直ぐにでも転職を考えるべき理由はこれだ!

直ぐにでも転職を考えるべき理由はこれだ!

様々な働き方がある中で転職する人も多くなってきました。
転職する理由は人それぞれですが、本当に転職しても良いのか迷っている人もいるかと思います。
そこで、会社がこんな状態だったら直ぐにでも転職を考えた方が良いと理由を紹介します。
もし、当てはまっていると思った方は参考にしてください。

こんな理由だったら転職を考えよう

転職をする人の動機は主に二つあります。
一つ目は、自分のスキルや能力を向上させ違う会社や業界でチャレンジしてみたいという前向きな理由です。
二つ目は、自分の能力とは無関係に会社の業績が悪化して給料や待遇に影響し始めて、不満を持って転職をする人です。
二つ目の理由で転職した人はどの様なことに不満を持っていたのでしょうか?
三つの例を挙げて説明します。

給料が遅延し始めた

給料が遅延し始めたことで会社に不安を覚え転職した人がいます。
労働基準法において給料は毎月、一定日に支払わなければならないと定められてます。
当然会社はこの原則を守らなければいけません。
給料が遅れるということは会社にとって支払う能力がないか、労務管理体制がずさんなことを意味します。
労働者にとって生活の基本である給料を払えない会社に勤めている場合は、直ぐにでも転職を考えた方が良いでしょう。

社員が定着しない

あなたの会社は新入社員が入ったと思ったらすぐに辞めていく、やたら中途採用ばかりやっていると思ったことはありませんか?
それは、転職を考えるサインかもしれません。

大量の新入社員や中途採用の理由は二つあります。
業務拡大とともに新しい部署やプロジェクトが増えたために人材を募集しているケースと、新入社員がすぐに辞めてしまい常に人不足になっているケースです。
社員が定着しない原因は色々ありますが、なんらかの事情があると疑った方が良いでしょう。

長時間労働が当たり前

これは、社員が定着しないことにも通じることですが、社員が辞めてしまった事で生じる穴を誰かが埋めなくてはなりません。
営業の場合は自分の担当の他に辞めた社員の担当が増える場合もありますし、販売の仕事の場合はその分の売り上げを求められたり
と、しわ寄せが既存の社員に来る可能性があります。
当然既存の社員は残業や休日出勤で対応するわけですから、会社全体が長時間労働になってしまう雰囲気になるかもしれません。
一時的なことなら問題ないですが、それが常態化しているような会社の場合は注意が必要です。

転職を始める前にすべきこと

給料の遅延や長時間労働が常態化しているなど転職を考えるサインがででいて、転職を決意したら色々な準備する必要があります。
そこで、転職活動を始める前にしておくべきことをご紹介します。
すぐにやめるのではなく、準備をすることで、効率よく、また納得いく転職をすることができるでしょう。

直ぐに会社を辞めてはいけない

転職のサインが出ていてもすぐに辞表を出してはいけません。
年齢が若いことや特別なスキルを持ってるなどで状況が違いますが、転職は働きながら行った方が良いでしょう。
その理由は色々ありますが、まず生活が安定していないと安心して転職活動に取り組めないからです。
今いる企業に不満を持っていても給料が出ている限りは働きながら時間を見つけて活動しましょう。

自分のスキルを把握しよう

転職活動は、転職を決めた自分を客観的に見つめることから始めましょう。
今までの仕事で培ってきたスキルや能力が他の会社でどの程度の通用するのか把握する必要があります。
あなたがが思っている評価と世間一般の評価がかけ離れてしまっては企業選びの段階で失敗してしまう可能性があります。
転職は準備段階でほとんど決まってしまうと言われていますので、しっかりとした自己分析から準備するようにしてください。

前職の不満を転職理由にしてはいけない

転職の面接において定番の質問に「なぜ今いる会社を辞めるのですか?」というものがあります。
その質問に対して「給料が低かった」、「長時間労働が嫌だった」など前職の不満を言ってはいけません。
本音はそうかもしれませんが、面接官の印象としてはまた同じような不満を持つかもしれない、うちに入ってもすぐ辞めてしまうのではないかと思われてしまう可能性があります。
それよりも、希望する企業でこんな仕事がしたい、自分のスキルや能力がこんな仕事でいかせるなど前向きな志望動機を語った方が良いでしょう。

転職は自分を高めることが前提で活動しよう

転職する人の理由は様々ですが、せっかく転職するなら自分が成長できるような会社に入りたいものです。
転職することを 今いる会社の不満だけでを理由するのではなく、自分の能力を向上させ新しい環境でチャレンジする良い機会と捉えて新卒で就職した気持ちにもう一度戻り、一からやり直すための良い機会だと捉えてる必要があります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています