会社説明会に参加する際の服装について

会社説明会に参加する際の服装について
089photoshootings / Pixabay

企業側の説明会を行う会社説明会、「普段着でも問題ありません」と説明を受けることあります。 はたして、これは鵜呑みにしてもいいものなのでしょうか?
それとも、逆に、会社説明会にリクルートスーツで参加してもいいのでしょうか。新卒ではない場合、周りが普通のスーツで、その中で自分だけだと思うと・・・・・・なんとなく不安になりますね。
今日は、会社説明会に参加する際の服装について考えてみましょう。

 

会社説明会に参加する際の服装について

会社説明会では、本来、会社の説明を聞きにいく場でありますので、担当者との挨拶や話を聞く態度などに気を付けていただければ特に問題はないものです。
ただし、企業によっては、筆記試験や面接等を実施するところもあるかもしれません。
その場合、会社説明会も選考の一部であるという認識で、しっかり準備して出席した方が無難と言えるでしょう。
また、服装に関し、企業から普段着でも良いと説明があったとしても、多くの応募者はスーツを着用してくるのが一般的です。
ビジネスマナーを踏まえた服装という意味から、スーツの方が無難と考える人が多いようです。参考にされるといいでしょう。

ただし、リクルートスーツでも、オフィスカジュアルスーツでも、どちらもで大丈夫であると思われます。どうしても、不安になるのであれば、リクルートスーツでの参加であれば安心であるといえるでしょう。

男性のカジュアルスーツの場合

男性の場合のスーツの色は、黒やグレーのシンブルボタンを選ばれるといいでしょう。その次が濃紺で落ち着いた感じにすれば、問題ありません。汚れやシワがあったり、ズボンのプリーツがなかったりすると、だらしない印象を受けますので気をつけましょう。
ワイシャツは白着用がいいでしょう。ストライプであるなら、小さいものを選びましょう。
ネクタイは、スーツやワイシャツが無地の場合は、ネクタイは小さいストライプか、ドット柄なら大丈夫です。
逆にスーツや、ワイシャツが柄の場合は、ネクタイは無地を選びましょう。

女性のカジュアルスーツの場合

女性も白ベースのブラウスに、カジュアルスーツの色は、黒かグレーがベストです。スカートは立ち姿勢で、膝上くらいにしましょう。真面目さと清楚感があるように見られます。
パンツの場合は、活発で、自発性がある印象になります。
どちらがいいかは、応募される企業によって選択されるといいですが、だらしなく見えないよう、ジャストサイズを選びましょう。
企業概要の説明を受けるチャンスはそれほど多くありませんので、疑問点などは全て確認できるよう準備して参加されることをおすすめいたします。なお、選考前の会社説明会であっても、服装のほか、挨拶の仕方や話の聞き方などは、しっかり見られていると考えましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています