転職エージェントとの面談とは?面談の意味やその活用法を解説

転職エージェントとの面談とは?面談の意味やその活用法を解説

「今の勤めている企業から心機一転転職したい」「ずっとやってみたかたあの職種へ転職したい」転職したい人はいろいろな理由から、転職エージェントを頼りますが、果たして転職エージェントならどこでもいいのでしょうか?また、希望の職種を紹介してもらえるために最低限気を付けることとはなんなのでしょうか?早速見ていきましょう!!

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、企業と転職希望者を仲介する業者のことです。いわば人材紹介サービスのひとつです。転職エージェントに登録をすると完全無料で転職相談にのってくれます。

企業の求人紹介から面接のセッティング、給与交渉に至るまで、企業と転職希望者の橋渡しのお手伝いを幅広く行っています。転職希望者の希望を聞き、その人にあった転職先を提案してくれるのが魅力です。

一般職業紹介状況(平成30年6月分)から分かるように、前提として転職市場は好況にあります。人材派遣である転職エージェントの活躍の場も拡大しているのです。

ん。

転職エージェントの面談とは?

転職エージェントとの面談の最大の目的は、求職希望者と転職エージェントがお互いの理解を深めあうことです。双方向のコミュニケーションを通して、転職希望者の希望条件や適性、考え方などを踏まえ、転職先を提案するための第一歩となります。

求人案件の話にすぐにうつる場合もあれば、キャリアプランからじっくり考える場合もあります。その方の意向により面談の内容も調整してくれないかは、聞いてみるとよいでしょう。

面談の時間は60~90分ほどです。

面談ではあなたの経歴やスキル、転職希望の業種について聞かれます。それをもとに転職エージェント(キャリアアドバイザー)があなたにあった企業を提案してくれます。

転職エージェントの面談の流れとは?

  1. 自己紹介
  2. これまでの経歴・仕事内容の確認
  3. 転職理由や目指すキャリアの共有
  4. 転職先への希望条件の確認
  5. 求人案件の紹介

転職エージェントは、応募先での面接で伝えきれなかったあなたの魅力や強み、貢献できる内容をプッシュしてくれる存在です。自身の強みやキャリアプラン、何を考えどう思っているか、詳しく聞き出してくれると思われますが、とにかく自分をアピールする姿勢でいきたいところです。

転職エージェントとの面談の準備とは?

転職エージェントと面談する前に以下の項目を確認しておきましょう。

先に履歴書や職務経歴書を送るとは?

先に履歴書・職務経歴書を転職エージェント側に送付しましょう。

事前に送ることで、いちいち経歴を確認しながら、話をすすめていく手間が省けます。

希望職種・条件を事前に伝えておくとは?

面談前に、希望職種・条件を伝えておきましょう。

面談当日に転職先の紹介だけでなく、面談までにより最適な企業先のピックアップが受けられます。

纏足エージェントとの面談当日の持ち物とは?

事前に転職エージェントから持ち物の依頼があった場合のみ、持ち物があります、

基本的に転職エージェントから依頼されることが多いのは、履歴書、職務経歴書、写真(画像で送付する場合も)、筆記用具です。

面談当日は、求人票や資料を提供されることがあります。

なので、A4程度の書類が入るカバンを持っていくと安心ですよ。

転職エージェントとの面談の服装とは?ジーパンはあり?

作業服や普段着で面談をする人もいて、基本的にカジュアルな服装でかまいません。ただし、仕事帰りに面談する場合はスーツでも問題はないでしょう。

ただし、転職エージェントは面談の時の印象を応募する企業へも伝えますので、ジーパンなどだらしのない格好は避け、TPOをわきまえた服装を心がけたいところです。

服装でプラス評価を作れると、きっちりした人という印象を持たれ、転職希望先の企業にもその印象が報告されるなど、プラスに働き可能性もあります。

転職エージェントとの面談の服装は夏にはどうする?

夏場は露出の多い服を着たいかもしれませんが、あまり好ましくはありません。

あくまで転職エージェントはビジネスです。ビジネスにおいて、肌の露出が多い服装は必要ありません。

私服でも露出の多い服装は避けましょう。

また、男性の場合、中途半端な「略装」ともとれる恰好は、常識をわきまえた身だしなみができない、として転職エージェントからマイナスイメージを抱かれます。

たとえば、夏場に半袖のワイシャツを着用して相談する場合です。転職面接本番では、ワイシャツはNGで、スーツ、ネクタイも着用です。中途半端に半そでワイシャツで転職エージェントに相談するのは、「面接本番ではスーツで」と注意を受けることにもなってしまうかもしれません。

転職エージェントとの面談の内容とは?主張をしっかり伝える方法

基本的にあなたの情報は包み隠さず、話しましょう。

派遣が多い、アピールポイントが特に無い場合はその旨を伝えてください。

また、「将来的にどれくらいの年収が欲しい」「女性が比較的多い環境がいい」など自分の希望もしっかり伝えましょう。

転職エージェントとの面談は土日でも可能とは?

転職エージェントは土日でも相談にのってくれるケースがあります。問い合わせてみましょう。

転職エージェントに面談後にお礼はした方が良い?

面談後に逐一お礼をする必要まではないかもしれません。しかし、転職先が決まったとき、転職エージェントにお礼はしておく方が良いでしょう。

転職エージェントもアフターケアがあります。転職後には思わぬトラブルがつきものです。それらについて、問題はないか、などのアフターケアがある場合があります。アフターケアを利用するためにも、転職エージェントへのお礼はしっかり行っておきましょう。

あなたの状況を確認しておきたいという転職エージェント側の意志もあります。転職エージェントに対しては、一定期間働いた後に「成功報酬」が支払われるのが通常です。転職者であるあなたが早期に退職をしてしまった場合は、収入を得る事ができません。

転職後の状況で何か伝えるべき点があれば伝えられるよう、お礼はしておきましょう。

お礼は、メール一本でかまいません。

今後また同じ転職エージェントを活用することがあるかもしれません。そのためにも、好印象を残しておきましょう。

転職エージェントに転職理由をうまく伝えるコツとは?

転職はマイナスなものではありません。

転職することで実現したいことを相手に伝えましょう。

転職エージェントの面談時に気を付ける点とは?

では、転職エージェントの面談時に最低限気を付けることってなんでしょうか。

経歴やスキルに絶対嘘はつかないとは?

いくらあなたの経歴に後ろめたい、マイナスな情報があるとしても経歴に嘘はつかないでください。

バレますし、あなたの信頼ががた落ちしますので絶対にやめましょう。

ネガティブな情報を話しすぎないとは?

「自分に合わなかった」「つまらなかった」「飽きた」「人間関係でやめざるをえなかった」等ネガティブな情報はなるべく控えてください。

確かに正直に話すことは大事ですが、「この人は紹介してもすぐに同じ理由でやめる人」と認識され、転職エージェントの心証が悪くなります。

自分の正直さをアピールするよりも、自分は前向きに転職活動をしていることをアピールしましょう。

自分の名刺を渡してはならないとは?

名刺は会社のものですよね。

会社の接待とかでなく、業務外で使用するのは社会人として当然やってはいけません。

無断で面談を遅刻しないとは?

無断で遅刻してしまうのは、転職エージェントの面談時に限らず、社会人として当たり前にやってはいけません。

遅刻はしないに越したことはないですが、もし遅刻が確定した時点で速やかに連絡を入れましょう。

転職エージェントの面談時前に知っておこう!まとめ

いかがでしたか。

転職エージェントは、もちろん相性の問題もありますし、しっかり真摯に自分の問題に取り組んでもらってるか知るためにも複数の転職エージェントを利用しましょう。

また、転職エージェントの面談時には全てをさらけだして話すのでなく、マイナスな情報は話過ぎないようにしましょう。

また、最低限の社会人マナーを持って、面談に臨みましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

年俸制と月給制のメリット・デメリットとは

求人情報誌に、給与情報が必ず掲載されています。 その給与の欄もさまざまですが、その中で、「年俸制」とか「月給○ […]

続きを読む

転職活動が辛いときほど転職エージェントを利用しよう!

転職をはじめてから内定が決まるまでの道のりは決してラクではありません。 転職先が決まらないのも辛いですが、転職 […]

続きを読む

ストックオプション制度とは

求人欄の福利厚生の項目に記載されていることも多い「ストックオプション」なる横文字をなんとなく読み飛ばしてしまっ […]

続きを読む

職務経歴書や面接の回答などでの守秘義務の扱い方

転職活動をしている時に、面接の場で、前職の職務経歴についてアピールする場面の時に、守秘義務のある情報を扱ってい […]

続きを読む

ビジネス英語の聞き取りに必要なものとは?

ビジネスシーンでは、英語の4技能のうち、リスニングとスピーキングが重要。 「読み」「書き」は、時間が掛かっても […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の意味とは?職務要約の書き方について

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

10

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の意味とは?職務要約の書き方について

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

10

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

もっと読む