在職中の企業に問合せを行なうことはあるのか

在職中の企業に問合せを行なうことはあるのか
JESHOOTS / Pixabay

転職活動をしていることを、今働いている会社には知られたくないことが通常、多いかと思われます。

ですが、内定後や選考途中などで、応募者の働きぶりや性格などを、応募者が勤務している会社へ、問い合わせが入ることがある場合があると人づてに聞いて心配されることもあるかと思います。

聞かれて困るようなことはしていないけれど、もし、同じ業界で転職活動を進めていたとしたら・・・・・・。

そのような問い合わせが入った場合、「転職活動をしているのでは? しかも、他企業に応募して・・・・・・そんなに嫌だったのかな?」と気づかれてしまうことや、今の仕事場での人間関係など心配になってきますよね。

実際、そんなことはあるのでしょうか?
今日は、在職中の企業に問合せを行なうことはあるのか?について考えていきたいと思います。

 

在職中の企業に問合せを行なうことはあるのか

本来、在職中の企業に問合せを行なうことはほとんどありません。

ご心配であれば、就業中であることや転職の意向は今の会社には伏せていることを、面接時に伝えられると安心かと思われます。

離職した会社への問い合わせ

ただ、離職中の場合に限っては、選考の過程で「前職調査」といって、前職の職場に退職理由などを確認するケースがあることはあります。

「前職調査」とは、会社が、就職希望者の前職の状況を、信用会社に依頼するか、前職先に直接電話などして確認することです。

聞かれる内容は、退職理由はもちろんのこと、健康状態であったり、前職での仕事のスキルなどの経験値や、勤務状況そして評判です。
どのように答えられるかは、会社次第です。ただ、昔は、大企業を中心に行われたそうですが、現在は、個人情報保護法が厳しいため、ほとんどの会社ではおこなわないようです。なぜなら、「前職調査」をおこなう場合は、書面で本人の同意を得る必要があるからです。

そのため、現在は、実施されるとしても、信用が第一の警備や銀行、証券など金融関係の業界限定だといえるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています