転職面接、「服装は自由、私服で」への対策とポイント

転職面接、「服装は自由、私服で」への対策とポイント

転職面接時に「服装は自由、私服で」と指示があった場合、迷いますよね。
この場合、何を着ていくのが正解なのでしょうか。
答えを出すには企業について下調べしておく必要があります。
何のために私服なのか、どういう意図があるのか分析しましょう。
また私服イコール自由な服装ではないことを覚えておきましょう。

面接は私服で、自由な服装での指定。どうすればいいの?

自由な服装、私服?何を着ればいいの?という経験はありませんか?
志望動機で手一杯なのに、これ以上悩みを増やしたくありませんよね。
私服で自由な服装を指定してきた企業の意図は何でしょう。
そして私服選びをする際、どんな服装を選ぶべきなのでしょう。
一つ一つ分析することで、ぴったりな服装が見つかりますよ。

無難にスーツでもよいか?

私服で自由な服装と指定があっても、無難にスーツが一番良さそうに思う人は多いです。
しかし、果たして本当にそうでしょうか?
私服を指定した意味があるはずです。
となると、スーツは辞めておくのがいいでしょう。

それでも不安な方はスーツでも構いません。
おそらく多くの方がスーツを選ぶでしょう。
しかし、服装をスーツにした場合は、マイナスにもプラスにもなりません。
無難という意味では正解ですが人と差をつけたい場合はスーツ以外の選択を考えてみてください。

服装私服、自由を指定する企業の意図は?

企業が服装を私服、自由に指定する意図はなんでしょう。
応募者の負担を減らすためでしょうか、それともアットホームな印象を与えたいからでしょうか?
それもあるでしょうが、一番は「個性」を見ています。
職務経歴書や、決まったフレーズのある面接では測れない「らしさ」に焦点をあて、採用の判断材料に加えています。

応募企業の業界、応募職種は?

応募企業の業界はカジュアルな印象ですか?
ITやベンチャー企業などは比較的カジュアルで大丈夫。
営業など外回りの職種の場合はカジュアル過ぎてもNGで、すぐに仕事をしても恥ずかしくない服装を用意しましょう。

業種によってフォーマルな服装を選ぶ時もありますが、要点を抑えておけば十分です。
まずは企業研究をすることで企業の雰囲気を学ぶことが重要です。

面接時の私服で押さえたい一般的なポイント

服装自由で私服、且つビジネスの場で通用する格好。
新しく買い揃えるものも出てきて、選び方が難しいですよね。
だらしない服装は、社会人としてふさわしくありません。
アイテムごとにポイントを押さえて選びましょう。

ジャケット

ジャケットはどれも同じような印象を受けますね。
選び方としては、黒や茶系のものを選びましょう。
派手なものは目立ちますが、パーティではないので面接にはふさわしくありません。

パンツ、ズボン

ジーパンや特殊な加工のあるものは控えましょう。
大人しい色のチノパンかスラックスなら印象も良く、私服指定でもぴったりです。

スカート

派手なもの以外なら特別な指定はありません。
暗めな色は雰囲気も落ち着いて見えるので好印象です。
しかし、ミニスカートは控えましょう。
場をわきまえない方という印象がついてしまいます。

サンダルやスニーカーを普段履いている方でも、黒や茶の革靴を選びましょう。
女性もオシャレなブーツではなく、暗めなパンプスがいいでしょう。

カバン

カバンについてはリュックやカジュアルなものではなく、仕事用が一番です。
資料のやり取りがあるかもしれませんので、しっかりしたものを選びましょう。
A4でマチのあるハンドバッグが無難です。
また、色は黒や茶色、グレーなどの派手ではない色を選びましょう。

時計、アクセサリーなど

時計は普段の転職面接と同じ時計をしましょう。
良い意味でも悪い意味でも目立つ部分なので、気をつかう部分です。

アクセサリーはつけないのがベター。
私服で自由とはいえ、オシャレをしてくる場ではないので注意してください。
結婚指輪のみ許容されているという企業がほとんどです。

業界別の対策ポイント

業界別で服装の選び方も違いが出てきます。
例えば服飾関係の業界は、他業界と違って採用にも関わる大事な部分です。

アパレル、ファッション販売職

アパレル、ファッション販売職といった服飾関係は、服装も採用基準になることが多いです。
企業のブランドイメージに合わせた服装を選びましょう。
多少派手でも個性が活かせる業界ですが、TPOを考える必要があります。
あくまで、面接の場という雰囲気を醸し出す服装を考えてみましょう。
無難な黒を基調とした服装で、大人の印象を与えると面接も好印象になりますよ。

クリエィティブな職種

クリエイティブな職種は、業界に合わせた服装を選びましょう。
クリエイティブ職はさまざまな職種がありますが、デザイナーといった職の場合はセンスも採用の基準になります。
しかし、転職面接の際は最低限のマナーが問われます。
センスを見せる場合でも、カジュアルな服装の中にワンポイント入れるやり方がいいでしょう。

ベンチャー企業など自由な社風の企業

基本を押さえて服装を選ぶことで好印象でしょう。
社風が自由でも、企業内のルールが大事です。
特色を出すよりは、基本を重視した服装がベストになります。

服装自由、私服は基本を重視

「服装自由、私服で」といってもある程度形式は決まっていますね。
服飾関係以外は、特別な意識は必要ありません。
基本的な服装を覚えておけば、対応が可能です。

ひとつ気を付けておかなければならないのが「服装自由」と「私服で」を見極めることです。
「私服できてください」の場合にはスーツは止め、私服を選びましょう。
「服装自由、私服で構いません」の場合は私服でもスーツでも良いという意味です。

企業ごとに合わせた服装を選ぶには、企業分析をしておく必要があります。
志望動機を考える際に、良くイメージしておくことを心掛けましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています