リファレンスチェックとは

リファレンスチェックとは
jarmoluk / Pixabay

リファレンスチェックとは何かご存知ですか?
企業側が応募者に関する情報を第三者から引き出すことを言います。
今回はリファレンスチェックについて解説していきます。

 

リファレンスチェックとは

リファレンスチェックとは企業が企業の求人の応募者について応募者の元同僚や上司に対して勤務態度や退職理由などを問い合わせることを指します。
企業側としても応募者が採用する人材として適切かどうか確認する必要があるからですね。
応募書類を見るだけでは分からない生の声を元同僚や上司に問い合わせることで聞き出すことが目的です。
また、応募書類に書いてあることに虚偽の情報が含まれていないか確認する意味合いもあります。

 

リファレンスチェックで企業が主に確認すること

企業がリファレンスチェックする際に確認することとして挙げられるのが、

・応募者の以前の経歴
・応募者の人柄
・応募者の退職理由
・再び応募者と同僚が働きたいと思うか
・働いているときにトラブルを起こしたことはないか

やはり企業側としても採用する前の最終チェックとして確認しておきたいことを問い合わせることが多いです。
面接や経歴等では分からないこともあるので、リファレンスチェックは企業側から見て必要なのでしょう。

 

リファレンスチェックのやり方

リファレンスチェックは企業側が直接応募者の関係者に問い合わせるやり方と、応募者自らリファレンス結果を企業側に問い合わせるやり方があります。

 

リファレンスチェックによって内定が取り消されることも

リファレンスチェックが行われる場合、ほとんどの場合内定が確定しているといえます。
ですが、リファレンスチェックによって得られた情報が企業の採用規準を満たさなかった場合、内定が取り消されることもあります。
通常通り働くことが出来ていれば何の問題もありませんが、社内で問題を残したり、強制退職させられたなどの過去があればリファレンスによって採用を断られることもあるので、くれぐれも勤務態度には気をつけるようにしましょう。

 

リファレンスチェックを採用している企業

基本的に外資系企業の多くがリファレンスチェックを採用しています。
外資系企業で働きたいと考えている方は出来るだけ転職する前に勤めている企業でも良い印象を残すように気をつけましょう。
せっかく就職するチャンスを手にしても、リファレンスチェックによって内定が取り消しになってしまっては元も子もありません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています