転職活動を効率よく進めるには?短期決戦を目指すために知っておきたい転職のコツ

転職活動を効率よく進めるには?短期決戦を目指すために知っておきたい転職のコツ

転職活動の平均は3ヶ月~6ヶ月と言われていますが、早期に転職活動を終了するにはどうすればよいのでしょうか。
実は、効率よく進めるためには、転職活動全体を把握しておく必要があります。
短期決戦を狙いたい方に効率よく進めるためのコツを紹介しましょう。

短期決戦がおすすめ!転職活動を効率よく進めるメリット

短期決戦をおすすめするのには、それなりの理由があります。
単に「今の職場をすぐに辞められた」「無職にならずに済んだ」というだけでなく、それなりのメリットがあるのです。
転職活動を効率よく進め、早い段階で内定をもらうことのメリットをまずは紹介しましょう。

ストレスを感じにくい

転職活動に対するストレスが軽減されるのがひとつめのメリットです。
転職活動中は、応募書類の作成や面接など非常に慌ただしいもの。
複数の企業での選考に並行して臨むのが一般的ですので、スケジュール調整や企業とのやり取りだけで疲弊してしまうこともありますよね。
そのため、期間が長引けば長引くほど精神的にも肉体的にも疲れがたまり、転職活動そのものがストレスになりやすいのです。
早期に決着をつけることができれば、こうしたストレスも当然軽減できますよね。

モチベーションの維持がしやすい

精神的な負担がない分、転職活動に対するやる気を維持しやすいのが2つ目のメリットです。
不合格が続いたり、心身共に疲れ切っていると、どうしても気持ちがふさぎ込みがちになりますし、やけになったりするものです。
転職活動期間が長引けば長引くほど、途中でだらけてしまう事もありますよね。

一方で、段取りよく転職活動が進むと、気持ちも軽いもの。
テンポよく進められることで、やる気も維持しやすくなります。
忙しい転職活動だけに、モチベーションが維持できるのは選考結果を左右するほど大きな効果をもたらしてくれますよ。

無職期間が長いと不利にやりやすい

特に離職中という方に言えることですが、転職活動が長引くことで、転職活動そのものに不利になることもあります。
職歴の「ブランク期間」が長いと、面接官は「今現在の仕事は?」「これまで何をしていたの?」と疑問に思うもの。
面接での回答次第で挽回することもできますが、「やる気がない」と見られてしまう懸念もあります。
そのため、効率よく転職活動を進めることは、選考で不利にならないというメリットもあるのです。

効率よく進めるために知っておきたい転職活動の流れ

効率よく進めるためには、転職活動全体を把握しておく必要があります。
そこで、転職活動の全体的な流れを大きく3つに分けて紹介します。

転職準備~書類作成

「よし、転職しよう!」と心に決めたら、まずは入念な準備から取り掛かりましょう。
転職準備で大切なのは、自己分析と情報収集です。
「どんな仕事がしたいのか」「どんな企業ではたらきたいのか」といった職種・業種はもちろんのこと、給与・休日・待遇など様々な条件を洗い出してみましょう。
こうした自己分析をもとに、求人情報を集める・応募書類を作成するという次のプロセスに移ることができるようになります。

また、中途採用では、履歴書に加え、職歴を元に担当業務やそこで得た経験を記した職務経歴書の提出が求められるのが一般的です。
これまでの職場で得た経験をもとに、どんなスキル・能力があるのかもあらかじめ箇条書きにしておくと書類作成時に役立ちます。

応募~面接

準備ができたら、実際に企業に応募しましょう。
応募書類を提出し、書類選考を突破出来たらいよいよ面接です。

企業によって異なりますが、面接は複数回設定されるのが一般的ですので、応募書類の提出から面接実施期間が転職活動の中でも一番ボリュームがあります。
書類選考に2週間程度、面接回数によっては選考だけで2ヶ月程度かかることも。
そのため、効率やスピードに気を取られていると、心配が募る時期かもしれません。
不採用が続くと落ち込むこともあるかもしれませんが、あらかじめ数ヶ月はかかると覚悟しておくといいですよ。

内定~退職

「面接を突破し、無事に内定がもらえた!」と、ここで転職活動は終わりではありません。
中途採用の場合、内定後に入社日の調整が行われます。
既に離職中という場合は調整がすんなり進みますが、在職中の場合は現職との調整も必要に。
欠員補充が多い中途採用では、できるだけ早い入社が求められるため、「入社日は分かりません」では企業も採用に踏み切れません。

効率よく進めるためにも、内定が出る前から退職の準備をしておくのが賢明です。
一般に、退職希望日の1ヶ月前には職場に退職の申し出を行います。
中には3ヶ月以上前の申し出とする企業もありますし、業務の引継の関係で退職日を延ばすよう言い渡されることも。
あらかじめ就業規則を確認した上で、スケジュールには余裕を持って退職手続きにあたりましょう。

ポイントはココ!効率のよい転職活動のコツ

転職活動の流れが分かったところで、効率よく進めるためのコツを紹介しましょう。
ポイントは、転職準備~応募の時期にあります。

自己分析をしっかり行う

転職活動では、最初に自己分析をしっかりと行うことが大切です。
今の職場への不満が大きければ大きいほど、勢いで転職に踏み切りがちですが、「なぜ転職しようと思ったのか」「どういった仕事がしたいのか」について自己認識ができていないと、企業選びで苦戦することになります。

また、現職への不平不満だけを理由に転職活動していると、どの企業も良く見えて目移りしやすいものに。
もちろん、「残業が多いのは嫌」というのも大事な条件ですが、そのほかにも休日・給与・職種・業種・企業の規模・男女比率など、細かい条件は挙げればキリがありません。
「どういった働き方がしたいのか」しっかりと自己分析しておくことで効率化はもちろん、転職後のミスマッチを減らすことにもつながりますよ。

まとめて応募する

「まずはこの企業から……」というように、1社ずつ応募し選考を受けていては、転職活動は遅々として進みません。
加えて、中途採用は欠員補充が主ですので、いい人が見つかると企業側は採用を打ち切ってしまいます。
つまり、のんびりしていると人気の求人程逃してしまうのです。

転職活動は数社同時進行が基本です。
いいなと思った企業があれば、積極的に応募してみましょう。
企業側も複数社同時に応募していることは承知していますので、企業側に気を遣う必要もありません。

転職活動期間を左右するポイントは?

転職活動を短期で終わらせるためのポイントを紹介しましたが、転職活動期間が左右する出来事は他にもあります。
中には、応募者自身の努力ではどうにもならないということも。
転職期間を長引かせるやむを得ない事情とは何なのでしょうか。

面接の日程調整

ひとつめが面接の日程調整です。
在職中という場合は特に、面接日時の交渉で手を焼くことがあります。
企業側も事情を考慮して、できるだけ遅い時間で調整してくれますが、それでも人気の時間帯はすぐに埋まってしまい、日中にしか面接が取れないということも。
とはいえ、そう頻繁に現職を欠勤するわけにもいかず、面接日が2~3週間先になってしまうこともあります。
日程調整のために転職活動が長引いてしまうのは非常に残念ですよね。

日程調整がうまくいかず困っているという場合には、転職活動全体を転職エージェントに頼るのもひとつの方法です。
エージェントが面接の調整までやってくれるので、企業側と交渉せずに済みます。

退職までの期間

先述したように、在職中の場合は、退職に向けて職場との退職日の交渉が必要です。
退職の申告から1ヶ月程度で退職するのが一般的ですが、上司の引き留めに合うこともあります。
また、職場の後任が見つからず、やむを得ず退職日を延期せざるを得ないということも。

内定先企業のことを考えると、先方の入社希望日に合わせたいところですが、円満退職は良いスタートを切るためにも欠かせないもの。
できるだけ譲歩し、うまく調整することが大切です。

いいスタートが切れればうまくいく!

転職活動では、最初の自己分析が肝心です。
自分を客観的に見ることができていれば、転職活動中に壁にぶつかった時も、初心に戻って状況を立て直すこともできます。
また、自己分析をしっかりしておくことで、面接での回答にも自信が持てるもの。
効率だけでなく、内定にも近道となりますよ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています