アルバイト経験のみの職務経歴書を「魅力的に見せる」書き方とは?

アルバイト経験のみの職務経歴書を「魅力的に見せる」書き方とは?
StartupStockPhotos / Pixabay

アルバイト経験のみでも職務経歴書は必要!

いよいよ正社員への応募。企業から「職務経歴書を提出してください」と言われたらどうすれば良いでしょうか?ここでは、アルバイト経験のみの方へ、職務経歴書の記入方法を解説します。職務経歴書の効果的な書き方は、それまでの職歴によって異なります。アルバイト経験をアピールできる職務経歴書を完成させましょう。

新卒入社の場合は職務経歴書は不要

「職務経歴書」はその名前の通り、どのような仕事を経て今に至るか?という書類です。新卒入社を目指している方は提出する必要がありません。

もちろん、学生時代に経験したアルバイトも職務経歴書に記入しません。新卒採用の方は職務経歴書ではなく、履歴書と面接対策に注力しましょう。

正社員の経験があればアルバイトは記載しない

社会人になってからアルバイトと正社員、両方の経験がある方は、職務経歴書にアルバイトは記載せず正社員の経歴のみを書きましょう。

アルバイト経験のみの場合、アルバイトを記入する

アルバイトのみの経験しかない方は、そのアルバイト経験を職務経歴書に書きます。アルバイト経験しかなくても、職務経歴書の書き方次第でしっかりアピールできるので問題はありません。前向きな気持ちで職務経歴書をつくっていきましょう。

アルバイト経験のみの経歴でも、正社員で勤務していた経験があっても、企業は戦力になれば良いのです。アルバイト経験のみでも堂々と戦力をアピールすべきです。

アルバイト経験のみだからこそ職務経歴書が重要

アルバイト経験のみであっても職務経歴書を提出しないのはお勧めしません。むしろ、アルバイトだからこそ職務経歴書をしっかり書いていく必要があるのです。

ライバルのなかには、正社員経験者や業界経験者も多くいることでしょう。履歴書のみの提出では書類審査で落とされてしまい、面接までたどり着けないかもしれません。

アルバイト経験しかない方は、いかに職務経歴書でアピールして「面白そうな人材だな」「少し話を聞いてみたい」と思わせるかが勝負といえます。そのためにも職務経歴書に注力しましょう。

採用担当者の不安を解消する書き方を

当然のことながら、アルバイト経験のみでも仕事の能力が高かったり、コミュニケーションが得意な方もいます。事実、フリーターから大手へ正社員で採用というケースは多くあります。しかし、採用担当者のなかには「大丈夫なのか?」と不安に感じる方もいるでしょう。そのため、不安材料を補う職務経歴書の書き方を考える必要があります。

「正社員として責任を持てる」ことを伝える

アルバイトは正社員と比べ、一般的に責任が軽いと言われています。企業としては正社員で採用した後、アルバイト感覚ではなく、正社員としての自覚を持って仕事に当たれるかを心配しています。

そこで、職務経歴書では「正社員として責任を持って仕事をします」という意思を伝える書き方が必要です。アルバイトでリーダーやチーフ経験があったこと、特別な心構えを持って仕事をしていたこと、アルバイトに求められる以上の働きをしていたこと、などがあれば記入すると効果的です。

職務経歴書は見やすく綺麗に

レイアウトやフォントを使いこなして作成すると、見やすく伝わりやすい職務経歴書に仕上がります。文字サイズに差を付けたり、紙面を効果的に使えるようにレイアウトを見やすくします。

少し手間をかけることになりますが、ワードやエクセルの操作方法を調べながらレイアウトとフォントを調整してみましょう。採用担当者に内容が伝わるとともに、手間をかけたことで思い入れも伝わります。

経歴や退職理由は正直に書こう

職務経歴書の内容を偽るのはやめておきましょう。たとえば、アルバイトなのに正社員だったと記載するのはお勧めできません。それが何らかの理由で応募先に伝われば、内定がなかったことになってしまうかもしれません。アルバイトであっても、効果的に職務経歴書を仕上げることは十分に可能です。

また、退職理由に関しても明らかなウソを書くのはやめておきましょう。しかし、あまりにも正直に書きすぎるのも問題です。たとえば、人間関係に馴染めなくて転職したケースでは「うちの会社でも同じことになるのでは」と不安材料を与えることに。

ではどうすれば?「給料の未払金があったので転職した」などとウソをついては迷惑をかけてしまいます。このようなケースでは「培った経験を活かせる新たな環境に身を置きたいと考えました」などと、プラスに言い換えるのがお勧めです。

アピールにならない無駄な内容は書かない

よくある失敗に、アピールにならない内容まで記入してしまうことがあります。書かないより書くほうが良いだろうということで、何から何までギッシリ書いてしまうのです。大切なのは、アピールすべきポイントを強くクローズアップすることです。意味の薄い内容と、アピールすべき意味の濃い内容を分けて考えて記入しましょう。

アルバイト経験のみでも戦力として通用することをアピール

アルバイトなのに、正社員と同じ仕事内容をこなしていた方もいるのではないでしょうか?そのようなケースでは、同じ業界への転職であれば即戦力として通用することも。

このような強みは、こちらが思っている以上に企業にとって有益なこともあります。戦力になることをしっかり職務経歴書でアピールすることが大切です。

経歴よりも自己PRを重視する

アルバイト経験のみの場合、経歴で勝負するのではなく自己PRで勝負するのがセオリーです。経歴に関しては、関係の深いものやPR材料となるものを簡略に列挙すれば十分。あとは自己アピール欄を充実させましょう。

例えば飲食店への転職を目指しているのであれば、飲食店のアルバイト経験、飲食店を志すきっかけがあれば深く記載し(仮に工場でのアルバイトを頑張ったとしても)、飲食店でのアルバイト経験を取り上げて自己アピールするほうが効果的です。

正社員として働く意欲や日々の努力を必ず見せる

「いままではアルバイトしかしなかったが、これからは違う」ということを採用担当者に伝えることが大切です。心境の変化や、いままでとこれからの区切りの考え方を記載すると説得力が高まります。

面接で話すからいい?このようなことは、面接でアピールする機会や時間がないこともあります。職務経歴書でしっかり伝えておきましょう。

経験はなくともスキル・資格があることを示す

学歴や経歴などを重視する採用担当者もいれば、スキルや資格を重視する採用担当者もいます。後者のタイプの企業や採用担当者に対しては、アルバイトだからといって不利にならない場合も。即戦力が求められるケースでは、なおさらスキルや資格を重視の傾向です。

アルバイト経験でどのようなスキルを習得したかを整理し、応募先企業の立場からメリットになりそうなことであれば積極的にアピールするべきです。自身ではなく、応募先企業の目線から考えることが大切です。

資格はとくに保証されたスキルといえるので、業界と関係のある(企業にとってメリットな)資格についてはしっかり示しておきましょう。

アルバイト経験の中で得られたことを具体的に書く

アルバイト経験のなかで学んだこと、得られたことを具体的に示しましょう。コツとしては、事実と根拠をしっかり示すことです。「なるほど、これなら納得だ」と思わせれば成功です。

「仕事をしていくなかで接客について学ぶことができました」と書くよりも「さまざまな年齢、性格のお客様に商品の説明をしてまいりました。そのなかで徐々に接客というものを学び、お客様にも納得していただけるようになりました」と書くほうが具体的かつ、面接官の心に刺さるメッセージとなります。

アルバイト経験のみだからこそ、職務経歴書で勝負しよう

ここまで、アルバイト経験のみの方の職務経歴書の書き方を説明しました。職務経歴書の書き方とはいえ、心構えのようなものも多く挙げました。そのような基本的な姿勢こそが大切と言えるでしょう。上記を参考にし、アルバイト経験での強みを伝えられる職務経歴書を提出しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています