転職したい理由は何?後悔しないために考えること

転職したい理由は何?後悔しないために考えること
geralt / Pixabay

転職に踏み切るときは、誰でも将来が今より良くなることを願って信じていると思います。
転職をしてよかったと転職の成功を味わえる人がいる一方で、転職したことを後悔する人も、残念ながら少なくはないようです。
後悔する転職にしないために事前に考えておくポイントや行動を押さえておきましょう。

自分の転職理由を認識する

後悔に繋がるような転職をしてしまう前に、自分が転職をしようと思う、その理由をしっかりと認識することをおすすめします。
そして転職の先輩たちの失敗談も参考にしてみましょう。

転職を後悔しやすい理由を調べてみる

他の人たちがどんなことで転職を後悔することになったのかを調べてみましょう。
転職したことを後悔する理由は人によって異なるものですが、よくある理由の傾向を掴むことができます。
「内定時の条件と違っていた」「職場の雰囲気がイメージしていたものと違っていた」などはよく出てくる理由のようです。

転職が頭をよぎったときに、何が必要なのかを熟考する際にも役立てることができます。
後悔しがちな状況を回避するための大きなヒントを得ることができるでしょう。

転職活動では、企業の情報収集、履歴書や職務経歴書、面接などの準備、そして目の前の仕事と同時進行ということもあるでしょう。
そうなると気が回らず、転職時に注意すべき点があるのに盲点になってしまいがちです。
転職者の後悔の経験を参考にすることで、自分の抜けている点や欠けている意識に気付くことができるでしょう。

転職を後悔しやすい理由の傾向

転職を後悔している人の理由には一般的に傾向があるようです。
「内定時に決まっていた契約内容と異なっている」という理由はよく聞かれます。
お給料が把握していたものより低い、残業や休日出勤はないはずだったのに頻繁に生じているなどです。
「職場の雰囲気が思っていたものと違っていた」と感じて後悔する人も多いようです。
そして、「前の職場と同じ不満を抱えてしまっている」と、本来、その転職で解消するはずだったことを再び経験し後悔する人もいます。

後悔しない転職に必須の自分軸

後悔しない転職をするためには、自分を十分に納得させる転職の目的を認識して、転職によってそれを達成することがポイントになります。
ここで「今、持っている不満」だけで転職や転職先を決めてしまうことは避けましょう。

仕事は一日の中で大きな割合を占め、毎日続いていくものです。
どんな職場でどんな仕事をするかというのは、キャリアだけでなく、人生にまで影響を与えることになります。長いスパンで見る自分軸が必要になってきます。

仕事上で譲れないものをはっきりする

企業や職種を選ぶとき、すべてをパーフェクトに満たすことは難しいものです。
転職をするときには、自分軸に沿うようにしたいものです。
まずは、自分がどのような人生を送っていきたいかを考え、現状がそれを満たせているかを見極めましょう。
その上で、仕事をする上で譲れないこと、つまり、どんな条件が必要かということを見出していくのです。

家族があるなら養うことが一番に来るかもしれません。
将来の大きな目標に対して確実なレベルアップができることだったり、休暇が取りやすくプライベートとのバランスを十分に取れることだったり、譲れないものは本当に人それぞれです。

転職活動は早めに着手

転職を考えるなら、早めに取り掛かることをおすすめします。
もっと言ってしまえば、転職を考えていなくても準備をしておいても損はないでしょう。
履歴書や職務経歴書などを定期的にアップデートしておくことは、自分の仕事人としての成長を自己認識することにも繋がります。

転職を考えるタイミングでベストマッチの求人案件に出会えるとは限りません。
先手先手で動いていくことで詳細の情報を手に入れていくことが可能になります。
後悔しないための回避策もうまく取っていくことができるでしょう。
さらに、早期の活動開始によって、自分の理想により近い転職先に出会う確率も高めるのです。

後悔しないためにエージェントが有効な理由

転職を考え始めたら、情報収集は欠かせませんよね。
自分のスキルや経験、挑戦したいことの希望するような条件で、どんな企業が求人を出しているのか調べることになるでしょう。
いくつかの転職エージェントに登録してコンサルタントとの交流を持っておくと自分だけでは得られない情報が得られる確率が高まるでしょう。

転職前の情報収集

情報収集の手段としては、インターネット上にある企業情報や転職サイトにある求人案件だったり、友人や知人を介して知れることもあるかもしれません。
しかし、求人情報というのは、企業の戦略や内部的な理由によって、いつのときも公開されるものとは限りません。
公開されている情報だけでは、自分の判断材料として不十分なこともあります。

そういったことをカバーしてくれるのが転職エージェントのキャリアコンサルタントです。
企業との交流もあり、求人についてより詳しい企業のニーズを把握しているはずです。

転職前の確認

転職を後悔する理由のひとつによく上がる「内定時に決まっていた契約内容と異なっている」ことについては、転職エージェントに仲介してもらうことで、比較的高い確率で防ぐことができるでしょう。
待遇については、募集や選考の段階で、転職エージェントと企業の間でも正式、かつ正確にやり取りされるからです。

給与や賞与だけでなく、福利厚生、残業や休日など、実際に働く際の状況も、よりリアルに知ることができます。

「職場の雰囲気が思っていたものと違っていた」という点は、自分だけでは、事前にはっきりと知ることができない部分でもあります。
この部分は、エージェントが頼りになるでしょう。

ここで大切になってくるのが、エージェント側に、どれだけ自分の個性や求めるものが伝わっているかということです。
これらのことは、1回や2回の面談よりも、長いスパンの交流ができていると的を射やすくなるでしょう。

同じ状況に陥らないための対策

「前の職場と同じ不満を抱えてしまっている」という後悔もよくあるようですが、これは自分の責任と捉える必要があります。
転職時の不満を解消するためには、自分を変えることも必要になってくるものだからです。

残業が多すぎることが理由で転職しても、自分側でも残業を減らすための何らかの努力や変化をしていないのであれば、高い確率で繰り返すことになるでしょう。
人間関係に不満があった場合も、自分のものの捉え方や視点を変えていなければ、きっと同じような不満の部分が、新しい会社でも目につくようになってしまいます。

転職は自分軸と自己責任を持とう

転職を後悔する人の傾向は、他責認識が大きいと言えるかもしれません。
楽しく、充実した仕事を「与えてくれる」企業を探しているようでは、自分にとっての良い職場を見つけることはいつまでたっても難しいでしょう。
また、転職を考えるときに、企業に問題があるからと思っていると、転職によってその問題が解決できる確率を下げてしまいます。
自己成長に繋がる後悔しない転職は、自己責任によって生み出されるとも言えるのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています