「自己紹介」はどこまで話す?転職活動における面接での自己紹介のコツ

「自己紹介」はどこまで話す?転職活動における面接での自己紹介のコツ

転職活動での自己紹介は、新卒の就職活動の際と「同じ」というわけにはいきません。
面接の冒頭で、面接官に興味を持ってもらうためにも知っておきたい、自己紹介のコツについて解説します。

転職活動ではこう話す!自己紹介のポイント

面接の冒頭で求められる自己紹介。
新卒ではまず、大学名・学部名・氏名を伝えましたが、転職活動の場合は、早速自分を売り込むチャンスです。
まずは、転職活動における自己紹介のポイントからおさえておきましょう。

転職活動では経験を交えて構成を

中途採用の面接で「簡単に自己紹介をお願いします」と言われたら、まずは、氏名を名乗ります。
そのあとは、これまでの職務経験や実績を交えて話せるアピールチャンス!あなた自身がどういったスキルを持っていて、どう活躍できる人物なのかを具体的に話しましょう。

自己紹介は面接の「足がかり」に

自己紹介では、これから始まる面接で、あなたが特にアピールしたいことや伝えたいこと、面接官に興味を持ってほしいことについて、簡潔にまとめて話しましょう。
面接の冒頭で聞かれる自己紹介は、これからの「足がかり」になります。
面接官は、自己紹介の内容を元に面接を進めていきますので、突っ込んで聞いてほしいことほど、自己紹介に盛り込んでおくといいですよ。

うまい自己紹介のコツは?転職活動で意識したい3つの柱

アピールチャンスのひとつとして活用するためには、限られた時間で、より的確に伝えることが大切です。
転職活動の自己紹介では、1職務経歴、2自己PR、3志望動機の3本柱で考えておくと、流れが分かりやすく、しっかりと伝わる文章を構成することができます。
もう少し詳しく見ていきましょう。

職務経歴

自己紹介では、「○○○○(氏名)と申します」と自分の名前を名乗ります。
それから、1つ目の柱、職務経歴「どんな仕事をしてきたのか」について簡単に話しましょう。
これまでの経歴を語る際には、応募している企業・職種に最も活かせるエピソードをピックアップするのがポイント。
実績など数字を交えて話せると、一層効果的ですね。
「営業を5年やってきた」「信頼関係を第一に考えてきた」などというように、簡単でいいので、面接官に印象づけるのがここでの目標です。
これまでに複数回転職経験があるという場合は、業界・職種ごとに経歴をまとめて話すのでも構いません。
特にアピールしたい業績や仕事についてピックアップして述べるのもよいでしょう。
細かい内容はこれから質問を受けることもありますので、「さわり」程度に構成してみてください。

自己PR

職務経歴を述べたら、2つ目の柱である自己PR。
ここでは主に「どんなスキルがあるのか」について、これまでの職務経歴で習得したスキルや強みについて話します。
未経験の業種に応募している場合でも、持っているスキルや強みが全く使えないというわけではありません。
たとえば、営業で「信頼関係を大切にして働いてきた」という場合、そこで培ったコミュニケーション能力や対応能力は、社内事務でも十分に生かせることがあります。
自己紹介の内容には、一貫性が大切です。
先に話した職務経歴をベースとしてアピールポイントを構成しましょう。

志望動機

3つ目の柱は志望動機です。
「この先どうはたらいていきたいのか」について話し、自己紹介を締めくくります。
たとえば、「業務を円滑に進めるためにはどういった対応が必要か常に考え、上司にも迅速さと正確さにおいて評価をもらっていた」という自己PRに対し、「御社でも周囲との信頼関係を大切に、営業事務として、営業の方が働きやすい環境づくりに活かしていきたいと考えています」とすると、説得力のある自己紹介となります。
話の流れを意識して文章を考えてみるといいですよ。

どこまで話す?転職活動中の自己紹介

「自己紹介と言われたのに、自己PRや志望動機を話してもいいの?」という疑問もありますよね。「自己紹介」を求められた際には、あなたという人物について「簡潔に」話すのが大前提。
実際にどこまで話すべきなのか、自己紹介のボリュームについておさえておきましょう。

時間は3分一本勝負

自己紹介文を考える場合は、3分が目安。
それ以上ダラダラと話していては、面接官は聞き飽きてしまいます。
ボリュームが多すぎでも要点が分かりづらいので、3分が原則です。
3分というと、文字にして大体600~750字が目安になります。
落ち着いてゆっくり話すことを考えると700字以内でまとめておくといいかもしれませんね。
面接によっては「1分で自己紹介を」というように、時間を指定されることもあります。
あらかじめ、250~300字程度の短いバージョンも作っておくといいですよ。

まずは箇条書きで整理

文章を構成するためには、まず箇条書きにしてみましょう。
ポイントを絞ることができるので、簡潔な文章を考えやすくなります。
自分のアピールしたいポイントを的確に盛り込むことができるのも、箇条書きのメリットです。
また、自己紹介には使わなかった項目も、個別の質問で活用できます。
自己分析のひとつとして、箇条書きでの洗い出しをぜひやってみてくださいね。

盛り込み過ぎるのはNG

自己紹介では、1職務経歴、2自己PR、3志望動機の3本柱が大切と先述しましたが、これ以外の要素を付け足してしまっては、「やりすぎ」な印象を与えてしまう事も。
言いたいことやアピールしたいことはたくさんあるのは分かりますが、あくまでも「自己紹介」です。簡潔に話すことを第一の目標として文章構成を考えてみてください。

面接官に伝わらなければ意味がない!

面接で聞かれたことはすべて採用につながるアピールの場。
これまでの経歴やスキルなど、強みを活かして、自分を売り込んでくださいね。
とはいえ、面接官に伝わらなければ立派な経歴やスキルも意味をなさないことに。
あれもこれも……と欲張りすぎず、すっきりとした自己紹介を目指しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています