やっぱり気になる転職後の給料!注意点のあれこれ

やっぱり気になる転職後の給料!注意点のあれこれ

転職を決めるきっかけの一つに、今の仕事のお給料が低く改善したいという動機の人は多いのではないでしょうか?
なるべく条件が良くお給料が良いところに入りたいと誰もが思うものです。
そこで、転職で損しないお給料事情を紹介します。
転職によってお給料を改善したいという人は参考にしてください。

転職で損しないためのお給料事情

転職活動において給料を高めたいと思う人は多いですがどの様にしたら良いのでしょうか。
そもそも面接において中途採用者が給料交渉をしても良いのか、もし、提示された条件がと違っていたらどうしたらよいのでしょうか。

給料交渉はしていいの?

面接において給料交渉はデリケートな問題です。
あまりお給料のことばかり質問したら面接官の印象が悪くなるのではないかと考えてしまい、積極的に交渉をするのを控える人が多いでしょう。
給料交渉自体はしても良いですが、重要なのは交渉を切り出すタイミングです。
二回目の面接などある程度選考が進んだ段階で交渉するのが望ましいでしょう。
その時注意することは、自分のスキルや能力の対価としての給料を要求するようにしましょう。
何もスキルや能力がないのに給料交渉をしたら面接官の印象が悪くなるなるでしょう。

提示された条件と違ったらどうしたらいいのか

企業選びの段階でホームページ等に載っている条件と面接で聞いた内容が違っていたらどうしたらよいのでしょうか?例えば、「残業なし」、「ノルマ無し」とホームページ等に載っていたのに、面接で聞いてみたら全然条件が違うと言うのは良く聞く話です。
対応としては、面接において聞いてみる以外ありません。
その回答で自分が納得できれば良いですが、どうしても納得できない場合は入社を辞退した方が今後のためです。
入社してしまってから交渉をしても改善はとても難しく、良い結果にはならないでしょう。
条件面を含めて企業選びの段階でしっかりとした企業研究をする必要があります。

基本給の他に手当てが出るのか確認する

ホームページや求人雑誌には基本的に基本給しか載ってない場合が多いですが、多くの企業では基本給の他に○○手当てというものが出る事があります。
例えば、営業手当、危険手当、深夜手当など名称は様々ですが、その仕事特有の業務に対して対価としての支払う意味合いのものが多いようです。
基本給の他にもらえるこの手当ての確認は重要です。
基本給が低くても、手当てが高ければそれだけお給料が増えることになるからです。
一概に基本給だけ見て給料を判断するのではなく、面接などで気になった手当てについて聞いてみるのもいいでしょう。

既婚者は給料面をキチンと確認しよう

既婚者は独身者とちがい転職によって給料が変わってしまうことに慎重にならなければなりません。
転職先でお給料が家族の生活に直結するからです。
住宅ローンを組んでいる人はキチンと支払っていけるのか、転職先の企業で五年後十年後の給料がどうなっているのか、企業選びの段階で調べておく必要があります。

転職と住宅ローン

住宅ローンを組みながら転職を考えている人も多いでしょう。
住宅ローンには審査というものがあります。
この審査の基準は自分が属している会社の信用度をもとに行っております。
転職で会社が変わるわけですら毎月支払っているローンの額を将来的に補うことができるお給料をもらえる会社でなくてはなりません。
賃貸とは違い、住宅ローンは簡単に変えることが出来ないので企業選びはしっかりと行いましょう。

会社のモデル賃金を確認しよう

転職先で自分が10年後、20年後にどのくらいお給料をもらっているか誰もが気になるところです。
初めは高い給料でも全く昇給しなけば、給料を改善したことになりません。
また、完全に能力主義で自分次第で給料が変わってくるのでは心構えも変わってきます。
そこで、注目することはモデル賃金です。
これは、新入社員が経験年数によってもらえる年収を表にしたものです。
中途採用者がすべて当てはまる訳ではないですが自分の将来的にいくらもらえるかの参考になります。
すべての会社が発表しているわけではないですが、もし発表していれば必ずチェックして下さい。

転職活動の成功の秘訣はこだわりすぎないこと

誰もが気になる転職にまつわるお給料事情を紹介しましたが、転職の成功はお給料を上げることだけではありません。
人によって何を成功と思うか様々ですが、お給料が上がっても仕事にやりがいや生きがいを感じなければ意味がありません。
転職を成功させる秘訣はすべてにこだわりすぎないことです。
お給料にこだわりすぎても、仕事内容にこだわりすぎても上手くいきません。
自分が妥協できる範囲を見極めて企業選びに幅を持たせることが大切です。
転職を自分を見つめる良い機会だと捉えて、自己分析から企業研究をしっかり行えばきっと自分にあった会社を選ぶことができるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています