30代前半で転職をする人は必見の転職活動のポイントまとめ

30代前半で転職をする人は必見の転職活動のポイントまとめ

30代前半で転職を考えるなら、転職活動前の準備をしっかりと行い効率的な転職活動を進めていきましょう。
30代前半の場合、転職が初めての人や慣れていない人も多いと思います。
ここでは、30代前半で転職をしようとしている人のために転職を成功させるためのポイントを紹介します。

30代前半の転職者に対する企業の懸念

はじめに、30代前半の転職者に対する企業の心配事をいくつか確認しておきましょう。
30代前半の人の中で、当てはまる人はもちろんのこと、そうでない人もそう見られる可能性がある内容です。
30代前半に対する懸念や疑念を払拭する好印象を与えるためにもチェックしてみてください。

転職歴が多い!すぐ辞めるのではないか

20代から現在の30代前半にかけて転職回数が多い人は、どうしても「またすぐにやめてしまうのでは?」という懸念が抱かれる傾向が高くなります。
30代前半で転職回数が多いと、具体的にどう取られるかというと…
・転職することに抵抗がないので気軽に転職を考えるようになる
・働くことやキャリアへの意欲や意識が低い
・何か問題となるものを抱えているのでは?
と捉えられ、今までの職場と同じようなことが自社に入社してからも起こるのではと考えられることが多いようです。

30代前半独身!ライフステージが変わるのでは?

30代前半、特に女性の場合、結婚、出産、育児の影響を受けることがすぐにでも発生する確率が高い年代です。
昨今の企業は、女性の働き方への配慮は手厚くなってきてはいますが、転職直後の変化は企業にとっても困りもの。
30代前半の転職者が業務に慣れ切る前に、頻繁に休暇が必要になってしまっては、せっかくの採用が本末転倒。
男性でも家庭を持てば、条件や待遇に変化が必要と考える可能性も出てきます。
ライフステージの変化は30代前半に限らず決して悪いことではありません。
しかし、戦力として採用する企業にとっては転職直後の変化は避けたいというのが実情でしょう。

まだ未熟?!経験値が中途半端

30代前半の転職者が培っている経験は中途半端に取られることもあります。
20代の若手に比べれば長いけれど、30代後半以降の転職者に比べると不足という当たり前の法則で、30代前半の転職者というのは採用選考でのライバルが多くなる年代ともいえるのです。
30代前半までに転職経験があれば、勤務年数も短いわけですから熟練度が低いと取られたり、一度も転職経験がない場合には、前職の企業のスタイルや方針が浸透しきっていて融通が利かないのではという懸念が持たれる可能性もあります。
もちろん、個々の企業の捉え方は千差万別で、30代前半の転職者はプラスに取られたり、マイナスに取られたりと、ある意味不安定な見解があるようです。

30代前半の転職を成功させる活動ポイント

30代前半の転職者は様々な懸念を持たれる可能性がありますが、転職を成功させることは可能です。
適切で効率的なステップで、今までより良い転職先を探して、30代前半から30代後半からのキャリアにもうまくつなげていきましょう。

転職の目的を明確にする

30代前半での転職を失敗しないために、まず転職の目的を明確にしておきましょう。
30代前半の今、なぜ転職するのか、なぜ今なのかをクリアにしておくことが成功転職にもつなげる基盤となります。
いろいろな問題点の解決のほうばかりに目が向きがちですが、そのことも含めつつ、転職先での働き方や生活スタイルの理想像も描いておきましょう。

キャリアの方向性を絞る時期

社会人経験が長くなればなるほど、新しい職種に簡単にトライすることが難しくなってきます。
言い方を変えると、長年で培った熟練した経験やスキルがあることが評価されるのです。
30代前半くらいから徐々に自分の職業人生の方向性を定める意識を持つことをおすすめします。
もちろんまだ新しい挑戦も可能ですが、闇雲な挑戦よりも将来の理想のキャリアにつながる選択を意識してみてください。
そうすることで一貫性が保てますし、キャリアでも転職の際にもアドバンテージとなるでしょう。

転職サイト&エージェントを積極活用

30代前半の転職でも転職サイトや転職エージェントに登録して、積極的にサポートや支援を活用してみましょう。
自分だけで探せない求人案件が豊富に見つかりますし、応募や選考のための効果的な対策やアドバイスを受けることも可能です。

転職サイトは複数登録

30代前半で転職する際は、2つか3つの複数の転職サイトへの登録をおすすめします。
30代前半の転職者を対象にした中途採用求人は幅広く見つかると思います。
それぞれの転職サイトがそのサイトだけの独占求人を持っているものなので、より多くの求人案件を目にすることができるでしょう。

転職エージェントを積極活用&相談

30代前半の転職なら、転職エージェントも複数登録しておくといいでしょう。
30代前半の転職者にとって、そのときの転職だけでなく、長い目で見たその先のキャリアに役立つサポートが受けられるでしょう。
そのときの転職先の選定の協力をしてもらえることはもちろん、キャリアの相談も可能です。
転職時期、就職しているときに関わらず、キャリアアドバイザーとの交流を持っておくことは情報収集の一環としてお互いに有効になります。
キャリアのプロの目で客観的な意見をもらえることは、30代前半の転職だけでなく、後半でも40代になっても貴重になるでしょう。

応募企業の懸念を徹底排除する準備をする

キャリアアドバイザーは、個々の企業の懸念材料も心得ているものです。
30代前半の転職者に対する企業の懸念となる点を払拭するようなアピールのためのアドバイスももらえるでしょう。
その上で、企業がこの人を採用したい!と思ってもらえる要素を30代前半までの自分の経験の中から引き出してくれるのもキャリアアドバイザーです。
そもそも、アピールポイントの見えてこない転職者には求人の紹介はされません。
きっと成功確率が高くなる準備や対策のサポートをしてくれるはずです。

30代前半の転職を成功させる視点と対策

30代前半での転職を成功させるためにとっておきたい対策を紹介します。
長期的な目線で自分のキャリアを考えるとき、仕事だけでなく仕事以外の自分を取り巻く環境についても考慮することも忘れないでください。

経験と将来性のバランスを考える

30代前半までの経験をしっかり活かしつつ、自分のキャリアのプラスになる企業や職種、さらに企業の将来性についても見極めておくことが必要です。
経験を十分に活かせたとしても、企業の経営状態が悪化したり、最悪の場合倒産してしまったりしては、キャリア構築がうまく果たせません。
30代前半の転職者にとって業界や企業の動向の情報も欠かせないものとなります。

自分のワークライフバランスを視野に入れる

30代前半になると、だんだんと仕事をしながらの自分の生活が決まってきます。
仕事にすべてを傾けることが難しいということに気付くのも、そういう状況になるのも30代前半。
誰でも、遅かれ早かれ20代の働き方では立ち行かなくなります。
そういったことも視野に入れ、バランスの取れた働き方を模索し、自分の理想の時間の使い方を身に付ける必要があります。
その上で、フィットする企業や職種を選択することも大切な30代前半の転職先選びのポイントなのです。

30代前半の転職先選びはキャリアの方向性を考慮する

30代前半の転職では、その場しのぎでなくその後のキャリアやライフプランのことを考慮した選択をしましょう。
転職エージェントに相談することで、考えるポイントが見えやすくなるでしょう。
その上で決めた企業に転職できれば、より納得できる成功の転職が叶えられるでしょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

30代の正社員転職を成功に導く活動ポイント

30代で正社員に転職する人は少なくありません。 数年の社会経験を積んだ30代、納得の成功転職を叶えていきたいで […]

続きを読む

第二新卒の事務職が転職成功させるためのポイントまとめ

主に第二新卒とは、新卒で就職して3年以内にその職を離れて転職活動を行っている人を指します。 数年以内に仕事を辞 […]

続きを読む

40代キャリア別おすすめエージェント6選!40代は転職エージェントが必須

有効求人倍率がバブル期の水準を超えるなど、なにかと明るい話題が多い雇用情勢。 転職希望者も今がチャンスと、中途 […]

続きを読む

40代で未経験業種に転職にする人が知っておくべきこと

以前より転職が一般的になってきたといっても40代の転職は、20代、30代に比べて難しいといわれています。 まし […]

続きを読む

転職で失敗する20代の特徴と回避策

20代で働き始めてから色々な理由があって転職を考えるようになります。 初めて転職をする人、転職を失敗してしまっ […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト