アパレル営業への転職希望者に。アパレル営業に必要なスキルや活動のコツを解説

アパレル営業への転職希望者に。アパレル営業に必要なスキルや活動のコツを解説

アパレル業界にはさまざまな職種がありますが、中でも企業利益にとって重要な役割を担うのがアパレル営業職。
ブランドと販売店、製造元との架け橋となり、売り込みや交渉、調整をおこないます。
アパレル業界の営業職に転職したいと考えている方は、仕事内容をよく理解し、自身のスキルや経験を活かせるかどうか冷静に判断したうえで、ポイントを押さえた転職活動をおこないましょう。
ここでは、アパレル営業の仕事内容や必要なスキル知識、転職活動のコツを紹介します。

アパレル営業職の仕事内容を紹介

販売員やデザイナーと違い、仕事内容のイメージが持ちにくいアパレル営業の仕事。
アパレル営業とは具体的にどんな仕事をおこなう職種なのでしょうか。
ここでは、アパレル営業職の仕事内容を紹介します。

百貨店など販売店へ自社製品をアピール

百貨店などの販売店に対し、自社ブランドの製品を売り込むのがアパレル営業です。
集客力がある商業施設やテナントビルへの出店交渉や調整などをおこないます。
自社ブランドの顧客層を調べ、顧客層が訪れてくれそうな販売店に営業をかけるのも大切な仕事。
自社ブランドと販売店との架け橋となる重要な役割を担います。

取引先ブランドへのヒアリング、商品提案

取引先のアパレルブランドへのヒアリングをして希望に沿った製品を製造、納品したり、こちらから商品提案をおこなうこともアパレル営業の仕事。
販路拡大のために新しい卸先の開拓をおこなうこともあり、「卸売り営業」などと呼ばれることがあります。

イベントの企画運営や展示会対応

アパレルイベントや、販売店におけるフェアの企画運営をおこなうのもアパレル営業。
自社独自のイベントを立ち上げるほか、販売店と協力した販促活動に参加することもあります。
アパレル関係者向けの展示会に立ち、商品のアピールや商談をおこなうのも大事な仕事です。

素材、商品の仕入れから在庫管理まで関わることも

企業によっては、アパレル営業に素材や商品の仕入れ、在庫管理まで幅広く任せることもあります。
デザイナーと一緒に生地を確認したり、製品イメージを膨らませていくこともあるため、より企画職に近い営業の仕事。
「企画営業」などの名称で募集していることが多いです。

OEM営業、ODM営業とは?

アパレル営業職の求人では「OEM営業、ODM営業」といった募集職種を見ることがあります。
OEM営業、ODM営業とは、「売る力があるが生産力がない企業」と、「生産力があるが売る力がない企業」との調整をする仕事です。
ブランドをもつアパレル企業と、販売店がない工場との架け橋となる仕事、といったイメージを持たれるといいでしょう。
具体的には、売上につながるために企画を練ってブランドや工場との商談をおこない、納期の管理やサンプル製作、展示会の運営などをおこないます。

アパレル業界の営業に必要なスキルや知識は?

企業はアパレル営業に対し、どんなスキルや知識が求めるのでしょうか。
アパレル営業への転職を考えている方は、自身のスキルや知識と照らし合わせて適性を判断しましょう。
ここでは、アパレル営業の転職で必須のスキル知識を紹介します。

豊富なアパレル知識

アパレル営業は売上をアップさせるための「仕掛け人」的な役割を担います。
他職種の人と関わったり、工場の職人たちとも交渉をおこなうことがあるため、豊富な知識がなければ話にならないでしょう。
素材や縫製の知識から歴史、流行まで幅広いアパレル知識が求められます。

マーケティングの知識やスキル

アパレル企業の目的は「売る」ことなので、営業には消費者のニーズを察知するためのマーケティング知識やスキルが求められます。
自己満足的な商品展開ではなく、消費者が何を求め、今どんなアパレル製品が売れるのかをリサーチする必要があります。
アパレル経験がなくても、前職でマーケティング部門での経験があれば有利に働くことがあるでしょう。

顧客ニーズを聞き出す力(コミュニケーションスキル)

アパレル営業は顧客ニーズを聞きだし、形にしていく手伝いをする仕事。
自分たちがどうしたいかではなく、顧客がどんな希望を持っているのかを聞くことで顧客からの指名率や満足度が上がっていきます。
商談や会議はもちろん、さまざまな職種の人とのやり取りが発生するため、高いコミュニケーションスキルがないと難しい仕事です。

ファッションが好きでトレンドに敏感であること

アパレル営業はモデルや販売員のように表に立つ仕事ではありませんが、ファッショントレンドには敏感でなくてはなりません。
ブランド、販売店、製造工場と、異なる視点から売る仕組みを考えるため、視野を広く持ち柔軟な発想力があることも大切です。
転職面接でも、自身の好きなファッションや面接時の服装のポイントなどを聞かれることがありますよ。

大手や外資系なら語学力も必要

アパレル営業は基本的に語学力がなくても十分転職可能性がありますが、大手や外資系アパレルの場合は必要になります。
海外との調整や交渉を任される場合は、かなり高いビジネス英語力を求められる場合も。
語学力のレベルについては応募前に確認しておくといいでしょう。

アパレル営業への転職で意識すべきポイント

アパレル営業への転職を成功させるには、転職でどんな点に気をつければいいのでしょうか。
ここでは、アパレル営業の転職活動で大切なポイントを紹介します。

応募ブランドの特性や魅力を理解すること

アパレル営業は自社の方向性を理解し、ブランドの特性や魅力を世の中に広げて売上につなげるミッションがあります。
いくら営業力が高い人材でも、勤務先企業の意向に合わない提案をする営業は求められません。
転職活動において重要なのは企業研究。
面接でも応募ブランドの特性や魅力は必ず聞かれます。
応募ブランドだけでなく、他社との違いについても明確に答えられるよう、しっかり調べておきましょう。

職務経歴書や志望動機はブランドによって変える

職務経歴書作成や志望動機を述べるときに、「どのブランドにも通用する動機」では志望度が低いと思われます。
アパレル業界にはさまざまなタイプのブランドが競合しているため、同じ志望動機は他社で使うことができませんよ。
転職活動では複数の企業に同時応募するのが基本のため、ついつい同じ志望動機を使いまわしすることがあります。
失敗しやすい人の典型例なので、ぜひ気をつけるようにしましょう。

積極性と社交性があることを強調

アパレル営業は毎日のように多数の職種や取引先と接します。
受け身で内向的なタイプはアパレル営業としての適性がないと判断される可能性も。
アパレル業界内での人脈を広げ、自社製品をアピールしていくことも大切な仕事なので、積極性と社交性がある人材が向いています。
転職面接においては、これまでの仕事で積極性や社交性を発揮した具体的なエピソードがあるといいでしょう。

販売、営業経験があるとアピールできる

アパレル営業が転職するとき、過去にアパレル販売員経験があるとアピールできます。
販売員は消費者の声を生で聞き、どんな服や提案が売れやすいかを把握している職種なので、アパレル営業にも役立つからです。
アパレル業界経験がない場合でも、営業職経験があれば共通スキルが多いため有利になるでしょう。

アパレル知識を得るために努力している点

アパレル業界未経験で転職する場合、アパレル営業として働くために現在どんな努力をしているのかをアピールしなくてはなりません。
たとえば、アパレル知識を得るためにメディアや媒体を定期的にチェックしている、業界関係のイベントに参加しているなど。
転職組は未経験でもゼロから育ててもらえる余裕がありませんので、「入社してから努力しています。」ではアピールになりません。
すでに動き出していることが重要になります。

身だしなみにはこだわりを持つこと

アパレル営業の転職面接では、自分なりのこだわりが感じられる身だしなみを意識しましょう。
スーツか私服かは応募企業によって異なりますが、営業職はスーツのケースも多いでしょう。
アパレル営業の面接ではリクルートスーツはNG。
色や形、素材にこだわって選びましょう。
私服面接の場合でも、応募ブランドのイメージに適した装いと、面接らしいオフィシャルな雰囲気を大切にしましょう。

アパレル業界の営業におすすめの転職サイト

アパレル業界の営業を探すには転職サイトを利用するといいでしょう。
特に、アパレル求人に強い転職サイトや、アパレル業界特化型の転職サイトであれば、求人が見つかりやすく転職活動がスムーズです。
ここでは、アパレル業界の営業におすすめの転職サイトを紹介します。

アパレル求人多数の「とらばーゆ」

「とらばーゆ」は、大手リクルートが運営する女性向け総合型転職サイトです。
女性に特化した求人を扱っているため、女性人気の高いアパレル求人が豊富にあるのが特徴。
女性目線での働きやすさを追及しており、仕事と家庭との両立を目指す女性にもおすすめの転職サイトです。

大阪や名古屋、福岡など全国の求人が豊富「クリーデンス」

アパレル、ファッション業界特化型の転職サイト「クリーデンス」は、アパレル業界に精通したキャリアアドバイザーが転職を徹底サポートしてくれます。
「クリーデンス」はアパレル特化型の転職サイトの中でも規模が大きく、東京以外の大阪、名古屋、福岡など全国の求人を扱っているのが特徴です。
一般的な媒体に掲載されるアパレル求人は東京に集中しがちですが、地方で働きたい人にも探しやすいです。

細かい条件検索が可能な「ファッショーネ」

アパレル特化型の転職サイトで「クリーデンス」とともに指名率が高いのが「ファッショーネ」。
人気セレクトショップやファストファッションブランドから、ラグジュアリーブランドまで幅広い求人があります。
希望ブランドごとに求人検索し、好きなブランドで求人がでているかをチェックできるのも魅力です。
専任コンサルタントがショップ見学に同行してくれる心強いサービスがあるため、1人での転職活動に不安が大きい方にもおすすめ。

アパレル営業への転職は知識や経験の徹底アピールで勝ち取ろう

高いコミュニケーションスキルや提案力、豊富なアパレル知識が求められるアパレル営業は、誰にでもできる仕事ではありません。
アパレル営業への転職は、今あるアパレル知識やこれまでの経験をいかにアピールできるかが成功のポイント。
まずはキャリアの棚卸をしっかりとおこない、アパレル営業に求められる要素を整理するところから始めてみてください。
効果的なアピールにつなげることができれば、希望の企業への転職が叶うでしょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

アパレル業界に転職したい第二新卒が知っておくべきポイントまとめ

第二新卒でアパレル業界への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動機の例文までを紹介しま […]

続きを読む

40代が事務職に転職するために知っておきたい3つの方法

40代ともなると体力面や将来的なことを考えて事務職への転職や転向を考えるものです。 しかし、世間的には40代で […]

続きを読む

派遣薬剤師と住宅ローンの審査について検証する

一般の薬剤師でたとえば、パート勤務だった場合などは住宅ローンの審査に通らない場合がありますね。 しかし、派遣薬 […]

続きを読む

薬剤師の調剤薬局への転職では土日休みはあるのか?気になる疑問をまとめてご紹介

薬剤師の職場はさまざまですが、その中でも求人件数が圧倒的に多いのが調剤薬局。 転職候補として誰もが意識せざるを […]

続きを読む

転職・就職に成功する人に体育会系が多い理由

就職氷河期になっても体育会系は強いと言われています。 そうだとすれば根拠はどこにあるのでしょうか。 就職人気企 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト