夏の転職活動の疑問点!気を付けたいスーツについて

夏の転職活動の疑問点!気を付けたいスーツについて

転職活動を行う際の服装といえば誰もがスーツを思い浮かべることだと思います。
どんなビジネスシーンにも使用でき、清潔感もあるスーツは面接には最適な服装なのですが、それが1年中使用できるのかと言われると、悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、これからの夏の暑い時期だからこそ気を付けたい、転職活動のさいの服装についてご説明します。

夏場の転職活動でスーツは大変!

夏になるとスーツはとても暑く、転職活動のために歩き回るのも、その格好で面接などの試験を行うのもとても大変なことですよね。
また、外は焼かれるように熱いというのに、建物の中はとても寒かったり、体調を崩さないための温度調節が難しい時期であるともいえます。
ただでさえ大変な転職活動がさらに大変に感じる夏場の転職活動の服装は一体どうしたら良いのでしょうか。

服装はどんなことに気を付ければいいの?

では、夏場に転職活動を行っていく中でどんなことに気を付ければ良いのでしょうか。
面接を受ける中で服装は自由と書かれていたり、クールビズ可という言葉があったり、とても悩むポイントが多いことだと思います。
市販の半袖シャツや夏用スーツなど、どこまで利用すべきかもわかりませんよね。
そこで、普段の転職活動とは違う、夏だからこそ気を付けるべき点をいくつかまとめてみました。

就職活動の服装で気を付けるべきポイントは?

ではまず、夏の就職活動の服装を考える前に基本的

な就職活動を行う際の服装について見ていきましょう。
この基本を覚えておくことで、夏用の服装にも応用できる点もあります。
まずはしっかりと基本を押さえましょう。

基本的な就職活動の服装をおさらい

就職活動を行う際の服装といえばもちろんスーツです。
男性は無地のスーツに白の長袖シャツ、ネクタイ、黒の革靴にビジネスバッグを、女性はスーツにシャツ、ストッキングに黒のパンプスとビジネスバッグという一般的に連想される面接らしい服装をイメージするとわかりやすいかと思います。
ですが新卒ではなく転職活動、少しおしゃれをしたり個性を出して新卒と差を付けたいと思う人も居るかもしれません。
しかし下手におしゃれをしたり着崩したりすることで、だらしない、常識の無い印象を与えることが無いよう、新卒の時と同様に面接らしい服装をすることをおすすめします。

基本を押えたうえで夏場の服装を考えよう

さて、就職活動の基本を押さえたうえで夏の場合の服装について見てみましょう。
基本的に夏だからと言って服装に大きな違いはありません。
しかし、あまりに暑く体調を崩してしまっては元も子もありませんので、スーツのジャケットを手で持ち歩くなど、自身でしっかりと温度調整を行うようにしましょう。
また、クールビズで良いという指示があった場合も同様です。
過度にラフな服装になってしまうことが無いよう、基本的には就職活動らしい服装をしておきましょう。

夏の就職活動で気を付けたいマナーとは

夏だからといって服装に大きな差が無いことはわかりましたが、他にはどういった点に気を付ければ良いのでしょうか。
大切なのは相手に不快感を与えず、清潔感を出すということです。
暑い時期で大変なことではありますが、下記のポイントをしっかりと押え面接に挑みましょう。

夏用スーツってどんなもの

近年、夏用スーツというものが販売されていますが、普通のスーツとの大きな違いはそのスーツの生地や素材です。
薄く軽く織り方の粗いものとなりますので、普通のスーツと違い涼しく感じる作りとなっています。
また、最近では自分で洗えるスーツなども販売されていますので、暑さの厳しい夏場の転職活度の際には利用してみてはいかがでしょうか。

スーツのインナーはどうしよう

夏場は当然のことながら、とても汗をかきますが、シャツなどに汗が染みていると不衛生な印象を与えてしまいます。
そこで夏場にはしっかりと吸水性の高いインナーを着て、汗が染みることが無いように注意しましょう。
また、インナーがシャツから見えているとだらしない印象になりますので、面接の前には袖口や襟などしっかりと確認を行ってください。

ジャケットのシワにならない持ち運び方

あまりの暑さからジャケットを脱いで持ち歩く人も多いことだと思います。
その場合、会場に入る直前にジャケットを着ることになると思いますが、いざ着てみると手で持っていたせいでシワが寄っているなんてこともあります。
持ち運ぶ際にはシワにならないよう綺麗に畳んでおくようにしましょう。
また、気軽にジャケットを持ち運べるハンガーなどのアイテムも発売されていますので、活用されるのもおすすめです。

汗のニオイ予防に意識を!

どうしても汗をかいてしまう夏ですが、汗をかかないようにすることは不可能ですよね。
しかし、たくさん汗をかいてしまうと臭いも気になってしまうことだと思いますし、もしかしたら面接官に不快感を与えてしまうなんてこともあるかもしれません。
そんなことが無いように消臭対策をしっかりと行っておきましょう。
スプレーやボディーシートなどを上手く活用して、面接の際には清潔感をあたえられるように注意しておきましょう。

指定の服装がある時はちょっと意識してみましょう

しかし、企業によっては事前に面接の際の服装を指定される場合もあります。
本来はその指示に従えば問題が無いのですが注意したいのが「クールビズ」という言葉です。
ここでは、ちょっと注意が必要なクールビズについてご説明します。
しっかりとポイントを押えて服装指定の際には注意してみてください。

クールビズには要注意

一体どこまでクールビズにしたら良いのか、と悩むクールビズ指定ですが、実際の面接の際にはスーツにネクタイという格好の人がほとんどのようです。
クールビズを意識するあまりラフな格好になりすぎてしまうと、やはりスーツの人に比べきっちりとした印象を与えることは出来ません。
だらしない印象を与えないためにも、前述の夏仕様の商品などを利用して、しっかりと面接らしい服装で挑むようにしましょう。
もちろん、クールビズだからといってポロシャツやチノパンなどは絶対に駄目な服装です。

スーツ以外に気を付けたいポイントとは

さて、ここまで夏の転職活動の際の服装についてご説明してきましたが、ここからは服装以外に気を付けたいポイントや夏場におすすめしたいポイントをご紹介していきます。
これらの方法を活かして、大変な転職活動を乗り切っていきましょう。

時間に余裕を持って行動しよう

時間前行動は社会人の基本ではありますが、夏場はさらに時間に余裕を持って行動することをおすすめします。
時間ギリギリになってしまうなど時間に追われていると、必要のない汗をかいてしまうことになります。
さらに、余裕を持って行動することで、面接会場の近くで涼むことが出来たり、事前に汗の処理など身だしなみを整える時間を取ることが出来るからです。
余裕を持って行動することでしっかりと面接官に清潔感を与えられるように努力しましょう。

汗を抑える工夫をしよう!

また、人の体にはいくつかの汗を押えるツボが存在します。
ここでは、それらのツボの中でも比較的にすぐに試すことが出来る手にあるツボをご紹介します。
まず、手でグッと力を入れて拳を作ってみてください。
そうすると小指の付け根の横、感情線とよばれる手相の先端部が少しだけ飛び出ていると思います。
そこが「こけい」と呼ばれる汗を抑えるツボになります。
このツボを反対の手などでギュッと押すことで効果があると言われています。
汗を抑えるツボは体にいくつか存在しますので、興味のある方は色々試してみてください。
また他にも、汗を予防するグッズを活用したり、汗取りパッドなどを上手に利用することで、上手く夏の転職活動を乗り越えていくことが出来ることだと思います。
自分なりに工夫を行い、清潔感を保てるようにしておきましょう。

暑い時期だからこそ清潔感を大切に!好印象を残しましょう!

いかがでしたか。
暑い時期だから汗をかくのは仕方がないことではありますが、仕方がないと諦めてしまうのではなく、自分なりに出来ることから予防をはじめ、しっかりと清潔感を保っていけるように努力していきましょう。
しかし、決して無理はせず、転職活動という大事な期間に体調を崩してしまうなんてことが無いように、上手く暑さと折り合いをつけて転職活動を乗り越えていってください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています