はなく、各種手当や退職金制度はほとんどありません。
なぜ退職金制度がないのかというと、外資系では定年まで働くという考えはなく、今よりも条件が良い会社があれば、転職をするという人が多いのです。
外資系に転職を考えている人は、日本型の福利厚生と同じシステムで考えていると男性女性に問わず痛い目にあうかもしれませんよ。

女性は未経験でも外資系に転職しやすいの?

結婚や出産、ライフイベントがキャリアにも影響を与えやすい女性にとって外資系は働きやすいのでしょうか?
また、応募条件ではTOEICのスコアや語学力は重視されるのか、外資系に転職を希望する人は気になりますよね。
ここでは、外資系は女性が転職先の候補にして良いのか解説していきますね。

女性が活躍している企業が多い

日系企業では実力が同じであれば男性社員の方が評価が高いこともありますが、外資系では性別に関係なく実力だけで評価されるので、女性でも力があれば管理職や経営部門に登用される機会が多く、実際に女性が活躍している企業が多いのが特徴です。
女性が転職を考えるときに考えたいのが、働きやすい環境でしょう。
女性が評価されやすい職場なら、安心して働ける環境といえるので、外資系は女性が転職しやすいといえます。

職種によっては「キャリア」に関係なく転職ができる

外資系というと、高学歴、英語ペラペラという印象がありますが、全ての職種で学歴や語学力を求められているわけではありません。
職種によっては経歴を問わずに採用している企業もあるので、異業種からのキャリアチェンジもしやすいといえます。
女性の転職先としても人気がある外資系、求人を調べてみると様々な職種があるので、英語ができないから無理ではなく、応募条件と合うようであれば、どんどん応募してみましょう。

仕事と家庭の両立がしやすい

外資系企業は、基本的に残業や休日出勤といった時間外勤務がないので、結婚している女性でも働きやすい職場だといえます。
子供が小さい場合、保育園の送迎に間に合うように退社をしたいでしょうし、休日は家族と過ごす時間や家事に充てたいと考えている人もいる場合は、外資系のようにONとOFFを分ける働き方をした方が向いているかもしれませんよ。

外資系に向いている女性とは?

外資系に向いている人は、どんなことでも積極的に行動できる人ではないでしょうか。
仕事で成果を上げたい、バリバリ活躍したいという女性は、外資系への転職が実現するはずです。

日系企業との違いに柔軟に対応できる

外資系と日系企業では、仕事のやり方を含め違いが多いので転職をすると戸惑うことも多いでしょう。
仕事を頼むときも「お願いします」だけでは、相手に意図が伝わらないこともあります。
職場環境を含め、今までのやり方ではなく新しい職場のやり方に対応できる女性なら、外資系に向いているでしょう。

自分で仕事の裁量ができる

残業や休日出勤がないということは、時間内に仕事を終わらせるということが前提になるので、仕事を抱え込むと大変なことになります。
期限を決めて仕事を終わらせるだけでなく、得意なことは自分でやるけど、苦手なことは周囲の人に助けてもらうというように、他の人にも仕事をお願いするというようにしないと、外資系で働くのは難しいかもしれません。

新しいことにチャレンジしたい人

外資系では与えられた仕事をこなすだけでなく、自分から積極的に仕事に挑戦する人が評価されます。
いままでやったことない仕事でも、挑戦をする意欲がある人は外資系で活躍できるはずです。
英語に自信がなくても、外資系で働きたいから転職をするという女性は、外資系で働くチャンスがある人といえます。

年齢は関係ないのでしっかり働きたい40代などにも

外資系は成果主義、定年は関係なく働けるので、仕事に対する意欲があれば40代以上の女性でも転職できる可能性があります。
実績やキャリアに自信がなくても、新しい職場で頑張りたいという人なら、40代以上でも外資系で働くチャンスはあるでしょう。
キャリアアップやスキルアップを目指す女性は、年齢に関係なく外資系への転職を目指してくださいね。

女性が外資系に転職を実現するには

転職といえばキャリアの棚卸や自己分析、外資系を目指すなら必ずやりましょう。
業務について理解を深めるためにも、企業研究も必須です。
女性が外資系が転職を実現するために必要なことをまとめています。

外資系への転職理由を明確にする

外資系、日系問わず転職をする場合には「転職理由」を明確にしなければなりません。
女性の場合、外資系では「定時で帰れるから、子育てと両立しやすいという理由」では転職は実現しないでしょう。
転職理由においては「なぜ、外資系で働きたいのか、日系ではダメなのか」ということも考える必要があります。
外資系に転職した後のキャリアについても考えられる人なら、転職は実現するでしょう。

基本的な英語は理解できるようにする

外資系への転職、英語ができなくても可能とはいいますが、英会話はできなくても基本的な英語は理解していたほうが転職には有利です。
専門的なことは転職してからも学べますが、転職前から勉強をしていた方が良いといえます。
外資系で働くなら英語に関しては、苦手だからやりませんではなく、いま勉強中ですと伝える方が、採用側にも好印象を与えるはずです。

転職サイトで情報収集をする

外資系専門のサイトを利用することもできますが「年収600万円以上」など、会員登録には条件が決められているサイトもあるので、大手の転職サイトや女性専用の転職サイトも併せて利用した方が、自分に合った条件の企業が見つかるかもしれません。
キャリアに自信がないけど、外資系に転職をしたいという人は、外資系専門転職サイトよりも大手の転職サイトをしっかりチェックしましょう。

外資系は仕事に対する意欲がある人なら女性も転職がしやすい!

年齢やキャリアに関係なく実力が評価される外資系は、仕事に対する意欲があれば女性も働きやすい職場といえます。
外資系で働いてみたいという人は、まず転職サイトで情報収集して、求人に応募してみましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

営業から事務職への転職!職種同士の共通項を探せば転職成功率アップ

  営業職から事務職への転職を目指す人のために転職活動のポイントを紹介します。 営業と事務は、異なる […]

続きを読む

介護のパートはきついって本当?介護パートの仕事の実態とは

「きつい」「大変」「ブラック」などと言われることが多い介護の仕事。 パートスタッフは実際にどのような仕事を担う […]

続きを読む

女性の営業職への転職事情をポイントまとめ

女性の営業職の活躍できる範囲もどんどん広がりを見せています。 営業は、お客様に接していく仕事ということもあり、 […]

続きを読む

介護資格は必要なの?王道4資格&スキルアップにおすすめの厳選5資格を紹介!

介護業界へ転職したい人、介護業界内でキャリアアップしたい人は、介護資格が気になりますよね。 介護業界で働くには […]

続きを読む

社員の満足度へ繋がる!福利厚生を充実させよう

社会人になる際、そして転職を行う際に企業のどういった点を重視して就職する企業を選びますか。 給与面、業務内容な […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む