仕事もプライベートも充実させたい20代女性の転職

仕事もプライベートも充実させたい20代女性の転職

いまの20代の多くは「仕事と生活の調和」を目指す「ワークライフバランス」という言葉が浸透しているせいか、仕事とプライベートを充実させたいと考える人も多くいます。
20代女性の場合は、仕事を頑張りながら、結婚や子育てもしたいという人もいて、働き方も「ワークライフバランス」が実現できることが前提になっています。
20代の女性が目指す転職は、仕事もプライベートも充実可能な欲張りな転職です。

20代女性は「ワークライフバランス」が可能な働き方がしたい

就職して数年、仕事が忙しく過ぎてプライベートの時間が取れないと悩んでいませんか。
イマドキの20代女性は仕事も頑張りたいけど、その分プライベートも大切にしたいと思っています。
働くためには休暇もしっかり取りたいし、職場の人間関係も大事にしたいのが最近の20代ですよ。

モチベーションを上げるためにも休暇が必要!

20代の女性が会社に求めることのひとつが休暇の取りやすさではないでしょうか。
休暇といっても有給休暇だけではありません。
将来のことを考えて産休や育休、介護休暇も取れる環境であることを求めているのです。

休暇が取りやすいということは、職場復帰もしやすいということになります。
仕事を頑張るためには働きやすい環境!というのが20代女性の理想といえるでしょう。

和やかな雰囲気の職場で仕事がしたい

和やかな雰囲気で楽しく仕事をしたいのが20代女性の本音です。
楽しく仕事というとまだまだ学生気分が抜けていないようにも感じますが、嫌々仕事をされるよりは良いですよね。
ギスギスした雰囲気のなか仕事をするのはイヤ、厳しく指導すると落ち込んでしまうこともありますが、20代女性が一生懸命仕事をしているのも事実なのです。
社会人としては経験が浅い20代の女性が働きやすい環境とは、和やかな雰囲気で新人のサポートができる体制がある会社でしょう。

20代女性が転職を考えるとき

責任を持って仕事をしたい、仕事を任せてほしいというときに転職を考えるのではないでしょうか。
今の仕事がつまらなかったりやりがいを感じないと、働いていても辛いですよね。
20代の女性は「仕事にやりがい」を求めるとき転職を考えます。

社内にお手本となる先輩がいないとき

「女性が活躍できる社会」といわれていますが、女性が働く環境が整っていない場合も多く、職種によっては、同期の男性社員は仕事を任せてもらえるのに女性はずっと男性のサポート役ということもあります。
周りの先輩を見ていて、新人の頃と仕事内容が変わらない、女性の先輩が活躍できていないと感じてしまうと、仕事を続けていても意味がないのかなと思いますよね。
20代の女性にとって、仕事で女性が活躍しているというのは、仕事に対するモチベーションにもなるでしょう。

結婚や出産、将来のことを考えたとき

結婚をしても仕事を続けたいのに、女性社員は結婚したら仕事を辞めるのが当たり前という雰囲気や、産休や育休の取得実績がないと長く働き続けるのは難しいですよね。
結婚を考えるなら出産についても考えなければならないわけで、職場の待遇次第では、女性がもっと働きやすい環境の職場に転職したいと考えるのも仕方がないかもしれませんね。

ほかにやりたいことがあるとき

20代女性がキャリアチェンジを考えるのは、いま働いている会社でやりたいことができないと思ったときもありますよね。
就職活動が上手くいかず第一希望の職種ではなかった場合や仕事をしていてほかにやりたいことが見つかった場合に、いまの会社ではやりたいことができないと思うのかもしれません。
いまやりたいことを仕事にするというのは、転職理由のひとつになるといえます。

20代女性は転職で有利なの?

終身雇用制度が崩壊しつつあり、転職年齢も上昇の傾向がありますが、転職市場において20代は売り手市場。
企業は若手のキャリア育成も担っていますので、仕事を教えるなら30代より20代のほうが良いとも考えています。
特に女性は、結婚、出産についても視野にいれなければならないので、転職を考えるなら20代のほうが有利かもしれません。

30代よりは未経験でも転職しやすい

20代は仕事を覚える時期ですが、30代になると仕事ができるのは当たり前、むしろ即戦力の扱いになります。
学生の頃に憧れていた職種や業界に転職、いまの仕事とは違うけどやりたい職種があって転職をする場合には、仕事を覚えるという点からも30代よりは20代のほうが有利です。
もし、未経験職へのキャリアチェンジを考えているのなら、20代のうちに転職をしたほうがよいでしょう。

やる気や仕事に対する意欲が重視される

即戦力として、指導者としての存在感やリーダーシップが取れる人材が求められる30代とは違い、20代は仕事を覚える準備段階です。
現場ではやる気や仕事に対する意欲が評価されます。
やる気や仕事に対する意欲は、男女関係なく求められます。
仕事においてもやる気があることを示せば性別関係なく仕事を任せてもらえるということです。
20代女性の転職はキャリアや実績は求められない代わりに、やる気やポテンシャルが重視されると思ってくださいね。

仕事を覚えたいなら20代のほうが有利

新人を育てるなら、キャリアや実績がある30代よりは経験が少ない20代のほうが育てやすいというのが企業の本音ではないでしょうか。
企業にしても会社で活躍する人材はできれば自分のところで育てたいと思っているので。
仕事で成長したい、ひとつでも多くの仕事を覚えたいのであれば30代になってからの転職よりも20代のほうが有利だといえるでしょう。

20代女性は職場環境を重視して転職をしよう

職場環境が良い会社というのは、働く人を大切にしている会社だといえます。
女性社員が働きやすいというのはもちろんですが、一緒に働く男性社員も働きやすい会社であるということが大事なのではないかなと思います。
20代の女性が「ワークライフバランス」を考えて転職を考えるなら、ダイバーシティに積極的に取り組むような、働く人を第一に考えている会社を選んでください。

転職をするなら雇用形態をチェック!

現在正社員の人もアルバイトや派遣社員から正社員を目指している人も転職をするのなら雇用形態は必ず確認してください。
求人のなかには契約社員や紹介予定派遣といった雇用形態もあり、必ずしも正社員の募集ではないからです。
女性は妊娠、出産で産休、育休が必要になりますが、正社員なら取得できても、アルバイトや派遣の非正規ではまだまだ取得できる企業は少なく、取得できても妊娠出産前と同じ仕事ができるとは限りません。
長く仕事を続けたいなら、契約社員や派遣社員ではなく正社員で働ける仕事を選びましょう。

産休・育休の取得ができる企業

結婚や出産を考えるなら、産休や育休取得の実績がある企業を選ぶことが大切です。
産休、育休の実績がある企業なら、復帰した女性社員の働き方もわかるので、自身の働き方の参考にもなります。
働き方やライフスタイルのロールモデルになる女性社員が多い会社なら「ワークライフバランス」を大事にしたいと考えている20代女性も働きやすいですね。

転職エージェントも活用して転職を実現!

20代女性の場合、多くの人は転職活動がはじめてではないでしょうか。
1人で転職活動をするのが不安だという人は、しっかりサポートしてくれる転職エージェントを利用するのもおすすめです。

・待遇や職場環境についての情報収集ができる
・履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策もしてもらえるので、初めての転職でも安心

上で挙げた2点は転職エージェントを利用のおすすめの理由になります。
転職エージェントは企業の情報を集めているので、給与や福利厚生だけではなく、女性なら気になる産休や育休に関しても取得の有無、取得の実績まで教えてもらえるので、待遇や職場環境の情報収集がしやすくなります。
また、意外とわからない履歴書と職務経歴書の書き方の指導や苦手な人も多い面接対策もしてもらえるので、初めての人でも安心して転職活動ができるでしょう。

将来を考えて転職するなら20代のうちに

女性は結婚や出産でライフステージが変わることもあるので、結婚、出産後も仕事を続けたいというのであれば、20代のうちに転職をしたほうが実務経験も積みやすく、キャリアも築きやすいのではないでしょうか。
キャリアアップを考えた場合にも仕事を覚えやすい20代のほうが転職は実現しやすいといえます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています