企業情報に記載されている資本金とは

企業情報に記載されている資本金とは

企業情報を見た時に必ずと言っていいほど記載されているのが「資本金〇〇万円」という情報です。
よくわからずになんとなく「大きい金額だからすごそうだ」などという印象を抱いてしまうこともあるかもしれません。
では、そもそもこの資本金というのはどういうものなのでしょうか。

企業が一番最初に持っている資金

簡単に言うと、資本金とは企業がその設立時に持っていた資金のことです。
株式会社の場合には、株式の発行によって最初に株主から出資してもらった金額(正確にはその一部)ということになります。
さらに資本金は返済をする必要がないという特徴もあります。
使いみちはそれぞれの企業によりますが、初期の設備投資や広告宣伝費、従業員の人件費など、事業のスタート時の基礎として使われることが多いです。

1円からでも

2006年の会社法の施行までは、日本の株式会社の資本金は最低でも1,000万円という決まりになっていました。
しかし、現在ではこの規制は取り払われ、なんと資本金は1円でも会社を設立できてしまうのです。
ただし、単純に1円あれば誰でも起業できるという話でもありません。
資本金以外にもいろいろとお金はかかります。

資本金は企業の判断基準になるのか

企業情報の資本金の額が大きいと、なんとなくすごい企業のように見えてしまうものですね。
しかし、資本金はあくまでも設立時に用意できている資金に過ぎません。
もちろんたくさん用意できていれば初期段階で様々な面にお金をかけられますし、資本金を多く集められる企業はそれだけ信用も得やすいでしょう。

ただ、どれだけ資本金が必要かは事業内容によっても違いますし、スタートダッシュが成功したからと言ってそれから先もうまくいっているとも限りません。
よって、資本金の額の大小がそのまま企業としての良し悪しにつながると考えるのはあまりおすすめできません。あくまでもひとつの目安として見るべきものでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています