転職成功ステージ2!入社後のタブーを回避しよう

転職成功ステージ2!入社後のタブーを回避しよう

転職は、入社した段階ではまだ成功とは言えません。
この転職をして良かったと思える毎日を、自分サイドで作り上げていくことも大切です。
2~3か月は、仕事内容はもちろん、職場の人たちに馴染むことに注力することになるでしょう。
転職成功を左右する入社当初にありがちなコミュニケーションのタブーについて紹介します。

つい注意!転職成功を妨げるタブーな言葉

転職したばかりの時期、まずは、職場の環境や一緒に働く人たちに馴染むことが優先事項となるでしょう。
コミュニケーションを円滑にしていくために、転職者が避けるべきことを紹介します。
タブーになることを肝に銘じて、転職の初期をスムーズに過ごしていきましょう。

ありがち!前職の仕事や人の話

周りは転職者の前職の仕事内容ややり方、以前一緒に働いていた上司や同僚に興味を持っていません。
聞かれたとしても、詳細を聞きたいわけではないことがほとんどです。
にもかかわらず、多くの人が、口にしてしまう話題のようです。
良くない内容なら、なおさらのこと。
職場の人たちは、耳を塞ぎたいとすら思ってしまうでしょう。
のちのちのコミュニケーションにも、大きく影響を与えてしまいます。

だめなの?新しい職場の人のこと

新しい職場の人たちのことを覚えるのは大切なことです。
しかし、目の前にいない職場の人に対する意見や判断をするような話は避けましょう。
職場の人間関係を、根ほり葉ほり探るような会話も避けるのが賢明です。
まだそれぞれの人のことも、職場の人たちの関連性もよく見えていないはず。
あれこれと第三者のことを持ち出すのは、それを聞く職場の先輩たちの気を害するものです。
目の前の人に興味を持ち、会話に集中することのほうが喜ばれますし、それがコミュニケーションの鉄則です。

ついつい!職場環境や設備、備品についての不満

新しい職場についての不満を口にすると、周りとの壁を作ってしまうことになるでしょう。
前職では、最新の機種を使っていたり、より優れたシステムが導入されていたかもしれません。
きれいで使いやすい設備に慣れていると、少なからず不便さや不快さを感じるでしょう。
しかし、転職早々に、新しい職場に同じものを求めるのは非常識です。
自分たちが使っているものを比較され、劣っていることを指摘されて嬉しい人はいません。
外部者のような意識を持たれたとしても不思議ではないでしょう。

口癖?ネガティブワードは禁句

「忙しすぎる!」「もう大変!」「疲れたー!」「眠いー」
たとえ、特定の人に発しているわけではない、つぶやきでも要注意です。
転職者の存在というのは、職場に馴染みきってしまうまでは、良くも悪くも緊張感を与えているもの。
ネガティブな言葉を聞いた周りの負担をさらに大きくしてしまうでしょう。
ネガティブな雰囲気を伝染させる人という印象を持たせてしまう可能性もあります。
まるで数年間そこにいたかのような生意気さを感じる人もいるかもしれませんね。

転職成功のカギ!社会人としての質問の心得

転職してすぐの時期は、何かと分からないことが多いものです。
そのことは、新しい職場の人たちも、きっと承知してくれていることでしょう。
しかし、上司や先輩は、転職者の質問を解決することが仕事ではありません。
一緒に仕事を進めているという姿勢を持ちましょう。
自分のことに目いっぱいになりがちな時期ですが、質問の仕方は心得ておいたほうが良さそうです。

自分で解決できないことを聞く

分からないことは、質問で解決するのが当たり前という意識は改めたほうがいいかもしれません。
状況やタイミングにもよりますが、自分で調べれば即、分かりそうなことを聞いてしまうことは避けましょう。
自分の質問の一回一回ごとに、相手の仕事時間を奪っているという認識をいつも持つことが大切。
自分の時間を消費することを放棄しているとも言えることなのです。
自分で解決しようとすると、何らかの行動を起こしたり、思考を巡らせたりしますよね。
仕事をしていく上では、大切な能力トレーニングでもあるのです。
質問の質も変わり、相手の負担を減らしたり、いい解決策に繋がったりもしてくるでしょう。

質問は整理して聞く

分からないままというのは問題なので、自分で解決できないことは、質問する必要があります。
その質問の際には、きちんと整理して聞くようにしましょう。
何が聞かれているのか分からない質問は、困ってしまうものです。
質問をする前に、あらかじめ整理することで、自分の理解も深まるものです。
短時間で済ませられるように、知りたい部分をできるだけ具体的にして、簡潔にまとめて伝えましょう。
より的確で有益な答えが、短い時間で返ってくるはずですよ。

転職成功の基盤は「学び」と「観察」で築く

転職したすぐの頃は、分からないことはたくさんあっても意欲は満々で仕事に取り組めるものです。
しかし、意欲の方向を間違ってしまうと、せっかくのエネルギッシュな状態も保てなくなる可能性が高くなります。
転職の初期の初期、モチベーションを維持して、空回りを防ぐためのポイントを紹介します。

焦らない!改善や向上はそのあと

何よりも焦らないことが大切です。
変化させたり、改善していく人材として期待があって採用されたとしても、一足飛びは空回りの基です。
転職のはじめの段階では、企業や組織内のことも、業務のことも表面的にしか把握できていないでしょう。
その段階で、改善点が見えても的を射ていないことは多いものです。
深く知っていくことで、今あるものごとや、現状のスタイルがベストという理由も見えてくるでしょう。

確実なひとつを!量や色ツヤはそのあと

転職したすぐの時期は、基盤と基礎固めに注力することが後々の助けになるもの。
多くをこなせなくても、基本を頭と身体に叩き込むことが先決です。
優秀な技術や新しい工夫よりも、まずは、基本をこなせるようになることを優先しましょう。
覚えることはたくさんあるかもしれませんが、ひとつひとつを確実に習得しましょう。
次々に新しいことが入ってくるときほど、必要となる意識です。

思考も行動もフレキシブルに

分からないことが多い時期ですから、考えも行動も柔軟にしておきましょう。
固定観念や自分の意見やスタイルに拘ると、自分の中にも周りとのコミュニケーションにも摩擦が生じがち。
「そうなんだ」と素直に受け入れていくことで、無駄なストレスを減らせます。
その姿勢が、新しい仕事に必要な知識やスキルの吸収を早め、基礎を作り上げる助けにもなるでしょう。
周りに馴染むことも、よりスムーズになるはずですよ。

転職初期を確実な転職成功の足掛かりに!

転職で入社した始めの時期というのは、その転職が成功か否かを左右する大切な時期でもあります。
企業側に転職の成功を任せきりにすることはできません。
自分自身で、より良い働きかける毎日を積み重ねて、成功だったと思える要素に近づいていくことが大切です。
みなさんが、あーこの転職をして良かったと思える日が一日でも多く経験されることを祈っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています