介護職への転職で履歴書を書くときの注意点

介護職への転職で履歴書を書くときの注意点

介護職への転職も、履歴書や職務経歴書での書類選考で始まることが多いです。
介護職への転職で提出する履歴書の書き方から送付のマナーについて詳しく説明します。
完璧な履歴書を提出して、転職活動の次のステップとなる面接へとつなげていきましょう。

介護職への転職!履歴書の基本

介護職の転職で履歴書を作成する際の基本事項をまとめています。
介護職の転職時の履歴書作成の前後のチェックに役立ててください。
履歴書は気を付けたい細かい点が多く、軽視してしまうこともあるでしょう。
履歴書というのは、マナーに沿っていても目立つことはありませんが、マナー違反は目立ちます!
介護職への応募段階で、たちまちマイナス印象につながってしまうので、しっかりチェックして提出するようにしましょう。

手書き原本を提出

介護職の転職で提出する履歴書は、特に指示がない場合は、手書きで作成するのが基本です。
履歴書は、万年筆やボールペンで丁寧に書き上げていきます。
履歴書の字は、上手か下手かよりも、転職者の丁寧さが見られます。
履歴書を書いている途中で間違ってしまったら、改めて履歴書の紙を変えてください。
修正は効かないというのが履歴書のルールです。
介護職の転職での履歴書は、提出先ごとに毎回、手書きした原本を提出しましょう。

証明写真について

介護職の転職に貼る証明写真は、1~3か月以内に撮影した直近のものを使いましょう。
6か月以上前のものを使うことはルール違反でもありますし、面接時の印象と異なることもあり面接官の印象が薄くなってしまう可能性があります。
介護職の転職でもスナップ写真や私服で撮影した写真は使わないようにしましょう。
転職時に使う一般的な履歴書に使う証明写真のサイズは縦4㎝×横3㎝です。
サイズをきちんと測って、丁寧に切り取り、剥がれないように強い両面テープを使っての貼り付けをおすすめします。

記入ミスをしない

介護職の転職で提出する履歴書の記入にミスのないように注意しましょう。
介護職の転職で提出する履歴書も、正式なビジネス書類の一つです。
誤字脱字がなくても、年数、年号などの記載に事実と相違があることは許されません。
履歴書は、自分自身ということを忘れずに、記入ミスのないように記載しましょう。

日付・住所・署名の基本

履歴書の端に日付を記載する欄がありますが、この日付は履歴書を提出する日を記載します。
履歴書を書く日ではないことに注意してください。
介護職の転職でも履歴書は証明書類の扱いですから、住所も戸籍と同じ正式な書き方をしましょう。
署名欄には、印鑑が必要なので、忘れずに押印します。

志望動機や自己PRが重要

履歴書はある程度フォーマットが決まっています。
介護職求人に集まってくる履歴書のほとんどが同じように見えます。
そこで個性を出す項目となるのが、志望動機や自己PRの部分です。
介護業界の採用担当者の中で、志望動機や自己PRから目を通す人も多いようです。
介護職の転職者を選考する際に、履歴書にある基本の個人情報では判断材料にならないからです。
志望動機や自己PRは重要だということを心に留めて編集を重ねて仕上げてください。

介護職への転職!履歴書の経歴と資格

介護職の転職で提出する履歴書の中の経歴欄や資格欄の書き方を説明していきます。
転職では重要な選考材料になり得る部分なので、間違いのないように記載していきましょう。

履歴書の経歴欄

履歴書の経歴欄も志望動機や自己PRと同じく、採用担当者が重視して見ていく項目です。
転職時には、抜け漏れのない正しい記載をする必要があります。
一つの勤務先に対して、入社の欄と退社の欄を設けて書きます。
学歴や職歴については、年号に間違いがないことを確認してから記載しましょう。
介護職でもほかの職種でも短期の転職履歴がある場合もきちんと記載することをおすすめします。
転職後に、税や保険の手続きの際にわかってしまう部分ですから、自分で勝手に判断して削るようなことのないようにしましょう。

履歴書の資格欄

介護職の転職で提出する履歴書の中に資格を記載する欄があります。
転職活動では、資格欄には、取得したすべての資格を記載する必要はないでしょう。
すべてを記載するよりも、介護職に関連のある資格に絞ったほうが印象に残ります。
履歴書での資格は略式ではなく正式名称で記載します。
正式な取得年月日を入れることも忘れないでください。
また、転職時点で、介護職に関連した資格の取得を目指しているなら取り組んでいることを示すこともできます。
期限が決まっていれば、時期に加えて「○○取得見込み」と書いておきましょう。
「○○取得に向けて勉強中」というのもアピールになるでしょう。

介護職への転職!履歴書提出のルール

介護職の転職で提出する履歴書を書き上げたら、履歴書の提出準備に入ります。
転職者選考を行う採用担当者の手元に履歴書が届くまで、気を抜けない重要事項がありますよ!

コピーを取っておく

履歴書を書き上げたら、その原本を提出する前にコピーをとっておきましょう。
面接に進めた場合に、履歴書に書いた内容を確認することができます。
面接前の履歴書の内容を再確認することは転職活動の大切なステップです。
介護職としてアピール内容を一貫させ、印象付けるためにも履歴書のコピーを取り必ず確認してください。

封筒の扱いは人柄が見られる

介護職の転職で提出する履歴書がどのように届くかというのも採用担当者に取って重要なポイントになります。
ほんの少しのずれ、汚れ、用紙のヨレなど、完璧に届けられる介護職希望の履歴書の山の中では目立つのです。
まだ会っていない介護職希望の転職者の印象を決めるのが履歴書の状態なのです。

封筒の表面

履歴書と一緒に販売されている専用の封筒を使えば間違いないでしょう。
専用封筒がない場合は、履歴書を二つ折りにしたサイズのものを使います。
左下に「応募書類在中」と記載しておくといいでしょう。
それ以上小さいものを使わないようにしましょう。

住所は、省かず都道府県から記載します。
2行にわたる場合は、2行目を1文字分下げると体裁がよくなります。

中ほどに会社名、宛先部署名、担当者名をバランスよく書きます。
会社名は(株)ではなく株式会社と書きましょう。
人事部など部署宛ての場合は最後に「御中」、担当者名まで記載する場合は最後に「様」と書きます。
「御中」と「様」を同時に使わないように注意してください。

切手はノーマルなものを使い、丁寧にまっすぐ貼り付けましょう。

封筒の裏面

介護職の転職で履歴書を提出するときの自分の情報は、封筒下部の中央に記載します。
中央線に沿って右側に住所を書き、その頭に郵便番号を書きます。
中央線の左側に氏名を住所よりやや大きめに書きます。
転職活動では、送付した日は封筒裏面の左側上に記載しておくといいでしょう。

封筒への入れ方

介護職の転職での応募書類の提出では、履歴書のほかに職務経歴書も必要でしょう。
また、添え状も必ず同封しましょう。
順番は、上から、添え状、履歴書、職務経歴書の順です。
封筒の表面に合わせていれるようにしましょう。
しわや汚れを防止するためにクリアファイルに入れてから封筒に入れましょう。
封をするときは、強度のある両面テープの使用をおすすめします。
セロテープは見た目が悪くなるので避けましょう。
最後に、封をした中央に「〆印」をします。

介護職への転職!履歴書は最後まで気を抜かない!

介護職への転職での履歴書の書き方と郵送方法についてご紹介しました。
細かい点が多いですが、忘れてしまうと介護職転職の成功確率を下げることになるかもしれません。
間違いなく、丁寧に準備して完璧な状態で介護業界の採用担当者に届けましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

急げ!3月転職は4月時期の入社に間に合う?

転職活動を開始するうえで意識することのひとつに、入社時期があります。 4月入社は年度の切り替わりでメリットも多 […]

続きを読む

転職に最適!時期を逆算して10月入社を目指そう!

転職市場が活発になるのは上半期、下半期の初月にあたる4月、10月の時期です。 年間を通してみるとこの時期に求人 […]

続きを読む

30代で転職を考えている人必見!成功のポイントとおすすめの転職エージェントまとめ

「30代は転職が難しい」という一般論をまだ信じていませんか? 本当は転職したいけれど、30代という年齢を理由に […]

続きを読む

在職中の転職活動、よくある疑問!転職活動で会社を休む理由はどう伝える?

中途採用では、在職中の応募者を考慮して、面接時間を夕方以降に組んでくれることもありますが、中には面接先企業の就 […]

続きを読む

第二新卒女性の転職活動のポイントまとめ

新卒と社会人の中間といわれている「第二新卒」。 はっきりとした条件のもとに区別されているわけではありませんが、 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の意味とは?職務要約の書き方について

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

10

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の意味とは?職務要約の書き方について

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

10

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

もっと読む