本音で言うべき?面接での転職理由、OKとNGの違いはどこ?

本音で言うべき?面接での転職理由、OKとNGの違いはどこ?

面接で、転職を決めた理由を尋ねられたら、なんと答えますか?
「キャリアアップを目指して」という理由もあれば、人間関係の問題などナーバスな理由もありますよね。
実は、転職理由は面接で答えても良いものと差し控えたいものに分けられます。
採用面接で転職理由や退職理由を尋ねられた場合の答え方について、解説します。

本音と建て前、転職理由はどっちを言うべき?

「転職を決めた理由を教えてください」という質問、実際に面接で聞かれると答えにくいもの。

誠意を見せて本音で答えるべきか、面接用に「建て前」の転職理由を用意すべきか、迷うこともあるかもしれません。
本音で回答すべきかどうか、まずはそこから解説しましょう。

転職理由で多いのは、ネガティブな理由

転職理由は人それぞれではありますが、中でもよくあるのが、「給与が安い」「休みが取れない」「同僚になじめない」「残業が多い」などといった待遇や環境を理由としたもの。
こうした理由がひとつだけでなく、いくつか積み重なって、転職を決意したという方も多いのではないでしょうか。
「仕事内容にもやりがいを感じられないし、残業は多いし……」というように、不満が積もり積もって辞めるという方は珍しくはありません。

本音で言わなくてもOK!

結論から言うと、転職理由は必ずしも本音を話す必要はありません。
「残業が多かったので退職しました」とストレートに答えてしまうと、「仕事に対してやる気がない人」という印象を与えてしまうこともあります。
また、不平不満をはじめとしたネガティブな転職理由も、応募者自身が「ネガティブな人」という印象を与えてしまう事につながりかねません。
転職理由を「本音」で話すにしても、印象が悪くならないよう注意が必要。
たとえば、いくつかある転職理由から、面接向けの転職理由をピックアップしたり、あるいは転職理由そのものを適切な言葉に言い換えたりといった対策が重要なのです。

「嘘」の転職理由は避けるべき

転職理由は必ずしも本音を言う必要はありませんが、嘘の転職理由は避けるようにしましょう。
経験豊富な面接官の中には、応募者の様子から簡単に嘘を見抜ける「眼」を持った人物もいます。
嘘は不信感にもつながるので、避けたいもの。
ポジティブな文言に言い換えるなどの配慮は必要ですが、嘘の理由を作るべきではないことは覚えておいてくださいね。

面接官はココを見る!転職理由で見られているポイント

転職理由、できれば聞いてほしくないというのが応募者の本音ですが、転職理由から企業側はどういった判断をしているのでしょうか。
転職理由で見られているポイントをおさえ、好印象につながる回答をマスターしましょう。

はたらき方に対する価値観

転職を決めた理由は、退職した理由に通じるものがあります。
その退職した理由というのは、言い換えれば「仕事に対して求める条件」。
たとえば、「残業が多い」という退職理由は、「残業が少ない会社で働きたい」という志望条件にも言い換えることができますよね。
このように、転職理由(退職理由)からは、仕事や働き方に対する価値観が見てとれます。
面接官はこの価値観を聞き出し、自社に合うかどうかが知りたいのです。

仕事に対する責任感

責任感を持って仕事ができるかどうかは、スキル以上に重要なもの。
「仕事と向き合い、きちんとこなすことができるか」はもちろん、「いい加減で業務に支障がでないか」「途中絵投げ出して退職しないか」などについても、面接官はあらかじめ見極めておきたいものです。
短期間での転職という場合や人間関係のトラブルを転職理由として挙げてしまうと、責任感がないとみなされることもあります。
そうならないためにも、転職理由を述べる際は、自らの職責をしっかりと全うできる人という印象を与えるような配慮が欠かせません。

仕事に対する意欲

転職理由は次に向かう意欲でもあります。
「やりたい仕事ができない」という転職理由の場合、「やりがいが欲しい!」「違う分野にチャレンジしたい!」という気持ちの表れでもありますよね。
こうした仕事に対するやる気・意欲をうかがうためにも、転職理由は問われることがあります。
様々な理由が重なって転職を決意したという方がほとんど。
そのいくつかある理由の中から、面接官にやる気や意欲を示せる理由を選ぶようにするとベターです。

どう伝える?本音でOKな転職理由とNGな転職理由

では、実際にはどういった転職理由が好印象で、どういった転職理由は控えた方がよいのでしょうか。
具体的に紹介しましょう。

そのまま伝えてもよい転職理由

面接で転職理由を聞かれた際に、好印象に受け取られるのは、ポジティブな希望やチャレンジ願望です。
たとえば、キャリアアップや自身の専門知識や技術力のステップアップといった理由は面接でも好印象。
その他にも、「正社員としてチャレンジしたい!」という希望も挙げられますね。
こうした理由は、転職理由としてそのまま採用できますが、そのために「なぜ応募先企業を選んだのか」を具体的に話すのもポイントです。
あわせて、現段階のスキルでも十分企業に貢献できる、即戦力になれるというアピールも重要になります。

言い換えが必要な転職理由

一方で、残業や休日、給与などといった待遇に関する理由は、そのまま面接で話すよりは言い換えた方がよい転職理由です。
「残業ありきではなく、もっと効率よく働きたいと考えた」「仕事に対する評価を感じながら仕事がしたいと思った」というように言い換えるようにしましょう。
また、「社風が合わなかった」というのも、気に入らないことを会社のせいにしているように聞こえてしまいます。
この場合、たとえば「前職はトップダウンの傾向が強かったが、もっと若手でも積極的に意見できる環境でチャレンジしてみたい」という言い方が便利。
ネガティブな理由でも、仕事に対する意欲と受け取られるように説明するのがポイントです。

できれば避けたい転職理由

ネガティブな転職理由は言い換えることで面接でも使えることもありますが、それでもやはり避けておきたいものがあります。
たとえば、人間関係などのトラブルはどの職場でも起こりうるだけに「入社後にトラブルになるのでは?」「協調性が足りないだけは?」といった邪推を生みやすいもの。
あらぬ憶測を避けるためにも控えておきましょう。

もちろん、働くことそのものに対して否定的な理由も避けるべき。
退職理由や転職理由はひとつに限られたものではありませんので、面接で言いやすい理由をピックアップしてみましょう。

言い回しを変えて、うまく説明しよう

転職に踏み切った理由を紐解いていくと、きっとひとつではないはずです。
いくつかある転職理由の中から、面接で言いやすいものや、言い回しを変えることで自己アピールにつなげられそうなものをピックアップして、上手に使ってみましょう。
ただし、適当な嘘は不信感につながることもあります。
本音をうまく言い換えるように工夫してみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています