賞与とは具体的に何か

賞与とは具体的に何か
geralt / Pixabay

みなさん賞与とは何かご存知ですか?
賞与とは、基本給の他に支払われる給与のことを指します。
詳しく知らない方もいると思うので、今回は賞与(ボーナス)について解説していきたいと思います。
 

賞与とは

賞与とは基本給の他に支払われる給与のことで、別の言い方でボーナスとも呼ばれます。
日本の企業では夏と冬に支払われることが多いです。企業によってはボーナスが無いこともあります。
賞与があるかないかで働く意欲も変わってくると思うので、企業に応募する際はその企業がボーナス制度を採用しているかどうか先に確認するようにしましょう。

 

賞与が与えられるのはどんなとき?

賞与は、多くの場合全社員に支給されますが、実績に応じて支給される場合もあります。
優秀な社員であればその分多くのボーナスをもらうことが出来ます。
基本給をもとに計算する方法と、業務実績に応じて計算する方法があります。
また、会社全体の業績や景気がいいとボーナスも多いですが、逆に、そうでないときはボーナスが減ってしまうこともあります。

 

賞与額の算出方法

賞与がどれほど与えられるのかは個人が残した実績や会社の状況によって異なりますが、多くの場合、給与の何ヶ月分といった額が支給されます。
例えば、普段の給与額が30万だった場合、会社によって異なりますが、給与2ヶ月分である60万円がボーナスとして支給されます。
会社によっては3ヶ月分や4ヶ月分のボーナスが支給されることもあります。

 

賞与が支給されるのはいつ?

民間企業の場合はボーナスの支給日を企業が自由に設定することが出来るので、企業によってボーナスが支給される日は異なります。
ただ、ボーナスは一般的に夏と冬に支給されることが多いです。
大体6月の終わりから7月の初めまでに夏のボーナスが、12月の初めから12月の中旬にかけて冬のボーナスが支給されます。

公務員の場合、人事院規則によってボーナスが支給される日が規定されています。
公務員の方には6月30日と12月10日にボーナスが支給されます。

 

賞与のメリット

やはり賞与があるかないかで社員のやる気が変わってきます。
より多くの賞与が支給される会社であれば、社員も自ずと働く意欲がわいてきます。
また、貯蓄を増やすことを考えるきっかけにもなります。

ボーナスが支給されるかどうかで良い企業か判断出来るところもあるので、みなさんも出来るだけ賞与が支給される会社に応募するようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています