派遣期間にあわせて退職した場合の退職理由について

派遣期間にあわせて退職した場合の退職理由について
ASTemplates / Pixabay

派遣として働いている場合、派遣期間というものがあります。
この派遣期間満了時に、会社都合で退職をすれば、失業給付がすぐにもらえると思い、退職をすることも多いかと思います
いざ、契約満了での退職にも関わらず、届いた離職票も届いて書いてある内容を確認して、離職理由が、契約満了となっているにも関わらず、退職理由が「自己都合」となっている場合があります。
その場合、失業給付も数ヶ月先からの開始となってしまうわけです。
はたして、「会社都合」の退職にならなかったのはどうしてなのでしょうか?
今日は、派遣期間にあわせて退職した場合の退職理由について、お話ししたいと思います。

 

派遣期間にあわせて退職した場合の退職理由について

派遣期間満了で退職された場合で「会社都合」で退職したと思っていたのに、離職票が届いた時点では、契約満了で、「自己都合」の退職理由が記載されていた場合、考えられることは、 派遣会社側から、今後の派遣先を紹介されているのではないかと思われます。
その場合ですと、自ら契約の終了を申し出た場合には、「自己都合退職」として扱われることになってしまうからです。

逆に契約満了での退職となり、企業側から契約の終了を告げられ、ここまでは、一緒ですが、さらに、その後派遣会社からも仕事の紹介ができなかった場合については「会社都合退職」扱いとなります。
恐らく、契約満了時に、派遣会社からの継続の話があったかと思われますが、それをお断りしたことで、自分の意思で、退職をしたこと考えられてしまうことが原因と考えられます。残念ながら、この場合は「自己都合退職」ですので、失業給付はすぐには出ないことになります。
失業給付に関しましては、給付制限が掛かりますが、一定の期間内に転職先が決定すれば、再就職手当を受け取ることもできます。詳しくはハローワークにご確認いただければと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています