好印象を狙うには?転職面接に「私服」で行く場合のマナーと服装の選び方

好印象を狙うには?転職面接に「私服」で行く場合のマナーと服装の選び方
Engin_Akyurt / Pixabay

転職面接に私服で来るように言われたら、何を着ていきますか?
個性が出る私服は、面接の印象を大きく左右することもあります。
好印象につながる服装の選び方と、私服のマナーについて紹介します。

 

「私服で」と言われたら?転職面接の「私服」の定義

面接と言えばスーツが定番ですが、中には「私服で」来るように言われることも。
そもそも、なぜスーツではなく私服なのでしょうか。

「私服」で来させるのはなぜ?

私服で面接を行う企業は、インターネットやマスコミ、アパレルなどといった業界が多いと言われています。
どちらかというと、クリエイティブな業界の方が私服で面接を行う可能性が高いでしょう。

私服で来させる理由としては、「ファッションセンスを見たい」「リラックスして面接に臨んでほしい」など色々考えられますが、大きく言うと「社風に合うかどうか」が見られていると考えておけばOKです。
「自由な社風」をアピールしたい企業の場合は、「自由さ」「カジュアルさ」を分かってもらうために「私服で」とする企業もあります。
中には、企業HPや求人サイトで社内の様子を公開しているところもありますので、社風やスタッフの服装を見てイメージをしておくのもおすすめです。

ビジネスシーンではある程度「フォーマル」が求められる

「私服で」と言われたからといっても、休日の普段着の様に、何を着ても良いというわけではありません。

面接は、ビジネスの場です。
そして、ビジネスの場では、ある程度フォーマルな装いが求められるもの。
つまり、面接における「私服」はスーツではないにしても、ある程度の節度が求められることは忘れてはいけない、大切なポイントです。

面接ではオフィスカジュアルが一般的

私服で面接に伺う場合は、一般に「オフィスカジュアル」と言われる服装を心がけるのがおおすめです。
オフィスカジュアルは企業によって異なるため、定義付けすることが難しいのですが、一言で表すなら「キレイめ」の服装といったところでしょうか。
面接では、カジュアルすぎでも「軽い」印象を与えかねませんし、色味がなくシック過ぎては「暗い」印象を与えてしまう事もあります。
さわやかで清潔感のある装いを心がけることも、私服面接の大切なポイントです。

 

転職面接の私服は何がおすすめ?男女別、衣服の選び方

「オフィスカジュアル」が一般的とされている私服での面接。
実際にはどんなアイテムを選べばよいのでしょうか。
男女別に、選び方のポイントを紹介します。

男性はシャツにジャケットが無難

男性のオフィスカジュアルでは、シャツにテーラードジャケットがおすすめです。
夏場であれば、クールビズ同様に、シャツやポロシャツ一枚でも問題ありません。
一方、秋冬であれば、ジャケットの中に薄手のニットを着用するケースもあります。

先述したように、面接は公式の場ですので、私服とはいえジーンズは不向きです。
ボトムスは、チノパンなどでまとめるようにしてくださいね。

女性は比較的自由度が高い

女性のオフィスカジュアルは、男性に比べ自由度が高いので比較的選びやすいもの。
トップスには、ジャケットやカーディガン、ブラウスなどを持ってくるのがおすすめで、スカートでもパンツスタイルでも結構です。
特にこれといった指定はないのですが、スカート丈が短すぎたり、胸元が開きすぎたりしている服装は避けたほうがよいでしょう。
女性は特に、顔周りにくる色を明るめのトーンでそろえると、表情も明るく見えるのでおすすめですよ。

足元は革靴やパンプスがベター

私服面接では、足元にも注意が必要です。
転職面接となると、ある程度「大人の装い」が求められることもあり、男性の場合は、スニーカーよりは革靴が選ばれています。
デザインは控えめなものがベターで、先の尖った革靴はできれば避けたいですね。

一方、女性はというと、ピンヒールやサンダルはやはり面接には不向き。
黒いパンプスである必要はありませんが、ヒールのあまり高くないパンプスを選ぶのがおすすめです。

 

避けるべきコーディネートは?転職面接の私服で注意したいポイント

転職面接で心がけたいのは以下の4点。
好印象を逃さないためにも、コーディネートの参考にしてみてくださいね。

ゆったりしすぎはNG

面接で着用するアイテムは、体型に合ったものを選ぶようにしましょう。
ゆったりした服装では、のんびりした印象やだらしのない印象につながる懸念があります。
ジャケットはもちろん、シャツやブラウスなどのサイズ感にも気を配るのがポイントです。
特に、袖の長さや首元には注意しましょう。

清潔感は必須

印象が大きくものを言う面接では、清潔感は必須です。
真新しいものを身に着ける必要はありませんが、きれいに洗濯されたもので、しわやよれがないものを選びましょう。
靴もきれいに磨いた上で面接に臨むのがポイントです。

男性は時計以外のアクセサリーは控えめに

私服は自己アピールするための道具ではありませんので、過度に目立つ必要はありません。
そのため、男性の場合はアパレル業界でもない限り、腕時計以外のアクセサリーを過剰に身に着けるのはNG。

女性はある程度のアクセサリーは許容されますが、大ぶりのものや主張が強いものは控えた方が無難です。
あくまでもビジネスの場であることを忘れないようにしましょう。

かばんはA4サイズが入るものを

私服と言われるとつい気が緩みがちですが、面接ではかばんのサイズにも気を配りたいところ。
面接では、会社概要などの資料をもらうことがありますので、その資料が折らずに入るかばんがおすすめです。
A4サイズが入るかばんを選びましょう。

 

TPOをわきまえた「私服」を選ぼう

転職面接ともなると、学生とは違い最低限のビジネスマナーがなっていないと、幼く頼りない印象を与えたり、悪目立ちしたりとネガティブな印象につながります。
面接は公式なビジネスの場ということを考慮し、「私服で」と言われた場合でもTPOをわきまえた服装で臨むのが正解です。
とはいえ、あまり難しく考えすぎなくても大丈夫!
清潔感を意識したビジネスカジュアルを心がけていれば、過度に心配する必要はありませんよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています