面接後のお礼状の書き方について

面接後のお礼状の書き方について
Unsplash / Pixabay

書類審査が通り、面接までたどり着き、やっとの思いで臨んだ「面接」。
面接後、あれこれと思い返してみると、もう少しこう言えば良かったなどと反省点も出て来るもの。
自宅に戻り、改めて面接の機会を頂いたことの感謝を伝えたい、さらにもう少し気持ちを伝えたい。そう思ったらお礼状を書くのも良いでしょう。

 

「お礼状」とは?

「礼状」とは、相手に対して、文字通りお礼を述べた書状です。相手に感謝の気持ちを伝える書簡でもあります。
面接の場合なら、面接をして頂いたお礼を書いた文書ということになります。
お礼を述べるシーンは、面接に限らず、日常でもさまざまなシーンでありますね。
例えば、大学入学したとき、「お祝い」をいただきませんでしたか?
就職活動をするにあたり、個人的に先輩や経験者に時間を作っていただき話を聞いたりしませんでしたか?
そのようなときに、お礼状をさっと書くことができたら受け取った方も嬉しいはずです。
また同時に、素敵な行為ができる人という印象を持たれるでしょう。

 

お礼状をおくるときのポイント

お礼状をおくるときは時期を逃さないのがポイントです。もっと言えばできるだけ早く。
面接の場合は、すぐに、遅くとも当日中に書いた方が良いでしょう。

時間が経てば経つほど、あなたへの記憶はもちろんのこと、審査が始まってしまう可能性があります。早い企業なら当日合否を出す場合もあるでしょう。

手書きが良い?メールが良い?

一般論で言えば、書き手らしさが出る手書きが魅力的ですが、面接のお礼の場合は、早いことが大事です。「手書き」で郵送では時間がかかり過ぎますね。
転職の面接の場合は、学生の就職活動よりも、合否の結果が早い可能性が高いです。
「早さ」の観点からいうと「メール」が良いことになります。

また、企業によっては「手書き」よりも「メール」の方が良い場合もあります。
例えば、IT企業や外資系企業であればスピード感が大事です。決まりはないですが、その辺は自分が受けた会社の性質を考えて選択しましょう。

お礼状を書いて送る時の注意点

当たり前ですが、とにかく誤字や脱字など間違いのないよう書いて送ること。
全部書いたら必ずチェックしましょう。
メールの場合は、何といっても送信先の間違いは最大のミスになります。
全て書き終えてから、最後に確認しながらアドレスを入れる方がよいかもしれません。
この他いくつか注意点をあげていきましょう。

宛名

職歴が短い方や対外的な文書をあまり作成したことがない方などは注意してください。
宛先が、企業名・部署名の場合は「様」でなく「御中」と書きます。
例)〇〇社 (御中)/ 〇〇社 〇〇部 (御中)
個人名まで書く場合は、「様」で大丈夫です。名前がわからない場合は、「ご担当者様」でもOKです。

件名は必ずいれること

企業にはたくさんのメールが送られてきます。件名を見て、重要でないものはメールを開かない場合もあります。
「件名」は、入れるのがマナーであり、一目で見てどんなメールか、しっかりわかることがポイントです。件名には、用件と名前は入れましょう。

本文の内容

まずは、いつ面接を受けた誰なのかを書きましょう。
続いて、面接のお礼を率直に書きましょう。
その上で、面接で感じたことや改めて志望したい気持ちなどを簡単に添えて長くならないように気をつけましょう。

最後に署名

メールの場合は、住所や連絡先、名前の他、肩書があれば入れた方が良いですね。

 

お礼状はやっぱり送るべき?

転職の際、学歴やスキルのある人が有利かもしれませんが、それ以上に会社側の人たちが、一緒に働きたい人かどうかが重要です。
業種によっても選考のポイントは違うと思いますが、一緒に働きたいと思ってもらえたらその要素は大きいはずです。

お礼状で合否が覆ることはないにしても、プラスに作用する場合は無きにしもあらずです。
例えば、採用で、甲乙つけがたい状況があったとき、「お礼状」の存在はプラスに働くかもしれません。
そこで、あなたの人間性が伝えられたら、マイナスにはならないでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています