会社説明会出席時のマナーや服装について

会社説明会出席時のマナーや服装について
greekfood-tamystika / Pixabay

会社説明会は、「選考には関係ありません」といっても、説明家に来られた人事部の方々は、学生の顔や名前をなにげにチェックしています。 どうやら、ただ会社の説明を聞く場ではないような感じがします。
聞く態度があまりにも悪い学生は、その時点で選考から外されてしまうこともあるそうです。
今日は、そんなマナー違反になることなく、必ず押さえておくべき会社説明会での服装含めてのマナーを説明していきましょう。

 

会社説明会の服装マナーについて

まず1番最初に目に付くのが、服装です。これが失敗していると、マイナスの第一印象を与えてしまうかもしれません。
スーツが基本ですので、指定がない、もしくは、自由な服装での場合は、スーツで行きましょう。 私服で言われた場合は、ビジネスカジュアルで行きましょう。

男性の場合

髪型は、出せれば、おでこを出して、清潔な印象にまとめましょう。
スーツは、紺・黒・灰などの地味な色で、シングルタイプで2つボタンまで止めるようにしましょう。清潔に見えるようにスラックスの折り目はしっかりと、アイロンを忘れないようにしましょう。
ワイシャツは、白。襟のカラーはレギュラータイプが1番、誠実に見えます。
ネクタイは、えんじ・青色がおすすめで、柄はストライプか無地を選びましょう。
袖は、スーツから1.5cmほど出して白を覗かせましょう。
靴は、プレーンな黒で、綺麗に磨いておきましょう。
カバンは、黒が無難です。A4の種類が入るサイズで、横にならないものを選びましょう。

女性の場合

髪型はまとめて、おでこを出して、耳を出して清潔な印象にまとめましょう。
スーツは、紺・黒・灰などの地味な色で、ブラウスは開襟タイプの白を選びましょう。スカートは膝の位置がベストです。
ワイシャツは、白。襟のカラーはレギュラータイプが1番、誠実に見えます。
ネクタイは、えんじ・青色がおすすめで、柄はストライプか無地を選びましょう。
袖は、スーツから1.5cmほど出して白を覗かせ、爪は、肌色や透明に近い色にしましょう。
ストッキングは肌色を選んでください。伝線時の予備を忘れずに持ちましょう。
靴は、プレーンな黒で、綺麗に磨いておきましょう。
カバンは、黒が無難です。A4の種類が入るサイズで、横にならないものを選びましょう。

最低限持っていったほうがいい持ち物

持ち物に不足があると、思わぬ失敗をしてしまうことがあります。
筆記用具一式(シャープペンシル・ボールペン・消しゴム・修正液)とメモ帳かわりになる、A4サイズのノートとスケジュールは、忘れないようにしましょう。
また、頂いた資料を折らずに持ち帰れるようクリアファイルと、事前に配られた資料があれば、持参しましょう。
ハンカチやティッシュ、女性であれば予備のストッキングなどももって行きましょう。

会場に入るときのマナー

5~10分前の会場到着を目標にしましょう。早過ぎると、会社側が会場の準備ができていない場合がありますので、早く着いたら、少し会場の前で待ちましょう。
会場に入る前に、コート・マフラー・手袋を脱いでおきましょう。コートは4つ折りにして、片手にスマートに抱えるようにしましょう。
受付では、丁寧にお辞儀をしましょう。「△△です」名前をはっきり名乗ることも大事です。最後に、資料等を頂いたら、「ありがとうございます」のお礼を言うのを忘れないようにしましょう。

説明会を聞くときのマナー

なるべく、前の方から座りましょう。カバンは椅子の脚に立てかけるように置きましょう。
座っている時に、脚を組んだりなど、だらしない態度をしないように注意してくださいね。
特に、スマートフォンなどはいじらないよう、会場前に電源を切っておくのを忘れないようにしましょう。
説明している人を見て、適度にうなずきながら傾聴されるのがベストです。
志望動機・自己PRに使えそうな材料はメモされるといいでしょう。言葉をメモするだけでなく、自分のコメント・感想もつけくわえると、後で、面接や応募するときに、役に立つことがあります。
説明会は、思ったより長い時間を緊張した姿勢で座って聞くことになります。時間が後半になってくると、背もたれによりかかりすぎたり、頭や体をかく、肘をついたりと、無意識な普段の癖が出ないよう気をつけましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています