転職市場での価値を高めて転職したい!じっくり転職派が知るべき5つの方法

転職市場での価値を高めて転職したい!じっくり転職派が知るべき5つの方法

今すぐではないけれど転職したい、自信をつけてから転職に踏み切りたいなど、「じっくり転職派」なら、転職市場での自身の価値を高めてから活動を始めるのが一つの方法です。
価値を高める方向性と、適切な時期を間違わなければ、いい条件での転職が叶うはず。
ここでは、転職市場での価値を高めるための方法を紹介します。

市場価値が気になる人が知っておきたいこと

自分の転職市場での価値は一体どれぐらいなのか、自分など転職できないのではないかなど、市場価値が気になることがあるでしょう。
まずはじめに、転職市場における自分の価値が気になる人が知っておきたいことを紹介します。

価値がない人などいない

「あなたにはどんな価値がありますか?」と聞かれて、明確に答えられる人は多くはありません。
自分には言及できる価値などないと感じる人もいるでしょう。
しかし、価値のない人などいませんし、誰にでも必ず人より優れている点があります。
本当は価値ある経験やスキルを持っているのに、それを見つけていないだけ。
絶対に自分には価値があるのだから、探し出そうという気持ちを持ちましょう。

転職市場の価値を自己判断するのは危険

「資格もないし年齢もいっているから転職なんて無理。」などと、自分の価値を勝手に決めつけてしまう人がいます。
コミュニケーション能力が高くてどこに行ってもやっていけそう、パソコンに強くていつも頼りにしたい存在など、傍から見たらいくらでもアピールできる価値を持っているのに、自分の力を必要以上に過小評価してしまうのです。

自己判断で価値を判断するのはやめましょう。
どんな経験やスキルを求めているかは企業によって異なりますし、少子高齢化の日本では若手に限らず人材を活用していくことが急務。
年齢が転職に与える影響は、昔ほどではありません。
本当に転職市場での価値があるかどうかは自分が決めるのではなく、企業が何を求めているのかによるのです。

価値が低いと思うなら高めてから転職するのも方法

「あなたには価値がある。」といくら言っても所詮他人の言うことなので、どうしても認められない、見つけることができないという人もいるでしょう。
その場合は、自分で納得できるよう、市場価値を高めてから転職するのも一つの方法です。
その過程でこれまでもっていた価値に気づき、さらに磨きをかけていくこともできるでしょう。
ただ、この方法を取れるのは転職を急いでおらず、じっくり活動していきたい人に限ります。今の会社をできるだけ早く辞めたい、すでに退職して失業中という人は、今あるものをいかに有効活用するかが重要です。

転職市場での価値を高めるための5つの方法

転職市場での価値を高めるにはどうすればいいのでしょうか。
そもそも転職市場での価値とは何なのかという疑問すら持つこともあるでしょう。
ここでは、自分に自信が持てる価値の高め方を5つ紹介します。

価値が高い人とはどんな人かを調べる

転職市場での価値が高い人と聞くと、どんな人物を思い浮かべるでしょうか?
学歴が高い人、誰にも真似できないすごい技術を持っている人などを思いつくかもしれませんね。
もちろんこれらの人は一部の業界や企業にとっては必要な人材で、市場価値が高いと思われるでしょう。
しかし、学歴なんて一切関係ないという考え方の企業もありますし、すごい技術は業界や職種をピンポイントで選ばなければ宝の持ち腐れですよね。
すべての業界や企業にとって価値が高い人材ではなく、価値の基準は業界や企業によって異なるということ。
自分の市場価値を判断するには、まず希望の業界や企業で求められている人材を知る必要があるというわけです。
業界・企業研究は単なる面接対策というだけでなく、自分がその業界・企業でどれぐらいの価値を持っているのかを知るための方法でもあります。
価値を高めるために、価値が高い人がどんな人なのかを調べていきましょう。

今いる場所で磨くという基本に戻る

転職市場で評価されやすい価値とは、経験値や実績と置き換えることもできます。
中途採用者には今後の成長性より、即戦力を望む企業がほとんどですから、経験値が高く実績がある人が有利になるのは絶対的な法則と言えるでしょう。
新しく何かを身につけていくよりも、今いる場所で経験を積むことの方が実は近道だとも言えるのです。
応募書類や面接で十分な経験、実績をアピールできれば、価値が高い人材として内定確率がアップします。
転職したいのに今の会社で自分を磨くという方法は意外と見逃しがちですが、すでに磨ける環境が整っている分、スピーディーに価値を高めることができるのです。
転職してやりたい仕事があるという目標があれば、多少の不満を許容して、今いるところでもう少し頑張ってみるのもいいでしょう。

接遇やマナーを学ぶならすぐできて効果的

すぐにでも転職市場にアピールできる価値を身につけたいと思うなら、接遇やマナーを学ぶのは効果的です。
接遇やマナーは基本さえ学んでしまえば、あとは意識するかどうかが重要なので、自分の意識次第で素晴らしい接遇ができたり、マナーがしっかりしている人だと思われることができます。
本やインターネットで学ぶ、セミナーを受講するなどのほか、今の職場で接遇やマナーがきちんとできている人に注目してみるだけでも違いますよ。
完璧な接遇やマナーを習得するには時間がかかりますが、今あるものを高めるだけならすぐにでもでき、他の応募者と差をつけることも可能です。
転職組は自分の接遇やマナーが正しいと思い込んでいる人も多く、意外とできていないケースがあるので、面接前に練習しておくだけでも好印象を与えることができますよ。
ただし、緊張の場面では普段の言動がでやすいので、できるだけ普段から意識して本当の意味で身につけるよう努力しましょう。

活かすことを前提に資格取得を目指す

価値を高めると言えば資格取得を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
資格という形として存在するものがあれば、口だけでスキルをアピールするよりも説得力が生まれますよね。
この資格があれば絶対に評価されるというものはありませんし、資格を否定的にとらえる人もいます。
しかし、その資格を活かすことを前提として転職活動をするなら、大いに取得する意味があるもの。
「資格プラス経験」を求める企業だけでなく「資格保有者なら経験を積んでもらえばいい」と考える企業もありますから、上手に活かすことでアピール可能です。

ただし、受験が年に1回しかない、合格率が1桁といった難関資格にチャレンジする場合は、ある程度の勝算と勉強時間を捻出できる算段を立てることも大切です。
やみくもにチャレンジして何年経っても資格取得ができない場合に、そこからキャリアの方向性を変えるのはなかなか難しいもの。
自身のキャリアプランを先まで考えておき、受験年数も決めておくといいでしょう。

自己分析で価値を見出すことも大切

今はないものを身につけていくより、すでに自分の中に持っているものを見つけてあげる方が早いです。
いきなり価値を高める方法に取り組む前に、自己分析やキャリアの棚卸はしっかり行ったかを振り返りましょう。
自己分析をして転職の方向性を決めていなければ、価値を高める方向性を見誤る可能性もあります。
希望の業界外で求められる経験やスキルを得るより、希望の業界では何が必要なのかを先に知ることが大切。
キャリアの棚卸をすることで、価値がないと思っていた自分でもさまざまな経験をし、求めるスキルを提供できると気づくこともあります。

転職成功を導くには価値の高め方を間違わないように

じっくり時間をかけて転職したいと考える人は、転職市場での価値を高めてから時期を見計らって転職するのは一つです。
ただし、価値を高める方向性を間違ってしまうと、無駄に月日だけを浪費することになって勿体ないことになります。
気づいたときには「もっと早く転職すれば良かった!」と後悔することもありますので、正しい方向性で価値を高める必要があるでしょう。
有効ですが注意が必要な「価値を高めてからの転職」。
ぜひ道を間違わないように慎重に行動しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています