転職したい看護師必見!在職中に準備するべきこととは?

転職したい看護師必見!在職中に準備するべきこととは?

看護師の転職は意外と簡単!

現在看護師として働いているけど、そろそろ転職を考えているという人もいます。
仕事しながら転職活動をすることは容易ではないと思いますか?
実は看護師の転職はタイミングが肝心。
タイミングさえ合えば、それほど苦労せずに転職することができるんです。
でも、いざどうしたら良いのかわからないですよね。
転職にはいくつかのポイントがありますので、今回紹介していきたいを思います。

転職先を探す方法

求人情報を得るためのいくつかの方法があります。
まず、職業安定所では、最新の求人情報をパソコン検索することができます。
自分の条件に見合った求人が見つかれば、窓口で職業相談をすると、希望の職場に連絡を取ることができます。
また、職業相談所では、自分の希望条件を提示するとそれに見合った求人を探してくれるので、どうしたらわからない場合は直接聞いてみるのが良いでしょう。

駅や新聞広告などの求人チラシは、ネット環境がない人は利用してみる価値はありますが、最新の情報ではないことがあります。
気になる求人があったら記載の連絡先に問い合わせてみるのが良いでしょう。

知人の紹介によって職場を探す方法もあります。
その場合は、もし条件に合わなかった場合に断りづらいという難点があるので、あらかじめ自分の条件を提示し、後々気まずくならないように配慮しましょう。

ネット検索して希望の条件に合った職場が見つかった場合には、直接連絡するという方法がありますが、紹介会社を介して連絡するという方法もあります。
この紹介会社は履歴書の書き方から職場への連絡などアドバイスや面接調整等をしてくれます。

転職サイトをうまく利用するのが鍵!

仕事をしながらの転職活動は十分に時間を掛けることができません。
そこで利用したいのが転職サイト。
日中は働いている場合も、通勤中や帰宅後にネットで求人を探すことができます。

転職サイトには看護師の求人情報もとても充実しており、職業安定所に足を運ばなくても大体のことは調べることができます。
勤務形態や時間、給与、職場までのアクセスなど知りたい情報が載っており、さらに職場スタッフからの一言や口コミが添えられているサイトも。
実際働いている人達の声や周囲の評判はとてもリアリティがあり、働くうえでとても参考になりますよ。

求人が多いのはどんな時期?

転職者向けの求人が多く掲載されるのは、異動が多い春先でしょう。
4月から働き始めることを考え、特に1~3月に募集することが多いです。
新人が入職する4月の1~2か月前は、退職する人が多くいます。
つまり2月や3月に中途採用し、看護師不足を防ぐのです。
看護師不足による看護の質の低下がないように、求人を出しています。
また、ボーナスが出る前も求人が増えます。
なぜなら、ボーナスをもらって退職する看護師がいるからです。
通常ボーナスは夏と冬の2回にわたり、支給されることが多いです。
夏は6~7月、冬のボーナスは12月に支給されるので、6~7月と10~11月は求人が多くなります。

看護師の転職に適した時期は?

では、転職に適した時期はあるのでしょうか。
それは求人が多い時期が一番いいでしょう。
なぜなら、求人が多いということは、看護師が不足しているということだからです。
求人が多いとそれだけ仕事の幅が広がり、自分の条件に合った職場を見つけることができますよね。

新人研修が行われる時期

4月は新人が多く入職するので、教育体制が比較的整っています。
転職する看護師は経験があるとはいっても、職場が変われば物品の位置や検査場所など、はじめは指導を受けなければなりません。
そんな時、教育体制が比較的整っていれば病院側も転職する側もそれほど負担を感じずに乗り切ることができます。
もし、時期が少しずれていればその分病院側も対応に追われるし、転職する側も気遣いながら教育指導を待つことになり、双方ともに負担感が増すことになります。

ボーナスの前も

退職しようとする看護師は、できるだけ損しないようにボーナスをもらって退職するというケースがあります。
4月に入職した看護師まで、ボーナスをもらって退職することがあり、6~7月や10~11月は転職しやすい時期だといえます。

在職中にするべきこととは?

仕事をしながら転職活動に力を入れてばかりいると、在職中の職場での対応が手薄なものになりがちです。
良い転職をするためには在職中の対応が重要になりますよ。
例えばどんなことに気をつけなければならないのでしょうか?

上司への相談は早めに

退職する時期が決まった時には、その意向を早くから上司に伝えておくことが大切です。
対応が早ければ早いほど、病院側にとっては次の人材を探すために求人枠をあらかじめ準備できるので好都合です。
社会人のマナーをもって、周りに迷惑が掛からないように最低限配慮する必要があります。
円満退職するためにも退職を決めたら、辞める直前ではなくできるだけ早く報告するようにしましょう。

施設によって必要な退職願の準備

退職の際、施設によっては退職願を書く場合があります。
書式が自由だったり、項目をチェックするものなど、職場によっていろいろな方法があります。
直筆の退職願でよいのか、パソコンで作成してもいいのかということを事前に確認しておくと良いでしょう。
退職理由については、否定的な内容は書かないようにし、「一身上の都合による」などの記載をすると良いでしょう。

在職証明や源泉徴収票、雇用保険なども忘れずに

転職時の面接時には必要な書類があるので、事前に申請しておくことが大切です。
職歴を表す在職証明や、源泉徴収票、雇用保険など転職先の手続きの際対応できるようにあらかじめ確認しておきましょう。

仕事の引継ぎについては、誰にどのようなことを引き継いでほしいのかを明確にしておくことが大切です。
今までまかされていた自分だけの役割があれば、引き継ぎできる人を探し、内容を直接伝えるまで行うことが大切です。
看護師としての自覚を持った行動をすることによって、転職先でも責任を持った行動ができます。
直接伝えることができない場合は、上司や他のスタッフに報告しておきましょう。

看護師の転職は難しくない!

転職はポイントを押さえて行動すれば、意外と簡単にできます。
自分ですべてしようとすれば時間と労力も掛かりますが、利用できるサービスを活用して賢く転職しましょう。
転職サイトで求人を確認することで、在職中もスムーズに転職活動が行えますよ。
まずは自分のビジョンを明確にし、条件に合った職場探しから始めましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています