派遣社員とは?特徴を徹底解説!

派遣社員とは?特徴を徹底解説!

派遣社員とは?

求人情報誌やインターネットを利用して求人情報を見ていると派遣社員、契約社員と記載されていることがあります。望んでいるのは正社員の募集ではないけれども仕事内容が魅力的で興味があったりしますよね?実際に働く場合は「派遣社員」や「契約社員」はどちらが良いのか気になるところです。
また、すでに「派遣社員」として働いている会社から、「契約社員」にならないかとお話があった場合など経験はないでしょうか?そこであらゆる角度から考えて派遣社員と契約社員はのメリットなどを検証していきたいと思います。

また、楽天リサーチ株式会社が以前調査した派遣社員に関する報告書がありますので参考にしてみてください。
参考資料派遣労働者実態調査の結果報告書

派遣社員を英語での言い方とは?

最近では終身雇用性などの常識もなくなりつつあり、様々な雇用形態で働く人がが増えています。派遣社員とは人材派遣会社を通してその派遣先の企業に勤めますが、そもそも派遣社員と言う働き方などは、海外などのヨーロッパなどにもあるのでしょうか?また、派遣社員とは英語でなんと言うのでしょうか?

翻訳機などでは、
dispach staffとなりますが、
NHKなどでよく
temporary workerと訳されているようです。

また、temporary employe テンポラリ エンポリフィ でも良さそうです。
temporar → 一時的
employee → 従業員

ちなみにtemp agency というのが「派遣会社」です。

派遣社員のメリットとは?

派遣社員のメリットは一体何でしょうか?

  • 期間を決めて働ける
  • 転職先が決まるまでつなげる
  • 派遣会社の社会保険に加入できる(条件あり)
  • 職種が豊富である
  • 正社員では難しい企業でも働ける
  • アルバイトよりも給料が良い
  • 女性が働きやすい
  • 有給休暇も取れる(条件あり)

といったことがあげられます。

派遣社員のデメリットとは?

派遣社員のデメリットとはなんでしょうか?

  • 不安定である
  • 即戦力を求められる
  • 保険に入れないケースがある
  • 孤独の場合が多い
  • 3年以上の就労が出来ない
  • 担当者の質によって左右される
  • ボーナスが出ない
  • 世間体・結婚がよくない

ということがよく言われています。

派遣社員の履歴書の書き方とは?

派遣会社で就業経験があった場合、履歴書への書き方のポイントを説明します。
まずは、基本的に知っておいた方が良いことは、派遣先の企業へは入社・退社ではないことです。
・「入社」、「退社」とは書かない、「就業」、「派遣期間満了」と書く。
・「〇〇社に派遣社員として就業」など
  派遣社員で就業していたことが分かるように書きます。
・ 派遣先の企業名、年数、業務内容などを簡潔に記載する。
派遣の場合は記載する内容のボリュームが増えてしまいますので、履歴書に書ききれない内容は、職務履歴書に記載するなどして、履歴書と職務履歴書を工夫してまとめることが大切です。

派遣社員の職務経歴書の書き方とは?

職務経歴書の書くポイントは、どういった企業でどのような職種な携わっていたのか、その人のスキルを推し量るための重要な項目となります。

勤務先名には実際に派遣先として働いた企業名を記載しますが、派遣先と供に派遣元である派遣会社名も記載します。ここで注意したことは、派遣先企業名だけを職務経歴書や履歴書に書いておくと、転職先から不要な疑いをかけられることがあります。経歴詐称にならないよう気をつけましょう。

派遣先企業名の記載はNGの場合

職務経歴書には、派遣先の企業名がが書けない場合があります。それは、派遣元と派遣先の企業が守秘義務協定を結んでいる場合がありますので、そのような時は派遣元の企業名だけの記載になります。また、守秘義務の関係で派遣先企業名を書けないことを明記すると良いと思います。

派遣社員の年収とは?

派遣社員として働くにあたって気になることは、どれくらいの収入が得られるのか?または給料の相場が気になるかと思います。

派遣社員全体の平均年収は328万円、平均給料は27万円くらいとなります。
比較対象として正社員の平均年収は約513万円になりますので、185万円の差があります。

派遣社員の3年ルールとは?

この3年ルールは労働者派遣法の改正で、2018年10月より派遣社員は ”専門業務に関わらず「派遣期間を原則3年を上限」にする”。ということです。同じ企業に継続して3年以上働くことが原則できなくなりました。

実は派遣も含めた非正規社員で働く場合、5年ルールというのも施行されています。

5年ルール 2013年4月より施行(労働契約法)
3年ルール 2015年9月より施行(労働者派遣法)

2018年からこの3年ルール、5年ルールは初めて摘要されることになります。

参考厚生労働省(5年ルールについて)

参考厚生労働省(3年ルールについて)

派遣の社員化とは?

派遣ん社員化とは、3年ルールによって派遣期間を原則3年を上限となった場合、派遣元では新たな派遣先の提供や、派遣先への直接雇用の依頼(正社員等)などの対策をする必要が出てきました。
労働者は正社員として働けるというチャンスでもありますが、派遣先と派遣元の双方の同意が必要です。

派遣社員でも有給はつくの?

派遣社員と働いていても、もちろん有給を取ることは出来ますが、有給派遣社員と派遣として働いている人の中には、取れないと思っている人も多いようです。

事実派遣社員と正社員の待遇面は違ってきますが、有給休暇は派遣社員でも取ることができる、労働者の正当な権利だからです。

派遣社員と正社員の違いとは?

派遣社員と正社員の違いを説明します。

派遣社員というのは正社員とは違い、実際に働く派遣先の企業ではなく人材派遣会社と契約を結んでいます。そのため、派遣社員の所属は人材派遣会社の方にあり、派遣会社と企業が会社同士で契約し、この社員を何年間派遣するという契約を結んでいます。

そのため、働く期間や雇用形態などの権限は人材派遣会社の方にあるという違いがあります。

また、正社員というのは正規雇用であり働く企業で「無期雇用」として雇われます。
正社員として働く場合はその企業と契約を直しますが、就業規則に定められた定年まで、その企業、会社には雇用し続ける義務が発生します。

そのため正社員として働いている場合は、不祥事を起こしたり、自分の意志で退職しない限り会社が存続する限り定年まで働けることになります。

派遣社員がボーナスをもらえる条件とは?

派遣社員の本音としては、正社員が羨ましい、ボーナスが欲しいと言ったところです。さて派遣社員もボーナスが貰える条件とは何でしょうか?

まず派遣社員には「登録型派遣」と「常用型派遣」の2種類があります。
登録型派遣は一般派遣とも呼ばれ、一定の期間を定められる雇用形態であり基本的にはボーナスはありません。
常用型派遣の場合は派遣元企業に正規雇用される形態となり、一般派遣である登録型派遣とは異なります。派遣会社の正社員・契約社員として採用されているので、ボーナスは会社の規定によってもらえる可能性は高いですが、必ずしもボーナスがもらえるとは限らないので期待しない方がよいとも言えます。

派遣社員の副業とは?

正社員や公務員は副業が禁止されていることがほとんどですが、派遣社員の副業は良いのでしょうか。法律的に言えば副業は可能なので、特に問題ありませんが、但し、就業規則に従うべきであると言えます。
派遣元である派遣会社が禁止している場合があるので、登録している派遣会社の規則をしっかりと読み、副業の可否を把握しておくとよいでしょう。

派遣社員でも加入できる社会保険とは?

派遣社員の場合社会保険は、契約期間によって変わってきます。派遣社員は派遣元企業と雇用契約を結びますが、契約期間が2ヶ月を超えている場合には、強制的に社会保険の被保険者となります。

派遣社員の契約期間とは?

派遣社員の契約期間とは派遣会社と企業が会社同士で契約し、この社員を何年間派遣するという契約期間のことになります。派遣期間は3年ルールにより基本的には派遣期間は最長でも3年となります。

派遣社員と契約社員の違いとは?

派遣社員と契約社員の違いは雇われ方が大きく異なります。「派遣社員」というのは派遣会社と雇用契約を結びますので条件面での交渉などは派遣会社が全てしてくれます。
「契約社員」は、働く企業との直接雇用契約となるのため、条件面での交渉などは自分でやらなければなりません。

派遣社員を探す求人サイトとは?

派遣社員を探す求人サイトとは、派遣会社の求人情報を集めた総合サイトが「派遣求人サイト」です。
それぞれの派遣会社は比較的高い掲載広告料を払っていますので、派遣会社側も低いレベルの求人は掲載料が見合わないので、優良案件で就業に繋げたいと派遣会社は考えています。
そのため高い掲載料を払って、求人を掲載していますので時給も高めに設定することも多いため各派遣会社の自社サイトからエントリーするよりも”高い時給”で働ける場合があります。

ここ最近の人気のサイトを上げておきます。

はたらこねっと

派遣社員の産休の取り方とは?

派遣社員の場合は、派遣先ではなく雇用主である派遣元への申し出が必要となります。

産休というのは正式には「産前・産後休業」となり産前と産後に休みを取得できる制度をいい、労働基準法第65条に定められています。

産前休業は本人の請求により取得でき、産後休業は本人の請求の有無に関わらず、雇用主が強制的に与えなければなりません。出産予定日の6週間前、多胎出産の場合は14週間前から取得できるので、派遣元の会社の定めに従い、事前に手続きを行います。

派遣社員でも交通費は出るの?

派遣社員でも交通費が支給されるか気になるところですが、結論から言うと派遣社員に交通費は出ません。

それは”派遣社員に対して交通費を支給する”ということが法律で定められてないことが理由としてあり、派遣会社が派遣社員に交通費を支給する義務がないからです。
そのため派遣社員の交通費は時給に含まれているケースが多く、時給は高めとなっています。

派遣社員の無期雇用とは?

派遣社員の無期雇用とは、同じ派遣元との契約が複数回更新され、平成25年4月1日以降に開始した契約期間が通算5年を超過した場合、派遣社員が希望すれば、期間の定めのない労働契約に転換することができます。こうして、期間の定めのない契約へ転換した派遣のことを「無期雇用派遣」といいます。

派遣社員でも結婚はできる?

派遣社員という非正規雇用で働く男性の中で特に多い悩みが、派遣社員から正社員にならないと結婚できないのか?という悩みですね。しかし派遣社員の方でも、もちろん結婚は出来ますが、収入の安定や保証がないため苦しい生活になってしまいがちです。

派遣からの社員登用とは?

近年会社も良い人材を確保するため、自社のアルバイト・パートや契約社員などが正社員にチャレンジできる制度を設けている会社が増えています。この「正社員登用制度」に派遣社員が応募できる場合がありますので、派遣先から採用の打診を受けた時は、制度の内容を確認することが大切です。

採用を打診してくれた派遣先の上司の協力をお願いするとともに、応募するときには、派遣元の会社にも一言声をかけておくことが礼儀です。しかし、気をつけたいことは派遣元の会社によっては、これまで育ててきた派遣社員の退職を快く思わない場合もありますので、
ある程度採用が確実となった場合に伝えることが良いかと思います。

派遣社員の失業保険とは?

派遣社員でも雇用保険に加入し、受給資格を満たせば基本手当(失業給付)を失業保険を受け取ることができます。

退職日以前の2年間に、雇用保険に加入していた期間のうち、賃金支払の基礎となる日が11日以上ある月が12ヶ月以上あることが条件です。(特定受給資格者や特定理由離職者に該当する場合、条件が緩和されます)

派遣社員というのは日本だけ?

派遣社員というのは日本だけではなく海外にもありEU諸国などは有名です。
日本と多く気違う点は、派遣労働者の待遇に違いが見られます。
海外では、派遣期間終了後に派遣先が直接雇用とすることを規定していたり、
「同一労働同一賃金制」がある為、日本ほどの問題は少ないようです。

雇用を「終身雇用」として捉えてきた日本より、「契約」として捉えてきた諸国の方が「派遣」という形はなじみが深いですが、派遣労働者の待遇に違いが見られます。

派遣の社員食堂について

派遣の社員食堂ですが、正社員と派遣社員「社食の金額」が異なることあり、待遇格差と感じることもあるようです。但し待遇格差そのものが違法となるわけではないようです。

労働者派遣法では「正社員等が利用する給食施設や休憩室等の福利厚生施設について、派遣社員にも利用の機会を与えるように配慮するように求めている」とのようです。

参考厚生労働省「派遣先の講ずべき措置等」

派遣社員でも組める住宅ローンとは?

住宅ローンは正社員だけではなく、契約社員・派遣社員でも組むことができます。
契約社員、派遣社員でも住宅ローンを組める金融機関は、大手都市銀行、主要ネット銀行、新生銀行、みずほ銀行、ソニー銀行以外は、契約社員と派遣社員、どちらでも住宅ローンを組むことができます。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

派遣の短期とは?短期派遣の意味と派遣を短期で探す方法

この記事では、派遣の短期についてまとめてみました。 目次1 派遣で短期の仕事を大阪で探すには?2 派遣で短期の […]

続きを読む

【結果が出せる人の仕事術?】ブラックサンダー復活秘話と体操競技オリンピック金メダリスト内村航平選手の関係とは?

ある人の一言によって存亡の危機救われた…。あのお菓子を知っていますか? そう!リオデジャネイロ五輪 […]

続きを読む

転職活動が会社にばれるとどうなるの?内密に活動するための対策とは

在籍しながら転職活動をする場合、今の会社に活動を知られないことが必須です。 ばれてしまうとさまざまなリスクが考 […]

続きを読む

30代の転職活動期間は平均3ヶ月!目標を明確にして転職を実現しよう

転職はしたいけど長引くのはイヤと思っている30代。 30代の転職は即戦力と期待される分、20代の転職よりも厳し […]

続きを読む

会社説明会に参加する際の服装について

企業側の説明会を行う会社説明会、「普段着でも問題ありません」と説明を受けることあります。 はたして、これは鵜呑 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト