「eコマース」の意味とは?

「eコマース」の意味とは?

アマゾンや楽天などのホームページより欲しい商品を注文すると、自宅に荷物が着きますよね?

早いと1日で到着することも……。そんな巨大なお店は「eコマース」により、可能になっているのです。今日は、この「eコマース」について解説していきます。

「eコマース」の読み方大丈夫だよね?

「eコマース」は、「イーコマース」と読みます。「EC」と表記された場合は、「イーシー」と読みます。

「eコマース」とは?

「eコマース」とは、Electronic Commerceの略のことで、「電子商取引」のことを指しています。

「EC」と表記されることもあります。広義には、インターネット上でものを売ったり買ったりすることで、狭義には代金の決済までをインターネット上で行うことを意味しています。

「eコマース」の「e」には小文字が当てられているのには理由があり、単語の先頭が小文字で始まるときは、科学の電子は通常「e」と小文字で表現することが通例となっているからと言われています。「eコマース」とは、インターネットなどのネットワークを介して契約や決済などを行う取引形態のことで、インターネットでものを売買することの総称の意味でもあります。

つまり、WEBサイト上で物品を販売するオンラインショップや、ソフトウェアなどデジタルコンテンツのオンライン販売、金融商品の売買取引をWEB上で行うオンライントレード、ネットオークションなども、「eコマース」の一つの形態と言えるでしょう。

「eコマース」の内容

「eコマース(電子取引)」の内容は大きく3つに分けられます。

・企業同士の取引をB to B
・ネットショップなどの企業と消費者間の取引をB to C
・オンラインオークションなどの消費者同士の取引をC to C

楽天とアマゾンの「eコマース」のサービス状況

「eコマース(電子取引)」は、実店舗を構えて商品を販売する従来の商取引と比べて維持コストが少なく、地方在住者でも簡単に売買を行えるといったメリットがあるのが特徴です。

B to Cでは、(東洋経済よりhttp://toyokeizai.net/articles/-/48945)ヤフー!ショッピングの3227億円(2014年3月期)やDeNAショッピング、ZOZOTOWN、Oisixなどありますが、なんといっても、EC市場でトップに出てくるのが楽天とアマゾンと言えるでしょう。

楽天は、1997年にサービスを開始した業界最大手で、楽天HPより(https://corp.rakuten.co.jp/about/strength.html)国内で会員数が9000万人を突破しています。
オークションサイトやオンライン証券取引、旅行代理業など、多彩なサービスを展開しており、常に業界を牽引する存在として注目を集め、2015年の流通総額は2兆6,748億円と言う巨大サービスとなっています。また米国発の大型モールamazonでも、日本国内の流通総額は2015年で約1兆6,000億円というサービス規模になっています。

国内のeコマース全体の市場規模としても、総務省のデータ(http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160614001/20160614001.html)により、BtoCに限っても、2015年で13.8兆円に成長しています。

「eコマース」を使うシーン

「やっぱ今の時代は、実店舗だけじゃ厳しいよな。ネットショップも考えないとな」

「私はネットショップだけで販売してますよ!」
「え?そうなの!?」
「eコマースだと、販路を全国…いや、全世界に広げることが可能だと思うよ」

今の時代は、ネットショップ=「eコマース」だけで、販売しているお店もあります。
「eコマース」は、経費を安く抑えることが出来るので参入しやすく、可能性も広がります。

「eコマース」を英語にするなら?

「eコマース」は、英語で「electronic commerce」になります。

・Eコマースで販路を全国、全世界に広げることが可能です。
 E-commerce can make it possible to extend the market to the whole country as well as the whole world.

・電子商取引における紛失注文を処理するための方法およびシステムを提供することで、商品の支払いおよび配送の情報をリアルタイムでチェックすることによって、紛失した注文を迅速に見つけることができる。
 To provide a method and system for processing a lost order in an E-commerce which can quickly find any lost order by checking information of payment and delivery of a commodity in real time.

・ドバイ首長国では、1985年にジュベル・アリ自由貿易区を設け、他の湾岸諸国やアフリカ等の物流の窓口としての機能を果たすとともに、世界的なe-コマースの拠点を目指すドバイ・インターネット・シティ等の構想を次々と実現させている。
 Dubai created the Jebel-Ali free zone in 1985, and is functioning as the contact country in distribution for other gulf countries and Africa. Also, the country has been successively realizing new concepts, including the Dubai Internet City aiming to become the base for international e-commerce.

「eコマース」の今後の成長について

世界の「eコマース(電子商取引)」による取引額は急成長し、総務省のHPによると(http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc122210.html)2015年で約1.7兆ドルに達していると言われております。

急速に普及するスマートフォンやタブレット端末等のモバイル端末を利用し、商品の検索から決済までを行う習慣が、eコマースが広く普及している大きな原因としてあげられています。

中国のモバイルコマース市場についてみてみると、2015年時点で約0.3兆ドルと既に「eコマース市場」全体の半分を占めていて、市場のけん引役と言えるでしょう。今後、市場の成長は続き、2019年までに1.4兆ドルまでに拡大し、「モバイルコマース」の割合は70%強まで増加すると予想されています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています